« 接近プレー | トップページ | 木曜日の府中 »

怒濤の5日間

きょうは一日デスクワークの日だった。一日中パソコンに向かっていると、どうしてもコーヒーをたくさん飲んでしまうのだが、最近は香港で買ってきたプーアール茶を飲んでいる。ってなことは、どうでもいいっすね。

午後、昨年12月のアジア競技会で金メダルを獲得した7人制日本代表の佐野順監督に電話でお話を聞く機会があった。「アジアの次は世界を驚かせたい」と気合いが入っていた。7人制日本代表も国内シーズンが終われば再始動し、3月下旬の香港セブンスへ参加する。こちらも注目しよう。

今週は、金曜日(2日)のスーパー14開幕、土曜日(3日)の日本選手権1回戦、シックスネイションズ開幕、日曜日(4日)のマイクロソフトカップ決勝戦と重要な試合が続く。しかし、怒濤のラグビー週間はこれだけは終わらない。5日には、日本代表スコッドの発表、そして6日はトップリーグ各賞の表彰式である。すべてラグビー愛好家にとっては、見逃せない、聞き逃せないことばかり。毎日驚くことになるのか? それとも順当に進むのか?

すでにご存知の方も多いかもしれないが、4日のマイクロソフトカップ決勝戦の前には、午前11時35分から、「Microsoft CUP ミニ・ラグビー交流大会」が行われる。昨夏から秋にかけて三地域で行われた「ラグビーマガジンMicrosoft CUPミニ・ラグビー交流大会」に参加した68チーム(小学5、6年生対象)の中から、各地域の代表を1チームずつ招待して総当たりの交流試合を行うものだ。参加するのは関東地区:新潟県ラグビースクールU12、関西地区:吹田ラグビースクール(大阪府)、九州地区:筑紫丘ラグビークラブジュニアスクール(福岡県)。最優秀チームにはトップリーグのMicrosoft CUPのトロフィーと同じ形のマイクロソフトカップが授与される。子供達に夢を与えるこの企画にもご声援を。

Microsoft CUP ミニ・ラグビー交流大会
2月4日=11:35~第1試合/12:18~第2試合/13:01~第3試合(前後半10分)/13:29~表彰式

さて、直近の2月2日、スーパー14開幕戦は、ブルーズ対クルセーダーズが対戦する。クルセーダーズのFLマコウ、SOカーター、ブルーズのHOメアラム、WTBロコゾコなどオールブラックス調整選手として7節まで参加しない選手が両チームあわせて11名いるのだが、先発予定メンバーを見るとそんなことは感じさせない。ブルーズは、元トヨタ自動車のトロイ・フラベルをキャプテンに、CTBトゥイトゥポウ、WTBハウレット、リザーブにはマカリスターが。クルセーダーズも、HOフリン、NO8トゥイアリイ、SHエリス、CTBラルフ、WTBギアなど豪華な顔ぶれ。リザーブには元ワールドのルア・ティポキの名も。そう、ティポキは今季、クルセーダーズでプレーする。

この5日間が終わったら、気が抜けて倒れそう…。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 接近プレー | トップページ | 木曜日の府中 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    観る方も倒れそうです・・・笑。
    お体に気をつけて、楽しんでください。

    投稿: サファイヤ | 2007年2月 2日 23:17

    クルセイダーズのHOフリンが、ティポキの移籍をいたく歓迎したそうです。それほど期待大なのですね!
    他にもフラベルやミカと日本で間近に観たプレーヤー達の活躍が楽しみです。

    ハードなラグビーウィークが続きますがリポD飲んで、倒れないようがんばってください!TBさせていただきました。

    投稿: ひなP | 2007年2月 1日 09:46

    ティポキを活かせるチーム状態だったらファイティングブルも真のファイトが出来たんでしょうけどね
    さて、ティポキやマクダナルド、敵将のフラベルなど、本家でも現役の選手が日本でプレーしてますけど、S14より日本の方がいい条件を提示しているのでしょうか?
    それとも欧州?
    一番沢山お金の埋まっている土俵は何処なんでしょうね?
    金金とあさましい話題で恐縮ですが、ハードな種目の割にはあまりに報酬が安い様に思え、つい聞きたくなってしまいました
    過日ヤクルトの選手達が高級車でお出ましになる光景を見ながら

    投稿: ナベゾ | 2007年2月 1日 05:09

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/13733176

    この記事へのトラックバック一覧です: 怒濤の5日間:

    » タマリバが意地を見せるか!上海のクラブに明治のキャプテン〜クラブチーム談義 [ラグビーフィーバー!!from上海]
    タマリバの頭脳桑江選手。後輩達が苦戦したラインアウトで関東学院にリベンジできるか 12月に出たラグビー狂会本によると、作家の野阪昭如氏(酔って大島渚を殴ってた人ね)は「タックルは小さいやつが大きいやつを倒す武器だ!」と40歳からラグビーをはじめ、70年代にラグビーのクラブチームのブームを作ったんだとか。 ジャパンがオールブラックスJrやイングランドⅩⅤに迫る時代だったから勢いもあったんでしょうね。 ぼくもラ... [続きを読む]

    受信: 2007年2月 1日 08:09

    » 真骨頂~「オトコ」の正念場。 [ずうの「荒ぶる」]
    ずうです。 ラグビー大学選手権決勝・・・悪夢のような早稲田の敗戦から早3週間が経 [続きを読む]

    受信: 2007年2月 1日 10:59

    » 真骨頂~「オトコ」の正念場。 [ずうの「荒ぶる」]
    ずうです。 ラグビー大学選手権決勝・・・悪夢のような早稲田の敗戦から早3週間が経 [続きを読む]

    受信: 2007年2月 1日 11:00

    « 接近プレー | トップページ | 木曜日の府中 »