« コフスハーバーより | トップページ | コフスハーバーの朝 »

深緑郎さん、絶好調

Sky

29日の日本代表は、午前10時からきのうと同じビショップ・ドルイット・カレッジでトレーニング。FW、BKともに基礎スキルの確認、素速く前に出るディフェンスの意識を高める練習などこなし、最後は、試合形式でゲームプランの確認を行っていた。

Japan529

トンガ戦のメンバーはまだ発表されていないが、練習を見る限り、インサイドCTBに大西将太郎選手が入り、アウトサイドCTBにブライス・ロビンス選手が回りそう。FLで渡邉泰憲選手、ハレ・マキリ選手も先発出場になりそうだ。箕内選手はまだ別メニューだが、ほぼ普通に動けるようになっている。正式なメンバー発表は明日になる予定(と、当初書きましたが、正式発表は31日です。失礼しました)。

「きょうは集中して、いい練習ができていた」とカーワンHCも選手達の気合いのこもった練習に満足げ。全体練習後は、WTB遠藤選手に相手のかわし方をアドバイス。タックラーとの間合いや、身のこなしを説明し、最後は、木立の中に遠藤選手を連れて行き、木の間をすり抜けるランニングスキルを教えていた。この練習、僕もカーワンHCが現役時代に行っていた映像を見たことがある。実物を見ることができて、ちょっと嬉しかった。あまり大きく身体を揺さぶらないことがポイントのようだ。

なお、フィジーでの練習中に膝を痛めたグレン・マーシュ選手は、その後の経過が思わしくなく、こちらで検査を受けた。その結果、半月板損傷の疑いとのことでニュージーランドの主治医の診察を受けるために、29日朝、チームを離れた。マーシュ選手の復帰時期がはっきりした後、追加メンバーを招集するか、このまま29人で今大会を乗り切るかなどの結論が出る見込み。

School1

午後は、ラグビー普及と日本代表プロモーションを兼ねて、2名ずつ3カ所の学校訪問。連日練習グラウンドを提供してくれているビショップ・ドルイット・カレッジへは、佐藤剛選手と、矢富勇毅選手が出向いた。この学校は、5歳から17歳までが学んでいるのだが、今回参加したのは、13歳から16歳。ニューサウスウェールズ協会の普及委員のトレーニングセッションに日本代表選手がゲスト参加する形になっていた。練習後は、試合当日のポスターに即席のサイン会。この学校の子供達も、土曜日は応援に来てくれるようだ。

School2

こぼれ話◎日本代表の午前中の練習で、選手達がグラウンドに姿を現す前、広報担当者、報道陣8名ほどが冒頭写真のような青空の下で話をしていたときのこと。

ポタッ!という音。
「やられたっ」と深緑郎さん。
なんと、深緑郎さんのかぶっていた帽子に鳥のフンが!
見上げると、透き通るような青空が広がっていた。
フンは深緑郎さんの頭にピンポイントに落ちたのである。
あわてて帽子のフンを取り除く深緑郎さん。
失礼ながら、報道陣、大笑い。
「きょうは、なんかいいことありますよ、深緑郎さん」

追記◎ジンザン・ブルック氏についてご質問ありました。元NZ代表オールブラックスNO8で、58キャップを持ち、FWながら17トライをあげた伝説的選手です。今の日本代表のジョン・カーワンヘッドコーチと同世代。1987年ワールドカップに優勝したNZ代表メンバーにも名を連ねていたものの、まだその頃は若く、彼が円熟したプレーで観客を沸かせていたのは90年代です。「コンプリートフットボーラー」と呼ばれるに相応しい、マルチスキルを持っていました。特に、1996年から始まったトライネーションズでの活躍は印象的でした。ロングドロップゴールを決めたりもする華のある選手でした。報道されている頭の怪我は、遠征先のスペインでタクシーから降りたときに転んだようですが、命に別状はないようですね。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « コフスハーバーより | トップページ | コフスハーバーの朝 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    木の間をすり抜けるトレーニング法を、カーワンHCからじきじきに教えてもらえるなんて、遠藤選手はラッキーです。こうやって、日本代表の選手たちには、いろいろなことを吸収してもらいたいです。

    きれいな青空で、気持ちよさそうですね。こんなところでも、深緑郎さんはオイシイ~(笑)! 今度、お帽子を差し上げようかしら。

    投稿: サファイヤ | 2007年5月30日 18:01

    日本代表プロモーションって海外でもチョコチョコやってるみたいですけど、素敵な事ですね
    こういう積み重ねが実れば、いつかはオーストラリアもテストマッチやってくれる日が来るかもしれないと思えて来ます

    投稿: ナベゾ | 2007年5月30日 05:07

    村上さん、はじめまして。
    私はジンザン命なので海外サイトで記事を見つけた時には心臓が止まりそうでした。命に別状はないと聞きましたが障害が残るものではないのだろうか?と心配です。
    クラシック・オールブラックス、エリック・ラッシュがプレイしてくれるならジンザンも来て欲しかったです。
    では。

    投稿: かるろす まこう | 2007年5月30日 01:11

    ジンザン・ブルックさんが「大丈夫」ということで、ほっとしました。1996~7年頃のABの不動のNO.8の印象が残っています。あと、お兄さんのマーティン・ブルックさんがマツダの5番LOで、大活躍(ラインアウトを制圧など)されていたのも印象に残っています。

    投稿: ベニーヒン | 2007年5月29日 22:54

     ジンザン・ブルック氏が大丈夫そうで良かったですね。私は、外国の選手が見られる様になったのは、ここ数年ですから、ちょっと前の選手も良く分からないです。

     ところで新聞報道で、’11年のRWCから出場国を16国に絞り、替りにRWCに出られない国で「ワールドトロフィー」なるイベントを行って、それの上位をRWCの下位を入れ替えする案をイングランド協会の幹部が出しているって、どう言う事ですか!?
     またイングランド協会のフランシス・バロン氏とか言う人が、RWCをイングランド、フランス、南アフリカ、オーストラリアで持ち回りにして、5大会に1回、それ以外の国での開催を認める案を出している、これもどう言う事ですか!?
     何だか閉鎖的としか思えません。ワールドカップをお仲間だけで楽しもうって腹でしょうか。腹立たしい気がします。アヒル先生も、腹立ちませんか~?

    投稿: rugbyhead | 2007年5月29日 22:08

    ブレイクダウンで強いマーシュの離脱は痛いですね。
    遠藤とJKのマンツーマンレッスン、自分も見たかったです。中標津出身の野性的な遠藤の木立の中の練習、かなり絵になると思います。

    投稿: Eric29 | 2007年5月29日 19:35

    深緑郎さん、このブログのネタづくりのMVPですね!

    次は何をやってくれるんでしょうか…。

    投稿: らぐじ~ | 2007年5月29日 17:00

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/15244367

    この記事へのトラックバック一覧です: 深緑郎さん、絶好調:

    » ワールドカップまであと100日 [瑞穂のラグビー好き]
     ワールドカップまであと100日です 応援歌と一緒に開幕までカウントダウンして行きます http://ewish.jp/member/rugbymusic/ さて本日は、ジャパンの戦績です 友人のところから借りて来ました ■ラグビーワールドカップの歴史■  第1回大会-1987年(NZ)代表監督:宮地克実   ●日本  18-21  アメリカ      @ブリスベン   ●日本  7-60  イングランド    @シドニー   ●日本   23-42  オーストラリア  @シドニー  第2回大会-1... [続きを読む]

    受信: 2007年5月30日 18:46

    « コフスハーバーより | トップページ | コフスハーバーの朝 »