« 第2戦前日 | トップページ | 一夜明けて »

フィジー戦結果

St1

フィジー戦が終わった。会場を埋めた大観衆からのスタンディングオベーション、そしてジャポンコールに日本代表の健闘が集約されていた。立ち上がりからの懸命に前に出るディフェンス、何度かリードを奪われながらあきらめずに追いかけたスピリット、4点差を追う終了間際の5分にも及ぶ攻撃。トゥールーズの目の肥えたファンの拍手に嘘はない。ジャパンは、堂々と戦った。でも勝てなかった。試合後、日本のサポーターのみなさんにも会ったが、「残念」としか言いようがなかった。悔しい。

試合前にこれほど胸が締め付けられたのはいつ以来だろう。日本ラグビーの歴史に残る日になる。そう思っていた。フィジー戦会場のメディアセンターにキックオフ4時間前に入る。深緑郎さんが、イギリスのブックメーカーの掛け率を調べたら、なんと日本が勝ったら、1ポンドが9ポンドに。フィジーの勝利は、33ポンドかけても34ポンドしかもどって来ないという評価の差。ハンデも23点ついている。日本の評価はとことん低い。誰も勝つとは思っていない。日本がフィジーに勝てる能力があるのを世界は知らないのだ。しかも、フィジーは初戦である。だから、チャンスがあるはずだった。

日本代表は、箕内キャプテンがトスに勝ち日差しを背負う陣地を選択。キックを軸に陣地を取り、よく前に出てディフェンスした。ラインアウトは安定し、スクラムもプレッシャーをかけ、モールも押し込める。ブレイクダウンも負けていない。大西将太郎のプレースキックの調子も良かった。つまり、互角以上に戦える要素がいっぱいだった。ボールをキープして、何度か連続すれば、必ずフィジーの防御には穴ができた。でも、そこをパスミスが多くて突ききれなかった。攻撃の精度はまだまだ低い。スクラムで優位に立ちながら、コミュニケーションミスで簡単にトライを奪われたのも悔やみきれないシーンだった。

後半、足の痙攣で退場したSH吉田に代わった矢富は思いきりのいいランニングでチャンスを作ったが、数分で足首を痛めて退場。同じくこの時間帯に、FB有賀も足首を痛めて退場する緊急事態となり、残り20分を残して、日本はSH不在。WTB小野澤、CTB平を投入し、ロアマヌがFBに、ロビンスがSHに入ってこれをしのぐ。SH不在は何より苦しい事態だった。

あとは選手達の絶対にあきらめないスピリットが頼りだった。一時は、24-35と11点差にまで引き離されたが、トンプソンのトライで追撃し、31-35の逆転圏内に入ってからはひたすら攻めた。だが、ついにトライは取り切れなかった。このとき、スタジアムの興奮は最高潮となり、日本代表の選手達はサインも何も聞こえない中でひたすらボールを動かしていた。このチームは気持ちの折れない選手達が揃っている。その熱さは、確実に大観衆の心をとらえていた。

「後半の重要な局面でSHが2人怪我をしてしまい、流れが変わりました。日本は体が小さいからダメだとかいろいろ言われてきましたが、そんなことはありません。きょうは日本のスピリットを示すことができました。本当は勝つことによって示したかったのですが」(カーワンHC)。

Pc1

ドーピング検査で記者会見に来られない箕内キャプテンに代わって会見に出席した大西将太郎選手はこう語った。「しっかりとディフェンスができ、ミスを誘えたが、そこからのターンオーバーでトライまで行けなかったことは残念です。しかし、1ポイントゲットできたことをポジティブに考え、次の試合に臨みたいです」

この日の日本代表のキーワードは「我慢」だった。最後はみんなで声をかけあい、我慢して攻撃した。大西選手も「最後は頭が真っ白になりました」と、グラウンドに大の字になった。多くの選手が力を出し切った試合だった。死闘だっただけに、負傷者も多くなったが、ここからは2チーム制ではなく総力戦だ。試合後は、どの選手も前を向いていた。しばし休養をとり、ウエールズ、カナダに対して、あきらめずに戦い抜いてもらいたい。

追記◎試合後、JSPORTSにスタッフとタクシーでホテルまで帰った。助手席には人を乗せないタクシーだったのだが、一人だけ乗れなくなってしまうので、通訳のタクちゃんが一生懸命頼んだら、「ジャパンがいい試合をしたから特別だよ」と乗せてくれた。その後、ホテル周辺でも、「いい試合を見せてくれてありがとう」と声をかけられた。最後の猛攻のシーン、僕も胸が熱くなった。勝ったら、泣いてたな。

