« あと17日 | トップページ | あと15日 »

あと16日

ただいま水曜日の深夜である。IRBのホームページでは、W杯まであと16日と数時間。きのう気合いを込めて大まじめに日記を書いたら、各方面で笑いが起きたようだ。よっしゃあ、本気でマウスピース、準備してやる。

きのうなぜあんなに気合いが入っていたかというと、実は、JSPORTSのWEBに日本代表応援メッセージを送ることになり、その文言を考えていたら、なんだか身体が熱くなってきたのだった。

日本代表チームが初めて結成され、海外遠征したのは、昭和5年(1930年)のことである。当時の書物をひもとくと、外国の尺度にあてはめて日本ラグビーの位置を測ってみたかったというのが真意のようだ。遠征に参加するメンバーは、その後の日本ラグビーを引っ張っていく人材として、当時のラグビー強豪大学からまんべんなく選出されたという。世界の尺度で日本ラグビーの位置を測る。それは、いつの時代も変わらない日本代表の使命だ。だからこそ、代表選手達は力を出し切らなければならない。

初めての世界進出は、12日間の船旅によるカナダへの遠征だったのだが、上陸前夜、香山蕃団長が記した文が残されている。長文の中に、こんな一節がある。「ユニフォームの胸を飾る桜は何を語るか。正々堂々と戦えということである。敗れる場合は美しく敗れろということである」。この遠征は、日本の将来を見据えたものであって、勝敗よりも成長が大事だという団長の想いが綴られていた。

しかし、日本ラグビーの未来を背負って立った選手達は一度も散ることなく、6勝1分けの好成績を収めた。もちろん、当時の日本ラグビーが世界的に見てもレベルが高かったということがあるのだが、選手達の誇りと使命感が、負けることを許さなかったのだと思う。

初代の代表選手達はすべて天に召された。77年後、ひ孫くらいの日本代表がフランスへ向かう。カナダとの試合もある。代表の長い歴史の延長線上に自分たちがいることも少し心に留めておいてもらいたいと思う。

あれ、2日連続で熱くなっている。スパイクでも買いにいくか。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « あと17日 | トップページ | あと15日 »

    「愛好速報」カテゴリの記事




    コメント

    現地から、スパイクを履き、マウスピースをして解説してください(笑)。
    やっちゃいそうな勢いですね。

    投稿: サファイヤ | 2007年8月23日 22:01

    タイヘン
    これを機に復帰しちゃうかもしれないですね!
    もっとも、村上さんがプレイヤーの道を選択していたら、W杯に出ていた人かもしれないから
    キャリアを埋め戻して行けば、60代までには間違いなく日本代表ですよ!!

    投稿: ナベゾ | 2007年8月23日 03:50

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/16207616

    この記事へのトラックバック一覧です: あと16日:

    » ラグビーW杯目前!村上晃一さんがやたらに熱い!! [IXY-nob]
    村上晃一さんといっても、ご存知ない方もいらっしゃるかもしれません。 日本に2人しかいない「ラグビージャーナリスト」です。 主にスカパーのラグビー中継の解説をされています。そして、「ラグビー愛好日記」というブログをほぼ毎日更新。 露出の少ないラグビー情報を独自の取材網を駆使し、我々ラグビーファンに届けてくださいます。 その村上さんが昨日・本日のブログでワールドカップ日本代表に負傷欠場者があれば、自分が代役を引き受けるとばかりに力の入ったメッセージを書いているのです。学生時代は大阪体育大学の主力選手とし... [続きを読む]

    受信: 2007年8月23日 20:07

    « あと17日 | トップページ | あと15日 »