« 悲喜こもごも | トップページ | お答えします。パート9 »

日曜の大学・TL結果

日曜日の朝、大阪のホテルから花園ラグビー場に向かった。近鉄電車で大学の後輩にあたるトップリーガーと偶然出会う。母校の応援に来たみたいだった。ともに「なんか心配やなぁ」と言葉が出た。いいチームだとは知っていても、なんかね。

関西リーグの1、2位が揃い踏みした花園では、まず第一試合で関西2位の京産大が関東対抗戦4位の帝京大と対戦。順位からすれば京産大が勝たねばならないわけだが、冷静に見て、やや帝京大が有利と思っていた。しかし、京産大は前半から帝京大のスクラムを押し込み、粘り強いディフェンスを見せる。極論すれば、この2つを全うした京産大の勝利だった気がする。帝京大は再三にわたって京産大のボールをジャッカルなどでターンオーバーしていたのだが、攻めきれなかった。もう少しボールを動かしたかっただろう。7-3の帝京リードで迎えた後半30分過ぎからは、帝京大ゴール前で京産大がモール、スクラムで攻勢に出た。モールのコラプシングが2回、スクラムで2回、帝京大が連続して反則した時点でペナルティトライが宣告された。

「これしかない勝ち方やったね。素直に戦ったっていうかな」。大西健監督が笑顔を見せれば、吉田明コーチは「得点力が低いから、ロースコアで勝つプランでした。スクラムでプレッシャーをかけつづければ、後半相手の足が止まると思っていた」と選手の頑張りに目を潤ませていた。「スクラムとモールで」という言葉だけ聞けば、パワー一辺倒のラグビーに感じるが、京産大のFWはけっして大きくない。BKも小さな選手が多く、むしろ個々に劣る部分を結束力でカバーしている印象があった。だから、好感が持てたのかもしれない。

第2試合は、関西1位の大体大が関東リーグ戦5位の流経大と対戦した。試合前、大体大のロッカールームの前で、試合を終えたばかりの京産大の選手が道を作り、拍手でグラウンドへ送り出すシーンがあった。実はこれ、京産大の試合前に大体大の選手達が拍手で送り出してくれたことへの返礼だった。関西勢一丸となって、この一回戦に臨んだわけだ。吉田明コーチとも話したのだが「僕らの頃やったら、あり得ませんでしたね」というわけで、大体大と京産大というのはライバル心むき出しに戦ってきた歴史があり、今回の交歓には驚かされた。でも、ラグビー仲間の絆を感じるとてもいいシーンだったなぁ。

その大体大は、前半こそドライビングモールで圧倒し、SH金、WTB檀辻らがトライを重ねたが、後半は沈黙。流経大のタックルが次々に刺さり、最後は拮抗した展開になった。キックオフ直後に、BKラインの要であるCTB山下が負傷退場したことも響いたかもしれないが、やや雑な戦いぶり。流経大の踏ん張りも素晴らしかった。いずれにしても、関西勢はなんとか2校残って、プライドは保った。

実は僕は第2試合が終わるか終わらないかのうちに新大阪へ向かった。夜、慶大と同大の録画に解説をつける仕事があったためだ。この試合はまだ見ていない方が多いと思うので、内容は避けるけど、慶大の山田選手が凄い。他の試合結果を見ると、おおむね順位通りという感じ。2回戦がさらに楽しみになってきた。

トップリーグはサニックスが残留争いから抜け出したと見て良さそうだ。三洋電機は復調してきたか。

もうひとつ情報を。U19アジア大会7人制の部、日本代表優勝!

◎試合結果(17日)
◆大学選手権1回戦
早稲田大学○85-7 関西学院大学(前半47-0)
同志社大学●19-48○慶應義塾大学(前半0-29)
京都産業大学○10-7●帝京大学(前半0-7)
福岡大学●0-33○法政大学(前半0-14)
大阪体育大学○28-17●流通経済大学(前半28-0)
明治大学○29-17●大東文化大学(前半10-0)
東海大学○36-7●立命館大学(前半22-7)
日本体育大学●14-83○関東学院大学(前半7-38)

◆トップリーグ第10節
三洋電機ワイルドナイツ○66-26●コカ・コーラウエストレッドスパークス(前半31-7)
福岡サニックスブルース○34-28●セコムラガッツ(前半14-11)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 悲喜こもごも | トップページ | お答えします。パート9 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

