« 決勝戦メンバー発表 | トップページ | ベスト8進出プロジェクト発足 »

日本選手権決勝結果

日曜日はもちろん、秩父宮ラグビー場にいた。体感気温はめちゃくちゃ寒かったが、開門前からお客さんが列をなし、マイクロソフトカップ決勝を思わせる熱気だった。観客数の発表は、18,618人。でも、それよりも多く感じた。

先に結果を書くと、日本選手権決勝戦は、東芝ブレイブルーパスがトヨタ自動車ヴェルブリッツを19-10で破ってトップリーグに続く2冠を獲得した。薫田監督、冨岡主将体制の最後、集大成となる試合で東芝の選手たちはいつものように献身的に身体を張って動き回っていた。

試合前のトスに勝った冨岡キャプテンは、かねてより監督と話していたとおり、風上を選択。「前半で勝負を決めるくらいにつもりで」(薫田監督)攻勢に出ようとしたが、先に仕掛けたのはトヨタだった。FW周辺をついてから突破役のWTB遠藤を思う存分に走らせ、東芝を防戦一方に追い込んで反則を誘い、SOアイイが先制PGを決める。

しかし、8分、東芝もワイドな展開からLO石澤がインゴール左中間に走り込んで逆転トライ。SO廣瀬のロングキックを軸に陣地をとり、18分には、CTBマクラウド、WTBオトで防御を崩して、再びLO石澤がトライ。12-3とリードする。前日、冨岡キャプテンは言っていた。「バツベイはゴール前5mでの仕事は日本一だが、それ以外のところでは石澤が勝っているところがいっぱいある。明日はそういうところを見せたい」。言葉通りの石澤の活躍だった。

ただし、東芝が得意とするドライビングモールに対しては、トヨタが健闘して食い止め、ゲームは拮抗した。薫田監督と同じく勇退の決まっているトヨタの朽木監督はこう言った。「モールのディフェンスについては、弱いと言われ続けたので、練習してきた意地が出たと思う」。まさに意地の張り合い。タフな肉弾戦は、後半11分、CTB赤沼のトライで、トヨタが10-12と2点差に迫ってさらに白熱した。ともに攻めきれなかったと言えばそれまでだが、ゴールを背に懸命に守る執念は観る者の胸に迫るものがあった。

勝敗を決したのは、東芝FB立川のトライ。WTBオトがディフェンスを3人引きつけたところに絶妙のタイミングで走り込み、直後に鋭角的なステップでタックラーをかわしての見事な決勝トライだった。最後はトヨタの猛攻を守りきった東芝の懐の深い優勝だった。

試合後の記者会見。今季限りでキャプテンを降りる冨岡鉄平選手はこうコメントした。
「スコアは接近しましたが、東芝らしいゲームができました。この5年間、(最初は)リーダーというもの、チームというものが何も分かっていない状況でキャプテンをやらせてもらって、いろいろと学びながら成長させてもらいました。監督には本当に感謝しています」

「長いようで短い5年間でした。きょうほど東芝に入って良かったと思ったことはありません。優秀な素晴らしいリーダーにも巡り会えた。選手達に感謝しています」(東芝・薫田監督)

「現役時代から常にベストを尽くすことが身上だったし、この4年間、選手にもそれを求めた。選手はこの日本選手権で死力を尽くしてくれたと思います。チームを誇りに思います」(トヨタ・朽木監督)

勇退する両監督のコメントも味わい深かった。今季は東芝、ほんとに強かったなぁ。トヨタも昨年の日本選手権で早稲田に敗れた悔しさをバネに逞しく成長した。死闘を繰り広げる選手には申し訳ないんだけど、最後は、もう少し白熱の攻防を見ていたい気分だった。

国内シーズンはこれにて一区切り。しばしの休息のあと、いよいよワールドカップに向けての日本代表のシーズンが始まる。

◆日本選手権決勝戦結果
東芝ブレイブルーパス○19-10●トヨタ自動車ヴェルブリッツ(前半12-3)

追記◎決勝戦に先立って行われたサントリーカップ第3回全国小学生タグラグビー選手権大会は、横浜釜利谷スパークエイトが優勝しました。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 決勝戦メンバー発表 | トップページ | ベスト8進出プロジェクト発足 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    村上さん、シーズンの間、お疲れ様でした。あっでも次はワールドカップがありますね。昨日の試合はトヨタのトライを防いだ富岡capのタックルに感動しました。

