« 高すぎる | トップページ | 土曜のメンバー発表 »

花のパリ4

準々決勝4試合の興奮から、やっと一息ついた感じの火曜日夜である。土曜日の話で恐縮だが、オーストラリアとニュージーランドが負けた夜、僕はソファーで眠ってしまった。ニュージーランドとフランスの試合はJSPORTS関係者みんなでホテルの僕の部屋で見ていたのだが、みんなが帰った後、ソファーに横になったら、すぐに深い眠りに落ちてしまったのだ。同部屋だった実況の谷口さんが、何度も「風邪引きますよ」と揺すったそうだが、まったく起きなかったらしい。ワインをたくさん飲んだこともあったかもしれないが、僕は眠りは浅いほうなので、珍しいことだった。藤島さんに、「凄い試合を見たからだよ、きっと」と言われた。ジャパンが終われば熱を出し、凄い試合を見れば疲れてソファーで爆睡する。ほんとに、分かりやすい体である。

Fr1

きょうは、締め切りの原稿があったので、一日中パソコンに向かっていたのだが、ちょっと息抜きに散歩に出た。鮮やかな色の花を撮り、チュイルリー公園でもたくさんの花を見かけたので、とりあえず。その下は、カルーゼル凱旋門。ルーヴル美術館の西に位置する。有名なのはエトワールの凱旋門で、それより小さいけど、こっちが元祖みたい。

Fr2

Carou_3

夜には、W杯恒例となったジャーナリストマッチが行われたのだが、僕は原稿書きが終わらず不参加。レフリーは、トニー・スプレットベリーさんが来て、タッチジャッジの一人はクリス・ホワイトさんと豪華だったみたい。試合は、南半球の勝利。日本人で出場したのは3名。JSPORTSの通訳・タクちゃん、JSPORTSのディレクターで、ジャーナリストの愛称キムタク、そしてディレクターのオリティである。そしてなんと、敗れた北半球チームにもかかわらず、オリティがマン・オブ・ザ・マッチに。ラグビーリーグ日本代表の実力を見せつけたようだ。また、アルゼンチンの片足のラグビー選手も出場して、片足で元気に駆け回っていたとか。僕は91年に出場したので、とりあえずキャップ1は持っている。藤島さんは、87年、91年のキャップ2かな。

深夜にジャーナリストたちの飲み会には参加できて、アメリカやアルゼンチンのジャーナリストとコミュニケーションをとることができた。アルゼンチンのジャーナリストの、ロフレダ監督は相手を分析することに長けているという話は面白かった。たぶん、相手がソックスを降ろす姿が嫌いだったら、アルゼンチンの選手全員にソックスを降ろさせるだろう、という例え話も。

夜、ホテルのテレビでTF1というチャンネルを見ていたら、ウィルキンソンのプレースキック練習の映像が。ほとんどゴールライン上の端っこからゴールを狙っていた。今大会は調子が悪いので懸命の調整といったところかな。そんなこんなで、もう、準決勝が待ちきれない気分である。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 高すぎる | トップページ | 土曜のメンバー発表 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

     ラグビージャーナリストって、やっぱり元選手ばかりなんでしょうかね~?
     ずっとリッチー・マコウ選手のキャプテンシーについてツラツラと答えが出るはずもない事を考えてました。タナ・ウマンガ選手がキャプテンだったら、フランス戦はどうだっただろう?そんな想像をウダウダしていたら、ふと思ったのが、タナ・ウマンガ選手と元女子柔道日本代表の日下部 基栄選手って何となく似てるな~、でした。
     しかし、ハウレット選手、車に八つ当たりですか?良く分からないけど。

    投稿: rugbyhead | 2007年10月11日 01:03

    マクドナルド達が笑顔で迎えられたのにはホッとしましたが、ハウレットがアレストということは逮捕?、インヴェストゲイトということは取り調べ?このインシデントに関わったのは一人だけらしいけれど、どうなってしまったのでしょうか?

    投稿: grandma | 2007年10月10日 22:38

    ジャーナリストマッチの会場はどこだったのですか?スタット・ド・フランスだったら、原稿書きをしている場合ではないのでは?

