« もつ鍋。 | トップページ | ユース大会準決勝 »

ユース大会3日目

Arena

5月2日のグローバルアリーナ(福岡県宗像市)は快晴。宿泊施設前の芝生で遊ぶ選手達。傍らにはこんな可愛らしい花も。

Flower

大会3日目は、予選リーグの最終戦。決勝トーナメントの組み合わせが決まる日とあって、少しでも順位を上げたいチームが気迫あふれるプレーを見せた。まずは、長崎北が南アフリカのEGヤンセンハイスクールに善戦。15-35で敗れはしたが、低いタックルを決め続けて大型選手達を何度も芝生に転がした。伏見工業も、アイルランドのセントマイケルズカレッジを素速い動きで振り回して勝利目前だったのだが、ボールをタッチに出すべきところでミスして最後は同点に。東海大仰星は、サモアのアベレカレッジと死闘を繰り広げたが、10-14で惜敗した。

圧巻だったのは優勝候補の一角だったフランスのタルブハイスクールを、佐賀工業が、8-3と破った試合。佐賀工業は風下の前半を0-3と粘り、後半は風上に立って陣地的に押し込み、得意のモールからトライをあげて波乱を起こした。桐蔭学園も、NZのクライストチャーチボーイズハイスクール(CBH)に、ボールをテンポ良く動かして食い下がり、後半はCBHをノートライに抑え込んだ。最終スコアは、5-15。各チーム3試合目で、負傷者が出たり、主力選手を休ませたり。予想外の結果にはそんなことも影響していたように思う。

地元東福岡は、韓国のキョンサンハイスクールを寄せ付けず、78-7で大勝し、プールDを全勝で通過しただけでなく、予選プール1位グループの決勝トーナメントでも1位の位置付けになった。決勝トーナメントは、各プール1位の中で総得失点差で順位を決め、1位対4位、2位対3位の組み合わせとなる。東福岡は、プールC1位のアベレカレッジ(サモア)と準決勝でぶつかることになった。ここまでの戦いぶりでは東福岡圧倒的優位だ。プールA1位のクライストチャーチボーイズハイスクールは、プールB1位のウエストフィールズスポーツハイスクール(オーストラリア)と戦う。プールBは、最終的に3チームが2勝1敗で並び、得失点差でウエストフィールズの1位通過が決まった。

今大会は、実力が拮抗しているので面白い。明日からの各順位決定トーナメントでも何が起こるか分からないなぁ。写真は、ユース大会のオリジナル、「ラグビーボールパン」を持つ小林深緑郎さん。グローバルアリーナ敷地内のベーカリーで売っていた。120円なり。

Rugbyball

昨夜は、「水たき」でした。鶏好きの僕としても、大満足の味でありました。
Iroha


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « もつ鍋。 | トップページ | ユース大会準決勝 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    グローバルアリーナは、相変わらず芝も花もきれいないいところですね。天気もよくて気持ちよさそう。こんなところで観戦三昧してみたいです。でも、日焼けには注意しなきゃね。
    日本の高校、健闘してますね。東福岡、決勝トーナメント1位とは素晴らしい! 今後の戦いぶりに期待してしまいます。 

    投稿: サファイヤ | 2007年5月 3日 11:44

    連日の福岡旨いもの情報に負け、ついに禁酒の封印破りを犯してしまいました
    この大会を応援に行くのが夢なので、末永く続いて欲しいなあ
    王者の座も暫くは保持してもらい、毎年ディフェンディングチャンピオンとしてCBHSが来日してくれます様に

    投稿: ナベゾ | 2007年5月 3日 06:32

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/14927694

    この記事へのトラックバック一覧です: ユース大会3日目:

    » 2007年度福岡サニックスブルース新戦力(5/2現在) [M's Silly Talk(社会人野球、きらきらアフロ、ラグビーなどのファン)]
    ラグビートップリーグ九州勢の新戦力情報追加です。 <福岡サニックスブルース> ■新戦力 LO :星野 幸喜  (三菱自工水島)   23歳 190cm 90kg 大分・海洋科学高−名城大 FL :古本修一郎  (帝京大... [続きを読む]

    受信: 2007年5月 2日 19:50

    « もつ鍋。 | トップページ | ユース大会準決勝 »