日本代表第2戦結果
日本代表●31-35○フィジー代表(前半9-10)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 第2戦前日 | トップページ | 一夜明けて »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    遅ればせながら試合を観ました。いい試合でした。でも、最後に完全に足が止まりました。もっと展開すればフィジーのラインをブレイクできたでしょうが、し切れなかった。あの時FWを交代してインパクトプレーヤを入れていれば違った結果が見れたかも知れません。しかし、あの状態でもしっかりボールキープできたのは観ていて感動的でした。以前のジャパンならあっさり獲られてダメ押しトライだったでしょうから。

    投稿: 深緑郎を探せ! | 2007年9月14日 05:54

    村上さん、取材&解説&移動おつかれさまです。フィジー戦悔しかったです。試合終盤のジャパン怒濤の攻撃は今までで最高に興奮しました!いけると思ったんですけどね…残念です。ジャパンにはいつもトップリーグでやっているように、もっと積極的にやってほしいです。大舞台になればなるほどふだんやっている事が試されるはずです!ジャパンの皆さんにはその能力が充分あります!自信を持っていきましょう!そしてジャパンの勝利で泣きましょう!

    投稿: りゅうくん | 2007年9月14日 00:37

    協会はちょっと酷すぎますよね~。まともな代表強化プランも無いところに、責任だけ押し付け様とでもしているのでしょうか。監督人事で迷走したり、適当なテストマッチを組んだり、もっと大きい話では、まともなプロリーグの構築も出来ていないのは、全て協会の無能、怠慢でしょう。それをカーワン監督が一手に引き受けてくれた事を感謝こそすれ、首にするかも知れないとおくびにも出る人間性が信じられないです。
    万一カーワン監督を首にするならば、私達ファンは協会の人間に鉄槌を下さなくては成りませんよ!

    投稿: rugbyhead | 2007年9月13日 23:18

    このブログを読むだけで思いだして泣けてきちゃいました。。勝っていたら・・・もっと泣いていたかな。

    投稿: 友人 | 2007年9月13日 23:01

    初めまして。ちと興奮気味で、初めて書き込ませてもらいます。
    いや~、悔しいですね。矢富選手が続けてプレイできていたら…とか、いろいろ考えちゃいます。日本も強くなったと思います。世界でも名の通った相手にWCの本気の舞台で互角に戦えたのですから。
    ただ、攻めも堅かったですね。ミスを突かれて持って行かれるのが怖かったのでしょうね。実は見ている私も怖かったです。トップリーグなら機転を利かした攻撃は常々行っているので、どんどん速い展開にすればよいのにとも思いました。世界レベルで本気同士のせった試合を経験していかないと難しいところなのでしょうか。がんばって欲しいですね。
    でも、やっぱり、勝って欲しかった

    投稿: foxfire | 2007年9月13日 22:29

    かつて坂井三郎が命がけの戦闘から帰還すると、上官等が宴会をやっていたと述懐していましたが、マシモ発言に同様の怒りを感じます
    あんな連中が協会で鼻ほじくってる事の方がよっぽど悔しくて、折角の良い試合が台無しだ
    協会の理事は公選制度を導入し、能力のない人間を一掃しないと、何時まで経っても代表選手の足を引っ張るばかり
    大本営だけに、坂井三郎の当時から何も進歩ないのね

    投稿: ナベゾ | 2007年9月13日 22:21

    フィジー戦、選手は最後まで勝ちに拘って戦ってました。もしも…はタブーなんでしょうが、矢富のアクシデントが無ければ勝ってた試合だったと思います。
    今回の試合を振り返ると、カーワンがJAPANを一つにして、これだけ短時間の間にエリサルドというくだらない指導者の為に堕落してしまったJAPANを闘える集団にしてくれた事を高く評価したいし、残る2試合も期待できると思います。

    後任発言の件ですが、他のチームを見ても、他のスポーツを見ても、祭典の最中にHCの責任や後任問題をひけらかすトップがいる事は、カーワンHCのみならず、そのもとでファイトしている選手達に対して何の愛情も思い入れも感じられません。
    協会トップは気がついてなくても、JAPANの選手たちが、誰がここまで闘える集団にもっていってくれたかは知っています。
    もちろん、ファンたちも知っています。
    JAPANがWCで2勝してくれる事は厳しい事だとは誰でも分かっています。
    でも、カーワンHCは夢を我々に与えてくれてます。
    そして、残る2試合にもJAPANラグビーに夢を与え続けてくれると確信しています。
    結果は当然求められる事は分かりますが、結果以上にカーワンHCは、今までの「肉を切らせて骨を断つ」という精神面での論理だけでなく、こうしたら世界に通用するはずという理にかなった思考の組み立てで「JAPANは国際舞台でも勝つ事が出来る」という事を示してくれたと思います。
    今は残る2試合に期待してます。
    もし、WCの検証と後任人事云々を大会中に繰り返し発言するならば、泥沼に陥りながらもエリサルドを起用し続け、結果として貴重なWCの準備期間を無にしてしまった上に、明確な責任を取らなかった協会トップを厳しく糾弾していかなければならないでしょう。
    幸い、協会内には良識を持った方もいらっしゃる方も居るのがせめてもの救いです。
    この時期にこんな下らないコメントを残す協会トップには、はっきり言って退場して欲しいと思います。