    QFのNZvsフランスのトライにつながるパスは前に投げていましたが、だからといって、フランス以上の得点をできなかったのは、NZ自身のせいでしょう。
    99年にフランスに負けたのも、充分時間があるのに、なぜかあわててしまってトライをとらないといけないと、自分たちにプレッシャーをかけたからです。今回も同じことを繰り返しただけです。
    先にワラビーズが負けたことを知っていただろうに、どうしてDGで得点しようとしなかったのか、逆転するのがこわかったのか?NZはトーナメントの意味がわかっていなかっただけではないのでしょうか?

    とにかく、私が応援するチームから敗退していくので、とても悲しいです。セミファイナルはどこを応援するべきなんでしょう。

    投稿: みえこ | 2007年10月10日 22:19

    あ~、村上さん、試合出なかったんですか…。
    深録郎さんにばかりネタを期待してないで、自分で作らなきゃ。

    投稿: らぐじ~ | 2007年10月10日 20:31

    ジャーナリストマッチってホントにラグビーで勝負するんですか!
    ジャーナリストだけに、てっきり口(くち)プロレスかと思った
    映像に記録されてないんでしょうかね

    投稿: ナベゾ | 2007年10月10日 17:00

    初めて投稿します。いつもラグビー中継では詳しく分かりやすい解説で楽しませていただいています。有難うございます。
    さて、今後の大胆予想をさせてください。
    ここまできたらもうどこもフランスを倒せないような気がします。
    決勝はフランスと南アを予想します。試合内容は、南アが終盤までゲームの主導権を握るが、最後は地元フランスに劇的なトライが生まれ、フランス初の栄冠!?(本当は南アに勝ってもらいたい・・・)

    投稿: sati | 2007年10月10日 14:18

    NZは20カ国でのRWC開催に反対しているようです。フランス人のIRB会長やオーストラリア協会は20カ国にすべく反対するそうですが、日本のように大差のゲームは試合終了前に目の肥えたNZ人は帰るからだそうです。残念ですね。たくさんの日本人がABを応援しているのに...

    投稿: 2011RWC | 2007年10月10日 13:58

    ALL BLACKS対フランス戦を仕切った未熟なイギリス人レフェリー、ウェイン・バーンズについては日本では全く話題になっていないのでしょうけど、NZでは大騒ぎですぞ。レベルの高いラグビーを見る機会が多いですが、後半にマッカリスターが食らったイエローカードがいかに無意味でアホな判定か、おまけに逆転トライを許した時もトライにつながるパスは明らかにフォワードパスです。ビデオ判定もここまできっちりやってほしいがラインズマンも見逃していたんじゃ仕方がないか。ああっ、やってられねえ。

    投稿: KIWI | 2007年10月10日 12:52

    ホントにいつもお疲れ様です。

    ジャーナリストマッチって面白いすね!

    オールブラックスがNZに帰国しましたね。空港には”たくさんの”暖かい”ファンの出迎えがあったようです。みんな笑顔で迎え入れてました。卵とか投げつけられなくて良かった!
    NZではこれからも反省・批判の日々が続きますが、とりあえずマコウの笑顔が見れてほっとしました。

    僕はオールブラックスを倒したフランスに優勝してもらいたいです。
    ブランコ、セラの時代からABsの次に好きなチームですし・・・・。

    投稿: roki | 2007年10月10日 11:33

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/16718001

    この記事へのトラックバック一覧です: 花のパリ4:

    » 【2007ボジョレーヌーボー予約販売 I】ミシェル・ギニエ ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー [2007] [ボジョレー・ヌーヴォー2007年 激安先行予約販売!]
    【2007ボジョレーヌーボー予約販売 I】ミシェル・ギニエ ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー [2007]★商品画像はサンプル画像となります。《Michel Guignier》Beaujolais Villages 産 地 フランス/ブルゴーニュ A.O.C ボジョレー・ヴィラージュ ブドウ品種 ガメイ タイプ 【赤】 容 量 750ml隣の畑は特級畑の「フルーリー」という好立地で、ビオディナミで栽培された葡萄を使用。完熟したボリューム感と上質な味わい...... [続きを読む]

    受信: 2007年10月10日 09:27

    « 高すぎる | トップページ | 土曜のメンバー発表 »