« 甦った記憶 | トップページ | 人間とスポーツ »

12日の代表合宿

Center

12日の木曜日は、千葉の日本エアロビクスセンターに日本代表合宿を見に行ってきた。今週、来週といろんな仕事が重なって、なかなか合宿に行けないのだが、やっと取材することができた。朝7時に起きて自分の車でエアロビクスセンターへ。カーナビ頼りのドライブで、なんとか10時の練習開始に間に合った。写真の通り、快晴の空と緑が心地よかった。

Ruck

フィットネス中心の合宿と思いきや、それに加えてゲームで起こりうる状況に対応する細かなコーチングも施されていた。午前中は、ラックでの相手のはがし方を激しくやったり(写真)、午後は、素速く並んで素速く投げ入れるラインアウトや、BKラインのサインプレーなどなど。「一つ一つのパーツを作りつつ、全体を結合させる」(カーワンHC)練習が行われていた。W杯本大会に向けてチーム作りに時間がない中で徹底的に効率よくやっている印象を受けた。なにより、選手が楽しそうなのがいい。

James

こちら、注目のSOジェームス・アレジ選手。練習中はピンポイントのキックパスを何度も見せていたし、全体練習後は、志願のプレースキック練習でさまざまな角度から1時間ほど蹴りこんでいた。日本語も簡単なコミュニケーションは問題なく、箕内キャプテンも「アレジはすごく頭がいい。今回の外国人選手達はみんな日本語が上手いし、彼らだけで固まらずに日本人選手にとけ込もうとしている」と感心していた。アレジ選手のこの笑顔は、人気が出そうである。

キック練習の傍らには、廣瀬佳司キッキングコーチ、そして4月いっぱい来日して指導にあたるスキルコーチのマイケル・バーン氏がいた。バーン氏は、オールブラックスのスキルコーチで、48歳なのだが、2mを超える長身。数十種類のキックを正確に蹴り、日本代表選手を驚かせている。元々はオーストラリアン・ルールズ、日本で言うオージーボールのプロ選手で、その後ユニオンに転じてスキルコーチとして世界的に高い評価を得ている。キックだけでなく、SHのパスや、ラインアウトのキャッチ、ラックへの入り方など、あらゆるスキルを教えることができる。見ていて感心することが多かった。

有賀選手など数名の選手にも話を聞いたが、練習以外の時間はミーティングが多く、終わったら眠るしかない状況のようだ。心身ともにラグビー漬け。それでも、練習では笑顔が絶えないのだから納得してやっているということだろう。もちろん、ワールドカップイヤーならではの緊張感は漂っている。最終的には、30名しか本大会には行けないわけだから。

◎愛好的美食日記
こちら、ランチで食べた「ビーフとトマト生卵カレー」。宿舎近くの「ふる里茶屋梵」にて。さわやかな味である。カレーの辛さは10段階。ちなみに僕は3。練習を見に来る方はぜひご賞味ください(月曜は定休日)。

Curry


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 甦った記憶 | トップページ | 人間とスポーツ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    トップリーグや大学チームのコーチの方々も視察に来られているんですかね。足を運ぶ価値のあるトレーニングが行われているようですから。
    韓国戦を経て香港戦が終わるまで、エアロビクスセンターが練習拠点ですから、今週は見物人が増えるのかしら?

    投稿: マスター | 2007年4月15日 10:04

    村上さん、いつも解説楽しみにしてます。
    (特にあの「ハハハ」という笑い声が好きです!)
    昨日はエアロビクスセンターでお見かけしたので、
    ついつい「村上さ〜ん」と声を掛けてしまいました。
    見知らぬヤツで戸惑われたことと思いますが、
    ニッコリ笑顔で返して下さり、感謝感激でした。
    初めての見学で、身近に選手達を感じることが出来、
    これからもっと応援しなきゃ、と思った次第です。

    投稿: Masako | 2007年4月13日 08:42

    練習は一般公開されているんですか
    バーン氏のコーチングは興味あるなあ

    投稿: ナベゾ | 2007年4月13日 06:02

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/14660723

    この記事へのトラックバック一覧です: 12日の代表合宿:

    « 甦った記憶 | トップページ | 人間とスポーツ »