« 九電・新愛称 | トップページ | いよいよMS杯準決勝 »

ラグマガ3月号

きのう書いたスーパー14の件で補足ですが、ウマンガはすでにNZに戻っています。フランスでは短期契約だったので。大成功だったみたいですけどね。ハリケーンズのプレシーズンマッチのメンバーにも名前がありました。

きょうはラグマガ3月号の発売日。以前は、この号に高校、大学、社会人、すべての全国大会結果が掲載されていた。1月15日の日本選手権ですべて終わりだったからなぁ。なんて、ちょっと年寄りくさいけど、これ一冊持っていると、その年の全国大会はすべて網羅されていたわけだ。だけど、最近はそうはいかない。マイクロソフトカップ、日本選手権はこれからだ。そのマイクロソフトカップの盛り上げ企画として、ゲームリーダーが決意表明している。

「見ている人に、凄いなぁ、面白いなぁ、と思ってもらえるトライを」と、東芝の冨岡選手。サントリーの小野澤選手は「今年のサントリーは、シーズンが終わった段階で初めて形として評価されると思う」と進化の途上であることを強調。「勝ち癖はついてきた。あとはトライを、とりきること」(ヤマハ発動機・大田尾選手)、「うちは激しさで上回らないと勝てない」(トヨタ自動車・麻田選手)。もちろん、もっと長いインタビューなのだけど、読んでいて、こっちの気分も盛り上がってきた。

大学選手権優勝の関東学院・春口監督のインタビューもあるのだが、「雑草に花が咲きました」という言葉が、幅広い意味を含んでいることが分かる。敗れた中竹監督のインタビューは僕が聞いてます。高校大会優勝の東海大仰星・土井監督は、今の3年生が入学したきたときから、花園の頂点に立てる確信があったようだ。それだけいい選手に巡り会えた実感があったのだろうなぁ。高校大会は一気に終わってしまうので、余韻に浸る時間がなかったのだけど、「完全日記 花園7days」でようやく余韻に浸れた。日川高校の中山主将の選手宣誓は、ほんとにいいこと言ってるなぁ。「~ともに試練を乗り越えた仲間との集大成の場を満喫するために~」。

日本代表の企画では、ジョン・カーワン日本代表ヘッドコーチの所信表明。そして、日本代表PR西浦達吉選手(コカ・コーラウエストレッドスパークス)のインタビューがある。これ、泣かせます。西浦選手は、日本代表になるべくしてなった、強い気持ちの持ち主だということが分かる。すべての試合に全力で臨む姿は見ての通り。「最終節が終わると同時に倒れ、それでW杯がダメになったもいいから、もう立てなくなるくらい身体を張ってやる。(略)それで無事にたどりつけたなら、W杯に出るにふさわしい選手だったということ」。日本代表を愛するみなさん、必読です。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 九電・新愛称 | トップページ | いよいよMS杯準決勝 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ラグマガのインタビューでは、東芝の冨岡選手、サントリーの小野澤選手とも、“リーグ戦チャンピオンの価値”を主張していましたね。
    その通りだと思うのです。
    全チームが総当たりで戦う長丁場のリーグ戦を制したチームには、然るべき栄誉が与えられるべきではないでしょうか。
    私自身は、「プレーオフ反対」の考えの持ち主です。トーナメントをやるなら、日本選手権をもっと堂々たるトーナメント大会に再編して、ラグビーシーズンを、リーグ戦とトーナメント大会の二本柱で構成すべきではないかと。

    投稿: マスター | 2007年1月27日 13:38

    西浦選手とそのまんま東知事(笑)の母校である都城泉ヶ丘高が選抜甲子園大会に出場が決まりましたね。

    西浦選手は現在はトップキュウシュウBにいる安川電機に在籍していた選手ですよね。
    ラグビーは無名だけど陸上部はニューイヤー駅伝などで上位に顔を出す名門なんですが、こういう選手にスポットライトが当たるのは嬉しい限りです。

    投稿: | 2007年1月26日 17:00

    本日(1/26)の日本経済新聞の「
    私の履歴書」の下の「交遊抄」が
    ジョン・カーワン氏の記事でした。
    太田GMとのことが書かれていました。情報としてお知らせします。

    投稿: カミヤ | 2007年1月26日 15:21

    番組情報です。
    ドキュメント スポーツ大陸
    シリーズ スポーツ史の一瞬

     魔術と呼ばれた組織プレー
    〜ラグビー 大西鐵之祐の伝説〜

    NHK BS1にて
    1月27日(土)23:10〜24:00

    NHK BShiにて
    1月29日(月)18:00〜18:50

    http://www.nhk.or.jp/spotai/

    投稿: ファンA | 2007年1月26日 10:06

    最近はNZでも一部地域でラグマガが読める様になり、現地人も興味深そうに見入っているそうです
    なにしろ「オラが郷土のスター選手」がたくさん紙面を飾っていますしね
    S14の選手名鑑も垂涎の的らしいのですが、日本語で書かれていて翻訳業てんやわんや

    投稿: ナベゾ | 2007年1月26日 06:19

    トップリーグの選手名鑑、ラグマガの付録じゃなくって、単体で売ってないものでしょうか。知り合いから聞かれたのですが、見付かりません。多分、それで将来のファンを一人失ったのでは。

    投稿: rugbyhead | 2007年1月25日 21:22

    スーパー14の選手名鑑は今月号に入ってます?
    毎年すごくこまかいとこまで載っているこの付録にすごい助かってます♪
    現地のより詳しいのかも^^;

    投稿: ターボ | 2007年1月25日 20:47

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/13655489

    この記事へのトラックバック一覧です: ラグマガ3月号:

    » トップチャレンジ(近鉄ライナーズ−三菱重工相模原)の出場メンバー [M's Silly Talk(社会人野球、きらきらアフロ、ラグビーなどのファン)]
    <トップチャレンジ 第3節:近鉄花園ラグビー> 1/27(土) 【第1試合】12:00 東京ガス     (トップイースト2位)  −  ホンダヒート(トップウエスト2位) 【第2試合】14:00 三菱重工相模原  (トップ... [続きを読む]

    受信: 2007年1月26日 01:27

    « 九電・新愛称 | トップページ | いよいよMS杯準決勝 »