« きょうは長いっす。 | トップページ | JSPORTS・W杯全試合放送 »

花園の準決勝のこと

東福岡が全九州高校新人大会で連覇。4月の全国高校選抜大会へ。慶大ラグビー部新監督に林雅人氏内定。いろいろニュースありますね。林さんは、JSPORTSの解説仲間でもあるから、一緒にニュージーランドに行ったこともある。理論派なので、どんなチームを作るか楽しみだ。

ようやく日本選手権準決勝のサントリーサンゴリアス対トヨタ自動車ヴェルブリッツの録画をじっくり見た。なるほど確かにトヨタの快勝である。この両チームがここに至るまでの背景についてはさまざま語られているので、僕はグラウンドで起きていることだけを見ていた。トヨタのトライは見事なものばかりだった。

PR豊山の先制トライは中盤右中間のスクラムから左オープンにボールを出し、SOアイイが軽くフェイントをかけながらCTB難波とシザース。ボディコントロールの巧みな難波をまず縦に走らせて、そのポイントから出てきたボールをさらに左に攻め、今度はアイイがインサイドにパス。ここにパワフルWTBの遠藤が走り込んで抜け出す。サントリーのタックラーはすべて後手に回っていた。遠藤をサポートしたLOケートは素速かった。パスを受けてさらにゲインし、最後は豊山につないでそのまま押し込んでのトライ。攻める方向も、テンポもお見事だった。

前半10分前後にサントリーがゴール前に攻め込んでモールを押し込もうとしたとき、トヨタが低く激しい当たりで耐えたところで大勢は決まったような気がする。タッチライン際を約40m走り抜けたNO8菊谷のトライ、続くアイイのドロップゴールでトヨタは楽になった。スクラムは安定し、ボール争奪戦では力強く押し込んだ。立ってプレーしようとしていたし、勢い余って反則をとられても、どこか選手の表情には余裕があった。

サントリーもSH田中のトライで後半に望みをつないだが、後半10分のトヨタのトライがまた見事である。ラインアウトの最後尾を菊谷が抜け出し、難波が縦に走ってから、アイイが久住にパス。久住がタックルをかわして、正面から遠藤へ。この流れも素晴らしかった。24-10。でも、この時間帯でもサントリーにはまだ勝機があったと思う。それを断ち切ったのはCTB赤沼の前に出るタックルであり、FL中山やLOケートのジャッカルだった。

サントリーは次第にパスミスが多くなった。ただし、30分のNO8佐々木はナイストライ。モールを押し込みながら、ここしかないタイミングでボールを持ち出していた。頼もしい選手である。この時点で、27-17。ここでも逆転は不可能ではなかった。ただ、この後のトヨタが落ち着いていた。以降はFW周辺でひたすらボールをキープして時間を経過させつつ辛抱強く攻めた。点差と残り時間を考えれば当然の戦い方である。そして、そのしつこいFW戦でFL中山がとどめのトライをあげる。戦い方、完璧でした。

意地だけでは勝てない。「ハート」、「意地」と言いつつ、見事なボールの動かし方での勝利だった気がする。たぶん、みなさんが日曜日に熱く語っていたことを僕は今ごろ語っている。遅過ぎだなぁ。サントリーは、1年で一気に駆け上がったからか、心身ともに疲れていたように見えた。ただ、限界までチーム力を上げたからこそ見えた景色があったと思う。若い選手の経験は来季以降に生きる。

シーズン後半、尻上がりにチーム力を上げた東芝、トヨタというのは、数年間にわたって積み重ねた強さということだろう。トヨタの勝利は地力である。だから、決勝戦も力を出せるはず。25日、いい試合になりますよ、きっと。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « きょうは長いっす。 | トップページ | JSPORTS・W杯全試合放送 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    CRS Kobayashiさんの疑問はほとんどの人が感じたのではないでしょうか。私も何度か録画を巻き戻して見ましたが、あれはTV見てる人にもレフリーの岩下さんにも見えてない反則でした。 録画を注意して見ると、タッチジャッジ(TJ)の相田さんがあのモールのプレーの後、胸に下げてるマイクで何かしゃべっている姿が確認出来ました。 恐らく、トヨタのフッカーの反則をレフリーに告げていたのだと思います。 日本選手権準決勝あたりのゲームになるとTJもトップレフリーが務めているわけで、岩下レフリーは相田さんの進言によってなんの躊躇もなしにコラプシングを取ったのだと思います。

    投稿: プチスペンサー | 2007年2月22日 00:01

    村上さん、やはり1シーズンを戦い抜くというのは大変なことなんですね。トヨタ・東芝はその辺、心得ているということでしょうか。来季は各チームともさらにレベルアップして、競争が厳しくなりそうですね。日曜日、去年の決勝はあいにくのお天気でしたが、今年は晴れるといいですね。贔屓のチームは負けてしまいましたが、今年も決勝戦は観戦に行きます。

    投稿: らり坊 | 2007年2月21日 21:29

    東芝vsヤマハのレフリングは、はっきりしてわかりやすかったのですが、トヨタvsサントリーでの前半にフッカーの人が取られた反則は何だったのでしょう?解説では低く入ったタックルを取られていたような?わかったら教えてください。
    それと菊谷選手のキックチャージ後のバージングは世界的に考えても仕方ないような・・・。やっぱりラグビーはタックルが決まると締まったゲームになりますね。

    投稿: CRS kobayashi | 2007年2月21日 20:43

    ホントですね!
    良い試合を良い天気の下で観戦したいですわ
    もう、何が起きても面白いはず
    クロスゲームでもワンサイドでも

    投稿: ナベゾ | 2007年2月21日 06:25

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/13989717

    この記事へのトラックバック一覧です: 花園の準決勝のこと:

    » 神戸新聞で紹介 「静かなるホイッスル」 [それいけ!ホチョーカーズ]
    2月17日の神戸新聞夕刊に、「静かなるホイッスル」の紹介記事が掲載されました。 [続きを読む]

    受信: 2007年2月21日 11:59

    » ’07高校ラグビー選抜大会への道(Vol.2) [ラグビーフィーバー!!from上海]
    関東、中国、四国、九州が決定しましたね!関東、九州はやはり強豪校が勝ち抜きました! 開催日:07年4月2日〜8日 場所: 熊谷ラグビー場 出場枠:26校(今回より新規チャレンジ枠2校増) 出場地区(枠): 北海道1 北見北斗 東北3 仙台育英、盛岡工業、三本木農業 北信越1 (例年3月決定) 関東4 桐蔭学園、国学院久我山、茗溪学園、東農大二 東海2 (3/17-18東海選抜で決定。出場校:四日市農芸、春�... [続きを読む]

    受信: 2007年2月21日 16:33

    » トヨタvsサントリーの試合に行ってきました [petit buffle &petit tigre]
    遅くなっちゃいましたが、2月18日に花園で行われてたラグビー日本選手権準決勝で、見たこと聞いたこと感じたことを少し。 この日で関西ラグビーはおしまい。 少々無理があったのですが、行ってきました。 なんと、この日は何年かぶりにダフ屋が! 先日の秩父宮の....... [続きを読む]

    受信: 2007年2月24日 01:11

    « きょうは長いっす。 | トップページ | JSPORTS・W杯全試合放送 »