    ところで、クリニックの山田選手の記事、大変参考になりました。今度ジュニアスクールの練習前に生徒達に見せてあげようと思っています。 できたら今度はラックの特集(最近のやつはルールが難しいので子供達に教えられない・・・)を期待しています。機会があればお願いいたします。

    投稿: CRS kobayashi | 2007年2月26日 18:00

    これで今シーズンが終了しました。あっというまでしたが、また、あっという間にジャパンを応援する季節がやってきます。これも楽しみです。決勝観戦記トラバさせていただきました。よろしくお願いします。

    投稿: SANDA | 2007年2月26日 12:45

     東芝の懐は深く、引き出しの数がゲームに出た。確かにトヨタは前半の初め10~15分にたたみ掛けただろうが、逆にやられた。接点が何より激しくこのゲームの見所であったと思う。ゲームの中身に関してはロースコアでそこそこ。国内では唯一東芝が戦えるスタイルを作り出したのかも知れない。
    さて、今後は代表に注目がいく訳だが、DFが主体になり重要になってくる。選手権の様なアタックが外国人相手にどの程度通用するが鍵。

    投稿: ponta1415 | 2007年2月26日 10:56

    東芝の「頂上感覚」(プレーオフ決勝戦の後、冨岡主将が言ってた不思議な感覚のこと)は本物だった。真のチャンピオンチームですね。これだけのチームを作り上げた薫田監督の手腕は、だから本物だということ。
    日本代表チームの強化に関わるべき人だと確信します。

    投稿: マスター | 2007年2月26日 08:22

    また釜利谷が優勝ですか
    それを見るのが辛くて会場に足を運べませんでした
    敗戦のショックから未だ立ち直れず....

    投稿: ナベゾ | 2007年2月26日 03:10

    トヨタ残念でした。しかし最後までいいゲームで見ていて感動しました。欲をゆうと、もう少し早く廣瀬を出してほしかったなーと、体調面もあったとおもいますが、アイイが最初のPGを外したとき、今日は当たってないかなと、、、このところアイイも調子よかったんですが、確率からゆうと廣瀬のほうが高いと思うのですが、まあタラレバをゆうときりがないので、次のシーズン期待してます。  しかし神鋼はいつ復活するのかな。。。。

    投稿: 堀内 | 2007年2月26日 00:03

     対サントリー戦の戦いがすばらしかっただけに、今日は、アイイが当たってないのに、PGを狙っていき、対サントリー戦がすばらしかっただけに、なんだかがっかりしました。それにしても、ゴールライン間近の東芝のディフェンス、すごい!
     
     私は、20数年前から、ラグビーを観ているのですが、この頃ハイタックル多くないですか?わざとやっているとは思わないのですが、以前は少なく、すぐペナルティを取られていたように思います。タックルも、下半身ではなく、上半身にいっていることが多く、一発で決めるということがないように思います。

    投稿: ルーシー | 2007年2月25日 22:07

    今季の国内シーズンの締め括りに相応しい好ゲームだったと思います。秩父宮は満員の観客でしたが、今回はマイクロソフトカップ決勝の時よりも混乱は少なくて良かったです。

    トヨタは本当に素晴らしかったですが、それ以上に東芝が素晴らしく王者に相応しいプレイを魅せてくれました。東芝のディフェンスの堅さは感動的ですら有り、選手全員が富岡キャプテンの様に男らしく感じました。

    追記:Jスポーツのホームページで「第3回ラグビーアワード」の告知が有りましたが、特別番組の放送は有るのでしょうか?

    投稿: ラグネコ | 2007年2月25日 20:44

    秩父宮、行ってきました。
    MS杯決勝と同じようにかなりな人数のお客さんが入って、緊張感のある試合でした。
    時間が経つのが早かった。東芝、強かったです。薫田監督と富岡キャプテンお疲れさまでした。そして、朽木監督もお疲れさまでした。
    今年のラグビーは面白かったです。

    投稿: さちこ | 2007年2月25日 20:34

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/14043589

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権決勝結果:

    » 東芝が優勝、トヨタ自動車は惜しくも準優勝 [M's Silly Talk(社会人野球、きらきらアフロ、ラグビーなどのファン)]
    Sポニチより。 ■東芝ブレイブルーパス トヨタ自動車ヴェルブリッツ下し2連覇、今季2冠に ラグビーの日本選手権大会最終日は2/25、東京・秩父宮ラグビー場で決勝を行い、東芝がトヨタ自動車を19―10で下して、2年連... [続きを読む]

    受信: 2007年2月25日 18:35

    » バツベイ選手の広告価値 [それいけ!ホチョーカーズ]
    日本選手権決勝。 試合の詳細は、村上晃一さんのラグビー愛好日記にお任せして、注目 [続きを読む]

