« さあ、カナダ戦 | トップページ | ボルドーからパリへ »

カナダ戦結果

いま、カナダ戦が終わった後のメディアセンターにいる。選手のコメントなど聞いていたので、ポルトガルとルーマニアの激闘も終わろうとしている。こちらも大接戦だったようだ。試合後、JSPORTSのインタビューのため、大野選手と大西選手に話を聞いたが、引き分けを悔しがりつつも、力を出し切ったいい表情をしていた。

試合内容は、タックル数がカナダの87に対して、120とひたすら我慢の試合だった。ラインアウトからのWTB遠藤の力強いトライ。NO8箕内キャプテンのトライを防いだプレーに代表される粘りのディフェンス、個々の低く強いタックル。日本代表は、春から徹底して強化してきたディフェンス面ではその成果を見せた。最後の粘りも、チームの一体感が呼んだものだと思う。

FLマキリからパスを受けたCTB平のトライ後、見事にゴールキックを決めたCTB大西選手はこう語った。「平のトライの時、みんな喜んでいたけど、僕だけゴールキックがあると思って喜べなかった。でも、絶対入るという気持ちで蹴れたし、JKに次の4年間もやってほしいという気持ちも込めました。軌道で入ったと思った後は、みんなの喜ぶ顔が早く見たかったです」。大西選手は、試合後すぐに大畑大介選手から「勝ちに等しい引き分けや」とメールが入ったことを明かしてくれた。

カナダの応援が多くなるかと思われたスタジアムも、次第に日本の応援が大きくなり、最後は「ジャポン・コール」が続いた。最終スコアは、12-12。試合後、カーワンHCは勝てなかったことについてこう言った。「勇気をもってやってくれました。センセーショナルな試合ができたと思います。ただ、最高に良かったわけではありませんね。なかなか相手陣に行けませんでした。勝ちたい気持ちが引き分けに持ち込めた要因だったと思います」

相馬選手に、W杯全体を振り返ったコメントを求めると、「(W杯でプレーできたことは)嬉しいけど、悔しいし、複雑です」と言った。それがすべての選手の気持ちを代弁しているのだろう。フィジー、カナダには勝てそうな手応えをつかみながら勝てない。そのもどかしさは、選手自身が一番感じているはず。

カーワンHCは、「ここからスタートを切るという気持ちで、今後につなげることが必要です。ここでなし得たことをのばし、段階を踏んでいくことが大事です。パシフィックネーションズカップで、2勝、3勝と勝ち星を増やし、成長していきたい」と話した。獅子奮迅の活躍だった大野選手も「このチームをベースに強化していくべきだと思います」と言っていた。多くの課題はあるが、この選手達の経験を無駄にしてはいけない。何が足りなかったのしっかり総括して今後の強化につなげてほしいと思う。ジャパンは、明日帰国する。カーワンHCは、W杯視察などのため残るとのこと。

僕も、きょうはちょっと複雑な気分だった。でも、最後まであきらめなかった選手達の奮闘、そして彼らを支えたコーチ陣、スタッフに敬意を表したい。

僕は、このあともJSPORTSの解説で残るので、W杯のレポートを書いていきますね。

◆試合結果
日本代表第4戦 〔プールB〕 
日本代表 12-12 カナダ代表(前半5-0)


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « さあ、カナダ戦 | トップページ | ボルドーからパリへ »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    ジャパンの皆さんお疲れ様でした♪

    勝てなかったのは、残念。とっても悔しい・・。
    JKがもっと早く就任していたら・・・。
    タラレバをいいだしたらきりがありません。
    JK続投も決定したようなので、ここをスタート地点にがんばってほしいですねぇ。

    投稿: もぐ子 | 2007年9月27日 02:04

    カナダのキャプテン、モーガン・ウィリアムズ選手(Morgan Williams)、ジョナサン・カプラン審判(Jonathan Kaplan)が4分間のインジャリー・タイムを取った事に文句を言っているって?カプランさんの時計が壊れているか、目が見えないかとか、言っているみたいですけれど、何とも下品な事です。

