« うっかりしてました | トップページ | 日本代表・新ジャージー »

勝浦にて

Kaido1

庭のカイドウ、咲きました。でも今年はちょっと咲き方が不揃いだなぁ。

Katsuura1

木曜日は千葉県勝浦市にある国際武道大学に行ってきた。柔道の元世界王者である柏崎克彦教授へのインタビューのためである。勝浦は東京駅から特急で1時間半ほどで行けるのだけど、毎度思うが東京駅の京葉線のホームが遠い。余裕で東京駅に着いたつもりが、なかなかたどりつかずにドキドキした。一緒に行ったラグマガの編集者CRは、電車に滑り込んで汗だくだった。

今回のインタビューは、4月25日発売のラグビークリニックに掲載されるもの。他競技に学ぶ企画で、柔道からは、身体のバランスの崩し方などを聞いた。予想以上に共通点が多く、興味深いものになった。僕は以前、柏崎先生の「寝技で勝つ柔道」という本を編集したことがある。人間の身体の構造を熟知し、いかに相手の自由を奪って技をかけていくか、その理論が頭の中に見事に整理されていて驚いた。連続写真を一コマ一コマ切り取るようにポーズをとってくれた。今回も、タックルする時に力が入る足の位置や、体勢、背負い投げの姿勢がスクラムを組むときと似ているところなどを実演してもらった。

印象深かったのは、「柔道は相手の力を利用して投げるものだ」ということ。要するに相手の力の方向を防御側が仕掛けて作れば倒し方が見えてくる。たとえば、相手の肩を前屈みにさせるように下方向に押さえれば、それに対して相手は身体を起こそうとする。その時、大外刈りなど後ろに倒す技をかければ相手は簡単に倒れる。このあたりの考え方はラグビーにも応用できそうなものだ。柔道は相手を引きつける力が重要視される。これもラグビーには必要な筋肉。僕が大学でプレーしている時もチームメイトに柔道経験者がいたが、やはり腕力があって密集戦は強かったし、なかなか倒れなかった。面白い誌面になると思うので、お楽しみに。

海を久しぶりに見た。写真よりもっと海も空も青かった。帰り道に食べた刺身定食うまかった~。

Umi_1

高校選抜大会は記録だけ紹介します。昨年の優勝校・東海大仰星を桐蔭学園が破っている。準決勝は、桐蔭学園対東福岡、伏見工業対仙台育英となる。

◆全国高校選抜大会準々決勝結果(熊谷ラグビー場)
桐蔭学園○22-14●東海大仰星(前半:17-0)
天理●15-31○東福岡(前半:8-12)
伏見工業○43-7●國學院久我山(前半:31-0)
関西学院●14-37○仙台育英(前半:0-22)

追記◎コメントでご質問ありましたが、クラシック・オールブラックス来日試合は、JSPORTSで放送されます。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « うっかりしてました | トップページ | 日本代表・新ジャージー »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    わぁ、いいですねー、この海。外房の海、懐かしいです。
    柔道は以前からラグビーに取り入れられると思っていました。小さい人間も、相手の力を上手く使えば簡単に倒せてしまうのですよね。その一瞬の駆け引きが、綺麗な技となって決まる。柔道は、日本ラグビーに何かいいヒントを与えてくれるんじゃないかなぁ。

    東海大仰星、負けましたか!

    投稿: サファイヤ | 2007年4月 6日 22:52

    国際武道大学にきたんですね。
    関東リーグ2部ですが、次はぜひラグビー部にも来て頂きたいです。
    あと2部もテレビ放送してほしいです!よろしくお願いします。

    投稿: ラグビー部員 | 2007年4月 6日 22:48

    僕は小学校・中学校と柔道をやっていて、高校からラグビーを始めました。
    柔道には 引き付ける力以外に先ず受け身を練習するという点が良いと思います。ラグビーってダウンボールの練習以外は、あまり倒れる練習ってしないですね。ラグビーを始めたとき、受け身が見に付いていたのは僕にとっては役に立ちました。怪我の予防になったし。
    ただ、すり足だとか背中を丸める癖だとかも柔道だと身についてしまうんですよね。これはラグビーだと直さないと。

    投稿: ゆきんこ | 2007年4月 6日 10:47

    NECに入った首藤選手は小柄ですが、腰は強いし、タックルでは大柄な選手をよく倒しているorライン外に押し出しているのを見ます。あれは柔道(中学時代県代表だとか)で培った能力なのかも、と思って見ていました。

    投稿: やまべ | 2007年4月 6日 10:11

    柔能く剛を制するという意味で、剛ラグビーの権化たるNZを迎え撃つ日本としては、正に柔のラグビーで試合を制して欲しいと願います。実にタイムリーな記事ですね
    総じて日本の競技はオフシーズンを設け、もっと他の競技にもチャレンジさせるべきだと思います。他の競技を通して得られる相乗効果って大きいと思いますが....
    特に若い頃は

    投稿: ナベゾ | 2007年4月 6日 06:06

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/14570443

    この記事へのトラックバック一覧です: 勝浦にて:

    « うっかりしてました | トップページ | 日本代表・新ジャージー »