« W杯18日目/トップ8争い | トップページ | 気持ちは週末へ »

トップ8決まる

Fine

30日午後、パリは快晴だった。今、パリのパルク・デ・プランスの放送ブースで試合の余韻に浸りながら、これを書いている。僕は、さきほどまでJSPORTSで、アイルランド対アルゼンチンの解説をしていた。

Parc1

Parc2

キックオフの3時間ほど前に会場入りしたのだが、地下鉄は両チームのファンで満員。ご覧の通り、最寄り駅を降り、スタジアムにやって来ると、周辺はアイルランドとアルゼンチンのジャージをまとったファンであふれかえっていた。緑のジャージのほうが多く感じるのだが、やはりアルゼンチンは元気がいい。ノリノリで歌い踊るアルゼンチンのサポーターを、アイルランドのサポーターが微笑ましく見つめている感じだった。

試合前の会場では、大型スクリーンにフランス対グルジア戦が映し出され、トライのたびに歓声があがる。ウォーミングアップでアイルランドが出てくるとスタンドは大歓声。アルゼンチンサポーターも歌い始める。フランスは、グルジアを大差で下して、勝ち点5をあげ、この時点でプールDの首位に立つ。あとは、アイルランドとアルゼンチンの結果次第となった。アイルランドが4トライ以上とり、アルゼンチンに4トライ与えず、7点差以上引き離しての勝利で、フランスの1位通過、アイルランドの2位が決まる。しかし、アルゼンチンがボーナス点を1でもとれば、アルゼンチンの1位通過、フランスの2位が決まるという条件だった。

Parc3

午後5時、アイルランドのキックオフで試合は始まった。互いにキックで陣地を取り合う試合なのだが、アルゼンチンSOエルナンデスのキックが多彩なので、それだけでも面白い。何かこれまで見たことのないような試合だった。エルナンデスは、ラグビー史上稀に見る天才プレーヤーだと思う。彼ほどスケールの大きな選手は見たことがない。録画で見る方もいると思うので、内容は控えようと思う。視聴可能の方はぜひ。お薦めです。

試合中、何度も深緑郎さんと顔を見合わせた。こんなことも珍しい。アイルランドもCTBオドリスコルがパスを受ける前の動きで相手をかわす見事なプレーで2トライを生んだが、ラインアウトも不安定だったし、モールも押され、キックの応酬でも劣勢になった。アルゼンチンは、低く前に出るタックルを連発。世界ランキング4位の実力を堂々見せつけた。会場は、8割方アイルランドの応援だったし、主催国のフランスのファンもアイルランドを応援していたはず。その中でも勝つアルゼンチンは逞しかった(写真は、試合後、円陣の中で声を出すSHピチョット)。

Parc4

一次リーグは、最終戦の南アフリカ対アメリカ戦を残して、決勝トーナメントの顔ぶれが決まった。アルゼンチンは、10月7日、サンドニでスコットランドと対戦する。そして、フランスは、10月6日、カーディフでニュージーランドである。マルセイユでは、10月6日、オーストラリア対イングランド、7日に南アフリカ対フィジー。どれも面白い試合になりそうだ。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « W杯18日目/トップ8争い | トップページ | 気持ちは週末へ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    決勝トーナメントは楽しみですが、その前にアルゼンチンのゲームをゆっくり見た。まずSOのキックの多彩さには驚いたし、身体能力が高い。アルゼンチンは昔の印象はスクラムは強い位しかなかったが、FWも結構パワフルでなかなかやる。

    一方、ホームユニオン2ケ国が敗北したのは衝撃的。しかしながらアイルランドの戦いぶりでは当然の結果だったと思う。特にオドリスコルは流石で、特に2本目のトライを生み出した”ずらす”プレイは、絶品だった。解説でもあった様にかつては日本人しかやらなかったですが、お見事という言葉しか浮かばない。

    決勝T真近。いいゲーム内容を期待したい!

    投稿: ponta1415 | 2007年10月 2日 21:22

    こんばんは。
    無茶苦茶久しぶりに書かせていただきます。

    アルゼンチンは、風格が漂っていました。
    常に冷静で余裕のある戦いぶり。
    確かに決勝トーナメントに向けては有利な状況ではありましたが、横綱相撲でした。

    そして、南ア-アメリカ戦のングヴェニア選手の凄いトライ。
    録画で観ましたが、何回も観返しては、興奮しております。
    だって・・・トイメンが・・・(笑)。
    個人的にはこのトライが、予選プールのベストトライです。

    投稿: ユニオンジャック | 2007年10月 1日 22:34

     アルゼンチンのフライハーフ、エルナンデス選手はラグビー界のロナウジーニョ選手ですね。
     今大会の活躍でアルゼンチンは、これまで強いとは言え挑戦する立場だったのが、これからは挑戦される立場になったと思います。アルゼンチンを入れて、4カ国対抗戦にすれば良いのにね。移動が大変なので、難しいのでしょうけれど、ホーム&アウェイにこだわらなければ、出来るでしょう。

    投稿: rugbyhead | 2007年10月 1日 21:27

    アルゼンチン強かったですね。フィジーも勝って、ベスト8争いは熾烈なゲームで面白かったです。優勝に向けて、これからのゲームも力が入りますね。

    投稿: サファイヤ | 2007年10月 1日 16:56

    う~ん、アルゼンチン強い…。
    でも、オドリスコルはちょっと格が違うか…?消えてしまうのは残念。

    投稿: らぐじ~ | 2007年10月 1日 11:54

    アイルランドもアルゼンチンもKOからビチビチ弾ける様な動きで、こんなんで80分保つのかな?と思いましたが、結局ビチビチのまま
    観ているうちに、日本の付入る好きがないなあと悲嘆に暮れてしまいました
    元関取の星誕期も今やラガーマンとして活躍していますが、母国の大金星に歓喜のタンゴを捧げたかな

    投稿: ナベゾ | 2007年10月 1日 05:10

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/16626134

    この記事へのトラックバック一覧です: トップ8決まる:

    » ラグビーワールドカップ関連記事(9/29) [B,R,R & K BLOG]
    ●イターより。 ■ラグビー:トンガ代表、髪を緑色にして資金難を強調 ラグビーのワールドカップ(W杯)に出場しているトンガ代表の選手らは、9/28に行われる対イングランド戦で、髪の毛を緑色に染めて出場する見通し。... [続きを読む]

    受信: 2007年10月 2日 02:31

    « W杯18日目/トップ8争い | トップページ | 気持ちは週末へ »