« 信頼感 | トップページ | 夏合宿 »

ジャパンが汐留に

月曜日は、編集の仕事で印刷所にずっといた。僕は文章を書くのは好きだけど、校正は苦手である。出版社時代から、ここだけは改善されない。そしてまた雷雨が。最近は、某100円ショップで売っている折りたたみ傘が大活躍。この傘、ニュージーランドにも持って行ったのだが、なかなか壊れない上に、なぜかどこにも置き忘れず、ずっと持っている。失ってもいいと思っている物ほど、なぜか失わないんだよなぁ。

プレスリリースで、高校日本代表オーストラリア遠征第2戦の記録が送られてきた。第2戦は、クィンズランドセカンダリー高校代表に、39-44の惜敗。立ち上がりに、17-3とリードされながら、CTB西田、仲宗根らのトライで追い上げ、後半27分までリードしていたが、最後に逆転されたようだ。

田中克己監督のコメントは次の通り。「第1戦に負けたことから、集中力のあるゲーム展開ではあったが、前に上がる防御でのタックルが決めきれず、多くの失点を許しました。ゲーム内容は取って取られてという展開でしたが、狙いとする防御からの攻撃によるトライを生み出すことができました。ミスの少ないゲームでしたが、今一度、個人のタックル力を強化し、第3戦に臨みたいと思います」

前に出る防御、防御からの攻撃によるトライに、高校日本代表が取り組んでいるのはとてもいいと思う。日本代表に必要な戦い方であり、将来に生きるはず。ゴールデンウィークにサニックスのグローバルアリーナで行われたワールドユース大会を取材した際、オーストラリアのウエストフィールズ・スポーツ・ハイスクールのレベルの高さに驚かされた。彼らは全員がプロ選手を目指していた。いい選手であれば、18、19歳でスーパー14などのチームと契約する現状である。強豪国では、この世代のレベルアップが著しい気がする。日本の選手たちにとっては貴重な経験だ。あと2試合、健闘を祈りたい。

日本テレビがワールドカップ7試合の中継をするのは先日明らかになったが、8月6日、ワールドカップの日本代表メンバーが、〔GO!SHIODOME ジャンボリー〕という日本テレビのイベントに参加するようだ。全選手がワールドカップ使用ジャージで登場するという。場所は、日本テレビ 汐留ジャンボリー特設ステージ、時間は、13:00~14:00。メンバー紹介のほか、ラグビー体験コーナー、特別サポーター紹介、ヘッドコーチ・キャプテンからサポーターへのメッセージなどが行われる予定。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 信頼感 | トップページ | 夏合宿 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    あと1ヶ月切りましたが、ラグビーワールドカップの認知度は低そうです
    大正製薬さん期間限定で「ファイト一発」ラガーマン編をして欲しいです
    繰り返しのPRが必要な時期だと思います
    トップリーグ参加の各企業もCMの最後にWC2007応援してますと
    入れてくれたらいいのに(トヨタがすれば効果大きいですよ)

    投稿: 瑞穂 | 2007年7月31日 17:46

    村上サン、はじめまして♪

    高校代表、善戦をしている様ですが、今のJAPANと同じ臭いがしますね・・・。後半や終盤にかけて離されたり、逆転されたり・・・フィジカルやメンタルな部分、日本全体の課題なんでしょうね。自分も現役時代、監督に後半にチームの実力差がでるとよく言われてました・・・。

    記事を読んで気になる事が浮かんだので質問させて頂きます。、
    オーストラリアの高校生などは18、19歳ぐらいでプロチームと契約する様ですが、そもそもスーパー14のトップ選手の年俸や契約金って実際いくらぐらいなんですかね?北半球のプロチームに次々と移籍をしていく現状・・・NZやオーストラリアのプロチームとはそんなに差があるものなのですか??

    投稿: no,10 | 2007年7月31日 12:13

    日本テレビ、やってくれますね。しかも、全選手とは素晴らしい! どんどん露出してもらいましょう。

    投稿: サファイヤ | 2007年7月31日 10:40

    ラグビーの日本代表はCSでしか見られないのではやはり寂しいですよね。
    これからもドンドン民放のしかも地上波に露出してほしいです。
    これからラグビーという素晴らしいスポーツと出会う人(少年含む)のためにも。

    投稿: 海人 | 2007年7月31日 09:21

    高校ジャパン・田中監督のコメント。村上さんが書かれているようなことを言いたいのかもしれませんが、何を言っているのかよく分からないコメントです。
    集中力があって、ミスが少ないのに失点が多くて負けた。原因は、選手のタックルが弱い、あるいは、タックルが出来ないから、という意味でしょうか?

    投稿: マスター | 2007年7月31日 08:02

    こんにちは、関西ラグビー祭りでお会いした永阪といいます。村上さんの大学の先輩の山本と一緒にいました。先日、山本が監督している三重選抜が中学の関西大会で準優勝しました。試合内容はラグビーマガジンの方に聞いてみて下さい。感動を与えるゲームでした。今のジャパンが忘れていることをやってくれました。ラグビーはタックルです。

    投稿: 永阪 志郎 | 2007年7月31日 07:18

    高校日本代表の活躍。もはや惜敗では済まされませんね
    勝てるチャンスが転がってるとしか思えない
    「失ってもいいと思っている物ほど、なぜか失わない」
    この金言を胸に、手足や命を失っても構わんと言う覚悟で勝利を拾い上げて欲しいです

    投稿: ナベゾ | 2007年7月31日 04:41

    高校日本代表の活躍。もはや惜敗では済まされませんね
    勝てるチャンスが転がってるとしか思えない
    「失ってもいいと思っている物ほど、なぜか失わない」
    この金言を胸に、手足や命を失っても構わんと言う覚悟で勝利を拾い上げて欲しいです

    投稿: ナベゾ | 2007年7月31日 04:40

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/15949907

    この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンが汐留に:

    « 信頼感 | トップページ | 夏合宿 »