« TL開幕戦結果 | トップページ | 日曜日のTL第1節 »

TL土曜日の結果

土曜朝、東京駅ホームの売店で、好物の「柔らかカツサンド」が販売されているのを確認した。朝食は家で食べたから、存在を確認できただけで満足する。こだま号に乗り込み、掛川から磐田へ。正午にヤマハスタジアムに到着すると、すでにヤマハ発動機ジュビロのサポーターが続々とやってきていた。トヨタ自動車ヴェルブリッツとの試合は、午後2時キックオフ。降りしきる雨の中、9620人の観客数は熱心なサポーターを持つヤマハスタジアムならではである。

Yamaha

試合前のウォーミングアップを見守るヤマハのシューラー総監督、堀川監督の表情は怖いくらいに気合いが入っていた。「我々にとっては13分の1の試合ではない」と決意をみなぎらせていた堀川監督。ヤマハは、次週、実力者NECグリーンロケッツとの対戦があり、優勝を狙うなら、この2戦を勝利で乗り切ることが不可欠なのだ。ピッチに登場した選手達の表情もその決意が感じ取れた。

石井龍司新監督率いるトヨタは、CTB難波、赤沼、WTB遠藤らおなじみのメンバーにSO正面、FB馬場というフレッシュな組み合わせ。PR豊山、SO廣瀬らのベテラン勢はリザーブスタートだったが、序盤はトヨタがNO8クロフォードの突進などで積極的に前に出た。ヤマハは、これをブレイクダウン(ボール争奪戦)での激しいコンタクトでしのぐと、SO大田尾、CTB大西を軸にパスでトヨタ防御を揺さぶる。ミスは多かったが、雨の悪条件下では果敢に攻め合う好試合だった。

先制トライはトヨタ。前半25分、モールからPR中村がインゴールでボールを押さえる。しかし、ヤマハはCTB大西のPGで3点を返すと、前半終了間際、SO大田尾の判断のいいロングパスからWTB徐吉嶺(ソ・キルリョン)が快足を飛ばして左隅に力強いトライ。難しいコンバージョンを大西が決めて逆転に成功する。徐は、朝鮮大学校4年時に、トップリーグでのプレーを希望していくつかの企業を回ったそうだ。ヤマハの練習に参加しての採用となったらしい。180㎝、95㎏。この選手の潜在能力は計り知れない。スピードと強さを兼ね備えた逸材である。経験を積めば日本代表入りも可能に見える。

後半も互いに一歩も譲らない展開が続いたが、後半20分、トヨタのWTB遠藤がハイタックルでシンビン(10分間の一時退場)になったところから流れが変わる。SO大田尾のインゴールへの絶妙のキックをLO石神が押さえるなど、一気にヤマハがペースをつかんだ。一時は、10-26まで引き離されたトヨタも、FBに正面を下げてSO廣瀬を投入し、CTB難波の再三にわたるラインブレイクなどで攻め込んで追撃。17-26の試合終了間際には、ゴール前でPKを得て、廣瀬がPGを決めて6点差。7点差以内の負けに与えられるボーナス点「1」を獲得した。この勝ち点は、最後の順位争いで効果があるかもしれない。

率直な感想として、面白い試合だったと思う。互いに攻めたし、コンタクトも激しかった。ともに頂点を狙える実力もあると思う。SO正面は自ら仕掛けて絶妙のパスを放ち、他の選手をうまく走らせていた。このポジションで定着するのかもしれない。ただし、廣瀬が入って攻撃のリズムが良くなった面もあり、もう少し経験は積まなければならないだろう。W杯で大活躍だったヤマハCTB大西のプレースキックはこの日も絶好調。最終的には、2コンバージョン、4PGと100%の成功率でチームを勝利に導いた。W杯時よりさらに正確性は高まっている。タイミングを完全につかんだのかな?

「泥臭いプレーをやろうと言っていた。でも、ミスや反則が多く、そこからことごとくPGを決められた」(トヨタSH麻田)。「選手がいい結果を出してくれた。天気が良ければ大田尾の長いパスでもっとボールを動かしたかった。昨季に比べて一人一人のリアクションの速さはレベルアップしていると思う」(ヤマハ堀川監督)

土曜日の3試合の結果は以下の通り。

◎試合結果(27日)
トップリーグ2007-2008第1節
三洋電機ワイルドナイツ ○19-6● クボタスピアーズ(前半12-6)
ヤマハ発動機ジュビロ ○26-20● トヨタ自動車ヴェルブリッツ(前半10-7)
リコーブラックラムズ ○9-3● 日本IBMビッグブルー(前半6-0)

追記◎帰りの磐田駅できれいな虹を見た。

Rainbow


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL開幕戦結果 | トップページ | 日曜日のTL第1節 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    将太郎はあのカナダ戦の最後のシーンで覚醒したんでしょうか^^;

    まさかあれほどのキックをすべて決めるとは。和製ウィルコの称号を与えたい活躍でしたね。

    秩父宮でも感じたのですが、あのホーンの音を変えて欲しい。音が割れて耳にガンガン響きましたし・・・。

    投稿: ターボ | 2007年10月28日 17:44

    キレイな虹ですね〜☆
    いい試合を見た後で尚更清々しかったのではありませんか!
    私も昨日の磐田のゲームをJsportsで観戦して、とても面白かったと思いました!
    願わくば‥金曜日の秩父宮でもあのような試合が見たかった(^^;

