« TL土曜日の結果 | トップページ | 眠気に襲われる »

日曜日のTL第1節

日曜日は花園ラグビー場だった。前夜、磐田から京都の実家に戻り、ぐっすり眠って東花園へ。やっと時差ボケ解消かな。久しぶりの花園ラグビー場は雲を見つけるのが難しいくらいの快晴だった。JSPORTSの解説席から試合を眺める。

神戸製鋼コベルコスティーラーズ、NECグリーンロケッツともに首脳陣が交代し、目指すところも攻撃的なラグビー。楽しみにしていたのだが、神戸製鋼が6トライを奪う快勝だった。FW戦ではNECが優位かと思われたが、きょうの神戸製鋼FWは勢いがあった。HO松原、LOウィリス、NO8伊藤ら経験豊富な選手と、PR平島、LO吉田ら若い選手のバランスも良く、ブレイクダウン(ボール争奪局面)でしつこくプレッシャーをかけ、ディフェンスラインもよく前に出てNECのミスを誘った。前半23分には、NECのスクラムを押し込んでボールを奪い、WTB小笠原がインゴールに飛び込む値千金のトライもあった。

トンガ代表SOとして、W杯で大活躍だったピエーレ・ホラも好調を持続。ロングタッチキックで陣地を大きく稼いだかと思えば、タイミングのいいパスでCTB山本のトライを生み出すなど、ワールドクラスのプレーを連発した。何より、ホラ自身に突破力があるのでディフェンダーが無視できないのがいい。ホラが走ってからパスを出すと、スペースができやすいのだ。CTB今村が5人のタックルをかわしたトライ、ホラのドロップゴールがポストに当たって跳ね返ったところに走り込んだ濱島のトライと、1年目の選手もきっちり仕事をした。

「FWの頑張りに尽きる。このゲームを最低ラインとして、毎試合積み上げていきたい」と、後藤翔太キャプテン。平尾誠二総監督も「春から負傷者が少なく、体をぶつけあう練習ができたことが大きい」とFWの奮闘を称えた。プレシーズンマッチでサントリーに完敗したが、そのときとは「別人みたいでしたね」(後藤キャプテン)と、今後の伸びが期待される。

必勝を期していたNECの選手達は落胆の色が隠せなかった。「開幕戦をターゲットにしてきたので、悔しい。NECはブレイクダウンで少ない人数でボールを出すのがテーマ。そこに神戸は人数をかけてきた」(NEC浅野良太キャプテン)。ブレイクダウンからの素速いボール出しを意識するあまり、ブレイクダウンでの激しさを失ったというところか。

SOヤコ・ファンデルヴェストハイゼン、インサイドCTB安藤でボールを動かそうとしていたが、ボールを展開するたびにミスが起きた。ヤコのキックも正確性を欠き、陣取り合戦でも後れをとっていた。ただし、W杯の疲れを考慮してリザーブスタートだった箕内らが途中出場すると攻撃の流れがよくなり、後半35分には、W杯トンガ代表のキャプテンでもあったニリ・ラトゥがPKからの速攻でトライをあげるなど意地は見せた。ラトゥのアグレッシブなプレーは、次節以降のNECを蘇らせるかもしれない。

そのほかの結果は以下の通り。花園ラグビー場でスーツ姿の大畑大介選手と会った。アキレス腱のケガからの復帰には、まだ時間を要しそうだが、チームの快勝に表情は明るかった。「とりあえず、子供の運動会で、そこらへんのお父さんに負けないくらいには早く回復したい」と記者を笑わせていた。

トップリーグ2007-2008第1節結果(10月28日)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ○36-21●NECグリーンロケッツ(前半26-14)

九州電力キューデンヴォルテクス○37-15●三菱重工相模原ダイナボアーズ(前半22-10)
福岡サニックスブルース○17-13●コカ・コーラウエストレッドスパークス(前半5-13)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL土曜日の結果 | トップページ | 眠気に襲われる »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    トップリーグの外国人枠の増減については賛否両論あると思いますが、せめてジャパンのキャップを持つ外国人選手を対象枠からはずすくらいなら、筋も通るような気がしますし、比較的受け入れられやすいのではないでしょうか。

