« サモア戦前日 | トップページ | 牛タンデー »

サモア戦結果

Stadium

土曜日の朝、仙台は快晴だった。仙台駅からスタジアム最寄りの駅に向かう地下鉄のなかで、23番ジャージーを着たサポーターの方に会った。いつも秩父宮のバックスタンドで応援している人だ。以前にお会いしたこともあり、仙台まで来てくれていて嬉しかった。快晴のユアテックスタジアム仙台に、観衆は、7,905人。もともと同日に行われるはずだった東北高校大会を一日ずらして、地元高校生にこの試合を見せる配慮をした宮城県ラグビー協会に敬意を表したい。

試合のほうは、前半から緊迫感ある攻防が続いた。日本代表は、勢いづくと手のつけられないサモアの選手達を背走させるキックを軸に、カーワンHCが「賢く戦いたい」と言っていた狙い通り、サモア陣内で戦う時間を多くすることに成功した。ディフェンス面でも、過去3試合で何度か簡単に破られたラインディフェンスを修正し、中央突破を許さず、辛抱してタックルを続けた。そして、機を見てワイドにボールを展開してチャンスも作った。ただし、概ねプラン通りに運びながら、トライまでは持って行けなかった。もう一つ早いタイミングでボールが出れば、もう少しパスが前に投げられていたら、などなど惜しいシーンが何度もありながら、前半は、SO安藤のPGのみに終わる。

後半に入っても、サモアの激しいコンタクトを受けつつ、高い集中力は持続した。だが、後半29分、PKからの速攻で、サモアWTBロメ・ファアタウにトライを決められる。ほんの一瞬の隙をつかれたのだが、タックルされながらのCTBマプスアのパス、ファアタウが走り込む絶妙のタイミングともに見事なトライだった。この失点より、前半の好機を生かせなかったこと、PG狙いより、タッチキックでゴール前のラインアウトを得た方が良かったのではないか、という場面が数度あったことが悔やまれる。ただし、主力を数名休ませていたサモアとはいえ、世界ランキング10位前後の相手に真っ向勝負し、勝利を目指せる逞しさが日本代表に出てきたのは確か。ベースに確たるものができてきたからこそ課題は明確になる。次は、防御の崩し方、勝機をつかむ攻撃選択のところをさらに突き詰めたい。

「チームを誇りに思います。ディフェンスの押し上げ、ラインアウトも良かった。内容的に、引き分けか日本が勝ってもおかしくなかったと思います」と、カーワンHCは選手を賞賛した。勝てなかったことで表情は厳しかったが、「小さなミスが勝敗を分けるのがテストマッチ。まだまだ日本が伸びる余地はたくさん残されています」と前を向いた。前半38分に膝を痛めて退場した箕内キャプテンの症状の詳細は明かではないが、きょうに関しては、キャプテンが退場した後も、選手が声を出し合って冷静に試合を進めた。

サモアのマイケル・ジョーンズHCは、「我々にこれほどまでにプレッシャーをかけるチームは少ない。ジャパン・デーと呼んだほうがいいくらい、ジャパンが成長を見せた試合だったのではないでしょうか」と、日本を賞賛。実際に試合後は日本代表選手に歩み寄り、円陣でねぎらいと賞賛の言葉を述べていた。

試合後、ラグビー取材が少ない記者の人と話したのだが、「関係者の方が、ほんとうに落ち込んだ顔をされていて、そんなにガッカリすることなのかと思いました」という趣旨の言葉があった。世界ランキングからすれば格上の相手に僅差で負けたのだから、そう落ち込む問題ではないのかもしれないが、それが大事なのだと思う。いったん悔しがらないと次に向かうエネルギーはわいてこないし、サモアに本気で勝ちに行っているから、チーム関係者の顔は悔しさでいっぱいだったのだから。5月20日にフィジー入りしてから、選手、スタッフは一日も家に帰らず、トレーニングと試合に明け暮れている。疲労もあるはずだが、きょうの悔しさをバネにジュニア・オールブラックスに果敢に挑んでほしいと思う。日本代表は明日、次週に向けてのトレーニングのため、福島のJヴィレッジに向かう。