    投稿: k.k | 2007年9月13日 22:10

    初めてコメントします。

    「う~ん、勝てんなぁ」

    最後の場面は確かに熱くなれましたが、FW陣は完全に足が止まってましたよね。次の試合までは日があるんだから、積極的に選手交代をしてもよかったんじゃないでしょうか。

    投稿: 垂直応力 | 2007年9月13日 22:10

    実は村上さんが途中に入って、ワントライして逆転勝利をするのではないかと期待してたんだが・・・。

    投稿: Y | 2007年9月13日 22:08

    熱い試合を見せてもらいました。今日の仕事は眠さとの戦いでした。一方で事実として勝てなかった・・。後一歩、あと一つのタックルが足りなかった。これは批判しているのではありません。選手達は決して下をみるのではなく、次の試合、そしてその次の試合で、あと一歩の気持ちをもって望んでもらいたいです。もう相手がどこでも関係ないと思います。決して切れることなく全力で力を出し切って欲しい。どんな結果であろうと前を向いた選手達をファンは決して見放さない。だって選手達は日本で最高のプレーヤー30人なのだから。本当の結果は最終戦が終わってからです。

    投稿: 風林火山 | 2007年9月13日 21:38

     返す返すも、惜しい試合でしたね~。十分に勝機はあったと思うのですが、日本が本来世界の伍すべき、
    パスが、繋がらなかった事がしばしば見られたのが、勿体無かったです。それと、スクラムハーフの欠場は痛かった。色々含めて、やはり世界とは背中に手が届いても、掴み切れていない、と言う所でしょうか。

     悔しいので、コミュニティでは、乱入したアンチャンのアレを見たジャパンの選手が自信を失って、前屈みや内股になっちゃて負けたとか、言って気分を紛らわせています。あの人の情報もちょっと欲しい気がします。なんでアイルランドの旗なのか?

    投稿: rugbyhead | 2007年9月13日 21:18

    本当に、惜しかったです。ずーっと、ドキドキしながらテレビを見ていました。特に最後の1分30秒からの、あきらめないジャパンの攻撃。でも、ゴールまでは遠かったですね。最後は、目頭が熱くなりました。残りの試合も、日本から応援しています。日本のフアンの気持ちがフランスまで届きますように。がんばれ、ジャパン!

    投稿: らり坊 | 2007年9月13日 21:17

    すばらしい試合でした。
    批判的な意見も見かけますが、理解できません。
    このような試合に対して、戦略的な批判や勝敗云々に
    こだわるのは、ファンとしては、まったく
    無意味のような気がします。
    トゥールーズに居たどちらの応援でもない観客が
    この試合を一番理解していたように思います。

    投稿: pen | 2007年9月13日 20:21

    フィジーが初戦でデキが良くなかったことを差し引いても昨日のゲームは勝てる試合だった。それなのに勝てなかったのは最初からディフェンシブな試合運びをしたからだろう。どんな相手に対してもアグレッシブに行かなければ勝てる試合も勝てない。厳しいようだが、カーワンジャパンのディフェンシブラグビーの限界が見えたような気がする。

    投稿: ローズプレステージ | 2007年9月13日 19:34

    いい試合でした。本当に。
    今思い出してもかなり目頭が熱くなるぐらい・・・

    それだけに勝って欲しかったです。
    勝って、この4年間迷走しつづけた協会内部や朝の番組でチームオーストラリアの試合に<喝>なんて言っている人たちを黙らせて欲しかった。
    それを最も臨んでいたのが、選手たちでありJKでありということはわかるけど、やっぱり悲しい。

    本当かどうかわからないけど、こんな準備期間が短くて批判にさらされるだけのHCを引き受けてくれて、世間にこびずに強化してくれたJKに感謝し、このまま強化を続けてくれと頼むはずの立場の人が、負けたのはHCのせいだといわんばかりの発言をメディアにするのはどうなのだろう。
    プールの中で自分の国のランキングより下位の国に負けているならともかく、この状況で何の責任を問うというのだろうか。そんな発言をした責任を問いたいものです。

