« トップリーグ日程発表 | トップページ | 専門職 »

渡邉泰憲選手

Watanabe

木曜日は、午前中、東芝ブレイブルーパスのフランカー渡邉泰憲選手の取材に行ってきた。5月25日に発売されるラグビーマガジン7月号に掲載されるインタビューである。朝早かったので通勤ラッシュにぶつかり、久しぶりに身動きがとれない車内を経験した。

渡邉選手は府中には住んでいないので、朝は通勤ラッシュの電車で府中まで通っているようだ。カーワンジャパンのスタートから厳しい練習が続き、クラシック・オールブラックス(CAB)戦の大一番が終わって、30名のメンバー入り。束の間の休息で、ほっとした表情を見せていた。

CAB戦は「これで代表は最後」という気持ちで戦ったのだという。だからこそのパフォーマンスだったのかもしれないが、CABの選手達を困惑させたしつこいボールへの絡みはほんとうに頼もしかった。6月で33歳になるベテラン選手だが、プレーぶりは円熟味を増している。取材前に東芝の瀬川監督と言葉をかわす機会があったのだが、「彼の後の選手を育てないといけないのですが、なかなかいませんね」と言っていた。192㎝の長身の上に器用でスピードがあり、激しいコンタクトも厭わない。しかも、ゲームをよく理解している。こんな選手はそうは出てこない。

「マーシュが入ってくれて良かったですよ。僕、最年長だったのに、これで2番になったから」(渡邉選手)。渡邉選手は日体大では、箕内拓郎キャプテンの兄・佳之さんと同期で、高校ジャパンでもともにプレーした間柄。佳之さんから「拓郎を頼む」と言われ、今や拓郎選手とも大の仲良し。キャプテンを精神的に支える存在でもある。その経験を若手にどんどん伝えてほしいと思う。

ちなみに、渡邉選手は中学時代はサッカーをしていた。「キーパーだったんですよ。身長190㎝以上あって、相手と身体をぶつけるのを怖がらない、続けていたらけっこういいキーパーになっていたかもしれませんよ」とは、本人の弁。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トップリーグ日程発表 | トップページ | 専門職 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    秩父宮でのCAB戦、渡邊選手の“ファイト”はよかった。
    あれで、相手を本気にさせちゃったかな…?

    投稿: らぐじ~ | 2007年5月17日 22:53

    海外にトップリーグの試合映像を売るべく、世界に名の通る外国人選手を集めて、試合に出てもらわないと。その為にも、やっぱり外国籍選手の出場枠は不必要です。

    投稿: rugbyhead | 2007年5月17日 20:57

    トップリーグの一部の試合でタイムキーパー制を導入するということ。
    ということはランニングタイムではなくタイムオフの度に会場の時計も止まるのでしょうか?
    80分過ぎた後のホーンはどんな音になるんでしょう?日本だから寺の鐘の音とか^^;

    投稿: ターボ | 2007年5月17日 20:28

    ナベTでキメたマンキチ選手の晴れ姿を是非見せてください!

    ナベT本舗

    投稿: ナベゾ | 2007年5月17日 18:19

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/15102496

    この記事へのトラックバック一覧です: 渡邉泰憲選手:

    « トップリーグ日程発表 | トップページ | 専門職 »