« フィジーのネットカフェより | トップページ | 再びシドニーです。 »

フィジー戦結果です

ナンディから車で約30分、さとうきび畑の間を走り抜け、ラウトカのチャーチルパークに到着したのは、午前11時だった。すでにフィジー在住の日本人会のみなさんが集まってきていた。まもなく日本代表も到着し、試合の緊張感が高まっていく。

Testmatch

Stand

メインスタンドは満員。国歌斉唱などのセレモニーのあと、キックオフ。前半を風上に立った日本は、ラインアウトをクリーンキャッチ、スクラムも安定、SO安藤のキックパスも決まるなど、いい流れで試合に入り、フィジーのラインブレイクを何度か許しつつも、最後はしつこいカバーディフェンスで失点を最小限に食い止めた。PGで先制されたあとの19分には、ゴール前のラインアウトからモールを押し込んで、LOトンプソンがトライ。安藤がPGを決めた後の36分、ラインアウトからCTB平が縦に走ってポイントを作り、トンプソンがブレイクしてつなぎ、FB立川がトライ。素速いボール出しを連続させて15-3とリードを奪った。

「前半あと2つは(トライが)獲れた」とカーワンHCも語った通り、惜しいチャンスは逃していたが、それはフィジーも同じことで、日本代表の戦いぶりは勝利を十分に感じさせるものだった。LO大野も「前半の最後はフィジーの足が止まっていたのを感じた」と話し、日本代表の選手達も後半の立ち上がりで勝負を決めなければいけないことは重々承知での後半開始だった。

ところが、後半の立ち上がり約10分でミスが続く。最初のキックオフ・ボールをキャッチできず、その流れのまま相手にPGを許し、11分には、PKからのキックがタッチラインに届かずにカウンターアタックを受け、そのままトライを許す。張りつめた緊張感の中でのイージーミスによる失点は想像以上に選手にダメージを与えたようだ。このあと日本代表は足が止まった状態となり、逆転トライを許した。フィジー代表のキャプテン、FLドヴィヴェラタ選手は、「後半ボールをキープして、テンポアップしようとした」と話していたが、日本のミスでフィジーは波に乗った。

後半途中には箕内キャプテンが左足首を痛めて退場したのも痛く、日本代表は統制を欠き、組織が崩壊した。後半途中に投入された選手達には、その流れをどうすることもできなかった。最終スコアは、30-15。前半、課題だったラインアウトも修正され、ボール争奪戦でも健闘していただけに、後半の崩れ方は目を覆いたくなるものだった。後半の立ち上がり、カーワンHCが「12分で3つあった」というミスは確かに痛かったのだが、フィジーはそれ以上にミスをしていた。今の日本にはたった一つのミスが重い。地力の無さの表れだろう。好機での判断ミスもいくつかあった。そのあたりを完璧にこなしてフィジーに勝てるかどうかの実力なのである。試合後、リザーブ席でしばらく立てない選手がいた。この敗戦の重さの証だろう。それだけ選手もこの試合に賭けていた。「ゲームマネージメント」という言葉を、カーワンHCが使っていたが、それが上手く出来る選手がいれば結果は変わっていたかもしれない。

「我々は負けました。勝たなければいけない試合を落としました。しかし、(内容的にも)勝てた試合だったということをポジティブに捉えたい。一人のミスが敗因ではない。15人全員が、後半伸びて行かなくてはいけない」と、カーワンHCは前向きだった。先発HO松原も、反省を口にした後は、「これがスタートだし、ここから落ちないように上がっていくしかない。悪いところは受け止め、自分たちにいいものにしていかないと」と語っていたが、この後の相手の実力からすれば、痛い黒星なのは言うまでもない。

昨日、オーストラリアAは、トンガを60-15で破った。こちらのテレビで後半を少し見ることができたのだが、オーストラリアAは、ワイドな展開でやすやすとトライを奪っていた。そして、トンガも実のところ弱くない。フィジーと同等以上の力があると見ていいだろう。日本代表としては、このまま悪い流れを引きずらないよう、トンガに勝たなくてはいけない。メンバー編成も含めて、カーワンHCがどう修正してくるのか。注目したい。箕内キャプテンは、試合後すぐに病院に向かった。大事に至らなければいいのだが。

追記◎僕としては手痛い敗戦に精神的にはかなり落ち込んでしまっているけど、スタジアムの雰囲気はとても良かった。日本のトライにも歓声が上がったのは嬉しいシーンだった。もちろん、フィジーの好プレーにはその何倍もの大歓声だったけど。こんな可愛い応援もあったのだが…。