追記◎この試合のマッチレポートを、次号のラグビーマガジンに書きます。そこでもう少し詳しく僕なりの考え方を書きたいと思います。

◆試合結果(6月16日)
パシフィックネーションズカップ
日本代表●3-13○サモア代表(前半3-0)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « サモア戦前日 | トップページ | 牛タンデー »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    JAB戦を含めた感想です。
    JAPANは確かに個の強さは図られたと思いますが、集団の強さは疑問符がつきます。
    現代のラグビーで重要であるキック(PG、GK,タッチキック)がJAPANでは軽視され続けている気がするのは小生だけでしょうか。
    無論ABのような絶対的な攻撃力が身につけば別ですが。
    もう一点、ラインアウトの確保率が悪いのでは、現ルールでは、よほどの差があってもMYボールは9割近く取れないと(その後の対応はともかく)悲劇的です。
    いずれも、練習すればある程度のところまではスキルアップするはずです。
    W-CUP全敗だけはなんとしても避けてもらうためにも、こちらは応援するだけですが、プレーヤーの方々はJAPANのプライドを胸にがんばってほしいです。

    投稿: KYON | 2007年6月25日 11:41

    ふんがっほっほっほ!わしゴリラーマン!!うっほうっほうっほ!!!

    投稿: 二村泰成 | 2007年6月21日 16:19

    スタンドオフは要ということで、4人候補にしたはず。アレジが出られないことが明らかになったところで、直ちに補充をしなかったGM,JKの責任は重大と思う。今のスタンドオフ二人では、がんばっているフォワードがかわいそうだ。

    投稿: 西 俊久 | 2007年6月17日 22:45

    只今仙台より帰宅
    試合前に「仙台幸子」に必勝祈願しておけば勝利が舞い込んだのでは....
    勝利のやわらかカツサンドはお預けとなったものの、キックオフ前のサモアの国歌とノーサイド後、ファンクションで披露されたサモアの歌と踊りに感激しました
    ボクら一億もいて何やってんだか
    沖縄出身の選手がいたらファンクションが盛り上がったろうなあ

    投稿: ナベゾ | 2007年6月17日 19:40

    サモア戦は大変残念でした。HBがもっとゲームをコントロールし、PGを確実に決めていたら違った結果になっていたような気がします。アレジ選手がいたらと思ってしまいました。退院は下のでしょうか。復帰はいつでしょうか。ご存じでしたら教えてください。

    投稿: たねたね | 2007年6月17日 12:31

    行って来ました、ユアテックスタジアム仙台。
    試合が進むにつれ日本代表のディフェンスに尊敬、アタックに不満を抱いたのは皆さんと同じでした。
    バックスタンドで見ていたのですが、繰り出されるタックルに「おぉ」の声、いくつかのキックには「あ~ぁ」が次第に「ぁあ~(またか)」。
    でも、席の近くにいたサモアのお兄さんが旗を振りながらサモアを(と日本も)応援し続け、周囲を和ませていましたし、汚い野次を発するお客さんは皆無。試合終了後、バックスタンド前に挨拶に来た日本代表の選手たちを、みんなが大きな拍手で労っていました。もちろん私も一緒に。心の中で叫んでました。「渡邊~、オーケーってコールしたらきちんとキャッチしろよぉ~。安藤!キックの練習は今の倍やれよ~。PGの助走前の静止が長すぎるんじゃないの~、筋肉が固まるぞ~」ってね。

    投稿: マスター | 2007年6月17日 10:36

    ディフェンスは外国人選手を中心に、本当によく頑張っていたと思います。マーシュ、凄過ぎ…。

    しかし、やはりトライが取れないことには…相手を崩すにはやはり、ラックからの早い球出しが必要でしょう。

    投稿: らぐじ~ | 2007年6月17日 09:58

    PGが決まらなさすぎです。
    今の日本代表には良いキッカーはいないのでしょうか?

    投稿: issa | 2007年6月17日 08:54

    1年前はほとんどのファンが絶望していた。
    それが今、W杯で闘える!!っていう予感ビリビリ感じられる。確実に「嬉しい」の階段を1歩ずつ上がってる。
    頑張れ!!僕等の大切な、大好きなジャパン!!ですね。

    投稿: 海人 | 2007年6月17日 07:52

    攻撃時のサインプレーを封印しているので得点力が落ちるのは仕方がないとは思うのですが、意思統一が出来ていないのは今後の課題ですね。メンバー変更は早ければ早いほうが良いと思うのですが、HB陣を含めたバックスはこのメンバーでいいのかなぁ~人材がいないわけではないですよね

    投稿: samo | 2007年6月17日 07:01

    今回の試合も人選ミス。プレースキックの入らないSOが居ては勝てる試合も勝てないだろう。来週はJr.オールブラックス相手だからボコボコにされても仕方がないが、私の中ではトンガがフィジーに勝ってることから今大会は3勝は挙げられはずと思っていたので惜敗というより無念の一言に尽きる。