    投稿: rugbyhead | 2007年9月27日 00:27

    ワールドカップを見て、外人さんは怪物と思いました。野球もサッカーも小、中,高、大と続く一種の疑似徒弟制度?大相撲も新入りがいなくなり、徒弟制度が崩壊中。日本のラグビーも徒弟制度(ピラミッド構造)を構築中だけれども、中卒後、海外のラグビーにもまれて、10年後、怪物となって、日本に帰り、日本で活躍できるようになるといいと思いました。

    投稿: Y | 2007年9月27日 00:01

    勝てた試合でしたね。フィージー戦も同じく。
    カナダはFWだけでなくバックスも要注意かと思いましたがジャパンのバックスの方が上だと見えました。雨が降る中で若干不利かと思いましたがこれまでみられたような細かいハンドリングミスもなく、プール全敗同士とは言えないしまった試合でよかったです。カナダチームも確かにFWが中心でしたが、SHのウィリアムズ・FBマイク・パイクスのアッタクなど、ぜひIRBに20カ国参加を見直してほしいしまったいい試合でした。
    ジャパンのタックル数ももちろんですが、カナダ
    チームタックルも素晴らしいものがあったと思います。18日間で過酷な4試合をこなしたジャパンの選手を本当に尊敬します。次の大会こそはぜひ8強に入りたいとおもいました。JKにもHCを最低は2年は続けてほしいです(次の出版もしてもらってもいいですから)。本当に一緒に悔しい思いをできたW杯でした。次の大会もWE MUST
    BELEIVE!

    投稿: にっ | 2007年9月26日 23:26

    こんなに熱く誰かを応援した事が今まであったでしょうか・・・。

    ここに厳しいコメントを寄せるファンにも熱いものを感じています。本当にJAPANが勝つ事を信じていた人達です。そして、これからのJAPANを我が事の様に考える人達です。

    最後のゴールキックを決める大西選手の顔が脳裏に焼きついていて、今日一日思い出す度泣きそうになりました。

    信じる事。我慢する事。あきらめない事。そして言い訳をしない事。全部カーワンJAPANから教わりました。
    4年後のカーワンJAPANを、私は信じて、あきらめません。ありがとう。

    投稿: 別冊☆村上 | 2007年9月26日 22:47

    2003年とはまた違った興奮を、味わわさせていただきました。勝てた試合に勝てなかった事実、でもそれもまた現実。カーワン監督の笑顔が見れなかったのが残念。でも、必ず次につながる戦いを、粘りを見せてくれた日本代表チームにお疲れ様、その一言です。トップリーグでの選手のモチベーションもグンと上がったはず。

    投稿: nobu | 2007年9月26日 22:41

    2003年とはまた違った興奮を、味わわさせていただきました。勝てた試合に勝てなかった事実、でもそれもまた現実。カーワン監督の笑顔が見れなかったのが残念。でも、必ず次につながる戦いを、粘りを見せてくれた日本代表チームにお疲れ様、その一言です。トップリーグでの選手のモチベーションもグンと上がったはず。

    投稿: nobu | 2007年9月26日 22:41

    僕は今回の結果に対しては何の文句も言いません。
    ただ、気持ちさえ引かなければ対等に闘える、そのことを実証してくれた事が大きいんだと思います。
    真夜中にたくさんの大きな声を出させてくれました、睡眠時間を少なくしてくれました、それなのにハーフタイムについビールを飲んでしまいました、そんなふうにアツく引き込んでくれたことが嬉しい。
    熱は伝わる、J.Kの熱が選手に伝わり僕にも、そしてラグビーにあまり興味がない人にも伝わった気がします。
    でもジャパンはこれがスタート、ちゃんと積み上げていってほしいです。
    僕は今回一貫して闘う姿勢をみせ続けた西浦タツキチ選手の姿が、象徴的に思っています、グラウンドに入場してきた時に泣いているなんて、国内では学生の試合くらいでしか見ないですもんね、その姿を見て、イケルって思いました。

    投稿: kaz | 2007年9月26日 22:30

    村上さん&ジャパンの皆さん 本当にお疲れ様でした。

    フィージー戦でやれなかったラストのトライがカナダ戦でできたことは、選手が学んで成長している証拠ではないでしょうか。選手達の勝ちへの精神が多くの「ジャパン」コールを呼んだのは間違いないと思います。

