« TL11節の結果 | トップページ | 金メダル報告会見 »

関西2校ベスト4進出

日曜日も花園だった。そして、関西2校のベスト4進出に立ち会うことができた。関西の大学でプレーしていた者として、関東勢の壁を破って国立競技場へ進出することの大変さは身にしみている。選手達の健闘を称えたい。大体大の坂田監督は、記者会見で「関西の高校生達に、関西にもこんなチームがあるという刺激を与えられたのではないか」と語っていたが、関西の大学ラグビー関係者にとっては、関西の高校生が地元に残ってくれるきっかけになればという思いが強いだろう。

試合前は例によって、大体大の選手達が拍手で京産大を送り出し、京産大も第2試合の大体大を拍手で送り出した。京産大の小西キャプテンと大体大の平瀬キャプテンは、東海大仰星高校時代のチームメイトで、小西がFWリーダー、平瀬がBKリーダーを務めたいたという。「両チームで国立に行こうという夢が叶って嬉しいです」(平瀬)。

京産大のベスト4進出は大畑大介選手がいた時以来9年ぶり。大体大は、高橋一彰選手がいた時以来17年ぶりである。ともに当時は後に日本代表の軸になる選手がいたわけだが、今回の両大学は無名選手達の奮闘が際だっていた。ともに全国高校大会で花園出場すらしていない選手が多い。そこが勝利の価値をより高めていた気がする。

僕は京産大と法大の試合をJSPORTSで解説したのだが、ミスが少なく、互いに持ち味を出し合う好試合だった。京産大はラインアウトを完全に確保したほか、長江、後藤、山下のフロントローを軸にスクラムで法大を圧倒。SH田中、FL橋本を軸にショートサイドをしつこく攻めた。タックルされながらのパスも巧みで、コーチングの良さを感じた。最後に控えスタートの小西キャプテンがダメ押しトライしたのも、チームの結束力だろう。

法大も、SH成田の素速い仕掛け、SO文字のロングパス、WTB西條の俊足など随所に素晴らしいプレーを披露して食らいついたが、FW戦での劣勢を跳ね返すことは出来なかった。それでも、両チーム無駄なミスもなく、法大のコンバージョンが決まらなかったのが悔やまれるくらいで、引き締まった試合だった。

第2試合の大体大と明大は互いにミスが目立ったものの、FW真っ向勝負の堂々たる戦いだった。立ち上がりに明大はスクラムを猛然と押し込み、N08杉本が先制トライをあげて好スタートを切ったが、大体大もSH金の走りからWTB平野がトライを奪って同点。以降は、明大のFWがプレッシャーをかけ、これを大体大がしのぐ展開が続いた。14-14の同点で迎えた後半は、大体大の両FL板垣、濱里らが低いタックルを連発。CTB平瀬を軸にしたBKラインの防御もよく機能して次第に流れをつかんだ。明大はFWの優位性を生かすことが出来ず終いだった。

関西の大学が2校、国立に進出したのは13年ぶり。大体大と京産大の組み合わせは初。

◎大学選手権2回戦結果(24日)
関東学院大学○29-10●東海大学(前半10-3)
慶應義塾大学●22-33 ○早稲田大学(前半5-28)
京都産業大学○36-28 ●法政大学(前半19-15)
大阪体育大学○28-14 ●明治大学(前半14-14)

準決勝は1月2日、関東学院大学対大阪体育大学、早稲田大学対京都産業大学の順で行われます。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL11節の結果 | トップページ | 金メダル報告会見 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    自分が大阪体育大学出身とちゃんと書くべきじゃないのかな?
    中立であるべきジャーナリストが偏った報道しかできないんじゃ失格だね。
    今月の大体大の絶賛記事には閉口したよ。
    自画自賛みたいでさ。

    投稿: おっさん | 2006年12月26日 07:55

    こんにちは。
    法政と明治のファンの方には本当に申し訳ないのですが、関西勢2校が国立に駒を進めること、喜ばせてください。すみません。
    昨日は、本当に号泣しました。
    関西大学ラグビーに想い入れを抱く私には、昨日は正にクリスマスプレゼントを貰ったような日でした。
    今でも、涙が出てきます。
    キョーサンもタイダイも、本当に有難う御座います。
    次戦の相手は両横綱ですが、強いハートを感じる両チーム、大いに暴れまわってきてください。

    そして村上さんがお書きの通り、無名に近い選手を鍛えてここまで勝ち上がってきた両チーム、特に京産大は同志社、帝京、法政に勝っています。
    これは関西や関東と言う範疇を越えて、賞賛されても良いと思います。

    投稿: ユニオンジャック | 2006年12月25日 12:46

    京産大・大体大のベスト4に
    歓喜しました。酔いしれました。
    とにかく、関東勢とは前半耐えて
    後半に接戦でものにするしかないと
    思います。選手の皆さん、自信を
    もって試合に臨んでください。
    とにかくFWの接点で優位にたてば
    勝つという方程式・定理が明確に
    今回もなりました。あとは守勢に
    まわったときに、どれだけ集中して
    組織的タックルができるか
    がんばれ、関西勢!!

