« マイクロソフトカップ決勝戦 | トップページ | トップリーグ表彰式 »

日本代表スコッド発表

月曜日の午後、日本ラグビー協会のジャパンクラブで2007年日本代表スコッドの発表記者会見があった。出席したのは、太田治GM、ジョン・カーワンヘッドコーチ(HC)、永田隆憲FWコーチの3人。太田GMからメンバーが読み上げられたのだが、驚いたり、納得したりしながら53名の名前を聞いた。昨秋11月のワールドカップアジア予選は、太田GMがHCを兼務して選んだメンバーだったが、今回は、カーワンHC体制の本格始動であり、初めて彼の色が出たメンバーということになる。キャプテンは箕内拓郎選手が務める。大畑大介選手は、6月復帰を目指してリハビリ中とのこと。

「現在のベストの選手、ベストになりうる選手、さらに日本代表のプレースタイルに適応した選手を選びました。そして、今年のワールドカップだけではなく、2011年も視野に入れて選んでいます」(カーワンHC)

言葉通り、ベテランも多いが、ノンキャップ組が20名。その中でもサントリーのPR前田、東芝のSH吉田というスコッド経験者を除いては初選出。社会人1年目のサントリーHO青木、FL篠塚、NO8佐々木や、関東学院のLO北川、CTB高山も名を連ねている。注目のSOは、沢木、安藤のキャップ保持者に加え、東芝の廣瀬俊朗、NTTドコモ関西のジェームス・アレジ(27歳)、NZ在住の小野晃征(19歳)が選ばれた。

アレジは日本での登録名なのだが、かつてJSPORTSやラグマガでは「アーリッジ」と表記されていた。NZノースランドのSOとして頭角を現し、2001年ブルーズでスーパー12デビュー。スペンサーの控えだったが、のちにハイランダーズで活躍。3年前に来日していた。正確なプレースキッカーでもあり、元日本代表のミラーのような活躍が期待されている。

小野晃征(おの・こうせい)は、小学生の頃にNZに移り住み、カンタベリーのアカデミーで育った選手。U19カンタベリー代表に選出され、U19・NZ代表のトライアリストでもある。カーワンHCもビデオで数試合を見た上、現地での情報を集めて選出したようだ。ロングキッカーであり、ディフェンスも強いという。SO、CTBをこなし、こちらも将来期待の新星である。

外国人選手については、代表規定の3年居住をクリアしている選手ばかりなのだが、2000年以降は、2か国にまたがって代表になれない規定があるため、7人制クロアチア代表のウーリッチ(三菱重工相模原)、7人制豪州代表のマクイナリ(クボタ)については、IRBに照会中とのこと。マーシュ(NEC)は、NZ・A代表の経験があるため代表招集が見送られてきたのだが、そのA代表がNZ協会で正式に記録に残るA代表ではなかったことが判明したとのこと。

カーワンHCは、以前の記者会見で「世界一低く、速く、激しく前に出られる選手を選ぶ」と言っていたが、今回の選考でも世界に通用するスピード、肉体の強さを持っている選手を選んだ印象が強い。これからワールドカップメンバー入りをかけて、激しい競争が始まるわけだ。この53名は、メディカルチェック、フィットネスチェックを経て、3月29日に40名に絞り込まれる。そして、5月下旬からのパシフィック・ネーションズカップで30名のメンバーが編成される予定だ。

5月初旬に来日するクラシック・オールブラックスについては、現役選手だがすでにオールブラックスを退いている選手がチームを編成して来日するようだ。メンバーは未定だが、今も現役で元オールブラックスといえば数は限られる。スペンサーとかカレンあたり、来てくれると盛り上がるのだが。

追記◎大東功一選手は、SHからFBまでBKのポジションをすべてこなせるユーティリティBKとしての選出とのこと。

2007年 日本代表スコッド

PR1=山本正人、西浦達吉、前田航平、杉浦敬宏、HO=松原裕司、山本貢、猪口拓、青木佑輔、PR3=山村亮、相馬朋和、池谷陽輔、LO4=大野均、熊谷皇紀、北川勇次、LO5=ルアタンギ・侍バツベイ、ルーク・トンプソン、FL6=渡邉泰憲、木曽一、浅野良太、ハレ・マキリ、篠塚公史、FL7=フィリップ・オライリー、グレン・マーシュ、No.8=箕内拓郎、ブレア・ウーリッチ(※IRB照会中)、佐々木隆道、サミュ・ヴァハフォラウ