    体格の小さな日本人には不利なスポーツではあると思いますが、「小よく大を制す」の言葉にあるとおり、長所をより生かしながら次への勝利に向けてジャパンがいい方向へ進んでくれることを祈るばかりです。

    箕内さんのキャプテンシーは、すばらしいものがあったと思います。お疲れ様でした。。。

    投稿: aika | 2007年9月26日 20:47

    選手のみなさん、そして中継で楽しませてくれたJ-SPORTSのみなさんおつかれさまでした!!

    内容についてはいろいろそれぞれの意見があると思います。私もありますし、納得いかないこともたくさんあります。
    でも今回のメンバーも前回大会に続き楽しませてくれました。

    SOはJAPANの永遠の課題ですね…ロビンスはよくやってくれたと思います。キッカーも課題ですね。大西はよくやってくれました。

    ただひとつ残念なのは、本気で勝利だけを狙っていたなら75分ごろのゴール正面でのペナルティーでPKを選択して最後の攻撃に逆転をかけて欲しかった…。
    まーでも選手はがんばってくれました。

    ありがとう。

    投稿: bebe | 2007年9月26日 19:12

    ありがとう!という言葉が出てきた試合でした。
    うれしいとか、満足というのではなく、選手に、JKに、ジャポンコールをしてくれた人々にありがとうという気持ちになった試合でした。

    4年後今回のチームがリセットされた姿ではなく、今回のチームが成長を遂げた姿を見たいと思っています。
    色々なご意見はあるのでしょうが、私はJK体制が今後も続くことをひたすら願います。

    投稿: ”お” | 2007年9月26日 18:57

    今回は善戦というコメントにはならなかった。第一回でベスト8とは思えないカナダは内容のないRUGBYを展開した。

    さて15人中、1/3が外国人が主要のポジシヨンにおり、この選手の活躍には絶賛。アレジが出場しておれば、更に違う展開があったであろう。

    予選3位内に入れなかった事で次回のWCの出場も極めて厳しくなった。JKの継続が今後の鍵を握るが、はたして協会はどういった対応をするのか・・。益々人気薄になるスポーツになる事が心配である。

    今回の試合を見て、世界の差は広がるばかりで過去のサインプレーの活用やハンドリングの良さ?だけではもはや通用せず。あれだけフレーズを繰り返すスタイルは体格不利の日本人には大変厳しい・・。視点を変えて清宮や松尾?あたりで勝負しても面白いのでは??

    勿論、自国のスポーツを応援はしているものの、一言で言うと今回トンガ、グルジア、アルゼンチンのゲームの方が全く魅力的なチームである。

    問題は深刻。さあ、どうする!!

    投稿: ponta1415 | 2007年9月26日 17:39

    カナダ戦での選手の魂のこもったプレーに本当に興奮しました。マキリやロビンスのディフェンスや大西の最後のキックには感動すら覚えました。久しぶりに日本代表を必死で応援できたことうれしかったです。
    またカーワン体制になってからの巻き返しや、怪我人が続出した中で残ったメンバーのがんばりも素晴らしかったと思います。

    ただ、前回のワールドカップからの4年間を考えると日本協会として反省することが多々あるように思えます。短い期間の中で取り組んできたディフェンスはある程度通用したが、手が回らなかったアタックは通用しなかった。4年間で日本代表が積み上げた準備の内容がしっかり表れたワールドカップだったような気がします。今回のがんばりでまだまだジャパンはやれることを示してくれました。だからこそ、これからの4年間、しっかり積み上げてチームを作ってほしいと思います。私もカーワン体制での継続的な強化を望んでます。

    投稿: Bcap | 2007年9月26日 16:56

    村上さん、いつも拝見しています。昨日はお疲れ様でした。本当に我慢の試合でした。
    ところで、矢野さんが絶叫し、深緑郎さんも大興奮していた中、村上さんは途中で解説席から抜けてらっしゃったのですか?勝手に大号泣されて声をだせなくなったのかと思っていましたが、放送の最後でも登場されなかったので。
    引き続き、取材・解説頑張って下さい!

