« 日本代表メンバー発表 | トップページ | マーシュ選手のこと »

タックルは泣ける

あれ~、またメンテナンスの時間をうっかりしていた。もう何回目だろう。24日の夜、日記を書いてアップしようとしたらココログはメンテナンス中。

というわけで、きのうもきょうも昼間は依頼を受けた原稿など書いていた。月曜日に発表された日本代表36名の中で数名の選手に電話でコメントを聞く仕事もあったのだが、どの選手からも「選ばれてほっとしました」という言葉があった。外側から見ていれば選ばれて当然の選手でも、いざ発表の日となると緊張する。当たり前だけど。今回は、合宿の最終日に自ら直接JKに聞く方法もあったようだが、発表まで待った選手も多く、このあたり個々の性格が出ていて面白いと思った。

ちなみに直接カーワンHCから聞いたという大西将太郎選手は、聞いた瞬間泣きそうになったそうだ。「ワールドカップに出て結果(勝利)を残せたら、ラグビー人生が終わってもいい」という言葉が印象的だった。もちろん、彼は決勝トーナメント進出を目指している。多くの選手にとって、ワールドカップとはそういう舞台なのだと思う。会見でも、リハビリ中のジェームズ・アレジ選手が「日本代表に人生を捧げる」と言ったことを、カーワンHCが明かしていた。

グレン・マーシュ選手について日本協会がIRB(国際ラグビーボード)への最終的な資格照会をしている件。太田GMの説明によれば、当初、NZ協会にマーシュ選手のNZ・A代表でのプレー経歴について照会したときは、「正代表の次に準ずるチームでプレーしたことは認められない」との返答があった。代表事業部としては、これをもって日本代表の資格ありと判断していたのだが、ここにきてNZ協会から「IRBに正式に照会した方がいい」とアドバイスされたとのこと。最近になってマーシュ選手と同時期にプレーした選手についてスコットランド協会がIRBに照会した結果、「代表資格無し」とされたためらしい。2カ国にまたがって代表になれない規定は、A代表、7人制代表まで適用される。しかし、NZ協会が当初問題無しとしたものについて、IRBが認めないことになれば、カーワンHCにしても、マーシュ選手にしてもやり切れないものがあるだろう。今は結果を待つしかないのだが。

25日は、ラグビーマガジンとラグビークリニックの発売日。クリニックの特集は「タックル」。巻頭は、元日本代表FLで、現在、山梨県の桂高校で教鞭をとる梶原宏之さんのインタビュー。タックルの極意を語っているのだが、ユーモラスでありながら、泣ける言葉が多い。小さい頃から農業を手伝い、ブドウの棚の低さに自然にインナーマッスルを鍛えられた話など、いい話がいっぱいだ。タックルマン石塚武生さんのインタビューでは、「ステップを切る相手を止めるには、相手が止まったときに間合いを詰めること」に納得。この本、ディフェンスの勉強になります。僕がタックルするわけではないのだけど、全部読まなきゃ。

追記◎ワールドカップのテレビ放送についてコメントありましたが、僕たちラグビーに関係して仕事している者にとっても地上波放送は朗報です。JSPORTSやラグマガにとっても。地上波でひろがったファンのみなさんが新たにJSPORTSやラグマガに関心を持ってもらえればありがたい話ですからね。実際、JSPORTSと日本テレビは友好的に情報交換しているようです。協力しあっていい放送になればと願っています。日本テレビは、清宮克幸さんがメインで解説をします。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 日本代表メンバー発表 | トップページ | マーシュ選手のこと »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    先月、ラグビー学会なるものが
    立ち上がったそうですが
    村上さんは入会されていますか?
     ラグビーを楽しむうえでも
    入会したいのですが・・。
    事務局などあれば
    教えてください。
    新聞記事には詳細はでていなかった
    ものですから・・。

    投稿: 日田のうっかりはちべい | 2007年7月26日 09:17

    今になって出場資格無し何て言われたって.... という気がしますが、資格の照会ってそもそも主催者に対して行うものなんじゃないんでしょうか?
    なんでNZ協会に問い合わせしただけで済ませちゃってたんでしょう?
    どうか評定が覆らず、大会で勇士が観られマーシュように...

    投稿: ナベゾ | 2007年7月26日 06:08

    こんにちは。日本テレビの「地上波」放送を嬉しく思います。しかし、心配が1つあります。系列の「大阪・よみうりテレビ」が、日本テレビと歩調を合わせて、「同じ放送日時」でしてくれるかです。というのも、前回の豪州W杯では、系列局の「テレビ大阪」が、テレビ東京と歩調を合わせず、「少ない試合数&ダイジェスト録画放送」で、「すごくがっかり」したからです。

    投稿: ベニ-ヒン | 2007年7月26日 01:42

     昔それほどラグビーに関心がなかった頃にテレビでやって見てたのですが、逆ヘッドのハードタックルで世界から”クレイジー何とか”って呼ばれて恐れられていた日本人選手なのですが、それが誰だかご存知の方、おられますか~?

    追伸:『けんてーごっこ』の”世界ラグビー検定”ヨロシクね~。

    投稿: rugbyhead | 2007年7月25日 21:34

    おおっ、今回は『クリニック』買って、勉強しよう。(40歳、今さら)

    投稿: らぐじ~ | 2007年7月25日 19:33

    テレビ放送についてのコメント有難うございました。昨日は某局について失礼なことを書いてしまったかもしれません。清宮さんの解説には興味がありますが、私はJSPORTSを見ます。
    ところで村上さん、永田洋光さんの新刊本、もう読まれましたか?

    投稿: マスター | 2007年7月25日 16:12

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/15894724

    この記事へのトラックバック一覧です: タックルは泣ける:

    « 日本代表メンバー発表 | トップページ | マーシュ選手のこと »