« まもなく大一番 | トップページ | 東京に戻りました »

ブリストル最後の朝

Brist1

たった三泊だったが、ブリストル最後の朝だ。これはテンプルミーズ駅。ここからカーディフ行きの列車が出ている。

2007年のシックスネイションズが終わった。結果を書きますので、まだ知りたくない方は気をつけてください。

Brist

土曜日の正午、ブリストルからカーディフ行きの列車を待つホーム。キックオフまで5時間以上あるのに人が多くて驚いた。カーディフのパブでビールを飲みながら、イタリア対アイルランド、フランス対スコットランドを観て、本番に臨むという感じなのだろう。

Cardiff1

カーディフの駅を降りると、すでに人があふれていて、スタジアムに向かう道にはこんな応援グッズのお店がたくさん出ていた。

競技場ではプレスルームで前の試合を観ていたのだが、シックスネイションズを取材するプレスの多さに驚いた。かつてのウエールズ代表の名選手たちも顔を揃えている。伝説のSOフィル・ベネット、SHロバート・ジョーンズなどなど。最終週になって、アイルランド、フランス、イングランドが3勝1敗で並び、全チームが勝利した場合は全試合の得失点差で優勝が決まるという状況だったから、みんなテレビに釘付けだった。

まずはアイルランドがイタリアを圧倒。27点差をつけて勝利する。ただ、最後にイタリアがトライをあげた瞬間のアイルランドの選手達の表情が印象的だった。この得点差だとフランスに逆転されるおそれを抱いたということだろう。

この結果、フランスとアイルランドの得失点差の合計は23点差になり、フランスがスコットランドにそれ以上の差をつけて勝てばアイルランドが脱落するという状況になった。フランスが優位に試合を進めているところで、我々はウエールズ対イングランド戦に備えて放送席へ。こちらはスタンド裏の通路。ビールを飲みつつ盛り上がる人々をかき分けて、放送ブースに向かった。

Pub

放送開始直前にフランスが最後のトライで27点差勝利の報が入る。この時点でイングランド優勝の可能性はすでにしぼんでいる。フランスとの得失点差は、56点差あり、これ以上の差をつけてウエールズに勝利するのはあまりに高いハードルだった。こちらは、キックオフの30分前。イングランドがウォーミングアップする横では合唱隊のコンクールが行われていた。このあと、客席は一気に満員に。

Mi

優勝争いとは別に、ウエールズの人たちにとって、イングランドをカーディフで迎え撃つというのは特別な思いがある。今大会のウエールズはここまで全敗だったこともあって観客の声援は凄まじかった。雨の予報で屋根が閉められていたためよけいに反響する。隣で話している人の声すら聞こえないほどだ。国歌ランド・オブ・マイ・ファーザーズの大合唱には圧倒された。

試合のほうは、ウエールズSOフックが、イングランドSOフラッドのキックをチャージしてそのまま先制トライ。7万人以上の大観衆の割れんばかりの歓声でウエールズが勢いに乗る。互いにボールを素速くワイドに動かして面白かったのだが、特にウエールズのバックスラインが、セットプレーのたびに並び方を変化させているのが興味深かった。ガレス・トーマスとトム・シャンクリンの両CTBが近づいだり、縦に並んだり、この2人の強さがイングランド防御にプレッシャーをかけていた。小さなWTBシェーン・ウィリアムスは俊敏な動きでディフェンスの崩し役。試合終了間際、27-18とリードしてからのウエールズのディフェンスは今季最高の出来だった気がする。いい試合だった。ウエールズの会見。左から、キャプテンのガレス・トーマス、コーチのガレス・ジェンキンス、この日のマン・オブ・ザ・マッチ、SOジェームズ・フック。

Kaiken

我々は、JSPORTSの生中継で実況解説だったのだが、回線障害で日本に声が届かない時間があったようだ。僕ら実況解説陣も自分の耳に声が入ってこなくなるなど混乱した。視聴者のみなさんには、ご迷惑をおかけしました。

