« 勝浦にて | トップページ | 高校選抜大会決勝戦結果 »

日本代表・新ジャージー

3日前のココログメンテナンス後、携帯電話からこのブログを見るのがすごく便利になっている。対応機種とかいろいろあるとは思うけど、僕の携帯では、これまで見られなかった写真も見ることができるようになっていた。お試しください。

Newj1

Newj2

日本代表のジャージーがこの春から新しくなる。NEW JAPAN MODELとして紹介されたのは、写真の通り。モデルは、日本代表選手で東芝ブレイブルーパスの大野均選手と廣瀬俊朗選手。一通り新ジャージーの撮影がされたあとで、新旧のジャージーでも並んでくれた。ご覧のように上半身から黒色が消え、リポビタンDのロゴも少し変わってシンプルになった。背番号は白抜き文字でつけられる予定。

Newj3

今回のコンセプトは、「伝統的なディテールの尊重と進化した現代的機能の融合で最高のパフォーマンスを生むジャージーを創造する」とのこと。桜、赤と白、横縞は、日本代表の伝統の継承である。耐久性、軽量性、吸汗速乾性、運動性アップという4種類の機能を兼ね備えた素材は、廣瀬選手も「いい感じです。東芝のジャージーよりゆったりとしている」との感想。また、襟元に関しては選手達から「(これまでのものは)襟のあたりを掴まれやすい」という意見を聞き入れ、丸首になっている。

開発を担当した技術者は、沼田喜四司さん(株式会社ゴールドウインテクニカルセンター)で、平成18年度の「現代の名工」を受賞している。スポーツウエア業界の第一人者。今回のジャージーは日本独自のもの。パンツ、ストッキングは従来通り黒になるがデザイン、機能などは現在開発中。セカンドジャージーはワールドカップまでには準備される見込み。

なお、6月16日、24日に行われる「IRBパシフィック・ネーションズカップ TOSHIBAジャパンラウンド」のキックオフ時間が発表になった。チケットの一般発売日は、4月28日(土)10:00~。JRFUメンバーズクラブ会員の先行発売は、4月21日(土)10:00~。

◇試合予定
第1戦 6月16日(土)14:00キックオフ 日本代表対サモア代表(仙台市・ユアテックスタジアム仙台)
第2戦 6月24日(日)14:00キックオフ 日本代表対ジュニア・オールブラックス(秩父宮ラグビー場)

U19世界大会の結果
プール戦 第1戦
U19日本代表●8-41○U19アルゼンチン代表(前半5-10)

全国高校選抜大会・準決勝結果
桐蔭学園○15-14●東福岡(前半:0-14)
伏見工業○27-12●仙台育英(前半:10-7)

僕は金曜日は、スーパー14第10節「ブルーズ対チーターズ」の解説だった。首位を走るブルーズの動きはめちゃくちゃくに速い。CTBトエアヴァのスピードとバランスの良さには毎試合感心させられている。解説後、全国高校選抜大会・準決勝のハイライト作成のための映像を見せてもらった。決勝はJSPORTSで中継されるので、その時に流れるハイライトである。桐蔭学園は後半、FW戦で優位に立ち、最後はペナルティトライを勝ち取っての逆転勝ちだった。東海大仰星、東福岡という昨季の2強を破っての決勝進出。決勝の相手は、一昨年の高校王者・伏見工業である。桐蔭学園の快進撃はどこまで続くのか。決勝戦もいい試合になりそうだ。僕は現地で解説します。楽しみ。

トヨタ自動車ヴェルブリッツは引退選手を発表。FL菅原大志、FL岡本宗太、HO岩間保彦の三選手。昨季までの田村誠部長、テクニカルコーチの奥野徹朗さんも退任。オレニ・アイイ選手は、フランス2部リーグのトゥーロンに移籍するようだ。

ワールドファイティングブルの新入団選手も発表に。昨季まで神戸製鋼コベルコスティーラーズに所属していたショーン・ウェブ、竹下敬介、そして前サニックスブルースの神保貴行の三選手である。