    投稿: ローズプレステージ | 2007年6月17日 01:29

    サモア戦の後にスプリングボクスを見たら・・・。
    本当にサモアはこの野獣相手に35点に押さえたのか・・・。
    もしそうならジャパンはスプリングボクス相手に・・・なんて単純計算とはいきませんよね^^;

    来週のボクとブラックの戦いは楽しみです♪
    Jrとの戦いも楽しみですT▽T

    投稿: ターボ | 2007年6月17日 01:13

    ディフェンスが整備されると、緊張感のある良い試合になりますね。日本のトライも見たかったのですが・・・!
    来週は秩父宮に行く予定ですが、オーストラリアA戦の時のメンバーでは無いですよね。最強のメンバーで最終戦を戦って欲しいです。でないとTV観戦に変更します(笑)。

    高校日本代表にラグビー弱小県富山から初めて(たぶん)LO藤長 拓巳君が選ばれました。将来の日本代表なれるよう頑張ってもらいたいものです。

    投稿: 北陸のファン | 2007年6月17日 01:11

     グレン・マーシュ選手の絡みは相変わらずのしつこさでした。前世はきっとアナコンダに違いない。
     良い試合だったけれども、結果は僅かに3点のノートライだった事を考えると、いざと言う時の一か八かの攻撃のオプションも必要かも。
     しかし、ジュニア・オールブラックス対オーストラリアAの結果は衝撃的過ぎます。来週は試合、どうなるのか不安です。正直、大雨でも降って欲しい。

     トライネーションズ、結局グレーガン選手が正スクラムハーフで落ち着いた格好でしょうか。まだ数年は代表でやれそうですが……。

    投稿: rugbyhead | 2007年6月17日 00:32

    昨年とは大違いでいい試合でした。
    JKを信じて次の試合も応援したいです。

    投稿: さちこ | 2007年6月16日 23:27

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/15458933

    この記事へのトラックバック一覧です: サモア戦結果:

    » 第60回全九州高校ラグビーフットボール大会(6/16) [M's Silly Talk(社会人野球、きらきらアフロ、ラジオetcのファン)]
    全九州高校ラグビー大会が始まりました。 ≪第60回全九州高校ラグビーフットボール大会≫ ■1位ブロック <1回戦> 東福岡高     45−0  日向高 大分舞鶴高    112−0  読谷高 長崎北陽台高   73−7 ... [続きを読む]

    受信: 2007年6月17日 00:18

    » サモア代表対日本代表 [出会いは生きる力]
    13−3で惜敗。 うぅ〜ん、何が足りなかったんだろう?! IRBのランキング 10位対17位だから 順当なのかもしれない。 いい試合をやってくれた、と思います。 試合中、心の底から ジャパンに勝って欲しいと願いました。 サモア入場時から 彼らのガタイの良さに ちょっと・・・・。 そして、彼らが国歌を聞くさまは まるで兵士が戦場に行く前の 表情をしていた。 前半、安藤のPG 2つとも、ポスト左に抜けていった。 うぅ〜ん、勉強効果がないなぁ〜、..... [続きを読む]

    受信: 2007年6月17日 00:49

    » 堅守が光った!ラグビー日本代表!! [IXY-nob]
    昨日(6/16)ラグビー日本代表チームは、仙台でサモア代表を迎え撃った。環太平洋の6カ国によるパシフィックシックスネーションズも、ここから2試合が日本のホームゲーム。 世界ランク10位のサモアに17位のジャパンが、どれだけのゲームができるか? ホームの利を生かして勝利できるか?が焦点だった。試合は予想通り、サモアが攻め、ジャパンが守る展開。その中で、ジャパンのタックルは速く・強くサモアの巨漢選手に突き刺さった。 やむなくサモアがキックに切り替える場面も多く、ジャパンのディフェ... [続きを読む]

    受信: 2007年6月17日 09:07

    » PNC 日本代表-サモア代表 結果 [ココロミ]
    パシフィック・ネイションズカップも早いものでRound4が終了。仙台ではいいディフェンスを見せてくれた日本代表ですが、ノートライに抑えられてしまいました。 【結果】2007年6月16日(土) ユアテックスタジアム仙台 14時キックオフ日本代表 ● 3-13 ○ サモア代表 (前半 3-0) (日本代表 T0G0PG1DG0 : サモア代表 T1G1PG2DG0) 【出場メンバー】FW:1西浦達吉、2松原裕司、3相馬朋和、4大野 均、5ルーク・トンプソン、6ハレ・マキリ、7グレン・マーシュ、⑧ 箕内... [続きを読む]

    受信: 2007年6月20日 23:52

    « サモア戦前日 | トップページ | 牛タンデー »