« ライアン・ニコラス選手 | トップページ | 悲喜こもごも »

神戸の結果と涙の理由

金曜夜は神戸にいた。3連覇に向けてひた走る東芝ブレイブルーパスと、「打倒・東芝」を掲げて今季のチームを作ってきた神戸製鋼コベルコスティーラーズの戦い。最後は、壮絶な試合になった。

立ち上がりから、神戸製鋼はFW陣が健闘し、ボールを大きく動かしながら東芝を攻め立てた。しかし、仕留めに入る局面でのパスミスなどを東芝に拾われて逆襲を許し、前半だけで4トライを奪われる。後半8分に東芝マクラウドにトライされた時点では、0-27という大差になった。それでも神戸製鋼はあきらめず、NO8クリブがトライを返すと、足が止まり始めた東芝を崩し始め、大畑大介のチャンスメイクから、WTB小笠原、FB八ツ橋がトライして東芝を追いつめた。一歩及ばなかったが、最後の頑張りは、6,000人を超える大観衆の胸を打った。HO松原は左手甲を、CTB大畑は肩の負傷をおしての強行出場だった。

「選手は東芝を攻めるターゲットをよく理解してやってくれた。勝ちきれなかったのは、東芝の強さ。しかし、昨年より差が縮まったと思う」と増保監督。ただ、ミスが多かったことは間違いなく、個々の弱さを感じたのも確かだった。
最終スコアは、27-21。改めて思うが、東芝は底力がある。神戸のミスを誘う分厚い防御と、一気に攻めに転じてトライを奪う決定力は王者にふさわしいものだった。

そして、東芝の記者会見。冨岡キャプテンの姿がない。薫田監督から説明があった。キャプテンは試合後、すぐに福岡の実家に戻ったという。ここで初めて事情が明かされた。今週の火曜日に、父・吉隆さん心筋梗塞のために亡くなっていたのである(享年57)。告別式などを身内だけで済ませたいという希望があったようで、報道もされていなかった。この試合は東芝の選手達にとっても特別な意味があったわけだ。全員が黒いリストバンドをつけ、キャプテンのために戦った。バイスキャプテンの廣瀬選手は「きょうは冨さんのための日だった。勝利で終えて良かった」と目を潤ませた。吉隆さんが倒れた日曜日、冨岡選手はすぐに帰郷したのだが、常々「キャプテンとしての仕事をまっとうしろ」と言っていた父の言葉に従ってチームに戻り、この試合に備えていた。

僕もこのことは知らなかった。いつもの試合前とはまったく違う鬼気迫る表情、そして試合後、グラウンドで号泣していたことが納得できた。福岡に向かう移動中に電話で報道陣にコメントしてくれたのだが、「平常心で試合に臨みました。チームをまとめるのが自分の仕事です。みんな頑張ってくれて、忘れられない試合になりました。父は、もっとも尊敬する人物でした」と話していた。

冨岡選手にお父さんのことは何度か聞いたことがある。ラグビー選手だったお父さんは、九州代表に選ばれたこともあるNO8で、冨岡選手にとっては福岡工業大学の先輩にあたる。冨岡選手が大学進学時に経済的なことを気遣って就職しようとした時も、「俺がなんとかするから、そんなこと心配するな」と言って大学に行かせてくれたそうだ。最後はそばにいたかったはずだが、キャプテンとしてチームを鼓舞した。試合終盤の苦しい時間帯に、冨岡選手はチームメイトに向かって自分の胸を叩いて叫んでいた。言葉は聞こえなかったけど、「ここだ! ハートの勝負だ!」と言っていたと思う。長男の立派な勝利を、お父さんも喜んでいるだろう。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ライアン・ニコラス選手 | トップページ | 悲喜こもごも »

    「試合レポート」カテゴリの記事

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/13080928

    この記事へのトラックバック一覧です: 神戸の結果と涙の理由:

    » 凝縮した空間が接戦を生んだ・・・神戸-東芝 [RUGBY STATION]
    神戸-東芝戦 トップリーグ第10節の神戸-東芝戦。地元神戸で行われた試合は、東... [続きを読む]

    受信: 2006年12月16日 04:19

    » TL第10節 神戸製鋼-東芝戦の結果 [ココロミ]
    惜しかったけれど、「打倒東芝」は、結局、叶わなかった。試合開始から、神戸は敵陣で攻め続けましたが、東芝の分厚いディフェンスの壁に穴を開けることができず、あと一歩というところで、ミスをしトライを奪えず。SO森田がディフェンスラインの裏にキックを上げ、自分で捕ろうとしましたが痛恨のノックオン。プレイの選択としては良かったので、ここでトライが獲れなかったのは惜しかったですね。前半、あれだけ攻め続けたのにトライを奪えないというのは、やはり神戸の決定力が、まだまだということでしょう。ラインアウトも相変わらず不... [続きを読む]

    受信: 2006年12月16日 12:09

    » 富岡選手、涙のわけ  vendredi 15 dec.06 [Liberation/blog]
    金曜の夜、トップリーグ「東芝×神戸製鋼」の試合を、高田馬場「ノーサイドクラブ」で観戦。 前半開始押しに押していた神戸製鋼だが、ミスをついて東芝が着々と加点。後半一時的に27-0の点差がついた。そこから、神戸の攻撃が始まり、1トライゴール差の27-21まで追い上げたが、時既に遅し、拙攻が重なれば勝ちは逃げる。 試合後、東芝の富岡主将がグラウンドで号泣していたのが印象的だった。それだけなら、富岡主将のこの試合にかける思いは強かったんだなで終わるところだった。ところが今朝新聞を開いて、富岡選手の号泣の原因... [続きを読む]

    受信: 2006年12月16日 12:12

    » 冨岡鉄平(東芝ブレーブルーパス) :父へ手向けの勝利 [徒然なるままにMの戯言]
    Sポニチより。 ■東芝ブレーブルーパス・冨岡 父へ手向けの勝利 ラグビートップリーグ第10節第1日は12/15、神戸ウイングスタジアムで1試合を行い、3連覇を狙う東芝ブレーブルーパスが神戸製鋼コベルコスティーラーズ... [続きを読む]

    受信: 2006年12月16日 13:21

    » 鉄平 [体脂肪マン的個人日記]
    遅ればせながら、試合後の涙の訳がやっと分かった。 別に優勝が決まったわけでもないのに、何であんなに大泣きしてるんだろうってずっと思っていた。 ここんとこ忙しくてネットどころではなかったのだが、グッとくる話を読ませてもらった。 鉄平。 良い主将だなぁ。 [続きを読む]

    受信: 2006年12月23日 00:56

    « ライアン・ニコラス選手 | トップページ | 悲喜こもごも »