« 12日の代表合宿 | トップページ | ふたつの空 »

人間とスポーツ

金曜日は、朝からミーティングなどで出かけていたのだが、少し時間ができたので早稲田大学の西早稲田キャンパス2号館1階企画展示室で開催中の「大西鐵之祐と早稲田ラグビー」に行ってきた。ちょうど連日午後14時からビデオ上映されている大西先生の最終講義「人間とスポーツ」(1987年)に遭遇。後半部分だったが、しばし見入る。講義録を読んだことがあったので内容は知っていたのだが、実際の声で聞くのは初めてだった。「ルールを守るのがフェアじゃない。きれいか汚いかなんです」。闘争の倫理を教えるのはスポーツしかないという話を聞きつつ、胸が熱くなった。

大西さんが監督1年目に出会い、惚れ込んだ天才選手・谷口進一郎さん(20歳で急逝)の手紙に惹きつけられた。50年以上前の手紙なのに、文字も文体も古い感じがしない。大西さんが緻密に戦術を計算したノート、メモ書き、なにもかも貴重なものばかりだった。特にスポーツの指導者は、この展示を見ておくべきではないかと思った。

展示をじっくり見ていたら、早稲田の名CTBで日本代表でも活躍された南川さんにお会いした。JSPORTSも見てくださっていて、昔の早稲田の話などうかがった。先日、上井草のグラウンドを初めて見て、昔の東伏見とあまりに違うので驚かれたそうだ。「あれなら勝たないとね」と笑っていた。実は僕は高校生の時に南川さんにサインをしてもらったことがある。偶然の出会いに、実はけっこう感動していたのだが、照れくさくてあまり話せず。

1時間くらい展示を見て、出てきたらキャンパスが学生であふれていた。授業の終わり時間だったのかな。駅までの歩道にも人があふれている。僕が通った大阪体育大学は1学年400人くらいの小さな大学だったので、こういうのには圧倒される。そして、こんな大きな大学に勝とうとしていたんだな、と大学時代の熱い思いが甦った。ふと、『侍ジャイアンツ』がイメージされた(ちょっと違うか?)。

◎NZU来日シリーズ第1戦
15日(日)、大阪の近鉄花園ラグビー場で午後2時より、U21日本代表対ニュージーランド学生代表(NZU)の試合が行われる。メンバーが発表になったが、日本はFL権丈がキャプテンを務め、PR滝澤、SOアンダーソン、CTB釜池、WTB宇薄、FB五郎丸らが出場する。

◎ATQ第二次海外派遣選手
サントリーサンゴリアスの前田航平選手が、4月16日~7月13日(予定)まで、シドニーのNSW協会に派遣されることが決まった。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 12日の代表合宿 | トップページ | ふたつの空 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    谷口進一郎さんという方だったんですね、大西さんが「あのままプレーしていたら戦後を代表する13番になっただろう。彼がもし生きていたら、早稲田ラグビーは変わっていたと思う」とまで書き残した「天才的な選手」とは。
    ずっと気になっていたんです。

    投稿: マスター | 2007年4月15日 09:38

    休日出勤中ですが、会社が近所なもので抜け出して、早稲田に行って来ました。大西さんの最終講義は本で読んで知ってましたが、映像と肉声で聞くと改めて胸に響くものがありますね。
    村上さんの直筆も拝見してきました。

    投稿: arumon | 2007年4月14日 15:40

    新島襄や福沢諭吉をなど、創始者を慕って進む大学もありますが、早稲田の場合大隈重信のみならず大西鐵之祐先生も強烈な誘因ですね
    あと、最近はアディダスかな

    投稿: ナベゾ | 2007年4月14日 05:53

    侍ジャイアンツに反応してしまった
    主人公は確か「番場 蛮」でしたよね
    あの頃巨人は強かったです(遠い目)

    投稿: 瑞穂 | 2007年4月13日 21:32

    侍ジャイアンツに反応してしまった
    主人公は確か「番場 蛮」でしたよね
    あの頃巨人は強かったです(遠い目)

    投稿: 瑞穂 | 2007年4月13日 21:32

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/14666941

    この記事へのトラックバック一覧です: 人間とスポーツ:

    » ヤコ・ファン・デル・ヴェスト・ハイゼン関連記事 [M's Silly Talk(社会人野球、きらきらアフロ、ラグビーなどのファン)]
    A日新聞より。 ■展開ラグビー、母国にも ヤコ・ファン・デル・ヴェスト・ハイゼン(南アフリカ) ヤコ・ファン・デル・ヴェスト・ハイゼン[Jaco Van der Westhuyzen]は的確なパスや鋭い走りで球を積極的に動かす。... [続きを読む]

    受信: 2007年4月14日 09:57

    « 12日の代表合宿 | トップページ | ふたつの空 »