9月のワールドカップでは、日本代表はミレニアムスタジアムでウエールズ代表と戦う。ホームチームへの凄まじい声援の中で力を出し切るには、しっかりとした地力をつけなければいけないことを痛感した。ウエールズの俊敏な動きを見て、ほんの少しでもタックルで受け身になれば一気に突き放される怖さも感じた。

シックスネイションズは、フランスの優勝。アイルランドは、僅かな得失点差で22年ぶりの優勝を逃した。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « まもなく大一番 | トップページ | 東京に戻りました »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    フランス戦、あの状況であの時に、なんともまあ。。。。面白かったシックスネイションズの中でも最高の見せ場というときに、回線障害だなんて・・・
    再放送の場合は大丈夫なんでしょうか?

    ところでハーフタイムのときに流れている曲、誰かご存知ではありませんか?教えていただけると幸いです。Jスポーツの楽曲検索、更新されないんです。

    投稿: 大阪人 | 2007年3月19日 14:39

    ウエールズvsイングランドのビデオを見終わったので、やっとこのブログが見られるようになりました。
    今期は全試合観戦しました。しかし、すごい結果でしたね~。
    ウエールズvsイングランドの音声回線不良より、フランスvsイタリアの最後のトライの映像不良には参りました。ビデオレフリーでよかった…。

    投稿: らぐじ~ | 2007年3月19日 14:07

    イタリアにしてみれば「してやったり」ってとこでしょうが、あの時間帯で果敢にアタックを続けていたアイルランドとしてみれば、追い上げるフランスの足音に「やられた」という思いでしょう
    面白い6ネイションズでしたね


    投稿: ナベゾ | 2007年3月19日 06:10

    現地レポートありがとうございます。ウエールズの頑張りと観客の大歓声に圧倒されて深緑郎さんだけで無く、村上さんも藤島さんも無口になってしまったと思い、放送事故だと気が付くまでに時間が掛かりました。現地ではJKや太田GMにもお会いしたのでしょうか?引き続き英国レポートを楽しみにしています。

    投稿: ラグネコ | 2007年3月18日 23:43

    6Nのライブ放送!しっかり楽しみました。ここまでくると本当にうれしいものですね。ひとつのトライが優勝の行方を変えた興味深い試合でした。昼は秩父宮にて全早慶戦を観戦。観戦採録をトラックバックさせていただきました。よろしくお願いします!

    投稿: SANDA | 2007年3月18日 22:58

    怒涛の6時間3連戦を堪能しました♪
    ウイングの大型化を真っ向から否定するシェーン・ウィリアムスとジェイソン・ロビンソンのトイメン対決はしびれました。ジャパンの行くべき道のヒントになるような・・・。
    でもアイリッシュファンとしてはやっぱり同時刻で試合を開始してほしかった。せっかく22年ぶりだったのに・・・。

    投稿: ターボ | 2007年3月18日 20:37

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/14305189

    この記事へのトラックバック一覧です: ブリストル最後の朝:

    » 全早稲田大学vs全慶応義塾大学(20070318) [SANDA]
    === 第28回全早慶明三大学対抗ラグビー === === 全早稲田大学 VS 全慶応義塾大学 === [[attached(1)]] 春である。 秩父宮通勤の私鉄沿線には「菜の花」が満開となった。 そういえば気象庁の東京・桜開花予想日は最初は今日18日だった。 この日の東京の空はは晴れ渡ったが、風が強かったせいもあり メインスタンドでの観戦は寒さが応える気がした。 だからバックスタンドでの観戦となった。 1週間前の11日全慶明は17−0で全慶應が勝利。 全明治の..... [続きを読む]

    受信: 2007年3月18日 22:55

    » ナイサン・グレイが九州電力退部? [M's Silly Talk(社会人野球、きらきらアフロ、ラグビーなどのファン)]
    某BBSで知りましたけど、オーストラリアのラグビー関係のHPに気になる記事がありました。 http://www.rugbyheaven.smh.com.au/news/provincial/grey-mulls-over-melbourne-move/2007/02/26/1172338548681.html [続きを読む]

    受信: 2007年3月19日 02:57

    « まもなく大一番 | トップページ | 東京に戻りました »