« 関西大学リーグの結果 | トップページ | 箕内拓郎、世界選抜デビュー »

いよいよ全国大会へ

日曜日は国立競技場にいた。早稲田大学対明治大学戦をJSPORTSで解説した。12時過ぎに千駄ヶ谷駅に着いたのだけど、すでに混雑していた。観客数は、40,088人。今季は「タテの明治と、ヨコの早稲田」という伝統的な図式が甦りつつあり、それも会場の盛り上がりに結びついていた気がする。実際、明治がタテに前進し始めるとスタジアムは大いにわき上がった。明治はWTB濱島が2トライと気を吐き、FWの波状攻撃で試合を支配する時間帯もあったが、全体的には早稲田がうまくゲームを運んでいたと思う。

明治ボールのキックオフ直後、早稲田はSO曽我部がハイパントで明治の強力FWを後ろに下げ、リズムをつかんだ。FB五郎丸が先制トライ。以降も、SH矢富、曽我部、五郎丸らが明治を後ろに走らせるキックを多用して、強力FWの勢いをそぐことに成功。明治FB星野がときおり見事なカウンターアタックで大きくリターンしたが、たいていは地域を早稲田が進める形になり、そこからボールを奪って一気呵成に連続攻撃を仕掛ける形になっていた。「大きなFWは後ろに走らせろ」というラグビーの常道をいく、ゲーム運びだった。最終スコアは、43-21。早稲田は、対抗戦で6年連続の全勝優勝を果たした。

「きょうはFWの頑張りを称えたいです。最後の明治の攻めをターンオーバーできたのは自信にしていいと思います。ちょっとずつですが階段を上っている。今後は、一瞬たりともスキを見せず、ひたむきに戦っていきたい」。中竹監督がこう言えば、身体を張り続けた東条キャプテンは、「最後まで仲間を信じて戦うことができて嬉しい。タックルが高くなってしまったところは、大学選手権への課題」とコメントした。

早稲田はタックルの甘い面は課題として残ったが、スクラム、ラインアウトも安定しており、大学選手権制覇に向けて、いい試合ができたと思う。瀧澤、種本、畠山のFW第一列は、いつも通り攻守によく働いていた。この3人の仕事量が早稲田の強さを支えている気がする。SH矢富は何度も防御を攪乱した。横に走って防御を引きつけ、そこに走り込む選手達とのコンビネーションも合ってきている。あの動きは止めるのが難しい。明治は、強力FWを前に出す工夫が必要だろう。BKがいかにFWを前に出してあげられるか。それが大学選手権で巻き返す鍵か。

これで関東大学対抗戦グループの順位が決まり、大学選手権の組み合わせが、ほぼ決まった。開幕は12月17日。早稲田は関西第5代表(関西学院大と名城大の勝者)と、明治は大東文化とそれぞれ対戦する。瑞穂で行われる慶応対同志社は、1回戦屈指の好カードかな。昨日は高校の全国大会組み合わせも発表になった。いよいよ全国大会モード全開である。

早明戦後、トップリーグの試合結果を聞いて驚いた。サニックスブルースが、NECグリーンロケッツに勝ったとのこと。着実に地力をつけてきた感じはしていたが、本物になってきたということなのだろう。ベテランSH鬼束のトライと、FB古賀の2PG。これで残留争いの中では抜け出したかな? NECは、箕内とヤコを欠いていたわけだけど、6位につけてトップ4争いには生き残っている。来週の対戦相手ヤマハ発動機ジュビロは5位。両者にとって負けられない試合になる。

◆トップリーグ第8節結果(12月3日)
ワールド ファイティングブル●12-29○神戸製鋼コベルコスティーラーズ(前半0-12)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ○72-17●日本IBMビッグブルー(前半22-10)
コカ・コーラウエストレッドスパークス●10-43○サントリーサンゴリアス(前半3-26)
福岡サニックスブルース○13-7●NECグリーンロケッツ(前半10-7)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 関西大学リーグの結果 | トップページ | 箕内拓郎、世界選抜デビュー »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    本屋に、ラグビー魂
    という雑誌がありました。これは何なのでしょう?新しく創刊されたのでしょうか?結構気合が入っていることはわかりました。しかし、1200円だったので、買えませんでした。

    投稿: 大阪人 | 2006年12月 4日 12:20

    明治、FW戦でやられましたね。でもこのままでは引き下がらないでしょう、今年は。
    藤田HCなら大学選手権で「もう一度早稲田と戦って、今度こそスクラムトライを獲ってこい!」と檄を飛ばしているのではないかな。
    その前に、12月24日、花園ラグビー場。大体大vs明治の対戦となる可能性がありますね。これは楽しみです。十数年前、明治は大体大に徹底的にやり込められましたからねぇ。

    投稿: マスター | 2006年12月 4日 12:00

    昨日のTLが全く放映されなかったのにはがっかり

    投稿: ナベゾ | 2006年12月 4日 05:50

    早明戦はやはり両校の力の差が縮まるような話になると、観客も増えますね。今日は気候的にもいい条件が揃ってくれました。今月はラグビーと忘年会とでスケジュールで埋まっていきます。風邪ひかずにがんばらなくては!早明戦記事をTBさせていただきました。よろしくお願いいたします

