« W杯9日目/バルーンが… | トップページ | ウエールズ戦直前 »

W杯10日目/カーディフ

19日早朝、パリのホテルを出発し、カーディフに向かった。またしても飛行機は遅れた。しかし、僕の席は、15番A席。「15番のええ席」ということで関西生まれのラグビー愛好家には、めちゃくちゃ縁起のいい番号だ。ちなみに、大畑選手がテストマッチのトライ数世界記録を作ったとき、大阪行きの「のぞみ」は、1番A席だった。一番ええ席で、一番ええことがあったわけだ。今回もええことがあるはずである。

Mst

カーディフに入ったのは午後2時。ホテルにチェックイン後、すぐにミレニアムスタジアムへ。曇り空。気温は、16度くらい。スタジアムの中に入ると、カーワンHCの会見が始まっていた。「これまでにないほどのディフェンスをしなければならない。80分間選手が集中すること」などと話していた。

Mjk

Mst1

練習は最初の20分だけ公開で、あとはシャットアウト。今大会は、報道陣への規制も非常に厳しい。練習後のコメント取材も、ミックスゾーンと言われる限定された場所だけで、バスに近づこうとしたら押し戻された。「日本ラグビーの進化を証明したい」と箕内キャプテン。3年前、この場所で日本代表はウエールズに98点を奪われる大敗を喫した。その時のことを報道陣に質問されての答えである。僕もあの時、この場所にいたのだが、日本のチーム力は間違いなく向上している。いい戦いができるはずだ。

Mcap

グラウンドはかなり滑るようで、選手もスパイクの選択に気を使っているようだ。最近は、固定式ポイントのスパイクを履いている選手も多いが、取り替え式のスパイクを履く選手は、日本では通常、13ミリか、16ミリのポイントらしい。でも、今回は規定最大限の18ミリを使う選手もいるようだ。僕も実際に芝生を触ってみたのだが、昨夜の雨もあってかなり緩い感じがした。ステップを踏むときは注意しないと滑って転んでしまいそうだ。

きのうの日記で「ウエールズ代表はほぼベストメンバー」と書いたのだが、最近のメンバー編成からするとかなり変更があった。失礼しました。しかし、ベテランのスティーブン・ジョーンズをSO、ジェームズ・フックをインサイドCTBと、卓越したゲームメイカーを2名置くなど、経験豊富な選手と若手の融合したメンバー編成ではある。キャプテンのガレス・トーマス、CTBソニー・パーカーは怪我で欠場。CTBトム・シャンクリンはリザーブに入るが、大会前、Bチームで臨んでくることが予想されたようなメンバーではない。

それでも、こちらのメディアでは日本に「ノーリスペクト」ととらえられているようだ。それはカーワンHCも同じことで、ウエールズのメンバー発表後、日本代表チーム全員(スタッフにも)の部屋に、直筆メッセージを届けたという。内容は、次のようなものだった。

「ウエールズ代表はメンバー発表で、我々に対してノーリスペクトを表してきた。必ずや相手を撃破し、武士道精神を見せつけろ」

JKの怒りは、選手達の闘志に火をつけたはず。歴史的な試合を期待したい。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « W杯9日目/バルーンが… | トップページ | ウエールズ戦直前 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    いつも会場のピッチや会場内しか映らないので、ミレニアムの外観とかの写真は嬉しいです♪
    秩父宮も建て直すときはクラシック調の外観にしてほしいですね。

    それにしてもウェールズがノーリスペクトとは。
    いくら格下でもいままではそんなことはなかったような。
    やはり2004年遠征のなめきった編制で出向きながら98失点という大罪が尾を引いてるのでしょうか。
    あの時は二度と来るなとまでいわれたし。

    1983の時のカーディフの観客がジャパンの直向きさに拍手するような、また信頼を取り戻す戦いをしてもらいたい。
    もちろん今度はあの24 - 29の5点差で負けた仇をとってもらいたい。

    投稿: ターボ | 2007年9月20日 21:25

    村上さんの関西系の「運」を強く信じて、
    未明からJ-SPORTSにかじりつきますっ!!