SH=後藤翔太、大東功一、矢富勇毅、吉田朋生、SO=沢木敬介、安藤栄次、ジェームス・アレジ、廣瀬俊朗、小野晃征、WTB11=小野澤宏時、ナタニエラ・オト、CTB12=大西将太郎、ブライス・ロビンス、高山国哲、CTB13=大畑大介、守屋篤、今村雄太、霜村誠一、クリスチャン・ロアマヌ、平浩二、WTB14=遠藤幸佑、北川智規、FB=立川剛士、五郎丸歩、有賀剛、ダミアン・マクイナリ(※IRB照会中)

2007年 日本代表スコッド スケジュール
リポビタンDチャレンジ2007
4月22日(日)
アジア三カ国対抗試合 兼 第9回日韓定期戦
日本代表vs 韓国代表(秩父宮ラグビー場) 
4月29日(日)
アジア三カ国対抗試合 
日本代表 vs 香港代表 (秩父宮ラグビー場)

5月 9日(水)
ジャパンXV vs クラシック・オールブラックス(関西) ※予定
5月13日(日)
ジャパンXV vs クラシック・オールブラックス(東京) ※予定

IRBパシフィック・ネーションズカップ
5月26日(土)
フィジー代表 vs 日本代表(フィジー・スバ)
6月2日(土)
トンガ代表 vs 日本代表 (豪州・コフスハーバー)
6月9日(土)
オーストラリアA代表 vs 日本代表 (豪州・タウンズビル)
6月16日(土)
日本代表 vs サモア代表 (宮城・ユアテックスタジアム仙台)
6月24日(日)
日本代表 vs ジュニア・オールブラックス(東京)










|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « マイクロソフトカップ決勝戦 | トップページ | トップリーグ表彰式 »

    「愛好速報」カテゴリの記事




    コメント

    クボタのケフはとても強いし足もはやいしなぜ代表にえらばれないんでしょうか
    ワールドカップでウェールズと試合をしますが北川にトライを量産してほしいですね
    でも慶応大学の山田がえらばれてないのがふまんです
    あと今日日本選手権をみるかぎりでは東芝サントリーの2強ではなく東芝サントリートヨタヤマハの4強じゃないかなーと我思ふ

    投稿: だいこん | 2007年2月11日 20:32

    ぼくはクボタスピアーズのファンなんですがケフはだめなんですか?

    投稿: リーゼント | 2007年2月11日 20:20

    ちょっと時間を取って考えましたが
    今回のスコッドには納得できない一人です
    プレーオフでトップ4の実力に差がない事は
    明白になったのに選出メンバーに差が
    大きいです。しかも下位のチームから多く
    特に(NEC)が多いのも不思議です
    日本選手権でヤマハ、トヨタが優勝しても
    メンバー変更ないのでしょうか?

    投稿: 瑞穂 | 2007年2月 7日 21:17

    個人的にはNEC辻選手の選出を望んでいたので残念です。ディフェンス、素早い球捌きともに日本代表に選ばれてもおかしくはないと思います。
    ワールドカップであのタックルをもう一度みたいです。

    投稿: ラグビーファン | 2007年2月 7日 11:04

    個人的にはジュビロの大田尾選手が選ばれなかったのもちょっと残念なのですが・・・。私は個々の選手の技術や特徴など、よく理解しているというわけではないのですが、以前村上さんが「大田尾選手はラインを動かすのが上手い」とコメントされていた記憶があります。それに、HCがいっていた「タックルが良い」という条件にもあてはまるのでは?と思うのですが、どうなんでしょう?
    それでもHCとGMがきちんと試合を観戦した上で選ばれたスコッドなので、説得力があると私も思います。ジャパンの試合がとても楽しみになってきました。

    投稿: KIN | 2007年2月 6日 13:59

    何人かもコメントされていますが、吉田(英)落選の詳細をお伺いしたいです。タックルも出来るし、一番安定感のあるセンターだと認識しています


    夢を与えつつも、世界と本気で戦うべくスコッドだと思います

    SO&CTBが不安ですが、現状を考えると仕方が無いのかなとも思いました・・・

    投稿: Paxson | 2007年2月 6日 11:33

    久富選手は何故漏れたのでしょう?僕も一列は山村選手以外層が薄い印象です。日本人ロックに関しては、JKはエリサルドと違いジャンプ力ある細身のタイプが好きなようですね。この辺が佐藤、赤塚選手が外れた理由でしょうか?箕内選手のキャプテン復帰は嬉しいですね。