    投稿: otama | 2007年9月26日 13:25

    すばらしい戦いでした!
    会場でのあの「ジャパンコール」が全てを語っていたのではないでしょうか!
    日本の「侍魂」は世界に届いたと思います!
    村上さんお疲れ様でした!
    そして、小林深緑郎さんもお疲れ様でした!

    投稿: sinshun | 2007年9月26日 13:11

    選手、関係者の方々本当にお疲れ様です。

    率直な意見として引き分けて大喜びしている選手たちの姿を見て何か違和感を感じてしまいました。複雑な表情をしている選手もいない。
    これまでのきつい練習も全てはW杯で2勝するためにやってきたはずなのでは。初出場ならともかく全大会出場、しかも十分勝機があるとわかっていた相手に引き分けてなぜあんなに喜べるのか。
    いろんな苦労を乗り越えた達成感があるとは思いますが、当初の目標は何だったのか。
    選手の大会への本当の意気込みが垣間見えた気がして、裏切られた気さえします。

    ほとんどの参加国は勝利のために死ぬ気でこの危険なスポーツに臨んでいます。もしも思い出作りのために参加する国があるのなら参加国の削減も仕方がないと思います。

    投稿: リッヒ | 2007年9月26日 13:08

    引き分けになりましたが、大西選手のコンバージョン1本目が入っていたら勝ちでしたよね。
    右側でしたが、遠藤選手が頑張ってゴール近くでトライしたからそんなに難しい角度ではなかったと記憶していますが。

    投稿: 通りすがりのもの | 2007年9月26日 12:32

    云いたいことは山ほどあるが…まず、この試合のレベル。ロースコアの接戦になったのは両チームのデキが良くなかったから。両者とも勝てるゲームを引き分けた感は否めない。それから地上波放送の日本テレビにはさぞや抗議が殺到したことだろう。何故平のトライシーンをカットして大西のゴールシーンを放送したのか未だに説明が為されてない。こんな放送局はラグビー含めたスポーツ放送を放映する資格はない。一月後にTLが開幕するが、果たしてラグビーファンがどの程度競技場に足を運ぶか、オープニングゲームの府中ダービー(東芝対サントリー戦)でお手並み拝見したい。

    投稿: ローズプレステージ | 2007年9月26日 12:05

    ゴールの狙う大西選手の鋭い目に、ウィルキンソンが重なって見えました。

    PS
    入場前のタツキチのド迫力のアップも良かったですが、試合後に大西選手に抱きつくタツキチも良かったです。

    投稿: Kaz | 2007年9月26日 11:48

     村上さん 解説陣の皆さまお疲れ様でした。
     勝てなかったけど…興奮しました。あの位置から良く大西が決め手くれました。今大会で一番評価を上げたのは大西ですね。
     4年後をめざしJK体制で継続強化をして欲しいです。今大会では あらためてHB団の重要性が…ウエールズVSカナダ戦でのフックからジョーンズへ、まるで別チームへ…ロビンスもディフェンスは頑張ってたけど、アタック 特にキックが不安定で、吉田の捌きの遅さもありますが、やっぱり本職のSOを育てて欲しい。アレジが居れば…と思ったのは私だけでは無いと思います。
     今晩は JKと頑張ってくれた選手達に感謝と、これからの活躍を期待して「JKワイン」で祝杯(気持ち半分ですが)を挙げたいと思います。

    投稿: 北陸のファン | 2007年9月26日 11:26

    勝ちに等しい引き分けだったと思います!
    フィジー戦の最後にできなかったことを、このカナダ戦でやってくれた。
    なかなか思うようにいかない悔しさもどかしさ、
    最後まであきらめないことの大切さ、
    まるで人生の哲学みたいなラグビーでしたね!
    みんな満身創痍の中でもぎ取った引き分け、選手たちには胸を張って日本に帰って来てほしいです♪
    悔しい気持ちは絶対パワーになります。
    自分を、4年後を信じて成長してほしいです(^-^)

