« 卒業旅行 | トップページ | お薦めマッチ_0310 »

JSPORTSアワード発表は、10日

きょうはいろいろ書きます。ただいまJSPORTSのスタジオ控え室。これからスーパー14第6週の解説だ。僕が話すのは、ウエスタン・フォース対ハリケーンズ戦。ハリケーンズはウマンガが怪我から復帰し、コンラッド・スミスとCTBコンビを組む。S0は新鋭のブレアー・スチュワート。面白そうだ。この試合の放送は、3月14日、ホワイトデーである。昨夜放送されたシャークス対クルセーダーズ戦は凄まじい結末だった。衝撃度は今季最高かな?

JSPORTSのホームページで応募告知のあった「第3回JSPORTSラグビーアワード」の発表は10日(土・午前中の予定)。僕も含めた実況解説陣と視聴者のみなさんの投票によるもの。MVP、新人賞、監督賞、特別賞、ベストゲーム賞。さすがにJSPORTSの視聴者のみなさんだけあって、渋い人選です。はい、いまその集計表、見ております。昨年度までは、番組「ラグビープラネット」の中で表彰していたのだけど、今年はWEB上での発表。プラネット復活を僕も祈っております。

先日、3月11日に花園ラグビー場の第2グラウンドで、女子の7人制大会が行われると書いたが、同日、福岡のコカ・コーラWJさわやか広場では、「クラブユース」(高校生のクラブチーム)の交流試合が行われる。日本協会のクラブ委員会は、15歳から18歳までの世代を対象とした「クラブユース」の設立、発展を積極的に支援しており、昨年は花園ラグビー場で交流試合が実施された。学校にラグビー部がなくてもプレー可能な環境が整うことは意義あることだと思う。実は、僕が高校生の頃、京都は小学区制といってその年の公立高校合格人数によって学校が振り分けられるようになっていた。僕もラグビー部のない高校に行く可能性があったわけだ。もしそうなっていたら、今の僕はいないし、このブログもなかった。綱渡りのラグビー人生である。あの頃、学校に部がなければ普通、あきらめるもんなぁ。クラブユースの存在が広く知れ渡ることは普及活動にとって大切。お時間のある方は、ぜひご観戦を。詳細は、コチラ

第2回クラブユース交流試合
3月11日(日)13:00キックオフ
福岡ユース<対>神戸SCIX
コカコーラWJさわやか広場(福岡市)

◎お答えします。ショートバージョン
さて、コメントに質問のあった、早大の新スローガン『PENETRATE(ペネトレイト)』の件。ラグビーでは、突破役の選手のことをペネトレーターと呼びます。ポジションのことではありません。早大ラグビー部のホームページにも書いてありますが、「そこに込められた意味は、貫く、突き進む、こじ開ける、突破するetc。1対1は必ずゲイン、ブレイクダウンは芯を外さず貫通する、FWが力強くこじ開け、BKが突き進む~」。

もう一つ、慶応大学がYCACセブンスに出場しない件ですが、もちろん声はかかったものの、その時期は、走り込みはせずに体を大きくするトレーニング中で、7人制に走り込み不足で出場するのは好ましくなく、加えて社会人選手と体をぶつけるのは危険もあるとの判断で見送られたようです。ただ、その後、京都産業大学との試合が入ったので、いずれにしても4月8日はスケジュール的に難しかったようですが。





|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 卒業旅行 | トップページ | お薦めマッチ_0310 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ラグビーアワードの結果見ました。
    大体、納得できる結果でしたが
    私も特別賞には、京産大を押したいです。
    本当に見ていて気持ちのいいチームでした。
    試合を見ていて面白いです。
    前シーズンと比べて、チームのレベルが
    一気に上がったことも驚きました。

    来シーズンも、京産大は注目ですね

    投稿: あかるい | 2007年3月11日 23:16

    ペネトレイトですが、「ミニラグビー指導の手引き」では、中学年(3,4年生)の指導目標に“やや組織的なゲームができる”と書かれていて、試合は1チーム7人ですが、そのポジションと役割について、[PR HO PR]をボールゲッター(ボール獲得役)、[HB SO]をリンクプレイヤー(つなぎ役)、[CTB WTB]をペネトレータ(突破役)の3つに分類して紹介されています。
    ご参考まで、

    投稿: ラグビースクール指導者 | 2007年3月10日 13:27

    クラブユースとは面白い!
    グランドなどの環境整備は大変でしょうけれど、周りにラグビーを堪能している輩、しかも幅広い年代が大勢いた方が、ラグビーウイルスには感染しやすいかもしれませんね
    しかも根深く

    投稿: ナベゾ | 2007年3月10日 08:17

    ほんとにンドゥンガネよかった♪
    あのままじゃー帰るに帰れなかっただろうに^^;

    それにしてもチーフス・・。いつになったら勝てるのo(T▽T)

    投稿: ターボ | 2007年3月 9日 21:18

    ラグビーアワードの発表楽しみにしています。
    ところで、サミュ・ヴァハフォラウ選手が三洋を退部すると公式発表が有りましたが、日本代表スコッドの方は大丈夫なのでしょうか?何処かのチームに移籍してまだまだ彼のプレイを日本で見たいです。詳しい事が判りましたら教えて下さい。

    投稿: ラグネコ | 2007年3月 9日 20:22

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/14203352

    この記事へのトラックバック一覧です: JSPORTSアワード発表は、10日:

    » ラグビー:プロ審判第1号に平林泰三氏 日本協会 [M's Silly Talk(社会人野球、きらきらアフロ、ラグビーなどのファン)]
    M日新聞より。 ■ラグビー:プロ審判第1号に平林泰三氏 日本協会 日本ラグビー協会が、A級レフェリーの平林泰三氏(31歳)と、プロ審判としての契約を結ぶことが3/9わかった。3/18の理事会で了承後、契約内容を詰める。日... [続きを読む]

    受信: 2007年3月10日 00:17

    « 卒業旅行 | トップページ | お薦めマッチ_0310 »