« 共同キャプテン | トップページ | 壮行試合 »

ラグビースターズ

坂田好弘さん(元日本代表WTB)が、ワールドカップ開会式の式典にフランスラグビー協会から招かれると報道があった。これは、オーストラリアで開催された2003年ワールドカップの際に2007年フランス大会の親善大使として16人からなるRugby Starsが結成されたことに端を発している。このラグビースターズには、元フランス代表の名フランカー、ジャン-ピエール・リーヴ、アルゼンチンの伝説的SOウーゴ・ポルタ、ウエールズ黄金時代のWTBジェラルド・デービスなど錚々たるメンバーが揃っていた。

坂田さんもその一員だったのだが、今回、坂田さんに届いたレターによれば、オーストラリアのジョン・イールズ、イングランドのマーティン・ジョンソンという、W杯優勝キャプテンの名前が記されており、どうやら若干メンバーには変更があるようだ。坂田さんによれば、式典で何をするかの詳細は教えてくれないらしい。そのあたりは、シークレットになっているようだ。

坂田さんは、大阪体育大学ラグビー部の監督であり、僕の恩師でもあるわけで、「坂田先生」と呼ぶのが僕にとっては自然である。僕は1999年に「空飛ぶウイング」という先生の本を書いた。1968年、日本代表がオールブラックス・ジュニアを破った試合での4トライ。翌年、まだ日本人が数名しかいなかったNZクライストチャーチに単身乗り込み、カンタベリー大学クラブに所属してリーグのトライ王に輝く活躍。セレクションマッチで次々トライをあげてオールブラックスを数名含む強豪カンタベリー州代表入り。当時は、スーパー14はなく、トップの州代表がオールブラックスに近い存在だった。このほか、NZ学生選抜に選出されたり、コリン・ミーズらNZラグビーの英雄たちと、NZバーバリアンズの一員としてオールブラックスと対戦するなど、数々の栄誉に浴している。

ここまでで十分の功績なのだが、それ以降も、先生には驚かされることばかり。カンタベリー協会125周年の際、僕も取材に行ったのだが、往年のカンタベリー州代表選手たちが集まった式典にも招かれ、日本でおなじみの、アンドリュー・マコーミック、グレアム・バショップや、現在のオールブラックス主将リッチー・マコウらとディナーをともにしていた。世界のほうが彼の偉業を高く評価しているわけだ。日本も、坂田先生のことだけなく、過去の日本代表選手達をもっともっと大切にしてもらいたいと思う。

坂田先生はこう語っている。「伝説的ラグビープレーヤー(ラグビースターズ)の一員として開会式に参加できることは個人としてはもちろん、日本ラグビーにとっても大変名誉なことであり、この一員に選ばれた誇りと責任を感じています。日本では2015年のワールドカップ招致を控え、ますますラグビーの普及と発展が望まれています。今回選ばれたラグビースターズのメンバーは国を越えて、ラグビーの世界的発展に尽力する使命があると強く実感しています」

先生は、友達を作るのが得意だ。きっとまた世界中にラグビー仲間を増やすだろう。2015年W杯日本招致にも、その人脈を生かしてもらえたらと思う。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 共同キャプテン | トップページ | 壮行試合 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    昨日、秩父宮でラグビースターに接近遭遇
    森会長と挨拶されておりましたが、空飛ぶウイングもすっかり逞しくなり、森会長も翳むボリュームでした
    流石にスターだけはあります
    次期会長に是非

    投稿: ナベゾ | 2007年8月11日 07:45

    ラグビー王国ニュージーランドは、さすがですね。ラグビー選手として功績のある人には、国内外を問わず敬意を表する文化があるのですね。羨ましい限りです。日本も早くそんな国になれるといいですね。先輩方から学ぶことは、たくさんあると思います。

    投稿: サファイヤ | 2007年8月11日 02:42

    2名のワラビーズの選手がタクシーの運転手に頭蓋骨骨折の暴行事件を起こしたって、本当ですか~?

    投稿: rugbyhead | 2007年8月11日 02:08

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/16065430

    この記事へのトラックバック一覧です: ラグビースターズ:

    » アカロア [思い立ったらはじめてみよう留学&英会話v(。・ω・。)ィェィ♪]
    廬久しぶりのBlogの更新です。今回はCHCからバスで1時間30分のところにあるアカロアを紹介します。アカロアはバンクス半島にある港町でイギリス人がリトルトンに到着する前にフランス系移民によって開拓された町です。そのため、町のいたるところにフランス移民時代の面影が残されています。アカロアはなんといっても『Akaroa Harbour Cruise』が有名です。このクルーズは大人$49、子供$20で2時間ほどのクルーズが楽しめます。さらに、追加料金...... [続きを読む]

    受信: 2007年8月16日 04:26

    « 共同キャプテン | トップページ | 壮行試合 »