    話がそれましたけど、残り2試合彼らの努力が、成長が、気持ちが正当に評価されるためにも勝って欲しいと思います。
    私も気持ちをリセットして応援します。長文失礼しました。

    投稿: ”お” | 2007年9月13日 19:27

    厳しい見方かもしれないけれど、結果が全てだったはず。オーストラリア対戦チームはまるで孤立無援の玉砕戦を強いられたのだから。余計に勝利しか答はなかったはず。どんなに心熱くなるラスト5分間見せてくれても、この試合は結果が第一だったはずです。そのことをお忘れなきよう。
    しかし、選手の気合いは十分伝わったし、私たちを感動させてくれました。ちょこっと何かが足りなかっただけです。
    これで、上位チームとも十分戦えるという兆しはIRBに見せたと思うし、それを確かなものにさせるために大事なのはあとの2戦です。再び見るものを感動の渦に巻き込みたいものです。
    そんな選手、ファンの素晴らしさに比べて、トップの人は・・・
    この時期に監督辞めさせるというなら、一緒に自分も責任とって辞めるべきでしょう。

    投稿: シン | 2007年9月13日 16:47

    村上さんに質問なんですが、真下さんはあの会場にいて、あんなことを言ってるのでしょうか?協会の人はみな生観戦してるんですよね?

    投稿: ken | 2007年9月13日 16:34

    今日は眠くて眠くて仕事になりませんねぇ。3時まで観戦して、その後もしばらく興奮して眠れませんでしたから。みなさんも同じでしょ?
    最近こんな試合見たことなかったですよね。よくてもせいぜい後半20分までで、あとは突き放される一方だったし。もちろん負けは負けだけど、ラグビーってやっぱ面白いなあと思えました。
    ただ、ただ‥SHのけがは痛すぎた‥ 矢富が入って流れが変わっただけに痛かった‥

    いかん、いかん、まだ2試合あるんだから前を向かなきゃ!!
    ウェールズをどうにか苦しめてくれ!!

    投稿: ちょこぼーる | 2007年9月13日 16:18

    JKの解任発言には、腹がたちます。
    前のW杯に比べてひどいでしょうか、そうは思いません。この短期間でこのまでしてくれたのに、
    それに、国際的にも日本の立場を説明してくれているのにひどい事だと思います。
    村上さんどうなんでしょう。。

    投稿: FL7 | 2007年9月13日 15:28

    村上さんの言葉、皆さんのコメントを見ていて、また目頭が熱くなってしまいました。ラストのアタック・・・、みんな戦っていたんですね。

    投稿: roki | 2007年9月13日 13:44

    日本ラグビー協会・真下昇専務理事(68)が11日、同HCの続投を
    基本路線としつつ「あまりに(W杯で)ひどい内容であれば、カーワン
    と話し合わないといけない」と話した。(日刊スポーツ)

    「真下氏の解任要求はこちら」

    http://www.rugby-japan.jp/inquiry.html

    投稿: no.23 | 2007年9月13日 12:46

    今日の試合程勝てなかった事に悔しいと思ったことはないです。

    SHが2人怪我してもあれだけ全力を尽くして勝利を信じて、自分達が歴史を変えると意気込んで紙一重の試合をした、死力を尽くしたJAPAN、「Brave Blossoms」には感動しました。
    それだけにただただ残念、悔しい思いです。

    でも、それを目の当たりにしているはずの専務理事が目の前の事が見えてない。JAPANを信じてない、共に戦っていない。
    そんな人がJKの退任について発言するなんて許せない。
    辞めるべきはあんただろと言いたい。

    「大会が終わればチームとして検証する」?
    それを今まであいまいにしてきたから、JAPANの継続した強化ができてないんじゃないですか?
    選手のポテンシャルは十分にあるはずなのに、監督が変わる度にゼロからチームを作らないといけない。
    実際には見ていないけど、大西鉄之祐さんが考えた理論は今でも色褪せず世界に通用するはずなのに、継承されていない。

    検証をするなら「結果」だけじゃない。
    このワールドカップが終わった時、JAPANは前回のワールドカップからどのようなプロセスを踏んで今回のワールドカップを終えたのか。
    JKがHCを始めてから7ヶ月でどのようなプロセスを経てJAPANというチームが変わりワールドカップに挑み、戦ったか。
    そして今後どのような強化プロセスを踏んでいくのか。
    その為に必要なベストのヘッドコーチは誰なのか。
    そこまでしてJKではないと判断し、JRFUがレビューの明確に説明責任を果たす意志があるのか。


