« 土曜日は秩父宮ラグビー場へ行こう。 | トップページ | 土曜日の結果 »

岡仁詩さん、逝去

同志社大学の名誉教授で、元日本代表監督の岡仁詩(おか・ひとし)さんが、5月11日、逝去されました(享年77)。岡さんは、1959年に同志社大学ラグビー部の監督に就任し、日本選手権の前身の第2回NHK杯優勝、第1回日本選手権優勝、大学選手権3連覇など数々の快挙を成し遂げ、監督、総監督、部長という様々な立場で同志社大学ラグビー部を引っ張り続けました(1995年退任)。1972、75、85、86年には、日本代表監督を務めています。

岡仁詩さんに弔意を表し、明日のジャパンXV対クラシック・オールブラックス戦で、試合前に黙祷を捧げ、ジャパンXVは喪章を着用します。また、5月13日に近鉄花園ラグビー場で開催される同志社大学対慶應義塾大学の定期戦において、同志社大学ラグビー部は喪章をつけ、試合開始前には役員選手一同で黙祷を捧げます。

僕も取材で何度もお話をうかがいました。JSPORTSをよくご覧になっていて、さまざまな場所でお会いするたびに、スーパー14やトライネイションズのことを楽しげに話されていたのを思い出します。僕みたいな若僧にも、放映された試合について「あのプレーはどう思いますか?」と問われるので恐縮したことは数知れません。歴史を語る方がまた天に召されたことは、寂しい限りです。ご冥福をお祈りいたします。なお、故人の遺志により通夜・告別式は行われないとのことです。

岡さんのコーチング哲学については、現在発売されているラグビーマガジン別冊青葉号「ラグビークリニック」に掲載されています。岡さんの言葉に、こうあります。「教わり、教え、教えられる。教わる感じがしなくなったら、コーチはやめたほうがいい。学生から教わることが、コーチのいちばんの楽しみではないかと思いますね」

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 土曜日は秩父宮ラグビー場へ行こう。 | トップページ | 土曜日の結果 »

    「愛好速報」カテゴリの記事




    コメント

    1999年のW杯、トゥイッケナムで私のすぐ後ろの席に座られていたときのことを思い出します。私のような者にも気さくにラグビーの話をして下さり、お正月に花園ラグビー場でお会いしたときは、私の顔まで覚えていて下さいました。
    とても残念です。ご冥福をお祈りいたします。

    投稿: らぐじ~ | 2007年5月13日 17:46

    新聞などをみて驚きました。ラグビーに興味を持ち出したのはやはり同志社の3連覇の前くらいからでした。そして、岡さんのことを知りだしたのも当然この時期からです。
    また、昨年発刊された後藤正治著「ラグビー・ロマン」を読み、岡イズムの一端を知りました。
    ラグビーの伝道者がまた減ったことは残念ですが、ご冥福をお祈りいたします。

    投稿: らがー太郎 | 2007年5月12日 12:12

     コメントの場違い、失礼します。私の勘違いで、真逆の話を載せてしまったみたいです。
    ニュース・カフェによると、IRBが検討しているのは、RWC本大会の予選上位3チームの計12のチームが次回のRWCの出場権を自動的に獲得。
     逆にRWCの出場国の数を現行の20から16に減らす案だそうです。
     正直、こんな事になったら、日本は厳しく成ります。

    投稿: rugbyhead | 2007年5月12日 11:12

    「ラグビークリニック」で近影を拝見していただけに驚きも強烈です
    あまりに若すぎる訃報ですが、体調を崩されていたのでしょうか
    グランドも新しくなり、これからと言う時に...

    投稿: ナベゾ | 2007年5月12日 05:27

    驚きです。関西の大学ラグビーも盛り上がってきたこれからという時なのに・・・残念です。

    心よりご冥福をお祈りいたします。

    投稿: サファイヤ | 2007年5月11日 23:41

    驚きました。
    このお正月「ラグビーロマン 岡仁詩のリベラリズム」という本を読み、関西出身の私自身の50年以上に及ぶ観戦の歴史を改めて俯瞰させて頂いておりました。
    先の金野さんのご逝去といい、一つの時代が過去に遠のいて行くのを感じざるを得ません。心から感謝すると共にご冥福をお祈りいたします。
    このような多くの様々な方々の努力が今日の日本ラグビーを作り、今JKというリーダーを得て、素晴らしい日本の代表チームが生まれようとしているのではないでしょうか。
    そのような思いを込め、明日は是非とも歴史に残る試合をしてくれることを代表チームに期待します。

    投稿: 雑多親父 | 2007年5月11日 22:04

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/15034981

    この記事へのトラックバック一覧です: 岡仁詩さん、逝去:

    » ラグビーの岡仁詩氏死去=同志社大を日本一に導く [M's Silly Talk(社会人野球、きらきらアフロ、ラジオetcのファン)]
    J事通信より。 ■ラグビーの岡仁詩氏死去=同志社大を日本一に導く ラグビーで同志社大を日本一に導き、日本代表監督も務めた岡仁詩(おか・ひとし)氏が5/11午後0時50分、死去した。77歳だった。大阪市出身。故人の遺志で通夜、... [続きを読む]

    受信: 2007年5月12日 03:34

    » 同志社元監督 岡仁詩さん逝去  [ココロミ]
    クラシック・オールブラックスの記事をアップする前に、残念なニュースがありました。同志社大学を三連覇に導いた元監督の岡仁詩さんが11日零時50分、京都市内の病院でお亡くなりになりました。77歳でした。SANSPO.COM同志社の三連覇の記録は、その後どの大学にも破られていません。大学で三連覇することは難しいことなのでしょう。その偉業を成し遂げた監督でした。 神戸製鋼には、同志社から7連覇時代に活躍した総監督兼GMの平尾誠二さんをはじめ、大八木さん、萩本さん、綾城さん、武藤さんなどなど、たくさんの選手が... [続きを読む]

    受信: 2007年5月12日 03:37

    « 土曜日は秩父宮ラグビー場へ行こう。 | トップページ | 土曜日の結果 »