    投稿: pen | 2007年10月30日 00:27

    花園ラグビー場 
    開幕試合なんだから、ラインをもっとはっきりひいてほしかった。   見にくいかったです^^;     

    投稿: 堀内 | 2007年10月29日 20:50

    10/12の対サントリー戦の後だけに心配しましたが、予想に反して神戸製鋼は健闘しましたね。NECのスクラムを押してのトライには驚きました。
    とは言え、シーズンはまだまだこれからです。各チームが、面白いラグビーを見せてくれることを願っています。

    投稿: サファイヤ | 2007年10月29日 17:07

    土曜日は予定をしていた秩父宮でのリコーvsIBMは台風のため、観戦を取りやめたました。そんな中プレーした選手の皆さんお疲れ様でした♪

    昨日は関東学院vs東海大を見てきました。
    前半は東海ペースで14-0。後半はさすが王者の経験と意地でしょうか、関東が逆転して21-22で勝ちました。トップリーグにも負けないすごくいい試合でした☆

    投稿: Aika | 2007年10月29日 11:59

    NECはセミシも見たかったな。ラトゥももっと。
    トヨタのライダーも5分ぐらい。
    外国人枠を広げて欲しいです。

    投稿: 空海 | 2007年10月29日 10:08

    ピーカンの空!
    やっぱり天気がいいといいですね。
    2日間が嘘のようでした。
    秩父宮3連荘は気持のいい観戦でした。
    大学ラグビー・関東学院vs東海も熱い戦いが繰り広げられましたよ!ということでまたまたTBしてしまいました。よろしくお願いします。

    投稿: SANDA | 2007年10月29日 07:45

    神戸のジャージが変わったと聞いており、テレビ桟敷で確認するのを楽しみにしておりました
    ついに胸に神鋼ですか
    楕円の椅子では座りが悪いと言う事もありましょうが....

    投稿: ナベゾ | 2007年10月29日 02:35

    名古屋から九州対決を見に博多の森へ行ってきました。コーラは試合のほとんどを支配しながら、あと少しのところでゴールラインを割れず、サニックスの粘りに屈しました。小野はFWが劣勢だったこともあってか、あまりよくありませんでした。天気もよかったし、見やすいスタジアムで試合も白熱し、わざわざ見に行ってよかったです。

    投稿: OnsidekickRecover | 2007年10月28日 22:51

     神戸があれだけ密集に果敢に突っ込むとは思ってもいませんでしが。良い試合だったとは思いますが、誉められた試合とまではいかないでしょう。反則が多かったですし、シンビン2回はいけません。サンゴリアスのノーペナルティの守りを見て、反省しましょう。勝っての反省はやりやすいでしょうし。

    投稿: rugbyhead | 2007年10月28日 21:59

    神戸は12日のサントリー戦が散々だったので心配していましたが,いい勝ち方だったので,安心しました。
    ホラはさすがでしたね。森田くんは腐らずに是非頑張って欲しいです。

    投稿: さちこ | 2007年10月28日 21:35

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/16900849

    この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日のTL第1節:

    » 関東学院大学vs東海大学(20071028) [SANDA]
    === 関東大学リーグ戦2007 === === 関東学院大学vs東海大学 === [[attached(1)]] 「雲ひとつない秋空」 2日間「雨」と書き続けたが、3日目でこの「雨」にピリオドを打つことが出来た この日はJSPORTSではトップリーグの中継もあったのだが、 青空を見ていると、両チームのユニフォームを連想してしまう ということで、秩父宮へ連続3日通うことにした こういうことを「秩父宮通..... [続きを読む]

    受信: 2007年10月29日 07:41

    « TL土曜日の結果 | トップページ | 眠気に襲われる »