« W杯17日目/雨のパリ | トップページ | トップ8決まる »

W杯18日目/トップ8争い

29日、パリは朝からどんより曇り空。午後3時あたりからようやく晴れ間がのぞいた。朝はホテルで原稿書き。味噌汁が食べたくなって、深緑郎さんにお湯を沸かすポットを借りた(深緑郎さん、パリで購入)。出発前に餞別にもらった即席味噌汁である。最近は僕の主食になっている。さて、29日の4試合の内容に触れますので、録画で見る方は気をつけてください。

きょうは一日中、パリ郊外の国際放送センターにいた。ニュージーランド対ルーマニア、オーストラリア対カナダ、ウエールズ対フィジー、スコットランド対イタリアという注目の4試合を観た。深緑郎さんは、オーストラリア対カナダを、僕はスコットランド対イタリアの解説をした。

NZは、SOカーターがふくらはぎの怪我で欠場。キャプテンのマコウもリザーブ(控え)スタートだったが、危なげなくスコアを重ねた。タックルされながらのオフロードパスの連発は見事だった。多くのチームが理想とするところだろう。先発メンバーはプレーが雑な部分も多かったが、リッチー・マコウ、クリス・ジャック、ダグ・ハウレット、コンラッド・スミスらが入ると、ルーマニアの疲れもあって、いとも簡単にトライを重ねた。ジャックのステップは切れてたなぁ。オーストラリアは相変わらず安定感がある。ミスはあっても自分たちの形で攻めているからピンチにならない。最終的には、カナダをノートライに押さえ込んだ。この結果、カナダはボーナス点を得られず、日本代表のプールBの4位が確定した。日本が一次リーグで最下位から脱したのは、1991年大会以来のことになる。

そして、ウエールズ対フィジーである。国歌斉唱時、フィジーのキャプテン、ラウルニの瞳から涙があふれ出した。前半は完全なフィジーペース。SOリトルのPGで先制すると、どんどんボールを動かして、FLンゲラ、WTBデラサウが次々にトライ。前半を25-10とリードする。しかし、前半終了間際にンゲラがファウルプレーでシンビンになると、後半、流れはウエールズに。前半はFW戦一辺倒だったウエールズだが、やはりパスでボールを動かしたほうがリズムが出る。WTBウィリアムズの独走トライなどで、29-25と一気に逆転した。ただし、懸命に追いかけていたウエールズにも疲れの色が。残り30分は死闘だった。互いに譲らない攻防の末、残り4分の時点で、フィジーが逆転トライ。リトルが難しいコンバージョンも決めて、38-34とする。トライをとるしかないウエールズもあきらめずに攻めたが最後はフィジーが粘りきった。

終盤の攻防でリトルが膝を痛め担架で退場。観衆は総立ちの拍手で彼を送り出した。劇的勝利のあと、選手達が毛布をかけられたリトルに駆け寄る場面が現地の映像で流れたのだが、点滴をしていたところを見ると怪我だけではなかったのかもしれない。涙を流してみなと手を握りあっていた。フィジーは1987年大会以来のベスト8進出である。リトルは準々決勝ではプレーできないだろうが、正確なプレースキックがきょうの勝利を呼び込んだのは間違いない。本人も納得の退場だったと思う。表情がそれを物語っていた。フィジーが波に乗って走り始めると誰にも止められない。脅威の攻撃力を再確認した。同時に、もし日本がフィジーとカナダに2勝していれば、ウエールズ、フィジー、日本が2勝で並んだかもしれない、なんて都合のいいことを考えたりもした。ウエールズが決勝トーナメントに進出できなかったのは、1991年、1995年大会に続いて、3度目になる。

解説の前に、すっかりエネルギーを使ってしまった感もあったが、スコットランド対イタリア戦も力のこもった試合だった。降りしきる雨の中、互いにキックで陣地を取り、PGで着実にスコアしていく戦い。しかし、この戦い方はスコットランドが長けていた。正確に陣地を取り、ラインアウトも安定。そして、クリス・パターソンの正確無比のプレースキックが冴え渡った。イタリアは、難しい位置からのPGを狙いすぎた気がするなぁ。モールで優位に立っていたのだから、タッチキックでラインアウトからモールを組めば勝てたような気がする。それだけ勝利に対してプレッシャーのかかる試合だったということか。スコットランドは、これで6大会連続の決勝トーナメント進出となった。試合後は、バグパイプバンドがフィールドに入ってきて勝利を祝福していた。