    投稿: まゆ | 2007年9月26日 10:26

    結果は確かに喜んでいいのかどうか判らない複雑な心境です。あのカナダにも勝てない? う~ん素直に喜べない?
    しかし、1年前のあのジャパンをここまでにしたJKは凄いと思うし、なによりも選手たちみんなの頑張りを思うと、胸が熱くなります。大西選手のコメントには一つ一つぐっと来るものがありました。大畑選手の執念も乗り移っていたかな^^
    フィジー戦といい、ラストを沸かせるジャパンはフランス人にも好印象を与えたのではないでしょうか。
    イージーミスや攻めの手段など、これらはもっと精度を上げていけるでしょうし、今後に期待が持てます。
    テストマッチ、もっとやりましょうよ。
     それにしても日テレの中継はひどい! ラストの一番肝心なところ、平選手のトライがなくて、いきなり大西選手のキックに。
    なに?何が起きたの?どうしたの?わけわからんじゃん!ってな感じでした。
     日テレ最低です。地上波放送は必要かもしれませんが、CM優先である限り一番盛り上がるところもカットされてしまいます。こんな地上波放送ならいりません!せめて、NHKでやって欲しかったな。

    投稿: シン | 2007年9月26日 10:01

    本当に最後はよくやってくれました。大西選手、男だっ!

    選手のみなさん、まずはゆっくり休んで下さい。

    投稿: らぐじ~ | 2007年9月26日 09:50

    世界にジャパンラグビーを魅せつけた!というところまではまだまだいかなかったけれど、この9ヶ月を見つめてきた人々には熱いものを届けてくれた。悔しい気持ちをみんなが持てた。世界との距離がわかってきた。ここからのスタートが4年後に実ることを心から願っています。

    投稿: スカーラ | 2007年9月26日 09:15

    ただただ大西選手が最後まで芝の上にいて彼の気持ちが体を越えて持続することを願いました。
    JKの男気、全ての選手、スタッフの皆さん、そして報道の村上さんほか現地のみなさんの男気が映っておりました。
    ありがとうございます。
    4年後を楽しみに貯金をしたいと思った今回の大会でした。

    投稿: イチロー | 2007年9月26日 09:01

    ハーフが交代してから格段とオフェンスのリズムが良くなったような気がしました。すごい試合でしたけど、勝てる試合だっただけにやはり残念でもあります。JKにはあと4年是非お願いしたいものです。ところで、ロスタイムの実況、解説の皆さんも素晴らしかった。。村上さんの声が聞けなかったのは残念ですが、逆に村上さんの思いが伝わってきました。

    投稿: donkeys | 2007年9月26日 08:50

    日本協会宛に
    JK体制での「継続的な強化」を望む
    メールを送りました。
    いろんな事情が確かにありましたが、
    カナダ戦の気持ちを忘れずに
    日本代表魂を継承してほしいです。
    一フアンではどうすることもできませんが
    少なくともJKによる「強化の一歩」が
    無駄にならぬよう望むだけです。
    ありがとう、日本代表のみなさん。

    投稿: はちべい | 2007年9月26日 08:45

    WC2勝を目指した大いなる挑戦が終了しました。
    これからのジャパンが、振り出しに戻るのではなく
    今日をベースに積み上げて行き、来年のPNCでは
    堂々と五分以上の勝利ができることを期待します

    投稿: 瑞穂 | 2007年9月26日 08:40

    お疲れ様でした・・・

    JAPANの面々とこの一戦を最後まで諦めずに応援した我が仲間たちに・・・ 

    本当にありがとう。 

    ココがスタートです。全てのことに頑張りましょう!

