« トンガ戦結果 | トップページ | 有賀選手合流 »

南北半球対決

土曜日にJSPORTSで放送されたテストマッチを一気に見ようとしたのだが、さすがに、一本は断念。日曜日に録画で見た。録画で見ようとしている人もいると思うので、結果は書かず、印象的な部分だけ書きたい。この時期は北半球のチームが南半球に行くのだが、今回はフランスが国内選手権の真っ最中だったりして、北半球勢がいまひとつのメンバー編成になっている。それでも、見どころはある。

オーストラリア対ウエールズは、ワールドカップ本大会の一次リーグで日本と同組なので、最も注目していたのだが、ウエールズは積極的に仕掛けるから、やっぱり面白い。オーストラリアは、前半、ギタウがSHに入り、後半はギタウをインサイドCTBに入れてSHをグレーガンにするのだが、SHとしての能力でくっきり差が出る。やっぱり、ワールドカップは、グレーガン、ラーカムのHB団になるのか。先日、オーストラリアの新聞に元ワラビーズ監督のボブ・ドワイヤーさんのコメントが掲載されていて、ギタウをSOにしたほうがいいと言っていたが、現監督のコノリーさんは、まったく違った考え方だ。この両チーム、強いとはいえ、南アフリカやニュージーランドに感じる強さはないから、日本はいい組に入ったと言えるのかもしれない。チャレンジしがいのあるチームだと思う。

南アフリカ対イングランドは、南アWTBハバナのスーパートライがある。ダニー・ロッソウがインフルエンザとのことで、代役出場のNO8スピースの運動能力は驚くべきもの。個人技でざっくざっくと防御を切り裂く。イングランドはSOウィルキンソンがさすがの活躍。プレースキックも相変わらず。CTBテイトのスピードは魅力的だ。

オールブラックス対フランス戦は、フランスが国内選手権準決勝と重なって強豪4チームの選手が不参加。PRカリファノ、FLマーニュ、FBカステニエードのベテラン勢が存在感を放つ。でも、必見なのはNO8シャバル。恐ろしいほどの目でオールブラックスを見据えて、獅子奮迅のプレーぶり。本大会も出てきてほしいなぁ。オールブラックスは、これからトライネイションズへつながるテストマッチシリーズの始動で余裕のプレーぶり。SOカーターの絶妙のパスにうならされた。途中出場のNO8ソーイアロは格違いのパワーを披露する。どの試合を見ても、ゲーム運びは勉強になる。

どうでもいい話◎某コンビニエンスストアで、「榮太樓の黒飴」を発見。これまで、ただ僕の目についていなかただけなのか。子供の頃よく食べたので、あまりに懐かしく「梅ぼ志飴」まで買って一気食い(なめ?)した。10円玉とかコインで開ける缶が懐かしい。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トンガ戦結果 | トップページ | 有賀選手合流 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    Jスポーツでの3日のトンガ戦は急遽生放送になったそうですが、今週末のオーストラリアA戦も今のところ録画放送のようですね。日本ラウンドも2試合とも録画放送とは...。

    投稿: arumon | 2007年6月 4日 12:37

    金曜日の夜から日曜日の夜までトンガ戦を挟み、テストマッチ三昧でした。土曜の夜は寝ぼけながら見てたので再放送と初回放送と対戦相手が頭の中でごちゃごちゃ(笑)。
    印象に残っているのは、フランスNO8野人?あのタックルは強烈すぎ。
    立川が怪我で帰国だそうですが、モンゴメリーみたいFBが居れば、プレースキックも安心なんですけど。
    南アはスーパー14の好調をそのもの持ち越してますね。トライネイションが楽しみになりました。
    南ア戦を見てた家内曰く「男前が多いね。」んうん・・・たしかに!
    早稲田野球の斉藤君、ゴルフの石川君の様な男前系人気者が日本ラグビー界に入れば、家内も一緒にラグビー観戦に行ってくれるかも。
    すみません話がそれました。
    オーストラリアA戦はまた現地に向かわれるのですか?

    投稿: 北陸のファン | 2007年6月 4日 10:45

    グレーガン、ラーカムのHB団を凌駕する若手が出て来ないというのが問題なのでしょうねえ
    苦悩するワラビー

    投稿: ナベゾ | 2007年6月 4日 05:06

     立て続けにスイマセン。”オールブラックス”のHAKA、いつもと違ってましたけれど、あれってどう言う理由で変更したりするのでしょうか。何パターンか持っているのでしょうか。以前ウマンガ選手のリードで随分悲痛な感じのするHAKAを見ましたが、あれはそれっ切りです。解説で”新しい方”っておっしゃっていましたけれど、振り付け師とか居るのかしら。

    投稿: rugbyhead | 2007年6月 4日 01:08

     オーストラリア対ウェールズの第1戦、DVDへのダビングでエラーが出て見れず……。再放送の終了前に発覚。コピーコントロール、大キライ。せめて3回ぐらいは許可して欲しい。

     シャバル選手は、最近はケモノ感が出て来た気がします。ちょっと前までは、個人的には昔の尾崎紀世彦風に見えてました……。

     ところで、J SPORTSさんはどうして、他の国はちゃんと国名で表記するのに、ニュージーランドだけは”オールブラックス”と書くのかしら?字数は一緒なのに。ちょっとヒイキしてる?

    投稿: rugbyhead | 2007年6月 3日 23:05

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/15304961

    この記事へのトラックバック一覧です: 南北半球対決:

    » 近鉄ライナーズ・LO侍バツベイ、復帰戦「精いっぱいやるだけ」 [M's Silly Talk(社会人野球、きらきらアフロ、ラジオetcのファン)]
    Sポニチ大阪版より。 ■近鉄ライナーズ・LO侍バツベイ、復帰戦「精いっぱいやるだけ」 ◆ラグビー・トップウェストA、6/2神戸製鋼コベルコスティーラーズ戦 ◆ ラグビー・トップウェストAの近鉄ライナーズ... [続きを読む]

    受信: 2007年6月 4日 02:58

    « トンガ戦結果 | トップページ | 有賀選手合流 »