     大学選手権をみて思うこと2つ。
    秩父宮の2試合をカーワン氏が観戦していたことに嬉しさとジャパンへの期待を感じています。
     今年もまた2回戦のカードが、対抗戦1位と3位、リーグ戦1位と3位になってしまったことが残念です。リベンジは難しいのでは。慶応と関東、早稲田と東海の試合のほうが観てみたいと思うのは、私だけでしょうか。このシードは毎年不思議に感じていましたが、なにか訳があるのでしょうか。明治と大体大、法政と京産大は拮抗していてたのしみです。

    投稿: kikuちゃん | 2006年12月21日 01:38

    はじめてコメントします。
    大学選手権大体大vs流経大はジャージが白黒と白ということでセカンドジャージだと思ったんですがお互いファーストジャージでした、僕は大体大のセカンドジャージを見たことがないのですが村上さんは現役時代公式戦でセカンドジャージを着た経験はおありですか?何色なんでしょうか?
    早稲田vs法政も色が違うというものの柄の段が似てるのでセカンドでやって欲しいです。

    投稿: redos87 | 2006年12月20日 15:29

    T大は弱くないけど、(最初から勝とうとはしないことは分かっていました。)簡単に脱落し、H大との試合がなくなりました。O大はM大との国立志向の強さの違いで勝負が決まると思います。どちらとも応援するつもりです。24日の花園が楽しみです。

    投稿: Y | 2006年12月18日 15:59

    いつも楽しく拝見させてもらってます。昨日は早稲田vs関西学院の試合を観てきました。村上さんに一つお聞きしたいことがあります。昨日のノーサイド直後、早稲田の選手が一列に並んで相手に親指を三回突き出してパフォーマンスみたいなことをしていました。よく聞き取れなかったのですが、「ビバ…」と言っていたような気がします。あれは何と言っているのでしょうか。ラグビーでの試合後の儀式のようなものなのでしょうか。もしご存知でしたら教えて頂きたいと思っています。コメント欄に質問してしまって申し訳ありません。よろしくお願いします。これからもブログ楽しみにしております。

    投稿: キョロ | 2006年12月18日 14:29

    U19日本代表、やってくれました。
    15人制の方でも勝ち続けてほしいですね。
    ところで韓国チーム、どうしちゃったのでしょう?....

    投稿: マスター | 2006年12月18日 13:49

    昨日、大分から帰って来ましたが、セコムラガッツの選手と飛行機がいっしょでした。あたりまえですが、みんなでっかい。

    投稿: コーチまじん | 2006年12月18日 11:47

    京産大の逆転への布石は、惜しくもトライにならなかったけれど、13番の選手のタッチライン際猛突進じゃあないでしょうか。ダウンボールへの働きかけに執念を感じるほど電光石火でした

    投稿: ナベゾ | 2006年12月18日 05:19

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/13106073

    この記事へのトラックバック一覧です: 日曜の大学・TL結果:

    » 早稲田大学vs関西学院大学〜大学選手権1回戦〜 [SANDA]
    === 早稲田大学vs関西学院大学 === === 全国大学選手権第1回戦・秩父宮・第2試合 === [[attached(1)]] 早稲田、3連覇へ向けての選手権 待ち受けているのは簡単な道のりではなさそうだ 1回戦の関西学院大学。(関東学院VS関西学院の東西学院対決もみてみたいのだが) 3年前は85−15で勝利。(大田尾組でした) 今回も大差で勝ち抜き、選手権連覇へ向けて弾みをつけたいものである 大変似通ったジャージの両校。あの時観戦しづらかった記憶があった。 その..... [続きを読む]

    受信: 2006年12月18日 02:05

    » 福岡大 0−33 法政大 (全国大学ラグビー選手権) [徒然なるままにMの戯言]
    ≪第43回全国大学選手権大会≫ <1回戦>法政大  33ー0(前14−0 後19−0) 福岡大 【福岡大】  ■スタメン 1白石 大介  3/174/110 熊本西高   2大山 祐樹  3/173/ 90 高鍋高 3堀田健太郎  3/175/... [続きを読む]

    受信: 2006年12月18日 11:45

    » 早稲田対関学、評価の難しい試合 [日本大好き、好きです早稲田日記]
     十二月十七日の秩父宮ラグビー場には、「KGU」が二校登場。第一試合の関東学院大学と、第二試合の関西学院大学だ。同じ「関学」でも実力差は大分ある。 この日も仕事の都合上、第二試合直前にスタジアム入りする。[写真]メンバー紹介。今日は曽我部の姿はない。肩...... [続きを読む]

    受信: 2006年12月18日 21:19

    « 悲喜こもごも | トップページ | お答えします。パート9 »