                    

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 勝浦にて | トップページ | 高校選抜大会決勝戦結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    70年近く戦ってきた桜のジャージに戻してほしい。70年もの間伝統を守ってきたユニホームなんて他のスポーツにもなかなかないのでは。満州事変より前ですよ。
    こうもコロコロ変えられると桜の誇りが・・・。

    もし今回ので行くのならせめてパンツは白パンに。もちろん襟首を元に戻すのは当たり前ですが。

    投稿: ターボ | 2007年4月 9日 01:09

    何で代表ジャージはこんなに変わるのでしょうか?軽量化とか破れにくくとか、速乾性とかはわかりますが、センスがないでしょう。
    伝統は継承すべきものがあって、ジャージなどは一目瞭然とチームがわかることが大事ではないでしょうか。
    襟が掴まれるからないほうがいいという話がありますが、現行ルールでは肩より上にタックルをしてはいけないわけで、襟を掴む行為はハイタックル(危険なプレー)になるのではないでしょうか。
    昔の赤白の桜のジャージのデザインに戻して、素材などを変えるというのもひとつの考えでは。周りの子供たち(スクール)に聞いても、ダッセーの一言。憧れるジャージにしてほしい。変わらないのも一つの強み。

    投稿: m | 2007年4月 8日 19:07

    ブルーズ強いですね。ダグ・ハウレットはスパーラグビー100試合出場記念に試合後、greenstone mere(どのようなものなのでしょう?)なるものをもらったらしいですよ。ニュージーランドで7人目のようです。来週はレオンちゃんが、記念すべきスーパーラグビー100試合め。そして順調にクルセイダースが決勝に進んで試合に出られたら、クルセイダースでの100試合目。まるまる1年のブランクがあったのに・・・さすが!

    投稿: グランマ | 2007年4月 7日 14:06

    パンツが黒だから、上半身に黒を少し残してもよかったかも。
    衿が丸くなったのも合わせて、上半身から力強さが消えましたね。赤の色も薄くなってるし。

    アイイもトゥーロンですか。力入れてますね。グレーガンとのハーフ団結成?

    投稿: らぐじ~ | 2007年4月 7日 09:23

    あれ〜
    アイイがいなくなっちゃうんですか.....
    トヨタ面白くなって来たと思ってたもですが....

    投稿: ナベゾ | 2007年4月 7日 02:53

    こんばんは。携帯から見やすくなりましたね♪
    ジャージは、私も真っ先に『襟』を探してしまいました。。。(苦笑)。
    昨日、写真展『ふたつの空』に行ってきました。予想以上にアーティスティックで楽しめました。

    投稿: あひる | 2007年4月 7日 00:17

    襟が・・・。

    投稿: ちぃ | 2007年4月 7日 00:01

    確かに代表ジャージがどんどん酷くなってきてるね。こんなのに10000円前後はさすがに出せないよ。襟なんて「一応つけときました」って感じだし・・・カンタベリーとの契約も考えたほうがいいでしょ。
    1999年のワールドカップに着た紺色のジャージが1番かっこいい。
    「夜桜ジャパン」なんてよばれてたかな。

    投稿: サーファー | 2007年4月 6日 23:45

    ついにジャパンまでも丸首になってしまった・・・T▽T

    伝統ある旧桜ジャージに戻ってほしいと思っていたけど・・・これなら去年までのモデルのほうが・・・。
    ほんとうにこれでW杯にいくのは決定事項なんでしょうか・・・。

    投稿: ターボ | 2007年4月 6日 22:40

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/14583095

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表・新ジャージー:

    » NEC辻選手も参加!藤沢RS入学式 [それいけ!ホチョーカーズ]
    今日は、神奈川県の藤沢ラグビースクール入校式に 参加してきました。 2年前にもご [続きを読む]

    受信: 2007年4月 7日 23:56

    « 勝浦にて | トップページ | 高校選抜大会決勝戦結果 »