    それと、昨夜の秩父宮は私も中止が妥当と思いましたね。
    ただでさえ危険なスポーツ、コンディションは最低限整っているべきです。
    わざわざ足を運んで下さる観客のことも考えれば、台風は非常事態ですから回避すべきでしょう。
    ‥と思いながらハラハラとテレビを見ていました。

    投稿: まゆ | 2007年10月28日 11:04

    昨日はお疲れさまでした。お見かけしたのですが話しかけることもなく、見送ってしまいました。
    試合の興奮が雨に濡れた体を温めてくれました。9620分の1ではありますが、選手とがっしり心の握手を交わしました。

    投稿: イチロー | 2007年10月28日 10:21

    2日連続の雨模様。
    しかし、ラグビーマッドは雨には負けません!
    風雨の中、秩父宮で観戦してきました。
    寒かったのですが、ホットな出来事も・・・・

    今朝は台風一過で晴れ渡った空
    3日連続秩父宮にでもいくかと、心が揺れています
    Mサイズでバッチリだった愛好日記ラガーシャツを着て・・・(^^)

    記事をTBさせていただきました!よろしくお願いします!

    投稿: SANDA | 2007年10月28日 09:34

    昨日、台風の秩父宮に観戦に行ってきました。
    リコーは3シーズンほど前も台風下ワールド戦がありました。当時はワールドが関西からの遠征、応援のファンも含めてバスで来ていたことなどから延期できなく、強行しました。
    今回は両方とも東京のチーム、ナイター、ゲーム時間に台風直撃ということから中止・延期にすべきと感じました。商業主義ではなく、きついスケジュールのための措置と思いますが、ファン不在、お客さま不在の決定だったと思います。
    TVで見るのとはちがって現場の雨はひどいものでした。この雨の中の約1000人の観客は昨日のゲームの真のMVPと感じました。
    協会には猛省を促したいですね。

    投稿: ブラックラムズファン | 2007年10月28日 08:38

    村上さんの解説を聞いてていつも思うのですが、村上さんって正面選手のことがとっても好きなんでしょうね。
    私も大好きです。特にアタックでの彼のセンス、テクニックは最高。どうしてジャパンに残れなかったのか?やっぱりサイズ(ディフェンス面での)の問題でしょうか?

    投稿: plus | 2007年10月28日 08:27

    東芝、サントリーを追いかけるのはやはり東海の2チームですかね。

    投稿: 通りすがりのもの | 2007年10月28日 07:24

    雨のヤマハに行ってきました。
    雨天にもかかわらず多くのファンが来られたのに
    感動しました。試合後のファン交流会も充実し
    磐田のファンが羨ましく思えました。
    ファンと握手、見事にヤマハは実現してます

    投稿: 瑞穂 | 2007年10月28日 07:09

    全国的に大雨の中での試合になったようで、応援も大変でしたね
    土曜日の秩父宮では40分を知らせる合図、まるで後ろからダンプカーにクラクション鳴らされてるみたいで耳障りに感じましたが、トヨタ・ヤマハ戦はまた違った合図のように聞こえました
    東西の周波数帯による違いであんなに音が変わっちゃうのかな

    投稿: ナベゾ | 2007年10月28日 06:00

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/16893679

    この記事へのトラックバック一覧です: TL土曜日の結果:

    » トヨタ:ヤマハ戦レビュー in ヤマハスタジアムLive [瑞穂のラグビー好き]
     トヨタの開幕試合を瑞穂流にレビューします (昨年4位なのでアウェイスタートなんですね) 初めてのヤマハスタジアム。全く予備知識無しに駅についたら乗るバスが 分からない状態。バス停で困っていたら、道を挟んだ向こう側にバスが 3台続いてきました。見れば、ヤマハスタジアム無料送迎バス。さすがヤマハ と思って感心しました (豊田スタジアムの時は、トヨタの太っ腹に期待してますよ)  小雨が降り続く中、2時間前に会場に着いたら行列ができていてビックリ 試合開始前には、多くのファンで会場が埋まりました (開幕戦... [続きを読む]

    受信: 2007年10月28日 00:46

    » リコーブラックラムズvs日本IBMビッグブルー(20071027) [SANDA]
    === トップリーグ2007−2008・第1節 === === リコーブラックラムズvs日本IBMビッグブルー === [[attached(1)]] トップリーグ2007-2008開幕節2日目。 首都圏は冷たい雨と強い風に覆いつくされていた。 「台風20号」誰がこんな天気を想像しただろうか。 秩父宮通勤として出かけた夕刻。 小生の携帯電話には数人の方々から「欠席届」が入る 当り前だ。こんな日は自..... [続きを読む]

    受信: 2007年10月28日 09:28

    » スポ根の徐吉嶺選手 [虎寿美遊撃隊ハイパー]
    春の新人記者会見でヤマハラグビー部に入団した一人の青年が決意を語る。ヤマハの新人徐吉嶺(そ・きるりょん)選手は言う。「在日韓国人として在日同胞の為にもがんばります」。徐吉嶺選手は愛知朝鮮高級学校→朝鮮大学校でラグビー部でラグビーを愛しその盛り上がった肩、厚... [続きを読む]

    受信: 2007年10月28日 10:22

    « TL開幕戦結果 | トップページ | 日曜日のTL第1節 »