« マルセイユにて | トップページ | カーディフの結果 »

マルセイユの結果

Velo1

Velo2

いま、マユセイユのスタジアム「ヴェロドローム」の放送ブースにいる。オーストラリア対イングランドの試合を終えたところだ。戦前は、オーストラリア勝利に楽観ムードが漂っていたのだが、2003年W杯決勝戦の再現は、そう簡単にはいかなかった。イングランドの勝利への気迫は凄まじく、開始直後からボール争奪戦で激しくプレッシャーをかけ、強いタックルでオーストラリアの連続攻撃を乱した。

後半半ば、ウィルキンソンの逆転PGが決勝点となった。イングランドのFWは強かった。優位と思われていたスクラムでのプレッシャーは思っていた以上にオーストアリアを苦しめた。気持ちのこもった会心の勝利だったと思う(最終スコアは、12-10)。

それにしても、これほどミスをするオーストラリアは珍しい。立ち上がりの動きも緩慢でディフェンスのプレッシャーもかけられていなかった。悪い流れを断ち切ろうと後半はボールを動かそうとしたが、動かすたびにミスが出た。劣勢のスクラムを自ら増やしてしまった形だ。冷静さを欠いてのペナルティもあり、戦略、戦術以前に、気持ちの持って行き方が上手くいかなかった気がする。そして、スクラムの修正も本物ではなかったということだろう。

Velo3

試合が終わり、観衆からの惜しみない拍手が送られる中で、出場できなかったラーカムが泣いていた。グレーガンとラーカムは海外への移籍が決まっており、ゴールドのジャージを着たグレーガン、ラーカムのHBコンビを見ることは、もうできない。決勝トーナメントだから、どちらかが姿の消すのは当たり前なのだが、このコンビ、もう一度W杯で見たかったなぁ。

イングランドの準決勝の相手が決まるのは、数時間後である。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « マルセイユにて | トップページ | カーディフの結果 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    ただただびっくり。

    投稿: ”お” | 2007年10月 7日 16:21

    村上さん、お疲れ様です。
    どちらの試合も見ていていつもと違う感覚だったのでもしやと思いましたが、
    まさかワラビーズ、オールブラックス共に負けるとは思いませんでした。
    やはり心の中にスキがあったのでしょうか。
    次回のW杯では強いワラビーズ、オールブラックスが帰ってくる事を祈ります。

    個人的にはワラビーズファンなので、これでグレーガン、ラーカムのコンビが見られなくなるのはとても寂しいです。

    投稿: チロ | 2007年10月 7日 13:06

    いつも楽しく解説を聞かせていただいております。
    NZ戦の結果には、私も、正直腰が抜けてしまいましたが、村上さんはNZのセンター13番にムリアイナを起用したことについてはどう思われますか?
    いつも大事な試合で、フルバックの選手をセンターにもってきて、結果が・・・ということが、繰り返されているような気がします。(どこかのメールニュースにも書いてありました。)
    時間と言う持ち札は、例えばJKよりずっと有利であったはずのヘンリー監督でも、結局ウマンガの抜けた穴は、ぽっかりと空いたまま、うめることができなかったということなのでしょうか。(後継者と目されたスミスはベンチにさえいませんでした。)
    私は思うに、ある意味でアルゼンチンが仏に勝利した瞬間から、NZの筋書きに微妙なズレが生まれていたのではないでしょうか。カーディフで仏戦を行うこと自体が、極めて実現が困難な条件であって、この借りを返す方法がないと言う意味で、NZにとって永遠に拭うことのできない悲劇となってしまったように思えてなりません。

    でもこれでスプリングボクスの士気がグーットあがっているのではないでしょうか。
    どうも決勝までに、2007スーパー14の決勝戦のような、信じられない劇的な瞬間がまだまだたくさん待っているようで、なんだかわくわくしています。

    投稿: NH | 2007年10月 7日 12:50

    イングランドのスクラム、強かった…。やっぱりラグビーはスクラムから。

    投稿: らぐじ~ | 2007年10月 7日 11:33

    面白すぎてゴメンなさい、です。
    イングランドの迷いの無い戦い方、フランスの耐えて耐えての逆転、こんなにスゴイ試合を見せられて、スポーツ好きを自認しながら、ラグビーを知らない人が可哀相になりますね~。
    また、ラグビーに棲む悪魔に魂を抜かれてしまった……。

    投稿: rugbyhead | 2007年10月 7日 09:08

    オーストラリア、ニュージーランド共に敗戦するとは、ワールドカップの優勝は難しいとあらためて感じる結果。
    個人的にはオーストラリアを応援していましたので本当に残念です。
    予選で余裕のある戦いをしてきたオーストアリアに、チームとしての熟成が不足していたのだと思います。

    投稿: 単身赴任パパ | 2007年10月 7日 08:41

    一言、「こんなの、ありですか」

    投稿: 通りすがりのもの | 2007年10月 7日 08:36

    追記の追記です。
    NZの敗戦、相手フランスとはいえ信じがたいです。

    NZの現地の反響はいかがなものでしょう?
    選手はNZに帰郷後、ブーイングの嵐になるのか?当然ですか!
    NZは本日よりBEST4の試合も観戦ぜず帰郷するのでしょうか?

