« ダイナボアーズ | トップページ | 三ツ沢観戦記と夜のテレビ »

白熱!トライネイションズ

 もう7月だ。2007年も折り返し地点。早っ。土曜日の夜、トライネイションズのオーストラリア代表ワラビーズ対ニュージーランド代表オールブラックスの試合を、JSPORTSでテレビ観戦。ひとこと、面白かった~。ともにミスも反則も多く、チームがまとまりきっていない感じはあるのだが、互いに攻め合うシーンが多く楽しめる。

 まだ録画を見ていない方もいると思うので詳細は書かないけれど、ワラビーズが急ピッチでチームの仕上げに入っているのがよく分かる。オールブラックスが多くの選手に試合経験を積ませながらじっくりチームを作り上げてきたのに対して、ワラビーズは、メンバーを固められずにきた。しかし、ここにきて、ゲームコントロールはベテランのSHグレーガン、SOラーカムに任せ、他のキーポジションも経験豊富な選手を軸に固めている。

 そういえば、この試合でグレーガンが右膝を痛めたのだが、つい先日、僕が解説した1991年W杯でもワラビーズのSHファージョーンズが何度も膝を痛めつつ、プレーしていた。ちょっとだぶった。もちろん、オールブラックスのほうが地力はあるように見えるし、選手層は明らかに厚い。7月21日のトライネイションズ最終戦は、現地から中継予定なので、楽しみ倍増である。

 気になるのは、主力を休ませる方向の南アフリカ代表スプリングボクス。強化はそれで大丈夫なのか。各国がW杯を重視することでテストマッチの価値が下がることについて、コメントにもご意見があった。僕もテストマッチの意義が少し薄れることは残念に思う。ただし、メンバーを選ぶのはコーチであり、出場する選手はみんな命がけで戦っているはず。気持ちの部分は揺るがないはずだと信じたい。特に、南アは選手層が厚い。まずは、次週のワラビーズ戦のメンバーに注目である。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ダイナボアーズ | トップページ | 三ツ沢観戦記と夜のテレビ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    AUSを圧倒するかに思われたNZですが、やはりまだW杯の呪縛から解き放たれていないのでしょうか。でもそれは考えすぎで、AUSがNZのほころびを衝くことに長けているのでしょうか、興味は尽きません。ところで76分頃、主審の「タイムオフ」の声の後タイムが止まらずに1分近く動いていたのは問題にならないのですか?!

    投稿: フォワードパス | 2007年7月 3日 03:32

    NZ対AUS戦は、まだ観てないんですが面白そうですね。早く観なきゃ~。急ピッチで調子を上げてくるところは、さすがワラビーズ。W杯が盛り上がりそうです。昨年、生グレーガンを見たとき、目がとてもチャーミングでしたよ。

    投稿: サファイヤ | 2007年7月 2日 13:27

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/15613726

    この記事へのトラックバック一覧です: 白熱!トライネイションズ:

    « ダイナボアーズ | トップページ | 三ツ沢観戦記と夜のテレビ »