Supo

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « フィジーのネットカフェより | トップページ | 再びシドニーです。 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    結果論から物を言うのはたやすい。でも、数字は物を言うのに多大な説得力を生む。後半Japanの運動量の低下率は如何ほどか?チェンジオブペースの比率が低下したのか?チームとして、科学技術委員会として、日本協会としてつかんでいるのか?つかんでいるならその数値を公表せよ。かつては、そのような観点で数字をあげて、コメントしたり、指導したり、指導者を育てておられた方がいた。加えて、今の日本協会のスタッフの方々、もうすでにトレーニングの方法論や手先のコーチ論では太刀打ちできないことはわかっているでしょう。生活様式や社会的環境・教育履歴でもない。もはや「種」のレベルまで立ち返って、アジア民族に整合したトレーニング方法や栄養摂取、戦術を確立すべきではないのか?わたしがやりましょうか?そんなやる気があって、着眼点の明確なものを登用できる体制つくりが協会の第一にすべきことでしょう。また、マスコミの皆さんにもご協力を仰ぎたいものですなあ。

    投稿: 芝原玲 | 2007年5月31日 14:32

    JPNが強くなっていると錯覚していたことに気が付いた一戦だった。
    ABクラシックスのビッグネームを相手に「惜しかった」と思っているところがそもそも錯覚だった。
    やはり勝たなければならない。
    ミスは相手のほうがあったのに自分のミスをカバーできないところがやはり本当に強くは無いのだ。スキルだけではなく精神的な強さが必要。
    個人のミスをカバーしてこそチームの勝利が見えてくる。そこのところを次の試合から見せて行って欲しい。
    頑張れJPN!

    投稿: kenny | 2007年5月27日 23:03

    結局80分間戦える精神的スタミナが足りないのか・・・日本のトップ選手でもあれほどのもろさを見せられると見ていてつらかった。これから勝つためにジャパンに必要なのは戦える、という自信なのか?それは9月までに手に入れることが出来るのだろうか・・・

    投稿: スカーラ | 2007年5月27日 21:15

    昨日、現地で応援してました。
    午後1時試合開始で、陽射しもきつかったのが、後半のバテに影響したのかも知れませんね。

    ところで、初めての"生"ラグビー観戦でしたが、ちょっと疑問に思ったことがあります。

    試合後、日本代表の選手は、両チーム整列したところで手を振って、応援した人たちへの感謝の気持ちは表してくれてはいましたが、それだけで、スタンド近くまでの来てくれなかったことです。

    私を始め多くの人は、てっきり来てくれるもんだと思っていたので、ちょっと拍子抜けしていました。もちろん、お礼を言われたくて応援した訳ではないのですが、敵地フィジーで、少しでも日本代表の力になればと思い、声を出していたのに、"その程度?"という気持ちです。

    サポーターに、スタンド近くまで行って、お礼をしないのは、ラグビーでは一般的なことでしょうか?

    投稿: Toso Japani! | 2007年5月27日 17:31

    もうJスポーツはラグビーに興味がないのでしょうか?ジャパンラウンドの早々の同日録画決定。そして今回のトンガ戦の録画中継。キックオフ時間が早くなったから放送時間そのままで録画?多分他のスポーツでこんな安易な決定をされたら抗議の嵐でしょう。しかもその時間帯に特に変更できない番組をやる訳でもないのに…。

    投稿: .23 | 2007年5月27日 13:30

    そもそも、なんでSOが安藤選手なのでしょうか?
    それから、最近PKからのタッチキックをミスする選手が多すぎます。
    お話にならない。

    投稿: 六郎丸 | 2007年5月27日 11:29

     一晩寝て頭がスッキリしたので、考えを変えてみました。
     実はワールドカップ本大会予選でフィジーの油断を誘い出すために、わざと負けたんだ……。何かちょっと虚しくなっちゃった。
     しかし、いつもこうなるのも、トップリーグに外国人出場枠を設けているからでしょう。枠を撤廃して、パシフィックアイランダーズ的なチームが出来れば、選手は相当鍛えられてもっと良い試合が出来たはず。
     またいい外国人選手が集まれば、海外に試合の中継が売れるかも知れませんし、そうしたらスポンサー収入ももっと期待出来るでしょう。
     どうして協会は枠の撤廃をしないのでしょうか。強くなると、日本選手権で早稲田が勝てなくなるから困るのかしら。

    投稿: rugbyhead | 2007年5月27日 10:19

    悲観的なコメントが多いですね。私は、悪くないと思っています。いかさまフランス人監督の時を思えば希望に満ちています。例えば今回のワールドカップがダメだとしてもいいじゃあないですか。強化の方向性にブレがなければいつか強いジャパンが出来上がるものと信じたいです。それには場当たり的にエリサルドなんかを呼んできた協会そのものを変えなければいけないでしょうがね。
    とにかく今はカーワンジャパンを応援したい気持ちです。

