« カツサンドが… | トップページ | ブルネイよりメール着 »

スピードのNZ

火曜日は、 JSPORTSの「熱狂再び!ラグビー ワールドカップ名勝負24選」で1995年準決勝 イングランド代表対ニュージーランド代表オールブラックスの解説をした。イングランドは、1995年のファイブネイションズ(現シックスネイションズ)でグランドスラム(全勝)を達成しており、優勝候補の一角。一方、オールブラックスも優勝候補の一つではあったが、前年にはフランスに連敗し、選手も新旧交代の時期。万全ではなかった。

この準決勝、20歳の怪物ジョナ・ロムーのド迫力のトライがある。1987年のジョン・カーワンの独走トライにも匹敵するインパクトなので、視聴可能の方はぜひご覧ください。NO8ジンザン・ブルックのロングドロップゴールもあり。華があって、見ていて楽しいものだった。オールブラックスのボールを動かす速さには改めて驚かされたが、1991年大会で敗れて以降、ニュージーランドのラグビーが、さらなるスピード重視にシフトしていったのは確か。世界の進化を日本もしっかり感じていなければいけなかったのだろう。SHバショップのボールさばきも素速い。1999年には日本代表としてワールドカップに2大会連続で出るわけだが、彼に匹敵するSHはそう見あたらない(2カ国にまたがって代表になれない規定は2000年より)。

他にも、FLクロンフェルド、SOマーテンズ、WTBウィルソン、FBオズボーンらの若手が縦横無尽にフィールドを駆け回る。クロンフェルドのサポート、つなぎ、ボールへの絡み、すべて文句無し。マーテンズは可愛すぎる。先日やってきたクラシック・オールブラックスのキャプテンの12年前である。イングランドのLOは2003年大会の優勝キャプテンとなるマーティン・ジョンソン。細いなぁ。会場はケープタウンのニューランズ。開会式が行われたグラウンドだ。そして超満員。いいね、ほんとに楽しい解説だった。

初回放送は、12日の深夜1時から。JSPORTS ESPNにて。

お知らせ◎『英国ラグビーとクラブ組織』(佐々木康著 創文企画)が出版されました。文部科学省の在外研修員として、英国に滞在した著者が英国クラブ・ラグビーの強化と経営メカニズムを調査、考察している。僕も読んでいる最中なのだが、強豪レスター・タイガースの取り組みを詳細に紹介。なぜ地元選手を軸にしたレスター・タイガースが常勝チームになったのか。日本のトップリーグのチームにも参考になるはず。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « カツサンドが… | トップページ | ブルネイよりメール着 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さん、こんにちは。前から気になっていたのですが、「ラグビーリンク集」の「更新」は、いつされるのでしょうか?「1.四宮洋平選手」は「 http://www.y-shinomiya.net/ 」にHPは変わっていますし、「2.向山昌利選手」も「 http://www.sportsdesign.jp/blog/ 」に変わっています。また「3.ロックなもんじゃねえ」はHPが終了しているみたいですので・・・。ぜひ「確認&変更」をお願いします。

    投稿: ベニーヒン | 2007年7月12日 16:55

    FLクロンフェルドは高校の先生だったと思いましたが、今は学校でラグビー部を面倒見てるのでしょうか
    指導者として日本に来てくれても面白いですね
    物理だけじゃなく英語も教えてもらえるし

    投稿: ナベゾ | 2007年7月11日 05:20

    懐かしいW杯楽しく見さしてもらってます。アマチュアからプロへの変っていく過程がワールドカップでも感じられますね。  そうゆう意味では日本はやはり遅れをとったんでしょうね。国技である国との違いもあるでしょうけど、関東の大学ラグビー以上に、日本代表の試合がお客さんは入って盛り上がっていくように願いたいものです。    グレーガン、ラーカムも出来れば日本に来てくれ~って感じです。。

    投稿: 堀内 | 2007年7月11日 00:15

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/15718975

    この記事へのトラックバック一覧です: スピードのNZ:

    « カツサンドが… | トップページ | ブルネイよりメール着 »