    受信: 2007年2月25日 22:37

    » バツベイ選手の広告価値 [それいけ!ホチョーカーズ]
    日本選手権決勝。 試合の詳細は、村上晃一さんのラグビー愛好日記にお任せして、注目 [続きを読む]

    受信: 2007年2月25日 22:46

    » 日本選手権:薫田&富岡東芝、有終の美! [ラグネコログ]
    日本選手権決勝:東芝対トヨタ 今季の国内シーズンの締め括りに相応しい好ゲームでし [続きを読む]

    受信: 2007年2月25日 23:47

    » 日本選手権 決勝の結果 [ココロミ]
    外苑前の駅から秩父宮にどんどん観客が吸い込まれていく。きょうも満員かしら? などと思いつつCさんとの待ち合わせの場所に足を進める。当日券はすべて売り切れ。うーん、いいねぇ、この観客の入りは。これでこそ決勝戦だわよ。そんな満員に近い秩父宮で行われた日本選手権決勝、東芝ブレイブルーパス対トヨタ自動車ヴェブリッツの戦いは、19-10で東芝が優勝、トヨタ自動車は準優勝となりました。録画を観ていないので、記憶があやふやです。すみませぬ。 【結果】平成19年2月25日(日) 秩父宮 14時キックオフ... [続きを読む]

    受信: 2007年2月26日 00:20

    » 日本選手権決勝 [Dickersonの夢]
    トヨタは、やっぱり反則が多かった。それで今日の試合も落とした。 試合直後、自分の中で試合を振り返り、今回のブログに書くことをそんな風に思っていた。 しかし、スタッツ上のペナルティの数は、東芝12、トヨタ12。 私の印象に反して、意外にも東芝とトヨタ共に同じペナルティの数だった。... [続きを読む]

    受信: 2007年2月26日 07:32

    » 2/25 日本選手権決勝 [紀伊国屋文左衛門日記]
     国内ラグビーシーズンの締めくくりとなる日本選手権決勝。トップリーグ王者の東芝ブレイブルーパスが磐石の試合運びで選手権をも制した。昨年はNECとの同点優勝だったが、今回は勝ちきりトップリーグと併せて、完全制覇を達成した。どちらのチームのファンと言うわけでもないが、なんとなく判官贔屓でトヨタを応援していたが、東芝はため息がでるほど強かった。特筆すべきはその鉄壁の守備だろう。屈指の破壊力を誇ると思われるトヨタの攻撃を悉... [続きを読む]

    受信: 2007年2月26日 10:38

    » 東芝ブレイブルーパス vs トヨタ自動車ヴェルブリッツ(20070225) [SANDA]
    === 東芝ブレイブルーパス vs トヨタ自動車ヴェルブリッツ 第1部 === === 日本選手権決勝2007〜秩父宮〜 === [[attached(1)]] 舞台は「監督勇退の花道でもりあがる千秋楽」を迎えた。 そして3度戦うはずだったサントリーの姿はなかった。 日本のラグビーで今シーズン最後まで試合を続けたのは 「本命の東芝」と「復活のトヨタ」だった。 東芝はマイクロソフトカッププレイオフから、恐るべ..... [続きを読む]

    受信: 2007年2月26日 12:43

    » トヨタのTuqiri?−日本選手権決勝 [Ankle Tackle]
    日本選手権決勝は、今の日本ラグビーの「総決算」「集大成」 のようなゲームだったね。 東芝が、バックスを自在に動かして2Tryを取ったときは、 モードに入った?と思ったんだけど、その後のトヨタは見事。 お互いに... [続きを読む]

    受信: 2007年2月26日 16:03

    » ラグビー日本選手権決勝をテレビで見ました [petit buffle &petit tigre]
    試合後の握手の光景をカメラは捉えている。 NHKのアナウンサーはグラウンド上で行われているのが「珍しい」と説明しているが、最近はTLの試合でもやっている。 東芝の望月選手とトヨタの中山選手が向き合った。 もちろん、笑っている。 かたや、日本一のチームの一....... [続きを読む]

    受信: 2007年2月27日 00:56

    » バツベイ選手の広告価値 [それいけ!ホチョーカーズ]
    日本選手権決勝。 試合の詳細は、村上晃一さんのラグビー愛好日記にお任せして、注目 [続きを読む]

    受信: 2007年2月27日 19:55

    « 決勝戦メンバー発表 | トップページ | ベスト8進出プロジェクト発足 »