    投稿: こさく | 2007年5月27日 07:34

    勝っていればジャパンにとっていい流れになる事は確かでしたが、すでにひとつ負けているフィジーだって特に後半は必死だったはずです。
    前半にも痛いミスがありましたし、フィジーのミスも前後半に渡ってありました。安藤選手や佐々木選手のいいでディフェンス、立川選手、ロアマヌ選手の突破も良かった。今のジャパンにとって必要なものは経験です。80分通してのきついゲームが代表としての力になっていけばと思います。

    投稿: pen | 2007年5月27日 00:43

    今日の結果は凡ミスもあったけど、選考メンバーの誤りとしか思えない。一番嘆いているのはサントリーの清宮監督と東芝の瀬川監督だろう。有賀と廣瀬がいればもう少しましなゲームが出来たのては?

    投稿: ローズプレステージ | 2007年5月26日 23:05

    安藤選手のいいところがあまりにも出なさ過ぎた過ぎた試合ではありましたが、自陣深いところで試合をしなければならないことが予想されますので、ロングキックがけられるSOが必要かも・・・・・・レイサムみたいな・・・(泣)

    投稿: samo | 2007年5月26日 22:45

     いつものフィジー戦の負け方をまたも見せられた感じです。期待が大きくなった分、がっかり度合いも大きくなりました。
     しかし、ハーフ団、特にSOは安藤栄次選手では、ちょっとしんどい様な気が……。神戸の後藤翔太選手、森田恭平選手の方が良さそうに思うのですけれど。まあ、プロの監督達が選んだ選手なので、あれがベストとの判断なのでしょうけれど。

    投稿: rugbyhead | 2007年5月26日 22:05

    太田GMブログで3つの修正点が挙げられていましたね。

    でも、この3つの課題っていつからJAPANの課題だったんでしょうか。

    確かに昨年に比べれば色々な意味で方向性は見えるのです。
    そして、その方向性は決して間違ってはないと思うのも確かなのです。
    できるのであれば、RWC開催までJAPANとして一つのチームで行動して欲しい。
    そして、練習試合でもなんでもいいから試合を重ねて欲しい。
    継続して選手選考も続けて欲しいですね。

    投稿: kakurug | 2007年5月26日 22:02

    後半はがっかりでした。
    しかし、本気の勝負は始まったばっかり。次のトンガ戦は修正して,勝って欲しいです。
    時間は足りないかもしれませんが,JKを信じて応援したいと思います。

    投稿: さちこ | 2007年5月26日 21:49

    お疲れ様です。
    今日は本当にがっかりでした。PKからのタッチを一試合に二回も失敗するのは、初めて見たような気がします。疲れを倍増させるようなミスだけは避けないと。

    あと、レフリング(スクラム、タッチ後のラインアウトの位置)に対して選手がイライラしていた様に感じられたのですが、そこはいかがでしたか。
    それから、試合前から既に怪我人が続出しているようですが、怪我情報なども分かればお教えいただきたいです。

    気候が違うので、体調にはお気をつけください。

    投稿: のびた | 2007年5月26日 19:08

     後半は、”いつもの”ジャパンに逆戻りという感じ。観ていて非常にイライラしました。
     それにしても、フィジー選手の身体能力の凄さには改めて驚かされるばかり。キックも使わず徹底的につなぐラグビーは、日本がやらなくてはならないでしょう。不用意なキック→カウンターアタック→トライという悪循環に見事にはまっていました。クラシックオールブラックス戦と同じ。学習能力の低さを見せつけられ、失望しました。

    投稿: 西岡 洋和 | 2007年5月26日 18:48

    あまりにも後半のミスが大きく、1つの不容易なミスが重大さを招く事を改めて痛感。流れを修正できなかった点が悔やまれる。相手のミスにつけこむ筈が自らのミスで勝機を逃し、さらには精神の意思統一が崩壊、入れ替えたメンバーも流れを変える、断ち切るどころか周りの雰囲気に呑み込まれてしまった。後半の終了間際はサポートする選手さえ居なく、孤立状態。前半あれだけ頑張っていたセットプレーも押され、課題を露呈する形となった。
    スタートラインがあまりにもショックな結果になってしまい、ただ呆然。言葉にならない。。。
    箕内選手、はっきりとは放送では分かりませんが、ブライアンロビンス選手、相馬朋和選手の怪我が心配です。

