« 高校大会・決勝結果 | トップページ | ジョン・カーワンHC就任会見 »

TL12節の結果

8日は、秩父宮ラグビー場にいた。トップリーグ第12節を取材するためだ。第1試合は、トップリーグ残留に燃える日本IBMが力を振り絞っていた。SO坂元が再三クボタ防御を切り裂いて突進する。前半を終えて、12-0とリード。しかし、後半はクボタが巻き返し、終了間際にはFBマクイナリが、SO伊藤のパントをインゴールで押さえ、伊藤がコンバージョンを決めて引き分けた。IBMはなんとか4トライをあげて、勝ち点「3」を獲得。計12点として、自動降格脱出を最終戦にかけることになった。

トップ4の座を巡る第2試合はさらに凄まじかった。神戸製鋼がCTB大畑のトライで先制すれば、NECもブレイクダウンの力強さで対抗し、拮抗した展開に。前半終了間際のNECのモールを耐えた神戸製鋼の粘りは見事だった。後半も一進一退の攻防が続いたが、NECがラインアウトからのドライビングモールやFLマーシュらのボールへのからみで次第に優位に立ち、後半28分、32分にトライをたたみかけ、逃げ切った。それでも、最後の神戸製鋼の攻撃は見応えがあった。ふらふらになりながら勝利を目指す姿には胸を打たれた人が多かったはず。敗れはしたが、4トライ以上と、7点差以内の負けに与えられるボーナス点をゲットし、最終節に望みをつないだ。

試合後の記者会見は対照的だった。負けた神戸製鋼の増保監督が、「残念な結果だが、あきらめずに次も頑張る」と力強く語ったのに対して、勝者のNECの会見は沈みがち。ゲームキャプテンのCTB向山は「ゲーム前はトップ4に残る可能性があったので、やれることはやろうと言って試合に臨みました。目標通り、5ポイントはとれましたが、あと1試合でシーズンを終えることになり、複雑な心境です」と、視線を落とした。トヨタ自動車と三洋電機が勝利したため、残り1試合に勝ち点「5」を獲得したとしても、トップ4入りができなくなったのである。

他会場の結果は以下の通り。ワールドの自動降格が確定してしまった。10位コカ・コーラ、11位リコー、12位セコム、13位日本IBMが最終節に生き残りをかける。トップ4争いは、3位と4位の座を巡り、三洋電機、トヨタ自動車、ヤマハ発動機、神戸製鋼がしのぎをけずる。

◆トップリーグ第12節結果(1月8日)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ○46-10●ワールド ファイティングブル(前半27-10)
コカ・コーラウエストレッドスパークス●14-29○セコムラガッツ(前半7-22)
リコーブラックラズム●27-34○三洋電機ワイルドナイツ(前半24-20)
日本IBMビッグブルー△27-27△クボタスピアーズ(前半12-0)
NECグリーンロケッツ○27-24●神戸製鋼コベルコスティーラーズ(前半8-12)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 高校大会・決勝結果 | トップページ | ジョン・カーワンHC就任会見 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    プレーオフは、上位チームにリーグ戦最終節まで緊張の糸を継続させるという点で意義があると思いますが、日本選手権への出場権がプレーオフ進出の4チームにしか与えられないのは、やはり問題ですね。
    勝ち点43で並んでいる三洋電機、トヨタ自動車、ヤマハ発動機の3チームと勝ち点41の神戸製鋼のうち、2チームは最終節で今期の試合が無くなってしまうわけですから。
    個人的には、NECにもクボタ、サニックスにもトーナメント戦というチャレンジの機会をあげたい気持ちです。

