« またまた府中へ | トップページ | 汐留から秩父宮へ。 »

蝉の抜け殻

Medaka

連日の暑さで少々バテ気味。愛好日記から涼しい風を送ろうと、こんな写真を撮ってみた。ヘタクソだけど、せっかく撮ったのでご紹介します。2004年秋以来毎日のように使っていたデジカメが壊れたので、新しいものを購入。そのカメラで初のブログ登場である。玄関のめだかを撮影し、庭に出たら蝉の抜け殻が。

Semi

Niwa1

Niwa2

土曜日のイングランド・トゥイッケナムでは、W杯のウォームアップマッチで、イングランドがウエールズに、62-5で大勝。イングランドのNO8イースターは3トライの活躍で、ジョニー・ウィルキンソンは、9トライ中7コンバージョン、1PGを成功させて、テストマッチの得点記録を900点の大台に乗せた。イングランドが上り調子なのか? それともウエールズが弱いのか?

(注=以下、8月5日午後に少し書き加えています)

高校日本代表オーストラリア遠征最終戦は、5日、シドニーで行われ、高校日本代表が35-14でNSW公立高校代表を下した。今ツアーでの戦績は、2勝2敗。高校代表は、月曜日に帰国する予定。お疲れさまでした。

8月10日の日本代表壮行試合の相手アジア・バーバリアンズの22名のメンバーが発表になった。下記の番号は背番号ではなく、通し番号。先発は未定。日本人選手は9名。W杯経験者がほとんどで、彼らが現日本代表に対してどんなプレーを見せるのか楽しみだ。

◆アジアバーバリアンズ
FW=1ヴラダミア・チェルニフ(カザフスタン)、2豊山昌彦(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)、3ユン・ソンウン(韓国、豊田自動織機)、4坂田正彰(サントリーサンゴリアス)、5ワン・ジャチャン(中国)、6田沼広之(リコーブラックラムズ)、7 イ・グァンムン(韓国)、8 谷口智昭(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)、9セミ・イアフェタ(香港)、10ティモア・マシュロヴ(カザフスタン)、11ハー・ゾンリャング(中国)、12 伊藤剛臣(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)、
BK=13イ・ミョングン(韓国、ワールドファイティングブル)、14村田亙(ヤマハ発動機ジュビロ)、15 廣瀬佳司(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)、16元木由記雄(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)、17コリン・ビスレイ(香港)、18チェン,ウェン-イエン(中華台北)、19 チェ・ジェヨン(韓国)、20リー・ヤン(中国)、21松田努(東芝ブレイブルーパス)、22ジャン・チジャン(中国) ※谷口智昭選手は新規追加メンバー

なお、日曜日の午後、アジアバーバリアンズに、セコムラガッツのPR山賀敦之選手が加入することが発表された。カザフスタンのチェルニフ選手が前日入りになるため、練習のことなど考慮して追加招集になったようだ。

追記1◎8月10日は、日本協会オリジナルグッズもいろいろ販売されるようだ。2003年に発表された日本ラグビー応援ソング、ゆず制作「威風堂々」の限定CD、日本協会スタッフ用の「共に戦え」Tシャツ(200枚限定)も販売されるなど、売り切れ御免のレアものも。

追記2◎ラグビーとはまったく関係ない追記だが、機動戦士ガンダムのDVDボックス(43話分)を見終えた。知人が購入したのを聞いて貸してもらい、移動中などに暇を見つけては見入っていた。ガイド本がついているのでガンダムが作られた経緯なども知ることができたし、かなり楽しめた。初回放送は1979年だから、僕が中学生の頃だ。熱心に見ていたのだが、今見ても胸が熱くなるし、なぜ中学時代の僕が感動したのかよく分かった。主人公のアムロが人間的に未熟なのがいい。中学生のころ、何でもかんでも「行きま~す!」と言っていたのが懐かしい。マチルダの声って、戸田恵子さんだったんだなぁ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « またまた府中へ | トップページ | 汐留から秩父宮へ。 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    突然ですが、JK武士道ワインというのがあるらしいですね。私も是非買いたいのでが、どこで買えるか知っていますか?
    W杯でも、オーストラリア戦記念ワインとかフィジー戦記念とか、勝利記念(祈念)ワインとか、JK武士道シリーズで売ってくれれば絶対に揃えたいんです。
    あー全部買って友人に自慢したい。もちろん海外の友人にも自慢したい。

    投稿: 悪代官 | 2007年8月 6日 20:36

    私もインドからのSOの選出を楽しみにしていたのですが。・・・。なぜ漏れてしまったのでしょうか?どんな選手だったんでしょうか?気になる・・・・。

    投稿: 社長 | 2007年8月 6日 15:37

    『やれるとは言えない。けど、やるしかないんだ!』

    という気持ちを感じさせてくれるプレーをジャパンに期待します。

    投稿: 縦断 | 2007年8月 6日 10:57

    合宿もして本格的なチーム作りした様なので、今後ともアジア・バーバリアンズがアジア各国代表と対戦する試合を観みたいものですね
    アジアにおけるライオンズみたいになれば面白いのに
    アジアを代表する動物→麒麟、鳳凰....
    チーム名は何が良いのでしょうか

    投稿: ナベゾ | 2007年8月 6日 04:53

    私はカイの心の変化が好きです♪

    投稿: ターボ | 2007年8月 5日 23:32

    アジア・バーバリアンズに当初予定されていたインドのSO、結局、入ってないですね…。

    投稿: らぐじ~ | 2007年8月 5日 13:44

    ゆず制作「威風堂々」の限定CD販売するということは,当日,遂にゆずが来るのですかね?!

    投稿: さちこ | 2007年8月 5日 12:46

     ダラーリオ選手、途中出場でトライ上げていたみたいですけれど、まだまだワールドカップ本番も狙えるパフォーマンスなのでしょうか。本番での鉄人振りを見てみたい気もします。

     イングランドもウェールズもこれらの試合が最終選考なのかしら。

    投稿: rugbyhead | 2007年8月 5日 12:04

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/16011982

    この記事へのトラックバック一覧です: 蝉の抜け殻:

    « またまた府中へ | トップページ | 汐留から秩父宮へ。 »