    NZがBEST8で敗戦初めて!

    NZ現地反響があれば小林さん、村上さん、藤島さん、今後の実況中に教えてください。

    投稿: junjun | 2007年10月 7日 08:09

    オールブラックス、ま、負けちゃいました。信じられません。

    本当に好きなチームで、今度こそは絶対いけると思ってました・・・。

    ショックすぎて言葉になりません。

    だめだ、、、腰砕けた・・・。

    投稿: roki | 2007年10月 7日 07:55

    追記です!

    当方、南ア フリークですが決勝で南アーNZで南ア勝利を願ってました!

    BEST4進出していない豪、NZの試合はもう観られないわけで悲しいかな!!

    BEST4に入れば3位決定戦を含め、残り2試合は確実に観れた訳で!!

    あとはアルゼンチンがどこまでやるか!
    まだ決定ではありませんが順当にいけば南ア-アルゼンチンの戦い!
    楽しみです!!

    投稿: junjun | 2007年10月 7日 07:29

    お疲れ様です。

    イングランド、凄まじかったですね。
    特に象徴的に思ったのは、相手ラックを物凄い勢いでオーバーした場面。
    なんだかんだ言われていても、底力を見せてくれました。
    そして、今日のワラビーズは、残念ながら全然ワラビーズではないとしか思えませんでした・・・。

    ワラビーズに対するイングランド。
    そして・・・オールブラックスに対するフランス。
    W杯での因縁が、更に深まった感のある準々決勝初日でした。
    これで、北半球勢の決勝進出が、決定しましたね。

    投稿: ユニオンジャック | 2007年10月 7日 07:22

    「体脂肪マン的個人日記から」さん!
    NZ-フランス結果速報早いですね・・

    当方、只今仕事中でこれから帰宅、試合結果を楽しみに(NZ勝利と予想してました)

    試合結果が目に入ってしまいました!ちょっと残念・・・
    まあ。帰宅して結果が分かっていても楽しんで録画を観ます。

    しかし予想外・・・

    投稿: junjun | 2007年10月 7日 07:19

    お疲れ様です。

    まさかイングランドが勝つとは思っていませんでしたが、ゲームが始まって10分してあれ??って感じました。今の実力差からして10回やって1,2回勝てるかもというチャンスをこのW 杯のクォーターファイナルで掴んだような気がします。

    僕はタックルに魂を感じるチームが好きですが、まさに今日のイングランドのタックル、球際の激しさは勝者となるにふさわしい感動的なものでした。

    ワラビーズは絶対勝つという気迫よりも、勝てるだろうという過度の余裕が試合前にあったんだろうと思います。ゲームの入り方で乱され、焦り、自滅したんじゃないでしょうか??

    ラーカムをもう一度見たかったです。

    W杯は面白すぎる。感動しました。

    投稿: roki | 2007年10月 7日 03:17

    大会に入って徐々にフォワードの力を上げてきているイングランドの底力を感じさせられた試合でした。勝ち方を知っているチームのここ一番の力というのはすごいですね。まだまだ大変な試合が待っていますが。

    投稿: pen | 2007年10月 7日 01:00

    もう見られない。いつか必ずその時が来るわけですが、寂しすぎます。
    今日のワラビーズ・・・・・
    最も安定したチームなのに。それがワールドカップ。一発勝負の怖さですね。

    投稿: 大阪人 | 2007年10月 7日 00:43

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/16681665

    この記事へのトラックバック一覧です: マルセイユの結果:

    » RWC 準決勝 第2試合目 [体脂肪マン的個人日記]
    イングランドの相手が決まった。 相手はフランス。 NZが敗退です。 顔面蒼白でインタビューを受けるマコウの表情が印象的。 NZがウェブ・エリス杯の戴冠を受けるのを見たかった私としては、かなり残念。 今頃、NZは沈んでいることだろうなぁ。 ナショナル・アンセムの時から予感はあった。 NZの選手の顔が涼しげ。 「俺たちが負けるわけがない」という表情に見えた。 マカリスターのシンビンが悪夢の序曲か? 怪我人が出て、主力がどんどん退場していく。 フェーズを何回も重ねても点が取れない。 なんだか嫌ぁ... [続きを読む]

    受信: 2007年10月 7日 06:07

    » WC 準々決勝の結果(土曜) [瑞穂のラグビー好き]
     ワールドカップ開催中 http://ewish.jp/member/rugbymusic/ 準々決勝2試合です。土曜日は以下のカード ボーナス点も関係なくなるノックアウトトーナメントは、予選プールとは 戦い方が変わってきました。名勝負2試合でした 試合内容に触れますので、まだ見ていない方は読まないほうが良いですよ 第一試合    豪州イングランド   お互いいいキッカーがいるので慎重な陣地取りの試合運びとなりました   先制は豪州のPG、その後ENGがPG2本返します        (3:6)  ... [続きを読む]

    受信: 2007年10月 7日 13:52

    « マルセイユにて | トップページ | カーディフの結果 »