    投稿: ryuryu | 2007年9月20日 20:55

     ウェールズ、大量点を取りにきた、って感じのメンバーに見えます。
     しかし、スティーブン・ジョーンとフックがこの形で共存できるなら最初からやってるはず。そうしなかったのは、やはりディフェンス面に不安があったからではないかと。というわけで日本のBKでのラインブレイクに期待です!
     フックは創造力のあるいい選手だけど、若いしポカもやる。大西選手の相手に接近してからのパスに今村選手が斜めに走りこんできて……! 何度か抜かれたら向こうも焦り始め……、しかし頼りのベテラン・ガレス・トーマスはベンチにもいない!
     ポジティブな想像しか浮かんできません!
     バックスリーも強力だし、歴史を変える戦いを期待して観戦します!

    投稿: のびた | 2007年9月20日 20:48

    村上さん、カーディフまでの移動&取材おつかれさまでした。いよいよウェールズ戦ですね。今から胸が高鳴ってます。試合開始が日本では早朝なので私にとっても出勤前の大一番です。まさに「決戦の金曜日」、DREAMS COME TRUEジャパンを信じましょう!

    投稿: りゅうくん | 2007年9月20日 20:03

    日本時間は朝の4時からかぁ~
    寝ずに観戦か、一旦寝た方がよいのか?
    どちらにしても気合入れて見るんで、眠い眼を覚ましてくれるような試合を期待してます!!

    投稿: ちょこぼーる | 2007年9月20日 15:02

    JAPANとサモア、何だか同じような状況になってますね。
    今週の相手はウェールズとイングランド。HCはJKとMJ。
    ともに6NATIONSの一角を崩して前進することを期待してます。

    投稿: arumon | 2007年9月20日 12:32

    村上さん,エッフェル塔であった家族です。覚えてくれてますでしょうか?帰国してブログを拝見させていただきました。ブログに書かれていたサクレクール寺院でのミサンガのことですけど,私たちは無理やりつけられ被害にあってしまいました。(くやしい~)

    まだまだ現地におられるとおもいますが体に気をつけて頑張ってください。日本で観戦しています。

    投稿: エッフェルで会った家族です | 2007年9月20日 10:57

    この座席、“村上さん、試合に出て!”って意味じゃないですか?(しつこい?)

    スパイクの件は、普段履きなれない長さのポイントを使って、疲れたり、足が痛くなったりしないか心配です。

    日本では大野選手がフィジー戦のあと、6kgも体重が落ちたなんていう記事もありましたけど…。

    何とか頑張って勝利を!

    投稿: らぐじ~ | 2007年9月20日 10:50

    ドラゴンスレイヤーになって欲しいです。
    チーム・スサノウ(日本のドラゴンスレイヤー)とでも呼ばれて欲しいです。

    遠い空の下 心を込めて応援します!!

    投稿: なぱん | 2007年9月20日 10:17

    JAPANにとっても、村上さんにとってもええことがありますように☆
    それが私にとってもええことでもあるはずヾ(*^-^*)ゞ
    歴史的な試合・・・楽しみです♪

    投稿: SZ | 2007年9月20日 05:18

    デューク・エリントンご推奨の「テイク ア ええ トレイン」とは御目出度い、さらに今回は村上さんの会社まで縁起いいですね!
    「フルバック ええで」とまでベタ褒めされ、きっと最高の仕事になりますよ
    キャプテンの気合いも鬼気迫るもの
    レッドドラゴンがビビって、後ろで真っ白になっちゃってますやん

    投稿: ナベゾ | 2007年9月20日 05:09

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/16508060

    この記事へのトラックバック一覧です: W杯10日目/カーディフ:

    « W杯9日目/バルーンが… | トップページ | ウエールズ戦直前 »