    投稿: なぱん | 2007年9月26日 07:25

    おはようございます。
    眠い。。。です。
    でも、起きていて良かった!!
    「諦めない」ことの大切さを改めて感じました。
    選手や関係者の皆様おつかれさまでした。

    投稿: coco | 2007年9月26日 07:22

    本当に選手たちはよくがんばりぬいた試合だった。選手たちの思いが日本までビンビン伝わってくる試合でした。
    でも勝てなかった。1勝もできなかった。これが現実。


    しかし、あの迷走状態のジャパンにここまで熱を入れてくれたJKには感謝してます。
    たった1年前には真っ暗だったジャパンに光を差し込んでくれた。

    選手たちは胸をはって帰ってきてほしい。
    そしてその経験を日本で待ってる仲間たちに伝えていってほしい。世界で戦う厳しさを。
    ぜひトップリーグでは世界を見据えた戦い、プレーをしてほしい。

    投稿: ターボ | 2007年9月26日 06:36

    村上さん解説おつかれさまでした。正直言ってフィジー戦同様勝てた試合だっただけに残念です。しかし、今後につながる試合だったとも思います。次回に向けて今度こそは迷走せずにきちんと総括&強化に励んでもらいたいですね。選手、コーチ、スタッフの皆さんおつかれさまでした。村上さんも体調に気をつけて、今後の試合の解説&取材頑張ってください。楽しみにしてます。

    投稿: りゅうくん | 2007年9月26日 06:08

    暴走する矢野さんの実況にただならぬ場の雰囲気を感じました
    やがて深緑郎さんの声も詰まり....
    村上さんもおそらく...
    詳しくはライトーでクーキーさせてください!
    この感動を4年間語り継いでいきましょう。NZまで!!

    投稿: ナベゾ | 2007年9月26日 05:59

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/16577515

    この記事へのトラックバック一覧です: カナダ戦結果:

    » メールほしいの [メールほしいの]
    メールほしいの [続きを読む]

    受信: 2007年9月26日 06:46

    » ワールドカップラグビー日本は引き分け [浜松ラグビークラブ]
    日本 12対12 カナダロスタイムになんとか追いつきました。勝てはしませんでしたが最後まであきらめずに戦った選手たちに拍手をおくりたいです。なにか、これから日本が変わりそうな予感がします。カーワンヘッドコーチには、まだ続けていってもらいたいと思います。感動を... [続きを読む]

    受信: 2007年9月26日 12:35

    » カナダ戦 [15エロ]
    元主将浅野、最終戦にのぞむチームに活気朝日新聞日本は25日(26日午前1時開始)、ボルドー(フランス)での最終のカナダ戦で、4大会ぶりのワールドカップ2勝目を目指す。 陰からこのチームを支えてきたのはFW浅野良太(27)。ウェールズ戦(20日)では後半12分からピッチに立ち、今大会出場の夢をかなえ ...(続きを読む) 大西、冷静さ失わず=ラグビーW杯時事通信絶対入ると思ってけった」 大会直前にSO安藤(NEC)が負傷離脱し、急きょ代役キッカーに。20日のウェールズ戦では右肋(ろく)軟骨を損傷、全... [続きを読む]

    受信: 2007年9月26日 18:52

    » 勇気をありがとう!貴重な貴重な0.5勝 「ラグビー日本代表最終戦」!! [IXY-nob]
    深い難しい角度からのコンバージョンキックが正確にゴールポストの間をすり抜けていった。直後にノーサイド(試合終了)。 ラグビー日本代表が今大会で初めて勝点「2」をつかんだ瞬間だ。 残り1分まで7点のビハインド。 トライ(アンドゴール)で追いつけるギリギリの得点差。 このラスト1分(ラグビーの場合、笛が鳴るまで試合は終わらないので実質3分近く)で左右に揺さぶり、敵の防御網を崩してトライを決めた。 相手のカナダも今大会未勝利。 試合開始から、お互いにどうしても勝ちたいという執念と執... [続きを読む]

    受信: 2007年9月26日 20:15

    » 日本は勝ったのか?負けたのか? [神速フォワード]
     2007ラグビーワールドカップ、日本の予選ラウンドは終了。 最後の大西選手のコンバージョンは、彼の気持ちが乗ったいいキックだったと思います。 今大会で初めて、後半の20分間フィットネスで相手を上回っていました。  前半、カナダ?のラックサイドで突き刺さった大西選手のタックルのあと、 「外人」がビビッている姿を見て、「今日はいけるかも」と思わせてくれました。 後半の山村、バツベイ両選手の投入で明らかにスクラムが重くなり、おされ気味の ?を猪口選手に交代したことで、バランスもよくなり、ますます期待... [続きを読む]

