« 急ぎのお知らせ | トップページ | 中標津合宿スタート »

アジアのこと

台風の影響で、14日に予定されていたNECグリーンロケッツの我孫子ラグビーフェスタは中止。悪天候の場合は、翌日(15日)開催の予定だったのだが、それも中止に。7人制の高校生大会に出場する選手や、毎年、練り上げたパフォーマンスを披露する選手たち、そしてスタッフの人たちにとっては残念だろうなぁ。この連休は、全国的にそういうことが起こっているのだけど。

土曜日はトライネイションズのニュージーランド代表オールブラックスと南アフリカ代表スプリングボクスの解説だった。主力を休ませているスプリングボクスだが、ディフェンス面では素晴らしい反応を見せる。オールブラックスはやや元気がなかったが、終盤はスピード感ある攻撃が出る。トライネイションズもあと1試合。優勝をかけてオールブラックスとオーストラリア代表ワラビーズが戦うわけだが、それだけではなく、両国のW杯でのパフォーマンスに直結する重要な試合になる。

同日、ブルネイでアジアラグビーフットボール協会(ARFU)理事会が行われ、「アジア5カ国対抗」の新設が決まった。これまで2年に1回開催されてきた「アジアラグビー大会(Asian Rugby Football Tournament)」に代わって、2008年4月より、新たに「アジア5カ国対抗(Asian Five Nations)」が開催される。初年度は、日本、香港、韓国、カザフスタン、アラビアンガルフが5カ国対抗に参加。以下、ファーストディビジョン、セカンドディビジョン、地区ディビジョンと続く。詳細はコチラ

また、アジア協会のIRB(国際ラグビーボード)理事に、日本協会副会長・専務理事の真下昇氏が選出された。アジア協会代表のIRB理事は日本協会からは初めての選出。会長は、韓国協会のチョイ・ワン・タエ(Choi Won Tae)氏に。アジア全体のラグビーを引っ張って活性化していくために、日本が果たす役割はますます大きくなる。そして、2015年W杯開催国が決定されるのは、2009年11月。2008年には開催候補地などが選定され、招致活動が活発化する見込み。アジア全体の声を招致活動につなげたい。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 急ぎのお知らせ | トップページ | 中標津合宿スタート »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    今年のJrオールブラックスとオールブラックスの両立した試合を見ていて羨ましくおもった。正代表から怪我人が出れば、Jrから上に上げる。そのJrもPNCで試合をしているからフィットネスも落ちてない。

    今年のジャパンの戦いもジャパンとジャパンAが平行して試合を行っていればどれだけ層が厚くなるかと思っていたので、アジア5カ国対抗にジャパンAとして出場できれば、ジャパンAの選手も上に上がるチャンスにモチベーションも上がるし、ジャパンとしても層が厚くなる。
    ぜひジャパンとジャパンAの両立に使ってほしい。

    投稿: ターボ | 2007年7月15日 22:15

    NZはピリっとしませんね~。
    カーターは何となく動きが重い感じだし、ロコゾコもナイスパスだったけど、以前なら自分でブッちぎってたと思うのですが…。

    投稿: らぐじ~ | 2007年7月15日 15:37

    2002にたくさん造ったスタジアム、ラグビーの事も配慮してインゴール分の芝をあと少し植えておいて欲しかったですね
    日本中にスタジアムあるわけだから、選手団も新幹線で移動出来たら大喜びでしょうに
    やっぱり日本でラグビー杯やるのは楽しいと思うんですが
    各地の美味いものもいっぱいあるし

    投稿: ナベゾ | 2007年7月15日 12:52

    アジア5カ国対抗(Asian Five Nations)の創設の意義は判りますが
    PNCとの両立は可能でしょうか?春に、4+5の9テストは難しいかも
    それともジャパンはA代表で出場するのでしょうか?

    投稿: 瑞穂 | 2007年7月15日 12:51

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/15762270

    この記事へのトラックバック一覧です: アジアのこと:

    « 急ぎのお知らせ | トップページ | 中標津合宿スタート »