« 9日(土曜日)のTL結果 | トップページ | 大学選手権記者会見 »

10日のTL結果

Kose

日曜日の朝、新宿駅から「スーパーあずさ」に乗って甲府に向かった。小瀬スポーツ公園陸上競技場に到着して、約1年ぶりにグラウンドに入ってみると、バックスタンドとゴールポスト裏のスタンドが増設されていた。ヴァンフォーレ甲府の影響みたいだ。地元テレビ局の解説者で、桂高校監督の梶原宏之さんと、元東芝の日原大介さんが来ていた。日川高校コンビである。この競技場、景色が素晴らしい。写真は、試合終了後30分ほど経過した頃。試合前は17度くらいあったのだが、日がかげってくると気温が下がり冷え込んだ。

この日の観客数は7,254人の発表。サントリーサンゴリアス対トヨタ自動車ヴェルブリッツという注目カードということもあるのだが、トヨタの朽木監督とサントリーの清宮監督が事前に甲府を訪れ、市長に挨拶したり、記者会見を開いたりと準備を整え、地元協会の人たちの努力もあっての観客数だった。みなさん、ご苦労さまです。

Onotti

試合直前、放送ブースにて。モニターにグラウンドに飛び出す前のサントリー小野澤選手が。

試合の1時間ほど前、サントリーの山下大悟キャプテンと言葉をかわした。膝の状態は復帰間近のようだ。「熱い試合がしたい」と言っていたが、それはおそらく積極的にボールを動かし続けて快勝したいということだったと思うが、試合はトヨタの激しくて巧みなディフェンスで白熱した。タックルされても個々の選手がしっかり前に出て連続攻撃をしかけたいサントリーだったが、一人一人がトヨタの強いタックルに一発で倒され、次々にターンオーバーされた。それでも前半は、FL元がトライ。7-3と4点リードで後半へ。

ハーフタイム、清宮監督は「ボールキャリアがチャレンジしろ」と指示したが、後半は防戦一方。トヨタの波状攻撃を懸命のタックルでしのぐ時間が続いた。後半36分には、トヨタSO廣瀬のPGで10-6と迫られたが、逆転狙いで自陣から展開したトヨタのパスが乱れる。このボールをWTB小野澤が拾ってインゴールまで走りきり、勝利を決定づけた。ただ、トヨタも終了間際にWTB久住がブラインドサイドからライン参加し、最後は途中出場のWTB遠藤につないでトライ。7点差以内の負けに与えられるボーナス点「1」は確保した。

「正直、もう少しできると思っていた。トヨタのディフェンスに勢いがあり、それを打破する術をサントリーはまだ持っていないな、と思いました」。強気の清宮監督も、チームが未成熟であること認めざるを得なかった。ただし最後には「相手がいいプレーをすると、自分たちの足りないところが分かるし、コーチングのしがいがある」と、苦戦を前向きに捉えていた。

それにしても、トヨタのディフェンスは素晴らしかった。「今季はサントリー戦を最大のターゲットにしてきました。乗り越えられなかったけど、チームの力になる10か月を過ごすことができた。ある程度プラン通りにできたし、足りなかったところが今は見あたらない。点数が上回れなかっただけです。次の試合に向けて準備したい」(朽木監督)。その言葉通り、サントリーのスクラム、モールを真正面から食い止め、堅実なタックルとラックへのファイトで自由な攻撃を許さなかった。SO廣瀬はじめ、みんな素晴らしかったが、特にCTB難波、FL中山、LOケートが光っていた。ケート、相変わらずいい仕事するなぁ。でも、ターンオーバーからの攻めには課題が残った気がする。

NECグリーンロケッツは、ヤマハ発動機ジュビロに勝利。これで、来週のサントリー対NEC戦が、より楽しみになってきた。トップリーグは9節を終えて、東芝ブレイブルーパスが勝ち点「41」で首位。「40」のサントリーが2位につけている。そして、3位のトヨタ以下は大混戦。7位の三洋電機ワイルドナイツまで、5点差以内にひしめいている。

トップリーグ第9節結果(12月10日分)
NECグリーンロケッツ○36-34●ヤマハ発動機ジュビロ(前半17-17)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ●13-17○サントリーサンゴリアス(前半3-7)

以下は、大学選手権1回戦の放送予定。注目の同志社対慶応も録画ですが緊急放送決定です。

全国大学選手権大会 1回戦放送予定
・12月17日(日)
11:50~日体大vs. 関東学大 J sports 1【LIVE】
13:50~早大 vs.関西学院大 J sports 1【LIVE】
11:50~京産大 vs. 帝京大 J sports 2【LIVE】
13:50~大体大 vs. 流経大 J sports 2【LIVE】

25:30~ 同志社大 vs.  慶大 J sports 1【録画】

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 9日(土曜日)のTL結果 | トップページ | 大学選手権記者会見 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    ヤマハの木曽のワンハンドキャッチアンドパスはほんとにすごすぎ!あの場面だけ世界のラグビーを見てる気になります。
    そしてNECの箕内のアタック力!
    今の日本人で世界で通用するのはこの二人ですね♪

    投稿: ターボ | 2006年12月11日 22:01

    山梨決戦!緊迫した試合でした。NECvsヤマハも加熱した試合だったみたいで、熱いラグビーの試合があったというのはうれしいことですね。村上さんを追いかけた(わけではないのですが・・・・)山梨決戦観戦採録の記事をトラバさせていただきました。よろしくお願いします!