    まだ残り2試合ある。
    ウェールズもカナダもタフな試合になる。
    JAPANの選手達、JKやスタッフを僕は信じている。

    「We must believe」


    Lukeのグラバーキックは、フィジーDF裏が空いたのと、トライが取れなくてもペナルティアドバンテージを得ていて、一旦リセットしてアタックが出来ると判断したからチャレンジしたのではないでしょうか。
    グランドにいる一人一人の選手は日本代表としての誇りを胸に全力を尽くしている。
    プレイについて、たらればを言えばきりがないですよ。
    あれだけの試合をした彼らにはなおさら僕は言えない。

    投稿: FlankerNo6 | 2007年9月13日 12:28

    惜しい!残念!悔しい!!
    1点でも上回れなかった結果が全てなのかも知れませんが、本当によく頑張ってくれたと思います。

    トンプソンのキックはアドバンテージを利用して、成功しなくても考える時間が取れるという計算だったと思います。

    あそこのペナルティで、誰でもいいから控えの元気な選手を入れて、ボールを持たせたら…なんて考える余裕なんてあるはずないですよねぇ。

    でも、今回のパフォーマンスなら、主力温存予想のウエールズ、そしてカナダ戦、期待出来ると思います。

    投稿: らぐじ~ | 2007年9月13日 11:20

    トンプソンのキックは、ペナルティをもらってたからやってみたギャンブルで、かつ一旦ゲームを切って落ち着かせるためだったように見えました。でもフィジーも落ち着いてましたね。無理に止めに来ないし、反則しないし。
    怪我人は心配ですが、まだ二戦あります。ということは、まだ二勝できるのです!
    もうカナダ戦のことは忘れて、カーディフでの戦いに全てを出して欲しい。ウェールズは、タイプ的にフィジーよりも日本が戦いやすい相手だと信じて、ポジティブに。
    今回は善戦への拍手でしたが、次は敵地で憎らしいくらいにファイトして、ウェールズサポーターのブーイングと絶望の溜め息を浴びましょう!

    投稿: のびた | 2007年9月13日 11:09

    スポーツ新聞の記事にJKの退任問題が取り上げられていたが、言語道断。
    まだW杯は終わっていないでしょう。

    この時点で、未定としながらもそういう発言は許せない。

    少なくとも3年強もの間代表の強化を混迷させたのは何が原因だったのかしっかりと考えて欲しい。
    頭を下げてでもJKに継続強化をお願いするくらいの気持ちがあってもよいのでは?
    アジア予選を通過した時点のJAPANであれば間違いなく昨日のような試合はできなかったはず。

    選手も今現在JKを信じてW杯を一生懸命戦ってるところでしょう。我々もそうです。
    寝不足なんて関係なく気合いを入れて応援してるのです。

    ファン、選手、チーム首脳陣が一丸となっている時に、二度と水を差すようことは言って欲しくない。

    村上さんはどうお考えでしょうか。


    投稿: kakurug | 2007年9月13日 10:55

    久しぶりに見ていて熱くなる代表の試合。でも、感動だけに惑わされてはいけない…
    組織的で魂のこもったディフェンスに拍手、一方で稚拙なアタックに溜息といった感想でした。
    全敗に終わったとしてもJKに続投してもらい、一貫したジャパンのチーム作りを見てみたいものです。

    投稿: 元D | 2007年9月13日 10:52

    時間通り放映されなかったため、ネットで途中経過を知ってしまった。シーソーゲームになりそうな感じがしたし、その通りになった。一喜一憂で面白く思わせるのだが、交流試合や遊びならそれでもいいけども、勝つことが目的なら、さらなるパワーを出してもらいたかった。何やっとるーと厳しい声援も必要かと思いました。

    投稿: Y | 2007年9月13日 10:45

    負けは負けでも、明らかに変わってますよ、以前のjapanと比べて。まだまだヘッドコーチを続けてくれますよね、JK。これからも頼みますよ。

    投稿: マシューバークファン | 2007年9月13日 10:31

     またまた善戦止まり・・。正直な感想である。

    まず、良かった点は後半終盤迄しっかりDF出来たことで、これは代表にとっては成果。評価したい。また以外?やスクラムも健闘。モールも勝負できた。二、三列のNZ人のスキル、フィットネスは流石であった。
     
    以下は、反省点。
    ・敵陣に入るまではキックというプランだったが、多用し過ぎ。日本人の特徴が殆ど生かされていなかったし、面白みに欠けた。

    ・日本人は第二にボールをリサイクルするのが下手で手足の長い相手に絡まれまくり、いい球だしが出来なかった。

    ・やはり裏に出られると独走を許した。敵陣22からのトライは・・。

    ・選手の起用
    有賀は本当にノッコンが多いし、通じるのは国内のみ。東芝のSHは容易にキックするし、判断ミスが多い。他にフロントローの強化。これが今のベスト??
    そして主要ポジシヨンにはやはり日本人がいてほしいものである。

