« 試合当日も快晴です。 | トップページ | ナイロビと北京より »

オーストラリアA戦結果

Pnc

太陽が沈み、2003年W杯時より明るくなったナイター照明が、デイリーファーマーズスタジアムの芝生を輝かせていた。「夜は冷え込む」と言われていたが、カーディガンを羽織っていれば大丈夫な程度だった。観客は、4,745人。前日に地元の人が予想していた通りの数字である。まずまずといったところだろう。

午後6時のキックオフ。立ち上がりは日本代表が健闘する。好タックルを連発し、FL佐々木が相手ボールに絡んでペナルティを誘うなど、オーストラリアAの攻撃を寸断し、CTBクロスに先制トライを奪われたが、SO小野のPGで追撃。12分には(※時間はすべて僕のストップウォッチでのもの)、小野が抜け出しWTB遠藤が大きくゲインしてゴールラインに迫る。しかし、マイボールラインアウトが確保できず、トライには至らず。18分、FBに入ったブライス・ロビンスが相手キックをチャージ。「ボールを拾ったら前に誰もいなかった」と40mを走りきってダイビングトライ。10-7と逆転する。オーストラリアAのスーパーキッカーWTBシフコフスキーに同点PGを決められたが、25分までは拮抗した試合展開だった。しかし、27分にラインアウトからCTBクロスの突破を簡単に許すと、30分に、FBヒューアットの個人技で防御を破られ、36分には、SOバーンズがタックルされながら背中越しにパスし、CTBペレササが抜け出し、最後はSHホームズがトライ。この3連続トライで勝敗は決した。いずれも、SOとインサイドCTB周辺を抜かれており、カバーディフェンスが難しい位置ばかりだった。

オーストラリアAは、対応能力の高さを発揮し、ゲーム途中からワイドな展開で日本の防御の弱点をついてきた。後半立ち上がりにもトライを追加。日本も粘り強いディフェンスで辛抱したが、残り10分でまたしても突き放された。日本は、プラン通りボールをできるだけ保持して攻撃を試みたが、「ボールを回そうとしても、いつも相手が2枚ほど余っている状況だった」と、途中出場のFB有賀も語っていた通り、手詰まり状態で逆にボールを奪われて失点する悪い流れに陥った。両チームの実力差を考えれば、ある程度の失点は予想されたとはいえ、一次攻撃で簡単に突破されることが多く、粘っている時間がもったいなく感じるトライばかりだった。

いつもは前向きなコメントで始めることが多いカーワンHCも、さすがに表情は厳しかった。「結果は非常に残念です。最初の20分間は、我々がやろうとしていることが充分に出来た。しかし、セットピースのディフェンスでミスがあった。このレベルで犯してはいけないミスです。W杯には2チームで臨む構想を持っています。若手選手がこのレベルで戦うことに慣れる必要がありました。どこまでやれるか見えた試合でもあります。我々がやろうとしていることを勇気を持ってやっていかなくてはいけない。勇気を持てなければW杯の成功もありません」

戦後の日本代表で最年少キャプテンを務めた佐々木隆道も険しい表情だった。
「今日の試合の良かった点は、前に出てしっかりタックルして仕留めたプレーがいくつかあったことです。でも、前で止めてもターンオーバーまではできないし、悪い内容だったと思います。最後まで集中力が切れなかったのが唯一の収穫でしょう。オーストラリアA代表は、パススピードの速さとランニングコースの深さが我々と違っていました。トライの獲られ方がすごく悪かったし、大事なところでミスも多かった。リードされてからは、キックマネージメントを使える状況ではなくなりました。勝つためにチャレンジして攻めたからこそ、この点差になってしまったと思います。スコアを整えるより、チャレンジしたことは良かったのですが、結果がついてきませんでした。今の力が足りないということでしょう」

数名の選手に話を聞いたが、「何もさせてもらえなかった」という言葉が多かった。FL木曽は、ラインアウトについて、「オーストラリアAは、試合中に修正してきて、やりにくかった」と、対応能力の高さを語っている。実際に間近で試合を見ていて、オーストラリアAの強さは印象的だった。タックルも堅実で重い。グラウンドを全体に見ても、ディフェンスの穴はまったく見つからなかった。LOキャンベルがほとんど一人で日本のモールを食い止めているのには驚かされた。カーワンHCの言うとおり、2チームでW杯に臨むためには必要な経験だったし、試練の場ということなのだろう。このオーストラリアAはW杯で対戦するカナダやフィジーより強いと思われるが、実力差はあまりに大きく、W杯での勝利の難しさを再認識させられる試合内容だった。会場で発表されたマン・オブ・ザ・マッチは、オーストラリアA代表FLポーコック。