    投稿: 大分日田っこ | 2006年12月25日 09:04

    SO文字選手、やっぱり疲れが残っていたんでしょうか...
    辛い結果になってしまったけれど、上級生の無念を背負って来シーズンへ向けて飛躍して欲しいものです
    と言いながら僕自身はショックが拭いきれず、今夜の芝パークホテルへの足取りが.....

    投稿: ナベゾ | 2006年12月25日 05:31

    秩父宮での速報で大体大勝利を目にしたとき、村上さん、花園で、(心で?)小さくガッツポーズされているかな、と思いました。

    関東勢vs関西勢がっぷり四つの準決勝、本当に楽しみです。

    投稿: あひる | 2006年12月25日 02:24

    「ラグプラ」スペシャルの京都人お2人の母校が揃って国立ですね! おめでとうございます。
    私の応援していた慶應は、早稲田に早くもやられてしまいましたが、山田選手のプレイは、さすがでした。モノが違うというプレイをしていました。
    1月2日の好カード。楽しみです。

    投稿: サファイヤ | 2006年12月25日 02:23

    花園の3000円席で観戦。H大は連続遠征試合で疲れが丸見え。不利は気の毒。O大は国立への執念がM大よりも結果的に強かったようだ。加えて、細めの選手で勝利した。さて、応援していた3校の内の1校になった。国立は1度観戦して懲りたことがあったが、応援希望が強く感じられれば見に行こうかと。

    投稿: Y | 2006年12月24日 22:25

    花園で観戦して来ました。関西2校の勝利に
    酔いしれました。それにしても京産大のFWは
    まさに「鍛錬」の成果ですね
    大体大、京産大ともに、関東の才能軍団に
    どれだけ通じるか楽しみです

    投稿: 瑞穂 | 2006年12月24日 22:15

    今年最後の秩父宮での観戦。たくさんの観客とともにラグビー観戦できたことがうれしかったですね。今日も観戦採録記事をトラバさせていただきました。よろしくお願いいたします!

    投稿: SANDA | 2006年12月24日 22:12

    応援していた法政が負けてしまって残念です。最後は涙が出てしまいました。
    京産には早稲田に強いFWにこだわってチャレンジしてもらいたいです。
    負けてしまった大学の4年生お疲れ様でした。

    投稿: さちこ | 2006年12月24日 20:15

    先程はどぉも。
    さすが、母校の勝利だけに素早いアップ。
    準決勝での活躍も期待しています。
    ところで、高専の全国大会にも少しは光を与えてあげて下さい。よろしくお願いします。

    投稿: 尾中哲夫 | 2006年12月24日 19:34

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/13185119

    この記事へのトラックバック一覧です: 関西2校ベスト4進出:

    » トップリーグチャレンジ順位決定戦1位−2位(終了) [徒然なるままにMの戯言]
    試合終了しました。 ○九州電力  58−3 マツダ● 九州電力9トライの猛攻。 マツダはFW故障者多いせいかFW戦で完敗。 WTB水谷(168cm75kg)がFL、PR池渕(183cm100kg)がLOという布陣では、トップリーグチ... [続きを読む]

    受信: 2006年12月24日 19:36

    » 早稲田大学vs慶応義塾大学(20061224) [SANDA]
    === 早稲田大学vs慶応義塾大学 === === 全国大学選手権第2回戦・秩父宮・第2試合 === [[attached(1)]] 決勝を除けば大学選手権最も注目された一戦。 今年最後の秩父宮の試合はたくさんの観客を飲み込んだ。 指定席は完売とのこと。 対抗戦では早稲田が慶応に土をつけた。あれから丁度1ヶ月。 しかし「打倒ワセダ」の旗を翻した慶應は大学選手権でチャレンジ精神と共に戻ってきた ワセダファンを不安に陥れる山田の走り。 アジア大会での逆転トライ。1回戦の..... [続きを読む]

    受信: 2006年12月24日 22:09

    » 関東vs東海 早稲田vs慶應 大学選手権2回戦 [ノーサイド「大元よしき」ラガーマン作家の挑戦!]
    快晴のなか、大学選手権2回戦が行なわれた。 [続きを読む]

    受信: 2006年12月24日 23:57

    » θゴー!ゴー!ダイタイダイ! [オナカテツオの走闘描日記]
    大学選手権2回戦、観に行ってきたっちゃぁ。ヘッポコレフリー・カズが招待券を用意してくれたんで大体大首脳陣の結構近くの席で観れた。カズ、サンキュ!じゃが、周りに結構空席があるんがちょと寂しい。1戦目は法政京産戦。どちらにもたぇして思い入れはねぇ。どっちか...... [続きを読む]

    受信: 2006年12月25日 16:37

    « TL11節の結果 | トップページ | 金メダル報告会見 »