« 日曜の秩父宮と大野選手 | トップページ | TLダイジェスト配信 »

ラトゥ&浅野コンビ

月曜日は、我孫子に行ってきた。NECグリーンロケッツの浅野良太キャプテン、ニリ・ラトゥ選手の取材である。いつもは車で行くのだが、きょうは電車。常磐線で日暮里から天王台まで、約30分である。

Laasa

この取材は、NECスポーツのファン組織ロケッツクラブの会報誌に掲載されるものだ。ラトゥ選手が、W杯のトンガ代表キャプテンとして活躍したのは記憶に新しい。なぜトンガは躍進できたのか、ラトゥ選手はどんなことを心がけてプレーしているのか、さまざま聞いたが、印象に残ったのは、「自分がキャプテンだから何かをするということではなく、みんながキャプテンのつもりでプレーしなければいけない」という言葉。トンガはそうだったのかな。でも、ラトゥ選手の体を張ったプレーがチームを引っ張ったのは間違いない。NECでキャプテンを務める浅野選手も、そこは刺激になったようだ。

ラトゥといえば、過去、日本でプレーした同じ名前の選手が数名いる。気になっていたので質問してみたら、「シナリ・ラトゥとかでしょう?」との答え。やっぱり親戚なの? 「全然関係ない」と、あっさり肩すかしを食らった。写真撮影は、2人がクラブハウス2階の通路にたたずむものだったが、ただ立っているだけで雰囲気があった。浅野選手もかっこいいが、夕日をまぶしそうにして立つラトゥ選手は、めちゃくちゃかっこいい。こちらが、そういう目で見ているからか? いや、違うような気がする。世界の一流選手が持つ独特の雰囲気があるのだ。加えてやんちゃ坊主がそのまま大人になったような部分も残している。こういう男になりたいなぁなんて、ふと思った。

インタビューの受け答えも、おだやか。長期遠征の多いスーパー14より、家族との時間が多く持てる日本でプレーすることを望んだとのこと。NECには優れた外国人選手が多いので、毎試合出ることはできないかもしれないが、早くあのアグレッシブなプレーが見たいものだ。

お知らせ◎オールブラックススペシャルBOXが、JSPORTSオンラインショップでまもなく発売になります。1996年から2005年までのオールブラックスの戦いの軌跡がまとめてあります。南アやオーストラリアもふんだんに出てきます。ジョナ・ロムー、ジンザン・ブルック、タナ・ウマンガなどレジェンド11名のスーパープレーにはうなります。僕が監修しています。イチ押しは、クリスチャン・カレン。僕が見た選手のなかで最速だと思うなぁ。

オールブラックス  スペシャルBOX
オールブラックス スペシャルBOX

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 日曜の秩父宮と大野選手 | トップページ | TLダイジェスト配信 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    カレンはボール持った方が速いと錯覚してしまうほどのスピードでしたね。ロムー、ウィルソンとのバック3はまさにレジェンドでした!

    投稿: ひなP | 2007年11月14日 11:19

    昔、トンガの人に聞いた事があるんですが、太郎、次郎、三郎、みたいに順番で名前が決まっているとか・・・
    あれ、でも苗字???

    投稿: さんぼ | 2007年11月13日 16:05

    W杯で大活躍したラトゥが日本にいるんですよね。
    トップリーグってすごいなぁ。もっと、世間にアピールしたい!

    カレンは初めてインターナショナルの選手で
    「この人、応援する!」と思った選手。DVD買おうかな。

    投稿: 空海 | 2007年11月13日 11:27

    ラトゥさん、浅野選手と並んでてもまるっきり日本人顔ですね
    ロペティ・オト選手の日本人顔濃度をさらに更新しています
    現在ダントツ首位

    投稿: ナベゾ | 2007年11月13日 04:56

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/17059340

    この記事へのトラックバック一覧です: ラトゥ&浅野コンビ:

    « 日曜の秩父宮と大野選手 | トップページ | TLダイジェスト配信 »