    代表を見続けてもう数十年。過去の失敗を未だに生かされていない協会には言葉を失う。ウエールズも強豪。カナダ戦には是非一勝を!!願いたいものである。


    投稿: ponta1415 | 2007年9月13日 10:04

    村上サンの言葉に同感しながら読ませて頂きました。
    試合前からの胸の高ぶり、緊張感があり、西浦達吉選手に涙がうっすら見えた瞬間、この試合に賭ける意気込み、気迫を感じました。これほど熱く感じたのはいつ以来かわかりません。
    合言葉の我慢は十分なくらい浸透してました。SH2人負傷しても選手皆、特にルークトンプソンの前に行く気持ちが伝わり、残り5分凄まじい攻防は非常に残念でなりませんが、果敢に挑み、最後まで誇りを持ち、諦めない、勝利にこだわった熱い姿勢こそ、怪我で戦列を離れた同志達、多くのファンや国内でプレーする方々の心に焼き付いたと思う。国内リーグの方向性、成長は間違ってないと証明された。
    これから総力戦になりますが、選手一丸となって残り2試合勝ちにこだわって貰いたい。その気持ちこそが勝利をもたらし、ラグビー発展に繋がると信じてます。

    投稿: sasa | 2007年9月13日 09:49

    あと一歩、悔しい!でも感動しました。死力を尽くした全員に感謝です。いままでのJAPANなら途中から点を引き離されていったことでしょう。最後の総攻撃の火蓋をきるBKの選手がボールを持って走りだした時、あの新緑郎さんが『いけ~!!』と絶叫したのには鳥肌がたちました。ポルトガル、ナミビアなどほとんどの弱小国が健闘し、日本だけ取り残された思いがありましたが、今日の試合は日本のラグビーファンでなくとも、楽しめ、感動できたのではないかと思います。あとは勝利を祈ってます!

    投稿: ぼん | 2007年9月13日 09:47

    日本のテストマッチでこれ程熱くなれたのは久しぶりだったような気がします。
    ノーサイドの瞬間、グランドに大の字になる選手と、戦いきったことを象徴する清々しい選手の笑顔がとても印象的でした。
    日本人以上に武士道を重んじるカーワンHCの指導が浸透し、「サムライ・ラグビー」とでも言うべき、気持ちの伝わってくるゲームでした。
    いいゲームを見せてくれたフィジー選手にもありがとうを言いたいと思います。

    投稿: ナオキ | 2007年9月13日 09:43

    立ち上がりからすごくジャパンがいい状態で攻めている姿には、鳥肌が立ちました。

    欧米人に比べれば小さい体なのに、試合の最中はまったくそれを感じませんでした。心が震えました。

    SH吉田、弥富の立て続けの怪我がなければ、勝ちは間違いなく日本にあったはず。悔しくてたまりません。

    そしてトンプソンが最後でキックしたのは・・・。あのままボールをつないで欲しかった。

    負けてしまいましたが、選手たちの素晴らしいスピリットに本当に感動をもらいました。ありがとう。そしてカナダ戦は勝ちに言ってください

    投稿: aika | 2007年9月13日 09:20

    最後の攻防、非常に力が入りました。
    トンプソンの最後のグラバーキックは不可解な
    プレー選択でしたが、おそらく
    限界・極限中でのプレー選択
    だったのでしょうね。
    このような試合の積み重ねを地道に
    重ねていくしかないのでしょうね。
    サッカーの「ドーハの悲劇」ではないけれど
    日本ラグビー「世界8強入りへの扉」をこじ開ける
    ための分岐点になるように・・・(泣。。。)

    悔しくて悔しくて・・・昨晩は
    眠れませんでした。ゴールデンタイムに
    放映できるくらい、もっと「日本ラグビー」
    をJKに強化してもらいたいです。
    このチームの進化・・もっと見たいです。


    投稿: 日田のはちべい | 2007年9月13日 08:59

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/16432403

    この記事へのトラックバック一覧です: フィジー戦結果:

    » アイドル流出画像・動画コレクション [アイドル流出画像・動画コレクション]
    「ハイスクール・ミュージカル」の女優、ヌード流出で謝罪 [続きを読む]

    受信: 2007年9月13日 09:25

    » ラグビー フィジー戦 [アイドル芸能新聞]
    ラグビーW杯 日本代表 フィジー戦に向け練習産経新聞【トゥールーズ(フランス)=橋本謙太郎】ラグビーW杯1次リーグ予選B組の日本代表は11日夕、12日のフィジー戦に向け、試合会場となるル・スタジアムで最終調整を行い、芝... [続きを読む]