    受信: 2007年9月27日 05:21

    » カナダ戦をご紹介! [これ面白い!]
    カナダ戦そして楽苦美四方山話勉強会・懇親会を終えて帰宅。一杯飲んだ後で眠い目をこすりながらカナダ戦を見た。(続きを読む) カナダ戦今日のカナダ戦の関連語: 引き分け 日本 ラグビーワールドカップ 最終戦 ワールドカップ.... [続きを読む]

    受信: 2007年9月27日 06:33

    » 日テレ頼むでぇ・・・。 [体脂肪マン的個人日記]
    仕事も忙しいし、ワールドカップも見たい。 ここんところ、平日の睡眠時間はナポレオン並み。 早く予選プール終わってくれんかな・・・。 で、昨日のカナダ戦で問題勃発! 問題は地上波の放送。 朝、出勤時に携帯にメールが入る。 内容は意味不明だったが、地上波の放送内容に怒っているのが伝わってくる内容。 で、私がスカパー!で録画していることを見越して、DVDに焼いて持ってこいというリクエスト。 まぁ、たいした手間でもないし持って行くけど〜って感じで返事をうった。 仕事を終えて帰宅し、裏番組予約して... [続きを読む]

    受信: 2007年9月28日 00:05

    » 関東大学ラグビー [おもろいニュース]
    キック名手の使用球に疑問 ラグビーW杯産経新聞ラグビーのイングランド代表SOでキ... [続きを読む]

    受信: 2007年9月28日 03:39

    » 早稲田大学 ラグビー [オモロにゅーす]
    ラグビー・アメフトが好きな方へ、質問です。ラグビー・アメフトが好きな方へ、質問で... [続きを読む]

    受信: 2007年9月28日 07:47

    » 日テレ ラグビー [おもろいニュース]
    外国出身選手がラグビー日本代表になるための条件は?ラグビーでは外国出身選手が日本... [続きを読む]

    受信: 2007年9月28日 13:29

    » ラグビーW杯 日本代表対カナダ代表 結果 [ココロミ]
    日本代表にとっては、ワールドカップ最後の試合になってしまった第4戦。カナダとのゲームも、日本はひたすらディフェンスで我慢。前半は5-0と日本リードで折り返すも、後半はカナダに12点を取られ、このまま負けてしまうの~? とヤキモキしましたが、どっこいこの日もジャパンは80分を過ぎても攻め続け、CTB平のトライとCTB大西のゴールで12-12の同点でノーサイド。負けなかったけど、勝利でもないという、複雑な気持ちでその瞬間を観ておりました。 【結果】9月25日(火)フランス・ボルドー 18時キックオフ (... [続きを読む]

    受信: 2007年9月29日 21:42

    » 連敗脱出 [FSS 〜Fukuoka Sports Stadium〜]
    フランスWC15日目。 日本はカナダと対戦し、12−12でドロー。 これで95年大会から続く連敗を13ど止めた。 正直勝てる試合だったのではなかろうか。 前半はトライで上げた5点を守り切り、リードして折り返す。 ここまでは日本が今大会で見せてきた粘りのディフェンスが光った。 しかし後半に入ってカナダに2トライに1ゴールを許し7点のリードを許してしまう。 しかし諦めずに粘った結果、ロスタイムに執念のトライ。 そしてゴールが生まれたんだと思う。 4大会ぶりの勝利は生まれなかった。 できれば連敗スト... [続きを読む]

    受信: 2007年9月30日 21:15

    » 日本代表:カナダ代表 平選手のトライ。 [ココロミ]
    先日のカナダ戦の放送で日本テレビが、大チョンボをやらかしたらしいですね。こんな画像が「PLANET SURF」さんの9/27のエントリーにありました。平選手のトライが観られなかった方は、こちら↓でどうぞ。◆ JSPORTS ジャパン対カナダ の79分から。 ... [続きを読む]

    受信: 2007年10月 2日 19:46

    « さあ、カナダ戦 | トップページ | ボルドーからパリへ »