    投稿: マスター | 2007年1月 9日 16:15

    RUGBYシーズン真っ盛り。CATVで海外のゲームが有料になった事で見れないので久々にTLの試合を見た。感想としてはあいも変わらずミスは多く、特にIBM戦は絵に書いた様な逆転劇でしたが右WTBには渇!!終了間際の自陣のタッチッキックだったが、あれで逃れていれば勝利を掴んでいただけに明らかな集中力とコミュニケーシヨン不足であった。
    神戸XNECは接点の激しさやNECの3列の運動量、神戸外国人のスキルの高さにはみどころがあったが、特に最近のWTBは内に切る選手が多く、不満・・。やはり日本人はサインプレーが得意。神戸のDFの悪さもあったがそれにしても綺麗に決まったなあ。
    昨今のRUGBY本来の面白さは大学やTLではなく組織で戦う高校の試合の方が若干軽いプレーが見られるにしろ本気さが見れて楽しく感じます。

    投稿: ponta1415 | 2007年1月 9日 13:46

    神戸製鋼、ファンとしては非常に残念な敗戦でした。
    ところでSH後藤選手の怪我の状況はどうなのでしょうか。ヤマハ戦で帰ってこられればいいのですが。
    村上さん、状況ご存知であれば教えて下さい。

    投稿: もき | 2007年1月 9日 12:18

    リーグ戦王者を4チームに絞るのは良い事だと思いますが、ラグビーマガジンで村上さんが言ってたように最終的に全チームが次のステージで試合ができる環境にしないと。前節、今節とクボタは残留争いのサニックス、IBMとの試合でしたが、何とか引き分けたという展開でしたね。やはり、降格争いにもプレーオフにも進めないチームはモチベーションを保つのは厳しいのかなと感じました。
    来シーズンはその辺を工夫してもらいたいですね。
    秩父宮の再入場禁止にしても自分みたく1試合目のチームの出待ちをするとどうしても2試合目の前半で切り上げなくてはなりません。出待ちを終えて2試合目の選手が出てくるまでだいぶ待たないといけないのでJAPANの時のように入場ゲートをもっと手前にしてくれると有り難いですね。

    投稿: はり | 2007年1月 9日 06:01

    NECがあと1試合限りで今シーズンもう観れないのはさびしいですね。リーグ戦を重視する意味では、一発屋を許さない気持ちもわかりますが。マーシュもヤコも観れないなんて・・・。

    投稿: ひなP | 2007年1月 9日 00:39

    2試合共にノーサイドの笛で両チームの選手の様子が対照的で、激戦を物語っていると思いました。肩を落とす大畑選手に箕内選手が歩み寄って握手をする光景は良かったです。会見の様子は逆だったのは興味深かったですね。
    最終節にもドラマを期待しにスタジアムに行きたいと思います。

    投稿: ラグネコ | 2007年1月 8日 22:52

    トップ4も凄い事になっていますが、ボトム4脱出も熾烈ですね
    個人的にはレッドスパークの初年度残留滑り込みが注目の的です。厳しい試合になるでしょうが入替戦攻防も面白い試合になりそうで楽しみです

    投稿: ナベゾ | 2007年1月 8日 22:28

    今日の秩父宮は2試合とも白熱戦。いや~おもしろかった!いつもの観戦仲間と「堪能した!」と言って帰路につきました。やっぱりラグビーは面白い!記事をトラックバックさせていただきました。よろしくお願いいたします

    投稿: SANDA | 2007年1月 8日 21:45

    今日は今季トヨタの地元最終戦だというのに、トヨタ関連企業は出勤日の様子。加えて悪天候だし、観客は少ないかなぁと現地に来てみれば、熱心なファンはいるもので、入場者は何とか千人を超えたようです。ワールドも負けてはしまったものの、ちゃんと応援団が旗振って応援していました。それだけに、瑞穂さんと同じく、最後の最後での小競り合い&レッドカードは後味の悪い試合に感じました。

    投稿: Z | 2007年1月 8日 21:20

     神戸スティーラーズのタッチに出さないキックは事前のプランなのでしょうか?例えそうだとしても、ロケッツのラインアウトの不安定さを見て、タッチに出す判断は間違ってないのでは。まだまだ、森田恭平選手は言われた通りにするのが精一杯なのかしら。