さあ、30日は、一次リーグ最後の大一番、アイルランド対アルゼンチン戦である。

追記◎ウエールズ戦、カナダ戦で日本代表がセカンドジャージーを着た件でご質問がありましたが、これはコイントスで日本が負けたためです。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « W杯17日目/雨のパリ | トップページ | トップ8決まる »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    南アフリカのダニーロッソウはトンガ戦で担架に乗せられて負傷退場してしまいましたが、南アフリカ協会のページを見てもなかなか情報がないので、もし情報があれば教えてください。
    ところでスカルクバーガーの代役で出ていたファンフィールデンはいいですね。ブルズの試合では毎試合ボールハンターとしてマコウ並みに働いてましたよね。

    投稿: Bulls大好き | 2007年10月 1日 23:46

    PNCをJapanと戦ったFijiとTonga。
    日本のチームに所属している、過去に所属していた選手が多くいる両チームの決勝トーナメント進出は素直に喜びたいです。

    Fijiはパウロ・ナワルさん達が魅せてくれた第1回RWCの時のようなFijianMagicを魅せてくれましたね。

    Japanも両チームと同じように互角に戦い、結果が出せるよう強化が進んで欲しいものです。

    投稿: FlankerNo6 | 2007年10月 1日 11:14

    ウェールズはカナダ戦も危なかったし、結局「カーディフ出たらただの人」って感じですね。フランス大会なのに何故だかプール戦の二試合をホームで戦って、このザマで、それでも次大会へシードですか。
    前回優勝国と敗者復活枠国が激しい二位争いを繰り広げた今回を見ても、シードってあまり意味がないんじゃないですかね。
    4年もあれば、チームの強さは大きく変わります。特に選手生命の長いとは言えないラグビーというスポーツで、4年後の強さの保証なんてないでしょう。
    シードするにしても、上位4カ国でいいのではないでしょうか。シード枠を広げるなんてもってのほかだと思います。
    ファーストティアって言葉も、もはや上位8カ国ではなく、上位4カ国(つまり南半球4カ国)に使うべき言葉だと思いますよ。
    もう決まったことなのかもしれませんが、シード枠についてはぜひ再考して欲しいです。
    老舗だけが特権を得て、(予選もなくて弱い相手と戦う必要がなく)いい準備ができ、本番ではいい日程で戦え、それで何とか命脈を保つ。そんなのはもうたくさんです。

    投稿: のびた | 2007年10月 1日 02:36

    この大会を見てティアごとをレベルで二つに分けると、もうファーストティアBとセカンドティアAはいつひっくりかえってもおかしくなく差はほとんどないように思えました。

    そうなるとジャパンはセカンドティアBの位置にいます。
    協会にはここからの4年間、セカンドティアAの位置を目指すことだけを考えてほしい。

    投稿: ターボ | 2007年9月30日 20:05

     ホームユニオンの敗戦・・。不調を伝えられていたウエールズだけにひょっとしてと思ったが・・。

    ウエールズのRUGBYはアングルを変え、早い球だしで攻撃が面白い。又、フィジーはまるでセブンの様にボールを動かし、走りまくった。内容は存分に楽しませて戴いたし、フィジーの勝利には心から拍手を贈りたい!

    特に感心したのはBKSの数はあっているのにチェンジ・オブ・ペースとオフロードでボールを繋ぎまくったスキルには絶賛。容易にキックしないスタイルは他チームは参考にすべきである。

    今大会はトンガ、アルゼンチンといい試合があったが、あえて本大会ベストゲームにあげたい!!

    投稿: ponta1415 | 2007年9月30日 18:18

    ウェールズ対フィジー戦、とにかく内容的にも面白かったです。お互いボールを広く展開して走り回って、3連続トライ同士のスリリングな展開。
    ここまでのベストゲームかな?

