« 大体大、関西リーグ優勝祝賀会 | トップページ | 面白いシックスネイションズ »

清水選手に会う

日曜日の夜は大阪に泊まり、月曜日は神戸製鋼コベルコスティーラーズの灘浜グラウンドに行ってきた。ベテラン・プロップ、清水秀司選手のインタビューのためだ。明治大学出身。元木由記雄選手の一学年上になる。まもなく36歳。このインタビューは、4月にベースボール・マガジン社から発行される各スポーツ界の鉄人を特集した本に掲載されるもの。

清水選手は、会社の鉄鋼部門資材部でも責任あるポジションに就いており、仕事とラグビーを両立させつつ、トップレベルのパフォーマンスを維持している。しかも、肉体的に負担の大きいスクラム最前列だ。練習前後に入念に体をケアをする様子を聞いていて、長く現役を続けられる理由が分かった気がした。受け答えはとても穏やかだった。午前中のインタビューだったのが、夕方の練習前にまた職場に戻っていった。忙しいところ、ありがとうございました。ちなみに清水選手の愛称は、「ペペ」。俳優の保積ペペさんに似ているところから、大学時代につけられた。「でも、似てないよね?」と問うと、「大学の時、髪形が…」とのこと。なるほど、昔は髪がアフロっぽくなっていると、「ペペ」だったんだなぁ。

この日は、平尾総監督体制の始動日だったのだけど、東京に戻らねばならず、現場には立ち会えなかった。清水選手に聞いたところ、平尾総監督はかなり気合いが入っているようだ。ところで、今回取材の窓口になってくれたのは苑田右二選手だった。神戸製鋼所の秘書広報部に勤務しているからなのだけど、同時に苑田選手は新体制ではバイスキャプテンを務め、後藤翔太キャプテンをサポートする。帰りに駅まで車で送ってもらったのだが、右手の人差し指と中指の先に添え木のようなものがしてあった。

「それは何ですか?」
「トップリーグの東芝戦で骨折していたんですけど、そのまま1か月くらいプレーしていたら、すごく太くなってしまって。骨もくっつきにくくなっているので、しばらく固定しているんです」
「パス、放りにくかったでしょう?」
「けっこう、できるもんですね(笑)」

ラグビー選手は怪我に強くないとやっていけないのだけど、逞しすぎます。

◎愛好ニュース
月曜日のプレスリリースでは、ヤマハ発動機ジュビロの引退選手が発表になった。
勝又貴光、田井中亮範、中林正一、中村優一郎、中村大輔、迫田敏之、ネイサン・ウィリアムス、ブレンダン・レーニー、イポリト・フェヌキタウ、以上9選手。中林選手は、立命館大学ラグビー部のFWコーチに就任。ウィリアムス、フェヌキタウの2選手は新たなチームを探し、他選手は現役引退となるようだ。日本人選手は社業に専念することになる。ヤマハ発動機ジュビロの新チームの始動は、4月2日より。

トップウエストのワールドファイティングブルも、新体制と退部選手を発表。部長兼GM=東田哲也、監督=南英雄、FWコーチ=マーク・カーター、BKコーチ=ディーン・ラットン、主将=中矢健、副将=真羽闘力。南監督は大阪工大高から天理大学に進み、89、90年にワールドの主将も務めたCTB。個人的なことだけど、僕と同学年なので大学時代、関西リーグで何度か戦ったことがある。彼にボールを持たせると、スピードがある上に器用なので怖かった。ハイパントのキャッチも上手かったなぁ。高校日本代表、学生日本代表、日本A代表などにも選出されている。ワールドは現在は自主トレーニング中で、全体練習は4月2日より。同時に退部選手も発表された。岡孝次、藤本護、中山浩司、岡田親典、馬渕勝、柿本洋平の6選手。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 大体大、関西リーグ優勝祝賀会 | トップページ | 面白いシックスネイションズ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    日本のシーズンOFFで、スーパー14や6カ国に注目している、未来のラグビージャーナリストのみなさんへのお願い。
    日本ラグビー界で今一番問題な点を考えてみてください。
    それはゴールデンエイジである中学生のラグビー環境が大きな問題である点をご存知でしょうか?
    小学生のスクールが人口を増やしている中で、その受け皿になる中学生部分が地域によってはまったくない!現実を。
    小学生でミニラグビーに親しんだ子供たちが他のスポーツに流失している。
    他の多くのスポーツではゴールデンエイジ・中学生を獲得するために全力投球しているというのに!
    なんと ラグビーは流失している!

    こんな状況を取材し広く取り上げられることが、明日のラグビージャーナリストにつながるのです。
    村上さんは海外話題やJAPANやTLで忙しいのでそこまで手が回らないのでしょうから、未来のある・志望している方々はその点をぜひ!

    投稿: ミニラグビージャーナリスト | 2007年3月13日 09:23

    プロ契約の日本人選手がもっと増えたら面白い展開が期待出来るかなあと思う反面、外国人のプレーヤーが、現役引退後も「社業」という形で仕事が確保される日本の環境を羨ましいと漏らすのを耳にすると、あらためて、絶妙なバランスをみせる企業スポーツの現状を思い複雑な思いです
    労働環境の厳しさが増す昨今は尚の事、でもラグビーの練習に比べれば...

    投稿: ナベゾ | 2007年3月13日 06:24

    神戸製鋼に、清水選手や苑田選手のような人がいてくれると、なんだかホッとします。いつまでもベテランに頼ってはいけませんが、続けられる間は若手選手たちにいい刺激を与えてもらいたいですね。
    平尾総監督の気合の程を見て来て欲しかったです。惜しかった~。
    村上さんも、シーズンが終わっても突っ走ってますね。お体に気をつけて。

    投稿: サファイヤ | 2007年3月12日 21:06

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/14240143

    この記事へのトラックバック一覧です: 清水選手に会う:

    » 九州地区ラグビーチーム新戦力(3/12) [M's Silly Talk(社会人野球、きらきらアフロ、ラグビーなどのファン)]
    ラグビー●ガジン荷掲載された4年生選手の進路情報より。 ≪2007年度九州地区ラグビー新戦力≫ ■トップリーグ <福岡サニックスブルース> FL :古本修一郎  (帝京大)     22歳 175cm 80kg 中村学園三陽高... [続きを読む]

    受信: 2007年3月12日 19:31

    » 同志社での講演会のお知らせ [それいけ!ホチョーカーズ]
    今週土曜日、同志社大学にてデフラグビーの講演を行います。             [続きを読む]

    受信: 2007年3月13日 16:57

    « 大体大、関西リーグ優勝祝賀会 | トップページ | 面白いシックスネイションズ »