    投稿: rugby fan | 2007年2月 6日 10:19

     注目の代表だが、世界では1.2列の機動力が極めて重要なだけにこのセレクシヨンでは寂しい気がする。外国人の選出を望みたい・・。3列は日本人で可。 
     BKSの選出は海外でプレイしている選手の選出は面白いし、期待してみたい。いい司令塔がいれば、FWは5分近くであれば何とかなる。あとはCTB陣が人材薄なことと、最近安定感のあるFBが登場していない。
    もうJKに頼るしか術はない。

    投稿: ponta1415 | 2007年2月 6日 09:12

    メディカルチェック、フィットネスチェックを経て、直ちに40名のスコッドに絞り込む(13名は“名前だけの”スコッドになる。何人かは検討がつきますが)とはいえ、タックルの出来ない選手や、トップリーグでもレギュラーとして定着していない選手まで選出されているのには大いに驚きました。
    2011年も視野に入れて選んだというのであれば、彼らをどのように育成、フォローしていく計画なのかを明らかにすべきでしょう(記者会見の席上説明があったのかもしれませんが)。

    投稿: マスター | 2007年2月 6日 08:18

    NZ在住の小野君が選ばれたようですがチョットABSを狙って欲しかったです。1,2年後にsuper14で姿が見られるでしょうか?楽しみです。
    ところで、日曜日のTBSの番組で名前忘れましたが、ラグビーのことを言ってくださる方が放送がないのがおかしいとまじめに言ってくれてうれしかったです。(このときは、早稲田戦ですが)
    マーシュが選ばれてうれしいです。たしか双子の兄弟のかたがフランス代表でいたと思うのですが今は、引退したんでしょうか?

    投稿: FL7 | 2007年2月 6日 07:44

    テレビで放映される試合では必ずと言っていいほどカーワン・太田両名の姿が映し出されていましたが、随分広範囲に視察されているなあと驚きました
    コセー・オノはやっと日本デビューとなったようでワクワクします。現在はカンタベリー大学に通っているという事でしたので、州代表になりクルセーダーズに入ったらカーターと全く同じ道を辿ることになるんだなあと楽しみにしていました
    ほとんど日本で暮らした事が無いと言っていたので日本の礼節に早く慣れて実力を発揮してもらいたいと思います

    投稿: ナベゾ | 2007年2月 6日 05:03

    私も吉田英の落選は疑問です。
    多くのファンがそう思っているのではないでしょうか?
    もしや大畑以上の怪我でも?

    投稿: くうかい | 2007年2月 6日 02:30

    吉田(英)選手が外れた理由について、何か説明ありませんでしたでしょうか?
    ほぼ納得の人選の中で、唯一不可解なところだと思います。

    それにしてもマーシュ選手に代表資格があったとは驚きました。
    それなら、これまでも入ってたんじゃ…。

    投稿: kazuhiko | 2007年2月 6日 01:42

    こんばんは。
    スコッド拝見しました。
    正面選手は入らなかったですね。
    その点は少し残念ですが、多くの賛同を得られる人選だと思います。
    何と言っても、HCとGMが足繁く試合会場に足を運んで選んだのですから、説得力充分です。
    守屋選手や霜村選手も復活して、嬉しいです。
    そして、もしマクイナリ選手がOKなら・・・凄いことになると思います。

    そしてクラシックオールブラックス。
    これまた嬉しいです。
    JKの人脈がなせる業かな?と思ってます。
    どのくらいの年齢の選手が来るのかわからないですし、スーパー14の絡みもあり、それでなくても難しいと思いますが・・・ウマンガ選手、来てくれないですかねぇ(汗笑)。

    投稿: ユニオンジャック | 2007年2月 5日 23:10

    クラシック・オールブラックス戦、実現しそうで嬉しいです。ジャパンのスコッドも楽しみな選手が揃っているので、好試合を期待したいです。

    スコッドの中で特に注目したいのはルーキーながら全試合フル出場したPR杉浦敬宏選手(サニックス)、ダイナミックなランニングが魅力の遠藤幸佑選手(トヨタ)です。東芝FWの核の渡邉泰憲選手の復帰も嬉しいですね。

    アレジ選手もスーパー12の活躍が印象的で、トップウエストに所属しているのが信じられない程の選手だと思いますので、待望の選出のマーシュ選手と共にジャパンでどんな活躍をしてくれるか楽しみです。

    投稿: ラグネコ | 2007年2月 5日 23:04

    トップリーグで活躍していた選手が選ばれている感じですね。
    一方で小野晃征選手が選ばれており、情報収集もしっかりしているという感じですね。
    代表戦がワクワク楽しみになってきました。