    投稿: らぐじ~ | 2007年9月30日 18:12

    ウエールズ対フィジー戦良い試合でしたね。最後までハラハラドキドキして見てました。コンバージョンキックがこれほどゴールポストに嫌われるとは、一本でも決まっていれば違った展開になってたかも。
     カナダも 飛車角抜きのオーストラリアとでしたが、なかなかしまった試合でした。フィジーもカナダも強豪国にも臆せず向かってました。
     その点ジャパンは名前負けしてたのか、オーストラリア、ウエールズ戦は、始めから力が入り過ぎで後半息切れで終わった感じでした。

    投稿: 北陸のファン | 2007年9月30日 16:01

    村上さんおつかれさまです。もう体調のほうは大丈夫なんでしょうか?毎日取材、解説たいへんですね。ご苦労様です。ところでフィジーが決勝トーナメント進出を決めた様ですが、日本に苦戦して、その日本に圧勝したウェールズに競り勝つ、フィジーもよくわからないチームですね。いろいろ事情はあるのでしょうが…。振り返ってみると、日本対フィジーが日本にとって、そしてプールB全体にとっても大きなヤマだったように思います。もし日本が勝っていれば…今でもそう思わずにはいられませんね。

    投稿: りゅうくん | 2007年9月30日 12:25

    こうして予選リーグを振り返ると、決勝ラウンドに進出可能性な千載一遇の大会だったのに、自ら袖を振った様なものですな
    朝日新聞のご指摘の通り、3年以上も無駄な時間を費やした愚行に呆れてしまいます
    国民は自らに相応しい政府しか持てないとは賢人の言葉ですけど、今の日本に相応しい協会なんでしょうね。あれが

    投稿: ナベゾ | 2007年9月30日 11:14

    日本代表のプールBの4位が確定した。と書かれてありますが、日本代表は3位になったと言うことですね。

    投稿: Y | 2007年9月30日 11:00

     決勝トーナメント進出をかけた2位、3位の試合は緊迫しますね。
     フィジーはスクラムの不利を見て難しいかな~、と思っていたら、見事な攻撃での勝利は、見事でした。
     イタリアは最後、どうして何度も失敗しているパントを蹴り上げるのでしょうか。日本もフィジー戦、カナダ戦でインジュリータイムに裏にゴロを蹴り込みましたが、ああ言うのは失敗する確率が高いと思うので、失敗する事を前提に十分取り返せる時間帯でやった方が良いと思います。
     アルゼンチンとアイルランドの試合、死人が出なければいいのですが。

    投稿: rugbyhead | 2007年9月30日 08:57

    昨日のイングランド-トンガ戦を観た後、今朝トゥールーズに向かい日帰りでNZ-ルーマニア戦を観てきました。
    昨日は、イングランドのサポーター、今日はAB,のサポーターばかりでした。
    フィジーがウェールズに勝って、すごいことになりましたね。
    明日のアルゼンチンはどうでしょうか。もう買ってもupsetじゃないですよね。

    投稿: arumon | 2007年9月30日 07:08

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/16614735

    この記事へのトラックバック一覧です: W杯18日目/トップ8争い:

    » アキテーヌ博物館の担当者もウェールズ敗退を惜しんでいるだろう…… それにしてもなぜ「京都産業大学」? [寿司か肉かラグビーか]
    ひとつ前のブログに、「遡れば、私はもともとも、ウェールズのラグビーが好きだった。というより、黄金時代のウェールズのラグビーの映像を見てラグビーが好きになったといってもいい」などと書いたが、それで思い出したのだけれども、ボルドーのアキテーヌ博物館では、今月いっぱい(ということは今日までか)、「LE RUGBY, C'EST UM MONDE」という展示が行われている。上掲写真画像はそのポスター。ボルドー滞在中に私も見に行ったのだけれども、そこで、ラグビーの歴史的映像として上映されていたのは、1973... [続きを読む]

    受信: 2007年9月30日 17:02

    « W杯17日目/雨のパリ | トップページ | トップ8決まる »