« アジアのこと | トップページ | 快晴のオークランドより »

中標津合宿スタート

日本代表サマーキャンプ参加メンバーは15日、北海道・中標津入りし、16日から本格的トレーニングに入った。今回は、44名が参加。初日は朝からグラウンドでの練習とウエイトトレーニングをFW、BKが交互に行い、午後はフィットネスと、スキルを組み合わせた、かつてないほど厳しい内容になったようだ。

160707_1845

僕は今回の中標津には取材に行けないので、現地入りしているJSPORTSのスタッフが写真と情報を送ってくれた。スタッフによれば、気温は10度台ながら、選手は汗だくになって与えられたドリルを必死にこなしていたようだ。ケガでリハビリ中のアレジ、大畑、オライリーの3選手他数名が別メニューも、大畑選手はジグザグ走などで調整、オライリー選手も80%くらいの回復具合とのこと。アレジ選手は、歩き方にぎこちなさは残るものの、痛めた足に徐々に負荷をかけるような練習にも取り組んでいる。ただ、カーワンヘッドコーチは「8月の壮行試合に出場できる状態でないと、選ぶのは難しい」とも語り、ケガを抱えた選手にとっては、ぎりぎりのチャレンジが続く。

木曜日(19日)、午後1時からJSPORTS ESPNで初回放送のラグビープラネットにて、この合宿の様子、カーワンヘッドコーチ、アレジ選手のインタビューが紹介される。特集は、大野均選手。

僕は明日、トライネイションズ最終戦「ニュージーランド代表オールブラックス対オーストラリア代表ワラビーズ」の実況中継のため、オークランドに向かう。この両チームは順当にいけばワールドカップ決勝トーナメントで対戦する可能性が高く、注目の一戦となる。どんな内容であれ、それがワールドカップ優勝の行方になんらかの影響を与えるはずだ。そういえば、先週はオークランドもハリケーンで、木が倒れたり、屋根が吹き飛ばされた家もあり、一週間たってもまだ電気が復旧しない地区もあるそうだ。

160707_1157

こちらは、庭のムクゲ。晴れ間がぞのいたので庭に出たら一輪咲いていた。

アジアテストシリーズのディビジョン6のため、ブルネイにいる、平林泰三レフリーから、メールが着たのでご紹介します。平林さん、いつもありがとうございます。
《第2日目はインドネシア対カンボジアを担当しました。1日目同様に20:35キックオフで試合が開始されました。ブルネイでは、サルタン国王の誕生日があり、夜8時半まで礼拝があるので、20:30以降のキックオフとなりました。スタジアムの照明も19:45まで点灯する事が出来ず、暗闇の中で両チームともにウォーミングアップを始めました。
 試合は、カンボジアが前半圧倒しましたが、3回のPGを失敗し、3-3で前半を折り返しました。後半は、はじめにインドネシアがPGを決め、6-3とリードした後、カンボジアの猛攻撃が始まり、後半20分にトライをあげ、10-6とリードしました。後半25分にハイタックルによりインドネシア選手がシンビンになりましたが、その数分後にインドネシアがトライをあげ、11-10と逆転しました。後半最後のプレーで敵陣22mラインから少し出たあたりでカンボジアがPGを狙いましたが失敗し、インドネシアが1点差で試合を制しました。
 こちらの現地の人たちは「トライネイションズのような試合だった」と感激してました。昨年はカンボジアが30-0でインドネシアを下したので、大方の予想を覆した「ビッグアップセット」として新聞の一面トップ記事に掲載されました。
 もう1試合のブルネイ対ラオスも白熱した試合になり、こちらも最後のロスタイムでPGとなり、ブルネイがこれを決め、17-16で勝利しました。
 ブルネイは国際試合で初勝利。ブルネイは気温以上に熱い一日となりました》

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « アジアのこと | トップページ | 快晴のオークランドより »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    中標津、見てきました。
    フィットネスを挟みながら休みなく続く練習は
    見ているこちらがヘトヘトになるくらい。
    スタミナ満点のはずの大東選手が歩いてて
    JKに怒られてたのが印象的でした。
    バツベイ選手も、常にドン尻でしたが
    みんなに励まされながら頑張ってましたよ。

    投稿: ねね | 2007年7月17日 19:42

    中標津のJAPANも気になりますが、優勝候補の本命のオールブラックスの様子も気掛かりです。この前のワラビーズに敗戦の影響がどうなのか現地レポートをお願い致します。
    深緑郎さんとの珍道中ネタ(&グルメネタ)も楽しみにしていますので、気を付けて行ってきて下さい!

    投稿: ラグネコ | 2007年7月17日 19:19

    日本代表は無事に中標津入りしたようですね。厳しいトレーニングをこなしW杯のスコッドに選ばれるのは誰か。興味深いです。大畑選手は残れるかなあ。
    トライネーションズは、きっと激しい試合になるでしょうね。南ア戦ではZNがちょっとリズムに乗れなかったのが心配ですが、いずれにせよレベルの高いゲームを期待します。

    投稿: サファイヤ | 2007年7月17日 19:15

    侍バツベイ選手も休み無しのハードメニューをこなしたんでしょうかね。
    この合宿の中味、半端じゃなさそうですね、マジで。道東の中標津を合宿地に選んだ意図が分かる気がします。

    投稿: マスター | 2007年7月17日 16:28

    希望と現実の乖離は大きいです、アレジ
    所詮は人間。そんなに早く復帰出来る分けないですよね
    他の二人も大丈夫かな
    合宿メニューも厳しい様ですが、当落が突きつけられる現実も厳しいものですね

    投稿: ナベゾ | 2007年7月17日 05:16

    あらら、じゃあ、アレジ選手はやっぱり苦しいですね。まぁ、間に合う方が奇跡ですよね…。

    しかし、ブルネイの試合、面白そうですね。

    投稿: らぐじ~ | 2007年7月16日 21:57

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/15779603

    この記事へのトラックバック一覧です: 中標津合宿スタート:

    « アジアのこと | トップページ | 快晴のオークランドより »