    投稿: SANDA | 2006年12月 4日 00:04

    観客が4万人超ですか! 久しぶりに入りましたね。明治の縦突進が復活したようだし、慶應も魂のタックル。拮抗したゲームは、やはり興奮しますね。
    高校ラグビーの組み合わせ発表になったんですか。見なくっちゃ。
    サニックスはやりましたね。逆に、NECはどうしたんでしょう?
    高校、大学、トップリーグと、盛り上がってきてこれからますます面白くなりますね。

    投稿: サファイヤ | 2006年12月 3日 22:49

    明治対早稲田戦、今回も前半はテレビ観戦ができず、後半3分過ぎからテレビ観戦。先ず、22対0の点差を目にし、また、えー!!!画面に向かって、明治は何やってるん?と言いながら見ていると・・・、あれよあれよと簡単にきれいに明治がトライ。大体大との違いはこの試合は前半であまりにも点差が開きすぎていた。で、当然逆転は無理。が、明治のやってやろうと言う頑張りが後半戦に出たんだろうか。観戦し始めた時間から言えば、これは明治の勝ち。私が最初から見てれば明治が勝っていたかもしれない。これも不思議。

    投稿: Y | 2006年12月 3日 21:56

    こんばんは。
    早明戦は観客も多く、久々に「雰囲気」を感じました。
    しかし、早稲田はやっぱり強いですね~。
    明治の「相手ゴールライン前の5メータースクラム」が実現しなかったのは、残念です。
    福岡サニックスは、私も驚きました。
    九州は、次第に盛り上がってきてますね。


    投稿: ユニオンジャック | 2006年12月 3日 21:17

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/12920497

    この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ全国大会へ:

    » 早稲田 強い! [らぐびーあにまる]
    今年の早明戦面白くなるかと思ったけど・・・早稲田 強かったな・・・明治のFWも強くなったと期待してたが、やっと勝負できるとこまできた程度でしたね・・・もっとスクラム、モール、接点で圧倒しないとね・・・早稲田の選手はいいね、当たる、繋ぐ、フォローが良くで...... [続きを読む]

    受信: 2006年12月 3日 22:51

    » 【音声ブログ-52】 神戸製鋼-ワールド戦と第8節の結果 [ココロミ]
    今節は、放送のなかった神戸ダービーを「ラグステ」さんの視点で、試合内容を話てもらいました。グズクズの小競り合いという、なんとも、歯切れの悪い試合だった模様。ワールドは、セットプレイが安定せず、痛々しい試合内容。神戸製鋼もボールを持っている割には得点できず、もどかしい結果。もっと、点とらなきゃ!「鬼」になっていたらしい元木選手、快足で相手を一発タックルで仕留めた大畑選手の活躍がせめてもの救いか。 神戸は現時点でやっと4位に浮上。しかし、今後の相手を考えると、まだまだゆる~いですよ。 「52-神戸ダービ... [続きを読む]

    受信: 2006年12月 3日 23:10

    » 早稲田大学vs明治大学〜関東大学対抗戦・国立競技場〜 [SANDA]
    === 早稲田大学vs明治大学〜関東大学対抗戦・国立競技場〜 === [[attached(1)]] 対抗戦の優勝をかけた一戦となった 早明戦にこのシチュエーションは絶好の条件である 両チームのモチベーションが最高に達するはずだ そして、今季は明治が伝統の重戦車「前へ」を復活 ある意味で伝統を崩して強くなった早稲田とは逆の方向へ走った しかし、原点に一度立ち戻って、それを起点にするという考え方も 間違っているわけではないと思う。 チームにこだわりを持たせるのは、それで大きくまと..... [続きを読む]

    受信: 2006年12月 3日 23:58

    » 早明戦後半、悪い流れを断ち切れるか [日本大好き、好きです早稲田日記]
     早稲田は、前半17−0と明治を大きくリードしての折り返し。途中五郎丸、そしてキャプテンの東条二人をシンビンで退場させ、リードしながらも不満の残る展開。一方40分中15分を15人対14人というアドバンテージを持ちながら、後一歩で得点できない明治大学。早...... [続きを読む]

    受信: 2006年12月 4日 18:19

    » 早明戦予想 得点はニアピン!内容はオオハズレ… [RIKIMARUBLOG]
    さて、昨日の早明戦。 まさか今年の明治のスクラムがあんなに 押されるとは…… 「 [続きを読む]

    受信: 2006年12月 5日 01:42

    » カードが出ず秩序が保たれた試合より、カードが出た方が「スッキリした」と言うA1レフェリー [「ラグビーの敵」:Rugby Football Against the Enemy.]
    民辻竹弘日本協会公認レフェリー(A1)が自身のブログでこんなことを書いているのを見つけた(最近はレフェリーのなかにもブログをやってる人がけっこう多くいるわけですね)。先日のラグビー早明戦についてである。 「この試合のレフリーは相田さん。前半早稲田に2枚のイエローカードを出した。『伝統の一戦』だろうが、『早稲田』だろうが、危険なプレー、不正なプレーに毅然と対処する姿勢はさすがだ。そのあと、見事にゲームの秩序は保たれた... [続きを読む]

    受信: 2006年12月 7日 18:14

    « 関西大学リーグの結果 | トップページ | 箕内拓郎、世界選抜デビュー »