    投稿: rugbyhead | 2007年1月 8日 21:08

    トヨタ対ワールド戦でラフプレーにより一時に2名の
    レッドカードという不祥事が起きました。
    点差がついた事でフラストレーションが溜まった
    結果と思われますが、本当に残念です

    投稿: 瑞穂 | 2007年1月 8日 19:17

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/13389966

    この記事へのトラックバック一覧です: TL12節の結果:

    » NECグリーンロケッツvs神戸製鋼コベルコスティーラーズ [SANDA]
    === NECグリーンロケッツvs神戸製鋼コベルコスティーラーズ === === トップリーグ2006−2007・秩父宮〜第2試合〜 === [[attached(1)]] ミラクル<奇跡>は起こるのか・・・ プレイオフ参戦をかけたトップリーグの終盤戦 2日前の府中決戦での雨天とは打って変わって晴れ渡った秩父宮 トップリーグ王者を狙うチームにあきらめはないはず NECも間違いなくあきらめていない。 しかし、ここでの敗戦は致命的となる そして、神戸はここで勝利すればプ..... [続きを読む]

    受信: 2007年1月 8日 21:42

    » トップリーグ残留争いも熾烈 [ラグビーフィーバー!!from上海]
    トップリーグも12節まで終わり、優勝争いの大一番、府中ダービーが盛り上る一方で、残留争いも熾烈を極めている。来シーズンの残留をかけての大一番! すでにワールドは敗れトップウェストへの自動降格が決定。奇しくも初年度のトップリーグ入りを決めた相手(トヨタ)に同じ場所(瑞穂ラグビー場)で引導を渡されるのはなんとも因縁だ。 そして自動降格の憂き目に合うのは13位となるもう1チーム。11、12位も入れ替え戦に回ることにな�... [続きを読む]

    受信: 2007年1月 9日 00:23

    » NEC 27-24 神戸製鋼 [戯言]
    今年初めての秩父宮。トップリーグも残すところ後2試合。日向のバックスタンドが好きなんだけど、雨が降っても見たいと思ったので久しぶりのメインスタンド。こういうときに限ってとってもいい天気。屋根のあるメインスタンドは冷え込むし、正面に見える日向のバックスタ...... [続きを読む]

    受信: 2007年1月 9日 10:33

    » 日本IBMビッグブルーvsクボタスピアーズ [SANDA]
    === 日本IBMビッグブルーvsクボタスピアーズ === === トップリーグ2006−2007第12節・秩父宮〜第1試合〜 === [[attached(1)]] トップリーグ陥落からの危機迫る そんな気持が日本IBMビッグブルーにはあるはずだ。 プレイオフ参戦はならづとも、この危機状態を意識したプレイには 熱い試合を期待してもおかしくないだろう。 クボタの動員もあったのだろうか、思ったより多くの観客が詰め..... [続きを読む]

    受信: 2007年1月 9日 17:33

    » トップリーグ「神戸製鋼vsNEC」秩父宮 [ノーサイド「大元よしき」ラガーマン作家の挑戦!]
    私見ですがトップリーグ最大のカードだと思っています。 [続きを読む]

    受信: 2007年1月10日 19:17

    » TL 第12節 神戸製鋼-NECの結果 [ココロミ]
    惜しかった~っ!  と言うべきなのか、やはり・・・と言うべきなのか、神戸製鋼ファンとしては2ポイント獲得という悩ましい結果となり、4位入りなるかは、最終節の勝敗によることになってしまいました。 【結果】1月8日(月) 秩父宮 14時キックオフ  ● 神戸製鋼 24点 (前半 12点 2T1G0PG0DG 後半12点 2T1G0PG0DG)○ NEC 27点 (前半 8点 1T0G1PG0DG 後半 19点 3T2G0PG0DGさて、殆ど消え... [続きを読む]

    受信: 2007年1月13日 05:07

    « 高校大会・決勝結果 | トップページ | ジョン・カーワンHC就任会見 »