« TL第2節結果&お知らせ | トップページ | 相馬選手に会う »

サンゴリアスで、ど忘れ

夜は10時に眠くなり、朝5時台に目覚める日が続いている。なんで? 年取ったから? そんなことはないよねぇ。朝早く起きて、明治と慶応の録画を見た。みなさん、コメントなどに書かれている通り、面白い。慶応WTB山田は桁外れだけど、出雲、中浜、増田、みんないいプレーをしていた。FW陣も奮闘。明治のN08宇佐美も力強い。星野、日永田もいいし、今後が期待される選手ばかり。両チームが早稲田に対してどう戦うか、楽しみだ。

午後はサントリーサンゴリアスのクラブハウスに行って、山下大悟キャプテンと、平浩二選手のインタビューをしてきた。日本協会のメンバーズクラブの会報誌、機関誌に掲載されるものだが、トップリーグのこと、ワールドカップの日本代表のこと、いろんないい話が聞けた。

山下選手は復帰に向けてリハビリも始めており、早い時期に戻ってきてくれそうだ。そうなると、平選手とポジションを争うことになるのだが、山下選手は「僕はWTBはできないですよ」と言い、平選手も「アウトサイドCTBで勝負したい」と言い切る。互いに持ち味は違うけど、この争いは興味深い。

平選手には、ワールドカップのカナダ戦でのトライ時の気持ちなども聞いた。カナダ戦前は、大西将太郎選手と同部屋だったようで、2人で気合いを入れて臨んだのだとか。その2人が最後の同点劇の立役者になったわけだ。部屋で2人がどんな様子だったか、そんな秘話も聞けて、けっこう満足して京王線の府中駅へ。準特急に乗ってから気づいた。「ブログ用の写真撮るの忘れた!」。村上晃一のペーパー子化も、完全ではないんだなぁ。というわけで、2人の男前の表情を紹介できない。ごめんなさい。

明日もトップリーグのとあるチームへ取材に出かける。次は忘れないようにしなきゃ。

女子ラグビーのサイトをのぞいたら、「ユース強化選手公募選考会のお知らせ」がアップされていた。応募資格は、ラグビー経験は問わず、小学校4年生以上、高校2年生までの健康な女子とのこと。応募方法については、左のリンクから女子ラグビー連盟のサイトでご確認ください。

■ユース強化選手公募選考会
日時 2007年12月9日(日) 11:00集合、11:30開始、15:00頃終了予定
会場 辰巳の森海浜公園ラグビー場

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL第2節結果&お知らせ | トップページ | 相馬選手に会う »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    6日の午前中、NHKを見てたら関東学院の春口さんの番組やってましたね。村上さん見ました? 火曜日の朝10:00から何回か放送するみたいです。弱小時代からのエピソードなんかがあり、おもしろかったです。村上さんもそうだけど、ラグビーどっぷりで生活してる人はうらやましいなあ。

    投稿: パパは34歳 | 2007年11月 6日 12:11

    公募選考会ってオモシロいですね
    協会の理事もこの手で刷新したら良いでしょうに

    投稿: ナベゾ | 2007年11月 6日 05:45

    チーフスのスティーブン・バイツとキニキニラウのトップリーグ行きは本当ですか?
    ブルーズのアンガス・マクドナルドもトヨタと契約したみたいで。

    南もいいけど北からも来てほしいなぁ。北はお金がいいからなかなか来ないけど。
    怪我がちな選手がリフレッシュを兼ねてとか。該当するのはウィルコかな^^;

    投稿: ターボ | 2007年11月 6日 01:53

    確かに、慶応×明治は面白かったです。
    見てて気になったのは、慶応の席に座っている、爽やかな男の人。
    タマリバの高田選手じゃないですか。
    今年から、コーチになったみたいですね。
    あの爽やかな顔から繰り出される、泥臭いプレイが好きでしたが
    コーチとしても、がんばってもらいたいです。
    慶応FW陣も楽しみですね。

    投稿: あかるい | 2007年11月 5日 23:50

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/16988992

    この記事へのトラックバック一覧です: サンゴリアスで、ど忘れ:

    » ど忘れ [脳トレで脳年齢を若く]
    ここの所まで出てきているのに、思い出せないということはありませんか?頭の中ではわかっているのに言葉として出てこない「ど忘れ」は誰にでもありますよね。記憶力が旺盛な和解10代、20代の人も経験があると思います。記憶を司る「海馬」が脳に溜め込んだ情報がどこに保存してあるか一時的にわからなくなっている状態が「度忘れ」です。そんな時はついつい慌ててしまいがちですが、あわてずにゆっくりと深呼吸をしてリラックスすることです。そして右脳(イメージ脳・創造脳)と左脳(理論脳)を交互に刺激をす...... [続きを読む]

    受信: 2007年11月 9日 23:41

    « TL第2節結果&お知らせ | トップページ | 相馬選手に会う »