« サンゴリアスで、ど忘れ | トップページ | TLの鉄人 »

相馬選手に会う

火曜日は太田市にある三洋電機ワイルドナイツのグラウンドに行ってきた。久しぶりに自家用車での遠出。実は、フランスに行っている7週間のうちにバッテリーがあがってしまった。車って、ほっといたらアカンね。

ラグマガの解体心書で日本代表PR相馬朋和選手を取材する目的だったのだが、約束の時間より1時間早めに到着すると練習の真っ最中だった。開幕連勝スタートもあってか選手の表情が明るい気がする。HO山本、NO8龍コリニアシ、SOブラウン、CTB榎本、霜村、WTB三宅、北川。一緒に行ったラグマガ編集部の(高木)に、思わず「層が厚いよね~」とつぶやく。聞こえてなかったか? 練習中、コリニアシ選手の声が聞こえてきたのだが、彼が日本語、英語、トンガ語を自在に操れるので練習でも試合でも選手間のコミュニケーションがスムーズになっているらしい。三洋好調のひとつの要因かもしれない。

Soma

さて、相馬選手である。日本代表PRとしてワールドカップでの活躍は記憶に新しい。でも、ラグマガが相馬選手に長いインタビューをするのはこれが初めて。そんなわけで、子供の頃から今までのことをたくさん聞かせてもらった。中学の時は、バスケットボールとサッカーをしていたんだとか。そして、おじいさんの影響でラグビーを始めるのだが、どこでプレーしていたのかが分からないらしい。当時の写真を見せてもらった。僕の推測では大正末期か昭和初期の旧制中学だと思う。今すぐには分からないけれど、いずれ確認できるかもしれない。

このブログも時々のぞいてくれているようだけど、「村上さん、バックスのことをよく書いてますよね」と突っ込まれた。いやいや、僕がバックスだったからフォワード選手への取材がなかなか回ってこないんですよ、と軽く言い訳する(汗)。でも、相馬選手はPRのことをすごく分かりやすく話してくれた。尊敬しているというマイケル・クロノさん(三洋電機アドバイザー)との出会いが彼を変えたようだ。クロノさんは、オールブラックスのスクラムコーチを務めたスクラム職人である。しかし、どうやら相馬選手にとっては心の師でもあるようだ。悩んだとき、本気で叱ってくれたのだという。

僕も思うけど、叱ってくれる人って大切なんだよなぁ。

写真撮影中は、重いバーベルを持ち上げてポーズをとってくれた。このバーベルが35キロあったのだが、相馬選手は軽々と片手で持ち上げた。僕も片手で持ち上げようとしたら地面から1ミリも浮かずに前のめりになった。 あれ~っ? 俺ってこんなにパワーなかったっけ。衰えた。元ヘラクレス軍団の一員として恥ずかしい限り。

そういえば、相馬選手はギョウザ耳じゃない。なんで? 「僕、ラグビーやったの2年ですから」との答え。彼は何度もこの言葉を口にした。その意味は、11月24日発売のラグマガ解体心書にて。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « サンゴリアスで、ど忘れ | トップページ | TLの鉄人 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さん
    いつも楽しく拝読させて頂いております

    こんぶさんのコメントに激しく賛同します

    深緑郎さんは結構おもしろいことたくさん言っているのですがほとんど聞き取れない(笑)
    ほんまにもったいないと思います
    うちの嫁も「深緑郎さんの豆知識おもしろいのに全然聞き取れない」と嘆いております

    矢野さんや村上さんの解説は聞き取りやすいのですが、声質の問題でもあると思うのですがせめて深郎さんのマイクの音量だけでも上げて頂きたい
    是非是非!!

    村上さん、Jスポーツのスタッフに伝えてください

    投稿: 虎太郎の親父 | 2007年11月 7日 20:14

    こんにちは。
    いつも記事を読ませてもらっています。

    相馬選手は次回のW杯もがんばってほしいです!

    ところで、記事とはあまり関係ないのですが、いつもスカパーの解説も楽しみに聞かせてもらってます。

    そこでひとつ注文が!
    みなさんの声がやや小さくて聞き取りにくいです。
    特に小林深緑郎さんの声が(笑)

    なので、解説陣のみんなのマイク音量設定を、もう少し大きくしてもらうように、まわりに伝えていただけませんでしょうか。

    何度かスカパーに伝えたのですが、なかなか改善されないので、ここにに書き込ませていただきました。

    いつもラグビーの記事楽しみにしていますので、これからもがんばってください。
    では、失礼します。

    投稿: こんぶ | 2007年11月 7日 18:40

    ギョーザじゃないけど、相馬選手のおむすびヘッドは遠くから見ていても直ぐに分ります
    泣いてる子がいたら「ほら、海苔のところから食べな!」って頭さし出してくれそう
    栃錦が子供の頃は、立ち振る舞いについて「お相撲さんのようになりなさい」と教育された時代だったそうですが、相馬選手達の功績で「プロップのようになりなさい」って時代が来てくれる事を切望しております

    投稿: ナベゾ | 2007年11月 7日 05:36

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/16996001

    この記事へのトラックバック一覧です: 相馬選手に会う:

    « サンゴリアスで、ど忘れ | トップページ | TLの鉄人 »