    受信: 2007年9月13日 11:38

    » 天気 [カラフルフルーツ]
    の場所 打開するため イラクの民間人犠牲者 [続きを読む]

    受信: 2007年9月13日 13:33

    » あと一歩及ばず [浜松ラグビークラブ]
    フィジー35-31日本でした。後半最後の猛攻で何とか1トライと願ったが、それは残念ながらかなわなかった。しかし、気持ちは伝わってきた。久しぶりに熱くなった。低いタックルでフィジーの突進を何回も止めた。そのスピリットは観客のスタンディングオベーションになっ... [続きを読む]

    受信: 2007年9月13日 14:01

    » フィジー戦の最新記事 [トレンド一番館]
    トレンド一番館より最新トレンドをご紹介!フィジー戦結果フィジー戦が終わった。会場を埋めた大観衆からのスタンディングオベーション、そし...(続きを読む) フィジー戦当日いよいよ今日がフィジー戦。 今日の試合はラグ... [続きを読む]

    受信: 2007年9月13日 15:59

    » フィジー戦     最新 ニュース [台風 ハリケーン 秋 カテゴリー5 朝青龍 モンゴル]
    日本はフィジー戦に向け最終調整デイリースポーツ【トゥールーズ(フランス)11日共同】ラグビーのワールドカップ(W杯)で1次リーグB組の日本は必勝を期す第2戦のフィジー戦に向け、会場となる当地の市営競技場で11日、約1時間半の前日練習を実施した。報道陣に公開した冒頭の20分間は、パス回しなどで芝生の感触を ...(続きを読む) 有賀「このままじゃ日本は終われない」 フィジー戦朝日新聞フィジー戦で日本の最後のとりで、FBを担うのは有賀剛(23)=サントリー=だ。当初は控え組が出場した豪州戦に先発予定だ... [続きを読む]

    受信: 2007年9月13日 17:07

    » ラグビー フィジー戦ドラマ見ました [FIOOO]
    日本代表、2チーム制解消へ=ラグビーW杯、注目される次戦メンバー時事通信【トゥールーズ(フランス)13日時事】ラグビーの第6回ワールドカップ(W杯)に出場している日本代表は、12日に行われた1次リーグB組のフィジ... [続きを読む]

    受信: 2007年9月13日 19:20

    » フィジー戦 [橋崩落 高速  ミネアポリス  道路  米ミネソタ  川  ミシシッピ川 ]
    日本代表対フィジー戦日本代表対フィジー戦の始まる前、プレマッチファンクションに参加すると、あまりにも多くのIRB首脳陣がいることに驚かされました。(続きを読む) フィジー戦結果フィジー戦が終わった。会場を埋めた大観衆からのスタンディングオベーション、そし...(続きを読む) フィジー戦当日いよいよ今日がフィジー戦。 今日の試合はラグビー人生においていくつかの岐路を左右する重要な試合の一つである。日本ラグビーの将来がこの試合にかかっているといっても過言ではない。 キックオフは18:00。それまで数... [続きを読む]

    受信: 2007年9月13日 19:58

    » 勝敗を超えた感動をありがとう!ラグビー日本代表大善戦!! [IXY-nob]
    キックオフ直後から、日本の気合は相手(フィジー)をはるかに上回っていた。 ジャパンの鋭く突き刺さるタックルで、南洋の大男たちはたまらずボールを落とした。 ハンドリングスキルに長けたフィジーの選手がタックルされてノックオン(ボールを前へ落とす)することはほとんどない。密集でのボールの争奪戦でも、ジャパンフォワードはたびたび敵ボールを毟り取った。 ここでもすばやいパス回しで相手を幻惑する「フィジアンマジック」と呼ばれるプレーを封じた。惜しむらくは、集中力と精度の高かったディフェンスに比べると、オフェンス... [続きを読む]

    受信: 2007年9月13日 20:05

    » 日本vsフィジー戦後 [Dickersonの夢]
    最後にもう一度立て直して、攻めつづけた。最後の最後まで追い詰めた。トゥールーズのお客さんを惹きつけた。 試合終了後も拍手が鳴り止まなかったし、しばらく席を立つ人はほとんどいなかった。 少し異様な興奮状態のスタジアムに、胸が熱くなった。 しかし、それでもと思う。 やはり勝ちたかった。勝たなければならなかった。 ... [続きを読む]

    受信: 2007年9月13日 21:06

    » ラグビー フィジー戦 [芸能総合エンタメ!]
    カーワン日本総力戦でフィジー撃破だ日刊スポーツラグビーW杯フランス大会に出場中の日本代表は12日(日本時間13日未明)、1次リーグ(L)2戦目のフィジー戦を迎える。ジョン・カーワン・ヘッドコーチ(HC=42)は... [続きを読む]

