« ラグビースターズ | トップページ | W杯メンバー決定 »

壮行試合

Daisuke

真夏の夜、ここ十数年の日本ラグビーを牽引してきた選手が集う夢のような試合だった。ネクタイ姿が目立つ。浴衣も多かった。しかし、大畑大介だったなぁ。アキレス腱断裂から約7カ月での復帰戦でキャプテンとして登場し、先制トライを奪うのだから、この人の運の強さとトライを獲る感覚は天性のものだ。前半3分、カーワン・ジャパンの象徴的トライパターンである、キックパスからの先制トライだった。客席を埋めた1万152人の観衆も多くも、その意味を知っていた。大畑選手に千羽鶴を贈ったファンの方と話せたのだが、「涙が出ました」と言っていた。だからこその温かい拍手だったと思う。写真は、JSPORTSの放送席で撮影したもの。

アジア・バーバリアンズ(AB)の頑張りも感動的だった。ベテランは多いし、準備期間も少ない中で、それぞれの選手が身体を張った。廣瀬のタックル、坂田のセービング、元木のパス、田沼のチャージ。どれも感嘆のため息が漏れた。アジア各国の選手も潜在能力は高かった。大畑のトライに続いて、ABのSO廣瀬が40mのPGを決めた時、思わず放送席で「これで入場料のもとはとれたのでは」と言ってしまった。いいもの見せてもらった。ABのCTB元木とビスレーの素速く前に出るプレッシャーは、日本代表選手達に好影響を与えたと思う。前半36分、元木がディフェンスを引きつけて、LO谷口がトライしたプレーは、意図通りのはず。簡単にディフェンスラインに穴を作ってしまった日本代表は大いに反省すべき失トライだった。

「選手はゲームプラン通りやってくれました。ミスは減らさないといけませんが」とジョン・カーワンHC。その言葉通り、ABのディフェンスを完全に崩しながら、ラストパスが乱れたり、ボールをこぼしたり。また、ディフェンスとぶつかるポイントでもミスが出る。気温が高く、汗でボールが滑りやすくなっていたことを割り引いても、ハンドリングエラーは多かった。ある選手は、「相手のディフェンスの分厚いところばかり攻めている。もっとスペースにボールを運ばないと」と語り、攻撃選択の未熟さを指摘した。ただし、この日は、新しいサインプレーなどを次々に試したこともあったし、このメンバーが軸になったW杯第一戦のオーストラリア戦に向け、あと1か月で課題を修正してもらいたいと思う。

試合後、カーワンHCが、日本語で挨拶。「サポーターのみなさん、いつも応援ありがとうございます。W杯では勝ってきます。サポーターの応援が力になります~」と力強く語った。僕はメインスタンド最上段の放送席にいたのだが、日本代表を後押ししようとする客席の温かくて優しい空気を感じたなぁ。

◎試合結果
日本代表 69-10 アジア・バーバリアンズ(前半31-10)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラグビースターズ | トップページ | W杯メンバー決定 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ナイターを堪能しました。
    やはり夜は涼しくていいですね。
    キックオフ時間がもう30分早くなってほしい気もしましたが・・・・
    記事をトラックバックさせていただきました。よろしくお願いします

    投稿: SANDA | 2007年8月11日 11:05

    大畑選手の復活はうれしい限りでしたが、“低いラックからの早い展開”は結局、見られず終いだったのですは…。
    やはり、ラックからいちいち持ち出して、大きく腕を振り戻してから投げるようなSHのパスの仕方では、“日本オリジナル”のラグビーは確立されないような気がします。

    投稿: らぐじ~ | 2007年8月11日 09:11

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/16073451

    この記事へのトラックバック一覧です: 壮行試合:

    » 大畑、いきなり先制トライ−ラグビーワールドカップ壮行試合 [M's Silly Talk(社会人野球、きらきらアフロ、ラジオetcのファン)]
    J事通信より。 ■帰ってきた日本のエース=大畑、いきなり先制トライ−ラグビーワールドカップ壮行試合 日本代表が渡欧前に勢いをつける大勝。口火を切ったのが、右アキレスけん断裂の大けがを克服し、7カ月ぶりに実... [続きを読む]

    受信: 2007年8月11日 09:36

    » 日本代表vsアジア・バーバリアンズ(20070810) [SANDA]
    === 2007ラグビーワールドカップ日本代表壮行試合 === === 日本代表vsアジア・バーバリアンズ === [[attached(1)]] 真夏である。 日中、東京地方は猛暑日(最高気温が35℃以上)を記録 昼間ならラグビーをやるなんて自殺行為。 しかし、この日秩父宮にナイター設備が帰ってきた。 真夏にビールを飲みながらの観戦という環境が整ったわけだ しかし、これによる、観客増は果たしてありえるのか? それは、この一年間を見てみよう さて、ワールドカップを..... [続きを読む]

    受信: 2007年8月11日 11:01

    » 日本代表(豪州戦用チーム)69−10アジア・バーバリアンズ [寿司か肉かラグビーか]
    ラグビー日本代表対アジア・バーバリアンズの試合(W杯壮行試合)を観るために秩父宮ラグビー場へ。 秩父宮ラグビー場では34年ぶりとなるナイトゲームだそうだ。34年前…? もう記憶にありませんなあ…。 それにしても、新たに設けられた照明塔はあれでいいのか? 日本代表の有賀がとくにひどかったが、照明の光が目に入ってボールを捕りそこなうプレーが随所に散見された。有賀の単なる目測ミスだったり単純なハンドリングエラーだった可能性もあるが、観客席から見ていても見づらい感じがした。国立競技場とおなじ光量だということ... [続きを読む]

    受信: 2007年8月11日 12:43

    » W杯壮行試合 日本代表-アジア・バーバリアンズ戦 結果 [ココロミ]
    既に日本代表メンバーも決まり、先週18日(土)にはイタリア戦も終わってしまいました。あー、ぜんぜん記事アップが追いつきませんね。あっぷ、あっぷです。(←うぅぅ、寒いぞ。自分に突っ込み)このゲームで、今年1月に怪我をした大畑選手もアキレス腱断裂から奇跡の復帰。そして、34年ぶりに照明が設置された秩父宮でのナイトゲーム。この日は仕事帰りの人たちが多く見受けられました。夜とはいえ、やはり暑かった~。うちわがパタパタ大活躍でしたね。【結果】2007年8月10日(木) 秩父宮 19時30分キックオフ日本代表 ... [続きを読む]

    受信: 2007年8月22日 14:43

    « ラグビースターズ | トップページ | W杯メンバー決定 »