« 攻撃と防御の関係 | トップページ | 今村・矢富・五郎丸、揃い踏み »

慶大エースWTB山田章仁

Yamada

きょうは、慶應義塾大学のWTB山田章仁(あきひと)選手の取材で、日吉の慶大グラウンドに行ってきた。昨年の9月から人工芝グラウンドになり、寮も今年の4月に新しくなったとのこと。位置関係は変わらないのだけど、昔の古い寮と土のグラウンドを知っている身としては、なんだか妙な感じだった。っていうか、僕はずいぶん日吉に行っていなかったんだと実感。

今回の取材は、1月18日発売のナンバー誌(文藝春秋)に掲載されるものだ。そう、久しぶりにナンバーがラグビー特集を組んでくれる。卓越したランニングスキルを誇る山田選手は、北九州市出身で5歳からラグビースクールでラグビーを始め、小倉高校から慶大に進んでいる。大学2年の3月から9月までオーストラリアに留学してイースタンサバーブス・クラブでプレーするなど、海外志向も強く、プレーヤーとして成長しようとする志は高い。アジア競技会の7人制日本代表の金メダルにも貢献している。先日の大学選手権1回戦の同志社戦でも見事なステップワークでトライを奪ったが、イメージ通りの動きのようだ。あの動きについて詳しく聞いたのだけど、具体的で面白かった。ナンバーにそのあたり書ければと思います。山田選手は今月12月25日発売のラグビーマガジン2月号の「解体心書」でも登場するようなので、こちらもお楽しみに。

記事には書かないことだけど、イースタンサバーブスには同時期、トヨタ自動車ヴェルブリッツの遠藤幸佑選手もプレーしていたのだが、遠藤選手の身体を見て「日本人でもこんなに大きくなるんだとびっくりしました」と言っていた。実はこれ、まったく同じ事を早稲田の今村選手や矢富選手も言っている。遠藤選手の身体は大学生を驚かせ、刺激を与えているようだ。たしかに、先週末のクボタスピアーズ戦のパワフルな突進には驚かされたけど。

慶應は24日、大学選手権2回戦で早稲田と対戦する。山田選手の取材後、松永監督に会ったので「どうですか?」と言ったら、「彼が頑張ってくれますよ」と山田選手を見て微笑んでいた。どういう展開になるか分からないけど、この試合は慶應のFWがどこまでやれるかがポイント。スペースのあるところで山田選手がボールを持ったら面白いことになる。さて、どうなるか。

大学選手権絡みのコメントで質問があった大体大のセカンドジャージーですが、今は、真っ黒です。NZUみたいな感じなんですよね。僕らの頃(80年代後半)は、赤でした。練習試合でしか着た記憶ありません。その後、白の時代もあったようですが、今は黒に落ち着いています。あの白と黒のファーストジャージーは似たものが少ないので、セカンドを着る機会はほとんどないんですよね。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 攻撃と防御の関係 | トップページ | 今村・矢富・五郎丸、揃い踏み »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    スーパー14のキャッツがライオンズへチーム名が変わりましたね。

    元々地域代表のライオンズとチーターズが主体となって合同でつくったからどちらに偏らずに「キャッツ」にしたと思うのですが、チーターズが独立したあともキャッツのままだったのはなぜなんですか?
    やっぱ「猫」じゃ迫力に欠けるしほんとに猫みたいな負けっぷりだったし^^;
    これでライオンぐらいの強さまでチーム作りが成功すればいいんだけど。
    中身は猫のままだったりして・・・。

    投稿: ターボ | 2006年12月21日 19:45

    「ナンバーでラグビーを特集」に注目してしまいました。冬のナンバーといえば昔はラグビーのオンパレードだったのに,最近は。。。。「ラグビー特集」で売り上げが減ったなどとならないよう,みんなに広めましょう。
    山田選手,いいですねー。山田選手を見るためにグラウンドに足を運びたくなります。

    投稿: 現ラガー | 2006年12月21日 12:33

    遠藤選手、凄いでしょ!
    牧場で育つと身も心もスクスクと成長するんじゃないでしょうか
    山田選手のようなタレント味溢れる人材も、オージービーフのように広いフィールドで伸び伸びやらせて、大きく育てたほうがいいですね
    北九州産、オージー育ち。得意技は炭坑節ステップ なんてね

    投稿: ナベゾ | 2006年12月21日 09:14

    取材、お疲れ様です。最近の山田選手の活躍、凄いですね!早慶戦第2ラウンドも楽しみです。

    それと、個人的に、グラウンドの後ろに写っている道は少し前まで通勤路だったので、写真を見て思わずビックリ♪しました。グラウンドも寮も、ここ1年ちょっとのうちにすっかり変わりましたよね。照明の下、夜遅くまで練習に励む選手の皆さんの姿をいまもときどき見かけますが、人工芝になって、練習もしやすくなったのでしょうね。

    投稿: あひる | 2006年12月21日 01:18

    山田選手は、小倉高校の時から注目されてましたよね。確か2年生の時に飛び級でU19に入っていたように記憶してます。一度彼の高校時代の試合を観たことがありましたが、当時から攻撃スキルは飛び抜けていました。いい選手になると思ったら、凄い選手になりましたね。順調に育って、世界にあのステップを見せてほしい!

    投稿: 元ラガー | 2006年12月21日 01:03

    慶応の寮も新しくなったんですね。
    法政の寮も早く新しくなって欲しいものです。
    今日はこれから,同志社と慶応のビデオを見ますので,山田くんをじっくり見てみようと思います。

    投稿: さちこ | 2006年12月20日 21:28

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/13136862

    この記事へのトラックバック一覧です: 慶大エースWTB山田章仁:

    » トヨタ自動車ヴェルブリッツ“少数精鋭”新加入4選手を発表 [徒然なるままにMの戯言]
    Sポニチより。 ■トヨタ自動車“少数精鋭”新加入4選手を発表 ラグビーTL ◆神戸製鋼の大型補強とは対照的◆ ラグビー・トップリーグのトヨタ自動車ヴェルブリッツは12/18、来季の大卒新加入4選手を発表した。来季に11選... [続きを読む]

    受信: 2006年12月20日 22:36

    » 第二次早慶戦、目標は高く [日本大好き、好きです早稲田日記]
     二十四日の早慶戦。同じ相手と二度やるのはいやなもの。慶応の方は「同じ相手に二度負けられない」と意気込み、早稲田の方は「もしかしたら」と迷いが生じたりもする。そうなれば慶応にとってはしめたもの。 そこで敢えて早稲田にはノルマを一つ。10トライ、50点以...... [続きを読む]

    受信: 2006年12月21日 20:53

    « 攻撃と防御の関係 | トップページ | 今村・矢富・五郎丸、揃い踏み »