    受信: 2007年9月14日 01:05

    » ラグビー ルール [おもろいニュース]
    高校野球って 選手の体調を まったくと言っていいくらい 無視していませんか!?高... [続きを読む]

    受信: 2007年9月14日 21:20

    » ラグビーw杯 [話題独占]
    クリアランス!30%OFF!2007年NEW!カンタベリー キッズラグビージャー... [続きを読む]

    受信: 2007年9月14日 21:54

    » 大学ラグビー [newsナニかあるかな?]
    指に触れて、つかめず=ラグビーW杯第2戦W杯第2戦.(続きを読む) サッカー・岡... [続きを読む]

    受信: 2007年9月14日 22:11

    » 稼げる キーワード [稼げるキーワードをラクラク発見できるツール]
    稼げる キーワード [続きを読む]

    受信: 2007年9月14日 23:42

    » ラグビー08 [にゅ〜す芸能とかイロイロ]
    ラグビー・アメフトが好きな方へ、質問です。ラグビー・アメフトが好きな方へ、質問で... [続きを読む]

    受信: 2007年9月15日 04:44

    » ラグビー 部 [ニュースナビ]
    清宮革命・早稲田ラグビー再生商品価格:579円レビュー平均:4.0なぜサッカーは接触プレー後に痛いを連呼してひっくり返ったりする様な大袈裟で見...なぜサッカーは接触プレー後に痛いを連呼してひっくり返ったりする様な大袈裟で見苦しい行動が多いの? ラグビーは、どんな..... [続きを読む]

    受信: 2007年9月15日 13:03

    » ラグビーw杯 [今日は何があったかな?]
    イングランド歴史的屈辱/W杯ラグビー日刊スポーツW杯でイングランドの完封負けは初... [続きを読む]

    受信: 2007年9月15日 13:56

    » フィジー戦 雑感 [体脂肪マン的個人日記]
    試合が終わって4日目の朝である。 ちょっと遅くなったけれど、フィジー戦雑感。 会社の組織変更発表以来の激務と連日の夜更かしがたたって、試合当日はかなり眠かった。 放送開始までなんとか起きてはいたものの、試合最後まで見ている自信がなかったが、杞憂に終わった。 くだらん前振りの放送が30分近くあり、選手入場シーンが映される。 達吉のクローズアップ。 目には涙。 俺のスイッチもON。 覚醒完了! 試合前の国歌斉唱。 選手全員に気持ちが入っているのがブラウン管から感じる。 (はやくPDPから感じた... [続きを読む]

    受信: 2007年9月16日 11:33

    » ラグビーW杯 日本代表-フィジー代表 結果 [ココロミ]
    まさに、壮絶な戦い。ノーサイドの笛が吹かれると、日本代表選手たちがバタバタとグラウンドに倒れていました。最後まで諦めず攻め続けたその気力。トライを奪いに必死でボールを確保する姿。最後の5分間の攻防は、勝利への執念のぶつかり合いでした。【結果】9月12日(水)フランス・トゥールーズ 18時キックオフ (日本時間 9月13日(木) 午前1時)日本代表 ● 31-35 ○ フィジー代表 (前半 9-10) ◆日本代表出場メンバーFW:1西浦 達吉、2松原 裕司、3相馬 朋和、4大野 均、5ルーク・トンプソ... [続きを読む]

    受信: 2007年9月18日 23:53

    » フィジー 2007/09/13~09/19 [(メモ的)話題の動画・情報収集ブログ 第四倉庫 旅行]
    フィジーについての最近の情報です。 [続きを読む]

    受信: 2007年9月19日 18:55

    » フィジーに敗戦・・・。勝ってほしかった一戦。 [OL的 『ラグビーワールドカップ』 の愉しみ方!]
    カーワンジャパンが勝ちにいったこの一戦。 とはいえ、フィジアンマジックのフィジー、そうは簡単にはいかないぞぉ〜。 と冷静に考えるワタシもいるわけです。 結果終わってみれば・・・。 31 vs 35 わずか4点差で敗戦。 粘りづよいディフェンスに、あきらかにフィジーは根負けしている感じ。 もしかしたら・・・?と思った局面も幾度となく。 でも、残念なことに日本側も小さなミスが重なった。 う〜ん。あのミスがなければ・・・。 もしSH二人負傷がなければ・・・。 もし・・・。もし・・。と悔やまれることばかり。... [続きを読む]

    受信: 2007年9月20日 00:55

    « 第2戦前日 | トップページ | 一夜明けて »