    現状の課題を受け止め、修正、強い精神力、結束力を持って次戦に挑んでくれる事を信じています。

    投稿: SASA | 2007年5月26日 18:26

    たった一つ一つのアンフォースドエラーでメンタル面がガラガラと崩れていく音が聞こえました。
    あそこまで一つになっていたチームが一気に崩れるとは。選手と一緒にリンクするように自分も観戦しながら凹んでいくのがわかったようでした。
    バックスに鉄平のような皆を鼓舞して引っ張っていくベテラン選手が、スキッパーがほしい。。。

    投稿: ターボ | 2007年5月26日 18:07

    あんなにハンドリングミスを繰り返すフィジー相手に敗戦とは…。
    結局、抜かれた後の戻りのディフェンス意識以外は何も変わっていないような気がしました。

    投稿: らぐじ~ | 2007年5月26日 17:06

    KO二時間も前からチビチビやりながら観ていたので、後半は軽いヤケ酒になってしまいました
    今日のフィジーなら勝っておかないと勿体ないなあ
    あんなポロポロやってくれてたのに...

    投稿: ナベゾ | 2007年5月26日 16:58

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/15208561

    この記事へのトラックバック一覧です: フィジー戦結果です:

    » 敢えて言う!ジャパンラグビー PNC 緒戦惜敗!! [IXY-nob]
    今朝。 ラグビー日本代表はパシフィックネーションズカップの緒戦でフィジーと対戦した。 フィジーはラグビーを国技とし、体力・技術ともに日本よりワンランク上。 とはいえ、この試合のメンバーは若手主体で組んでおり、ジャパンにも勝機はあった。 その証左に、前半終了時点では15-3とリードし、後半に期待が持てた。 ところが、後半開始早々日本のミスから逆転を許すと、その後は点差を広げられ30-15の敗戦。 後半は無得点。 南太平洋の国の午後1時キックオフという厳しい条件だったが、後半に入ってから攻めも守りもチグ... [続きを読む]

    受信: 2007年5月26日 15:51

    » PNC 日本代表-フィジー代表 結果 [ココロミ]
    パシフィック・ネイションズカップ Round 1、日本代表対フィジー代表戦、日本代表にとっては、初戦の大事なゲーム。日本の良いプレイも沢山ありましたが、後半はフィジーを走らせてしまいジャパンの勝利は成らずでした。【結果】日本代表 ● 15-30 ○ フィジー代表  (前半 15-6)【出場メンバー】FW:1西浦、2松原、3相馬、4大野、5トンプソン、6木曽、7佐々木、⑧箕内(キャプテン)BK:9吉田、10安藤、11ロアマヌ、12ロビンス、13平、14遠藤、15立川Re:16山本貢、17山本正人、18... [続きを読む]

    受信: 2007年5月26日 16:31

    » このままで、本当にいいのですか? [神速フォワード]
     ラグビー出身でない者でも、今の状況は本当に心配です。 今日、Yahooのテレビ欄でラグビーと入力してみると、検索ゼロでした。 いいんですか?ラグビー界の皆さん。ラグビー未経験ながら、子供が始めたのを きっかけに、前回のワールドカップをAUSのブリスベンまで観にいった者として 言わせてもらいます。コンテンツとしては、悪くないですよ。クラッシックAB パシフィック ネーションズ カップだって充分TVに売り込めたはず。 誰か教えてください。スカパーとは、独占契約なんですか?だとしたら、何年まで でしょう... [続きを読む]

    受信: 2007年5月26日 20:04

    » 日本ラグビー代表VSフィジー@フィジー [出会いは生きる力]
    30対15で敗北。 後半はゼロ沈です。 課題のラインアウトは 5番のトンプソンを軸に パーフェクトでした。 キックパスや 遠藤、ロアマヌ、ロビンスの突破も 見るべきものがありました。 スクラムは修正すれば 何とかなるように思います。 SOが問題かもしれませんが それは今さら、言っても仕方ない。 テレビ解説の藤島大さんのコメント “今のジャパンの選手は当っても通じますから” 今回FWで体重差が30キロもあった。 フィジーの第三列は日本のロッ..... [続きを読む]

    受信: 2007年5月27日 00:06

    » 日本、フィジーに逆転負け(Pacific Nations Cup) [M's Silly Talk(社会人野球、きらきらアフロ、ラジオetcのファン)]
    J事通信より。 ■日本、フィジーに逆転負け=後半4連続トライ許す−ラグビー ラグビーの日本代表は5/26、当地のチャーチル・パークでフィジー代表とパシフィック・ネーションズカップ初戦を行い、15−30(前半15−... [続きを読む]

    受信: 2007年5月27日 02:03

    « フィジーのネットカフェより | トップページ | 再びシドニーです。 »