カーワンHCは、「日本での2試合は経験豊富な選手を軸に臨む」と言っていた。まずは仙台でのサモア代表戦でいい結果を残したい。

◆PNC結果
オーストラリアA代表○71-10●日本代表(前半36-10)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 試合当日も快晴です。 | トップページ | ナイロビと北京より »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    まぁでも、小野の方が可能性は感じた。相手も小野の方がイヤだと思うけど…。

    投稿: らぐじ~ | 2007年6月11日 18:37

    おそらく相手FWに「こいつら湧いて出てきやがる」「まるでソンビのようだ」と言われるくらい分厚く深いサポートランが一番足らないことではないでしょうか。
    PNC開催中は難しいでしょうけれど、
    「しばらく代表チームにはよばれたくない」というくらい、フィットネストーレーニングをし直す必要があると思います。

    投稿: ナオキ | 2007年6月10日 13:02

    10-71というスコアは、可能な限り力の差のない選手30人でW杯予選プール4試合を戦い抜きたい日本代表にとって、辛い結果だと思います。
    第1戦、第2戦で出場機会のなかった日本の選手が、PNCの中でもトップクラスのオーストラリアA代表と“集中力を切らさずに”戦ったことで、W杯本番でも使える選手とそうでない選手を見極めることができたことが収穫でしょう。
    来週の仙台でのテストマッチ、見てこようと思います。

    投稿: マスター | 2007年6月10日 10:46

    オーストラリアAのSO、CTBに振り回されてしまいましたね。
    ただ、何も出来なかったと選手が言う割には、局面では互角にやれているところもあったような気がします。
    少なくとも最後までダレた内容にならなかった事は評価できました。
    今回の敗戦を糧に、サモア戦、Jr.AB戦、なんとかふんばって欲しいです。

    それから、やはり、9月までチームとして継続して強化していく方針を早急に検討してほしいです。
    JKがやりやすい環境を協会が整え、国内ラグビー関係者の総力を結集してW杯に臨んでください!

    投稿: kakurug | 2007年6月10日 08:54

    ワラビーズが相手してくれるのを生きてるうちに観たいけれど

    投稿: ナベゾ | 2007年6月10日 08:33

    ちょっと簡単に取られ過ぎていましたね。ショックなくらい・・・。
    しかし,JKになったからと言って,このレベルと対等にというのは無理です。
    日本での二試合に期待しています。

    投稿: さちこ | 2007年6月10日 00:47

    世界トップクラスのレベルが上がっていることやジャパンが若手中心のメンバーだったことを考えると、ある程度予想できた結果です。あっさりトライをとられるシーンなど、以前のジャパンのような悪いところも見られましたが、粘りが増した後半の内容は若手にとっていい経験になるのでは。

    投稿: pen | 2007年6月10日 00:37

     正直、対オーストラリアA戦は良いトコ無しでしたね~。こうした差は、ちょっとやそっとでは埋まらない気がします。代表だけ強化しても無理かと。
     バカの一つ覚えですが、外国籍選手の出場規制を撤廃して、国内リーグをもっと過酷にするとか、代表対トップリーグ外国籍選抜の試合をするとか、U23を下部リーグに組み入れるとか、もっと大胆に日本代表自体をトップリーグに入れてしまう等、これぐらいやって強化を図らないと、次回のワールドカップ出れないと思います。
     取り返しの付かなくなる前に大改革の断行を!

    投稿: rugbyhead | 2007年6月10日 00:27

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/15374737

    この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアA戦結果:

    » ラグビー日本代表、今日は力の差を見せつけられた!! [IXY-nob]
    先週のトンガ戦で見事な勝利を挙げたラグビー日本代表が、今日はトンガよりも2ランク以上レベルの高いオーストラリアA代表に挑戦した。 前半25分までは、前へ出る積極的なディフェンスで相手の出足を止め、 あせったオーストラリアのミスからトライを奪い10-7と逆転に成功した。だが、やはりA代表(正規の代表チームの次のレベル)とはいえ、ラグビー王国オーストラリアのプロリーグで活躍する選手たちはジャパンの弱点を素早く見つけ、次々とトライを重ね、あっと言う間に36-10の大差をつけて前半を終えた。 後半も気持ちの... [続きを読む]

    受信: 2007年6月10日 06:18

    » 日本代表VSオーストラリアAチーム [出会いは生きる力]
    10−71で敗北。 あまりどうこう言う試合ではないですね。 気がついた点だけ。 収穫 1.佐々木ジャパンの一歩 2.矢富がようやく、自分でボールを持てるように。   今まで代表では、気後れからかほとんど自分で   キャリーしていなかった。これで自信が付くだろう。 3.マーシュもやれる。   相変わらず、ボールに絡んでいた。   後半ラフプレーで警告を受けたのはマーフと青木だが   実際はマーシュもマーフを足蹴りしてた。   それに怒ったマーフが関係ない山村のお..... [続きを読む]

    受信: 2007年6月11日 09:54

    « 試合当日も快晴です。 | トップページ | ナイロビと北京より »