« W杯13日目/トンガ躍動 | トップページ | さあ、カナダ戦 »

W杯14日目/ボルドーへ

23日早朝、深緑郎さんは先にボルドーへ。僕と矢野さんは、パリのIBC(国際放送センター)に行って、オーストラリア対フィジーの実況解説。次のウエールズ戦にターゲットを絞って主力を温存し、若手主体で臨んだフィジーをオーストラリアが圧倒する。今大会は、一次リーグで選手のコンディションに配慮しながらのメンバー編成が目立つ。その中ではオーストラリアがここまで3戦はほぼベストの布陣で戦い続け、着々とチーム力を高めている感じがする。それにしてもグレーガンのボールさばきの上手さにはいつもながら感心させられた。

Cola

午後5時(フランス時間)からは、エジンバラのマレーフィールドでスコットランドがNZ代表オールブラックスを迎え撃った。客席は超満員だったが、結果的にはオールブラックスが力の違いを見せつけた。スクラム強いなぁ。僕と矢野さんは、この試合の前半を見たところでボルドーへ移動するため空港へ。急ぎで乗ったタクシーではあったが、こんなにスピードを出すタクシーは初めてだった。ゲームを見ているみたいに次々先行車を追い抜いてあっというまにオルリー空港に。到着した時、心底ほっとした。この人、きっとレーサー志望とか、プロに近い人だと思う。怖かった~。

Bordeaux

ボルドー行きの飛行機では、隣に5歳か6歳くらいの少年二人が座ったので、知っている限りのフランス語で会話してみた。その結果、ボルドーに住む6歳の少年とわかり、「好きなスポーツは?」と聞いたら、「フット」(サッカー)との答え。「僕はラグビーが好き」と言ったら、「カマテ、カマテ」とオールブラックスのハカを始めた。こんな少年でもハカは知っているんだと思ったら、こちらのトヨタのコマーシャルで覚えたようだった。一枚目の写真のように、W杯に関係する企業はほとんどラグビーを感じさせる広告を作っている。ジダンがラグビーをするコマーシャルも見たが、とてもよくできていた。ボルドーの空港は、さすがにワインの名産地とあって、荷物の受け取り場にもワインの巨大ボトルが。空港の出口を出ると、柱にW杯の旗がいたるところに巻き付けられていた。

Bordeaux2

僕は夜遅くに入ったので見られなかったのだが、日本代表は夕方、カナダ戦に向けて念入りにトレーニング。そして予定メンバーも発表になった。肋軟骨を痛めた大西選手はなんとか出場できる状況のようだ。他にも怪我を抱える選手が多く、終盤はリザーブの選手を次々に投入することになるだろう。総力戦で16年ぶりのW杯勝利を目指す。

◎対カナダ代表戦、日本代表出場予定メンバー
1西浦達吉、2松原裕司、3相馬朋和、4大野均、5ルーク・トンプソン、6ハレ・マキリ、7フィリップ・オライリー、8箕内拓郎、9吉田朋生、10ブライス・ロビンス、11クリスチャン・ロアマヌ、12大西将太郎、13今村雄太、14遠藤幸佑、15有賀剛、16猪口拓、17山村亮、18ルアタンギ・侍バツベイ、19木曽一、20金喆元、21平浩二、22小野澤宏時

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « W杯13日目/トンガ躍動 | トップページ | さあ、カナダ戦 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    小野選手をSOに入れて、当初からJKが考えていたジャパンの戦い方を最後の試合ぐらいやってほしかった。

    怪我人が出てから、とってつけたようなポジション変更でロビンスがSOにまわったり、クリスチャンをFBに入れたり・・・。
    まったくバックスが機能しているように思えません。

    あれほど言っていたキックパスもまったくやれてないし。

    機能していないロビンスをいれてまで小野選手をだせないのであれば、なぜ彼がスコッドに入ったのでしょうか。

    最後の試合ぐらいJKが始めに思っていた戦い方でいってほしい。それで負けたのであればまだ納得できるのですが・・・。

    投稿: ターボ | 2007年9月24日 22:39

    カナダ戦のメンバーに、将太郎が入っているのを知って驚きました。
    もともと痛がらない選手なのに、ウェールズ戦で痛みを訴えていたので、ただ事じゃないと思っています。
    ウェールズ戦でオライリーが変更になったように、また交代があるかも・・・
    ファンとしては、出場してほしいような、タックルに入れないならやめてほしいような、複雑な気持ちです。
    明日に備えて、今日は体と心を休めておきます。
    村上さん、小林さん・矢野さんとともに、中継お願いします。

    投稿: みえこ | 2007年9月24日 21:40

    最後の外人戦を見るつもりです。外人同士の試合は全く関心がないので、カナダ戦についてのいろいろな今の状況(分析)が知りたいです。そして、観戦の参考にしたいと思っています。仕事上、無理かと思いますが、分かる程度、日本とカナダの試合までの様子を載せていただけると有り難いです。素人としては、試合に勝てる人選と言うことでのみしか分かりません。また、それを信用してテレビを見るしかありませんので。

    投稿: Y | 2007年9月24日 14:04

    大西選手の出場が決定したようです。不安ですが、彼の強い気持ちに期待します。今村選手とリザーブの平選手がいかに大西選手とロビンス選手の負担を少なくするかが、一つのポイントになるような気がします。

    泣いても笑っても、このワールドカップ最終戦がカナダです。試合間隔が短いですが、すべての力と気持ちをこめて、1勝を目指して頑張ってください。

    村上さん、JAPANの勝利の瞬間を熱く熱く放送してください。期待してます。

    投稿: 単身赴任パパ | 2007年9月24日 11:14

    今大会の放送は特に音声の乱れが気になります。主音声では場内音が消えたり副音声ではノイズ音や実況にエコーがかかったり。これはJスポさんの問題ですか?それとも大元の問題ですか?

    投稿: no.23 | 2007年9月24日 10:09

    各プールの順位と勝ち点

     プールA
       南アフリカ     14
       トンガ        9
       イングランド     9
       サモア        1
       アメリカ       0

     プールB
       豪州        15
       フィジー      10
       ウェールズ     10
       日本          1
       カナダ         0

     プールC
       ニュージーランド  15
       スコットランド   10
       イタリア       8
       ルーマニア      1
       ポルトガル      0

     プールD
       アルゼンチン    14
       フランス       10
       アイルランド      9
       グルジア       1
       ナミビア       0

     決勝トーナメント進出を決めたチームもありますが、
    最終戦に雌雄を決するチームもありまだ眼が離せません。
    またプール1位通過は組み合わせから見ても各プールの
    1位です。全組2位と3位の直接対決が残りました
    この辺の争いも面白いところです

    投稿: 瑞穂 | 2007年9月24日 09:52

    大西選手、ホントに大丈夫なんでしょうか…。

    投稿: らぐじ~ | 2007年9月24日 09:46

    これまでの3試合ではほとんど組織的に意図したアタックを観る事が出来ませんでしたが、ポジティブに締めくくると言うカーワンの言葉通り、スカッとさせてくれる場面を期待したいと思います

    投稿: ナベゾ | 2007年9月24日 09:17

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/16552005

    この記事へのトラックバック一覧です: W杯14日目/ボルドーへ:

    « W杯13日目/トンガ躍動 | トップページ | さあ、カナダ戦 »