    投稿: SANDA | 2006年12月11日 20:27

    同・慶緊急放送決定感謝です。
    地元瑞穂から熱い空気を全国に
    送りたいですね
    ちなみに昨年の京産:慶応は凄い雪で
    寒かったのを思い出しました

    投稿: 瑞穂 | 2006年12月11日 15:30

    明治VS大東も楽しみなカードなのですが、中継はないんですねえ。残念だなあ。

    投稿: kotatsu | 2006年12月11日 14:21

    小野澤選手の棚ぼたトライが昨日の試合を象徴していた様に思えます
    トライ後の喜び様が、いつもの彼とは違っていて
    あの辺にも試合の厳しさが伺えました

    投稿: ナベゾ | 2006年12月11日 06:24

    山梨県協会の『地方のヤル気』がひしひしと伝わる素晴らしくも微笑ましい雰囲気の会場でした。
    贅沢を言えば、周囲の山々が360度鮮明に拝む事ができれば完璧でしたが…

    試合結果は裏切るが、面白さは裏切らないトヨタラグビーは相変わらずです。
    終了間際は『やらかした…』と肩を落としましたが、ロスタイムで1トライ返して勝ち点1を捥ぎ取るあたりは贔屓目ながらも我が軍のしぶとさを感じます。

    追伸
    甲府駅で村上さんのお姿を見つけましたので不躾と思いつつも図々しく声を掛けてしまいました。(^^ヾ
    ありがとうございました。

    投稿: クロゴマ | 2006年12月10日 23:56

    トヨタとサントリー、会場は盛り上がってましたね。
    その裏で朽木・清宮両監督がそのようなことをされていたのですね。
    有賀健さんも色々と動かれていたようですし、関係者の方々は本当に一生懸命でお疲れ様です。
    試合も熱い内容で、良かったと思います。

    同志社-慶應義塾、録画でも放送決定嬉しいです。
    関西人としては、是非ドーヤンに踏ん張っていただきたいですが・・・。

    投稿: ユニオンジャック | 2006年12月10日 23:19

    サントリーは山下選手が出てきたら,もう一段階強くなりそうですね。
    慶応と同志社戦は見たかったので,嬉しいです。

    投稿: さちこ | 2006年12月10日 23:02

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/13016563

    この記事へのトラックバック一覧です: 10日のTL結果:

    » 面白かったですね!トヨタ対サントリー [らぐびーあにまる]
    面白かったですね! トヨタ対サントリー全然、得点が動かない試合だったんだけど、見入っちゃいました。トヨタのFWは激しいし、BKは難波をはじめ良くタックルに入ってましたよね!そんなトヨタでも勝てなかったというのは、サントリー強いですね!トヨタのアタックは...... [続きを読む]

    受信: 2006年12月11日 09:18

    » トヨタ自動車ヴェルブリッツvsサントリーサンゴリアス [SANDA]
    === トヨタ自動車ヴェルブリッツvsサントリーサンゴリアス === === トップリーグ2006−2007第9節〜小瀬スポーツ公園〜 === [[attached(1)]] 甲州での一騎打ち. 観戦のために乗車した中央線の車窓は素晴らしかった 甲府盆地にはいると富士山もしっかり見えた 昨年もこの地でトヨタの試合を観戦。いろいろなラグビーマッドに出会えた地だ 村上晃一さんのブログに初めてトラックバックさせていただいたのも この甲州決戦の観戦の日が最初であった。 とい..... [続きを読む]

    受信: 2006年12月11日 20:19

    » 「アライブ」の底力〜清宮サントリー辛勝〜 [スポ狂おっさん徒然記]
    12月10日、快晴の甲府盆地で、 楕円球を巡る男たちの熱き戦いが 繰り広げられました。 ラグビートップリーグ、 2位・サントリーと4位・トヨタの激突。 地元関係者の方々のご尽力もあり、 小瀬スポーツ公園陸上競技場には およそ1万人近い観客が詰め掛けました。 結果は17-13でサントリーが辛くも勝利! 派手さは無いものの、 両チームの固いディフェンスが光る、 玄人好みの素晴らしいゲームでした。 ファンの皆さんも、緊張感溢れる展開を 十分に楽しんだと思います。 今シーズンのサントリーは、 「アライブ」と... [続きを読む]

    受信: 2006年12月12日 23:53

    « 9日(土曜日)のTL結果 | トップページ | 大学選手権記者会見 »