    投稿: さちこ | 2007年2月 5日 22:20

    スコッド見ました。マーシュはOKなんですね。うれしいです。試合をきちんと見たうえで選出した、という印象です。実際カーワン氏はトップリーグの試合でよく見かけましたし。
    現時点ではファンも納得のいくものではないでしょうか。
    個人的にはいい外国人選手をきちんと選んでいる点に好印象を持ちました。

    投稿: pen | 2007年2月 5日 21:38

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/13801597

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表スコッド発表:

    » ラグビー日本代表スコッド発表 [petit buffle &petit tigre]
    ジョン・カーワン(JK)丸の事実上の船出でしょうか。 ◆2007年度 日本代表スコッド(フォワード) ◆2007年度 日本代表スコッド(バックス) 全部いじるのは無理なので、SOだけ。 ニュージーランド在住の高校生SO小野晃征君が選ばれています。(19歳の最....... [続きを読む]

    受信: 2007年2月 5日 22:03

    » 日本代表スコッド [ラグビー感染日記]
    発表された情報を最初に見たときは驚いた。海外在住のこれまで日本に知られていなかった(と言ってもいい?)小野選手、そして大学生、居住3年条件をクリアした外国人選手の多さ。 しかし、スコッドの総数が53名であるとすれば、このような選択もあるのかと。しっかりこれまで代表を支えてきた選手も選ばれている。 JKが自分の目で選んだとはいえ、まだセレクションの過程で本当の実力を見てみたいという段階で召集した選... [続きを読む]

    受信: 2007年2月 6日 00:58

    » 日本代表発表 [Dickersonの夢]
    ラグビー日本代表スコッド52名が発表された。 トップリーグからだけでなく、地域リーグからNTTドコモ関西のアレジ・近鉄ライナーズのトンプソン・三菱重工相模原のウーリッチなどなど、幅広いチームから選出をしたという印象である。 そして、トップリーグでも上位チームに偏ることなく、下位チームからもまんべんなく選出している。... [続きを読む]

    受信: 2007年2月 6日 07:57

    » 日本代表スコッド発表!サプライズ!! [rugrug]
    昨日のエントリのコメントで、ラグビー日本代表スコッドが発表になったのを知ったのですが、おもわずびっくり!まさにサプライズ!それは、SOで選ばれた小野晃征(おの こうせい)選手です! 2007年度 日本代表スコッド(... [続きを読む]

    受信: 2007年2月 6日 17:00

    » 日本代表スコッド&スケジュール発表 [ココロミ]
    きょうは、ポカポカ暖かかったですね。仕事でコートを着て外を歩いていたら、暑くて汗をかいてしまいました。このまま、春になってしまうのかしら。あー、鼻が痛い。そんなことは、どうでもいい(笑)。さて、昨日2/5(月)にラグビー日本代表スコッドが発表されました。1月1日から正式にジョン・カーワン(JK)氏が監督に就任し、これが初仕事です。トップリーグの試合会場では、JKの姿を見かけた方もいらっしゃいると思います。私は、先日の九電 対 早稲田の試合で太田GMを見かけました。たぶんJKもいたのでしょう。ワールド... [続きを読む]

    受信: 2007年2月 6日 23:20

    » 期待の超新星「オノ、コーセー」 [らぐびーあにまる]
    NZラグビーブログのkickoff−Tさんが、数年前の オノ コーセーの記事を見つけてくれました。NZにいる日本人向けに出てる雑誌のものだそうです。NZの中で、ラグビーエリート街道を走っているんですね!こりゃ、SOの本命にくるかもしれませんね!去年のコ...... [続きを読む]

    受信: 2007年2月 8日 12:40

    » 大畑大介選手が、「ジャンクスポーツ」に出演するらしい [ココロミ]
    神戸製鋼コベルコスティーラーズの公式ホームページに、告知されていたのですが、「えぇ? 本当に?」 と、何度も見直してしまいました。おそるおそる、フジテレビの「ジャンクSPORTS」のサイトを見たら、ゲストのところに大畑大介と間違いなく書かれています。今年の1月14日、TL最終節 対ヤマハ発動機戦で右足アキレス腱を断裂し、手術、退院。約1ヶ月で、もうテレビ出演とは、さすが大畑大介選手です。どんな姿で出演するのでしょう。今週のテーマは「チャンス」。これは見逃せません。 ◆「ジャンクSPORTS」 放送... [続きを読む]

    受信: 2007年2月16日 03:24

    » Buy ambien 12.5 mgm overnight mail md consultation. [Buy ambien.]
    Where can i buy ambien for next day delivery. Buy ambien online. Buy ambien. Buy ambien 10. [続きを読む]

    受信: 2007年2月27日 19:34

    « マイクロソフトカップ決勝戦 | トップページ | トップリーグ表彰式 »